« シベリア超脱走 ピーター・ウィアー 『ウェイバック 脱走6500km』 | Main | 新・エヴァゲのQ太郎 庵野秀明 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』Aパート »

December 07, 2012

大統領はナタがお好き ティムール・ベクマンベトフ 『リンカーン 秘密の書』

Rc1えーと、来年はいわゆる「ゲティスバーグの戦い」から150年経つのかな? そのせいかリンカーン関連の映画が三本ばかり作られてるのですね。そのうちで最もキワ物っぽいのがこれ。『リンカーン 秘密の書』であります。もう公開終わっちゃってるけどいいよね! 

アメリカ建国から三十数年。リンカーン一家は黒人の少年をかばったことから貧しい生活を強いられる。さらに追い討ちをかけるように幼いエイブラハムを残して母が謎の死を遂げる。エイブラハムは見ていた。深夜に不気味な男が忍び込んできて、母の首筋に牙を立てるのを・・・
それから十数年後。たくましい青年に成長したエイブは、探し続けていた母の敵をついに見つける。男が一人になったところを狙い銃弾を撃ち込んだエイブだったが、驚くべきことに仇はなおも立ち上がってきた。彼はヴァンパイアだったのだ。窮地のエイブを救ったのはヘンリーという名のヴァンパイア・ハンターだった。エイブは今度こそ母の仇を討つために、ヘンリーに自分をハンターとして鍛えてくれるよう頼みこむ。

え~~~ ビックリですよね(笑) あのかの有名なリンカーン大統領が、歴史の影でこっそり吸血鬼退治に精出してたなんて。これ、日本でいえば坂本龍馬が維新の合間に妖怪退治をやっていたようなもんで・・・ あれ、違和感ないよ?
ともかくなんでその役割がワシントンでもケネディでもなくリンカーンなのか? そこに理由はありません(笑) うーん、なんとなくかっこいいからじゃないでしょうかねえ! ちなみにリンカーンがナタの扱いに長けていて格闘術の達人でもあったというのはマジらしいです。あ、ちょっとだけ出てきたな! 必然性ってやつが!
それでもまだひとつ疑問が残ります。吸血鬼をバンバンなぎ倒しているリンカーンが、どうしてその辺の人間にころっと暗殺されてしまったのか?もしかしたらまあなんらかの理由があって、わざと殺されたとか、殺されたフリをしてこっそり生き続けたとか、そういうことだったのかな・・・と予想していたのですが、実に見事にスルーされてしまいました(笑)
まあ監督は『ウォンテッド』のティムール・ベクマンベトフ監督ですからね。まともな理屈など期待する方が間違っているのかもしれません。ヒゲもじゃのあんちゃんが風車よろしくナタをひゅんひゅん振り回して、吸血鬼を分解していくビジュアルを楽しめばいいんだと思います。

で、リンカーンのサポートに「スピード」という長髪の威勢のいいあんちゃんが出てきまして。これって『ジョジョの奇妙な冒険』のスピードワゴンのもろパクリじゃないですか! 確かにベクマンベトフの世界・アクションって荒木飛呂彦かなり近いかも。『ジョジョ』の人気もワールドワイドだよな~と感じ入っていたのですが、あとで調べてこのスピードさんという人、実在の人物であることを知りました。なんだよこのキラキラネーム! ちなみにリンカーンとスピードとは貧乏ゆえか一時期一緒のベッドに寝ていたそうで。このことから腐女子的な妄想を膨らませる歴史家も多いそうです(おえっぷ)。
バカアクションもさることながら、こういう風に史実と比較して観るのも面白いかもしれません。もう公開終わっちゃいましたけどね・・・

Photo他のリンカーン映画としては暗殺直後を描いた『声をかくす人』という作品が現在全国を巡回中。あと御大スピルバーグが監督したまっとうな伝記映画が来年春に日本公開だそうです。人気あるんですねえ、リンカーンって・・・


|

« シベリア超脱走 ピーター・ウィアー 『ウェイバック 脱走6500km』 | Main | 新・エヴァゲのQ太郎 庵野秀明 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』Aパート »

Comments

伍一くん☆
絵がスピードワゴンじゃなくて、ディオになってますが?

なるほど、150周年?だからリンカーンものが多いのね。知りませんでした。
しかし「ナタの達人だった」と史実に残したほうが何だか不思議だわ。
そして一緒のベッドに寝たことまでも?
キラキラネームの方が実在の人で、リンカーンの右腕だったとしたら、そりゃ盛り上がる話題ですわ。

Posted by: ノルウェーまだ~む | December 08, 2012 at 10:29 AM

リンカーンはイリノイ州出身の大統領で、未だにイリノイでは絶大な人気が有ると聞いたことがあります。
おかげで、2ドル紙幣(リンカーンの肖像が描かれている)というなくしても構わないような紙幣が未だに流通し続けているのだそうです。

この辺の事情は、日本の戦国武将と似ている気がします。

Posted by: サワ | December 08, 2012 at 08:08 PM

>ノルウェーまだ~むさん

>絵がスピードワゴンじゃなくて、ディオになってますが?

おーーーーーーーっと!!
一昨日アニメの第一部完結編を見ました・・・
リンカーンについてはいろいろ意外な史実があって驚きでしたわ・・・ 「ナタが上手」というだけでこんだけ妄想膨らませることができるのも、それはそれで大したものですね!

>キラキラネームの方が実在の人で、リンカーンの右腕だったとしたら、そりゃ盛り上がる話題ですわ

ただリンカーンのあのひげもじゃ面でそっちの方の妄想って膨らませられるもんですかねえ? BLの世界も相当守備範囲が広いようですが・・・

Posted by: SGA屋伍一 | December 09, 2012 at 08:29 PM

>サワさん

こんばんは
なるほど。日本でいうと未だに鹿児島で西郷さんが敬われているようなものでしょうか。いわゆる「西郷札」は超短命に終わってしまいましたが(^^;
歴史家達で作った「偉大な大統領ランキング」でもトップだったそうで、あちらでは本当に根強い人気があるみたいですね

Posted by: SGA屋伍一 | December 09, 2012 at 08:46 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/56272545

Listed below are links to weblogs that reference 大統領はナタがお好き ティムール・ベクマンベトフ 『リンカーン 秘密の書』:

« シベリア超脱走 ピーター・ウィアー 『ウェイバック 脱走6500km』 | Main | 新・エヴァゲのQ太郎 庵野秀明 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』Aパート »