« ゲイ・オブ・ザ・デッド ジェイド・カストロ 『レミントンとオカマゾンビの呪い』 | Main | さまよえるニッポン人 赤根和樹 『コードギアス 亡国のアキト 第1章 翼竜は舞い降りた』 »

October 13, 2012

セプテンバーだよ人生は エリック・トレダノ オリヴィエ・ナカシュ 『最強のふたり』

Sk21今日ご紹介するのは、昨年の東京国際映画祭で三冠を達成し、全世界で『アメリ』を抜いて「最もヒットしたフランス映画」となったこの作品。もうわたしがあれこれ言うまでもないんですけどねcoldsweats01。『最強のふたり』、ご紹介いたします。

フィリップはある事故で首から下が動かなくなってしまった美術批評家。資産家ゆえ人を雇うことには不自由しなかったが、その気難しさや繊細さから、彼につく介護士は誰も長続きしなかった。そんな時、ドリスという黒人の青年が介護士の面接にやってくる。ドリスは失業手当が目的なので、雇ってくれなくてもいいとフィリップに言う。その率直さが気に入ったフィリップは彼を採用。初めは慣れない仕事に閉口していたドリスだったが、次第にスムーズにこなせるようになっていく。そしていつしか二人の間には立場を越えた友情が芽生えていく。

すんません。以降はストーリー半バレくらいで書いていきます。m(_ _;)m
この話、驚くべきことに実話がベースとなっているのですが、わたしが思い浮かべたのはファンタジーの『メリー・ポピンズ』でした。この場合ポピンズさんにあたるのはもちろんドリスくんです。
お金もちなんだけどぎこちないある家族のところへ風変わりなお手伝いさんがやってきて、不思議な力でみんなを幸せにして去っていく・・・ みたいなところがね。まあわたし『メリー・ポピンズ』、観たことないんですけど(おーい)。
もちろんこのお話のメインはドリス&フィリップなわけですが、フィリップの秘書やお家を取り仕切っているおばさん、反抗期に入っているフィリップの娘らとドリスのふれあいもまた痛快なものでした。
ドリスという青年は得がたい資質を持っています。それは「人を楽しくさせる」という才能。なかなかむずかしいですよね、人を楽しませるというのはw 気が進まないままやってるとそれが相手に伝わってしまって、結局どちらも白けてしまう。でもドリスは相手を楽しませると同じくらい、自分も楽しんでる。こういうのってやっぱり天から与えられた才能なのだと思います。
もっとも与えてるのはドリスだけでなく、彼もまたフィリップとの友情から色々なものを得ています。身の上を聞くと彼は「家族から必要とされてない」という思いに囚われていたようです。しかしフィリップや屋敷の人々から頼りにされるうちに、彼もまた寂しさを癒されていき、本当の家族との絆も取り戻していきます。屋敷を出て行く時の彼は明らかに門をくぐったときよりも成長しています。

この時のふたりの別れがさっぱりしているのがまたいいですね。フィリップは寂しいけれど「これは君の一生の仕事ではない」と言って彼を解雇する。ドリスは彼の自分を思う気持ちがわかっているから、「このままいい暮らしがしたいのに」とごねずに笑って出て行く。ただ馴れ合うよりも本当に潔い大人の友情と言えます。

そんなふたりの友情を彩るのが映画ではちょくちょく使われるアース・ウィンド・アンド・ファイヤーの名曲『September』。訳詩を調べたらコチラにありました。
「僕の気持ちは君と一緒さ 君の心と手をつないで君のことを考えている」
明らかにコレ男女間の恋の歌ではありますが、フィリップとドリスの絆と重なっているようにも思えます。そういえばこの映画の原題は『Intouchables(触れ合わざる者たち)』でありました。題名に偽りありじゃん!

Sk22少し前の『君を想って、海をゆく』などもありましたが、フランスでは有色人種に対して少なからず排他的なところもあるようです。その一方でこういう人種も立場も越えた友情の例を聞くとなんか嬉しくなっちゃいますね。
『最強のふたり』はそろそろ終了のところもありますが、評判を聞きつけてかこれから上映されるところも多くあるようです。もう十月も半ばですが、劇場に『セプテンバー』を聴きにいってみるのはいかがでしょう。

|

« ゲイ・オブ・ザ・デッド ジェイド・カストロ 『レミントンとオカマゾンビの呪い』 | Main | さまよえるニッポン人 赤根和樹 『コードギアス 亡国のアキト 第1章 翼竜は舞い降りた』 »

Comments

伍一君☆
清々しいほどの二人の関係がとってもよかったよね。
天から与えられた才能と言うべきこのドリスの性格、見習う所がいっぱいありました。

ところで最初の絵は高倉健?

Posted by: ノルウェーまだ~む | October 14, 2012 at 06:01 PM

>ノルウェーまだ~むさん

このコンビ「最高の人生の見つけ方」を思い出したりもしましたが、こっちはなんといっても実話ですからすごいですよねえ
ドリスの才能、羨ましいですよね。とりあえずは「セプテンバー」を華麗なステップで踊れるようになりたいわ・・・

>ところで最初の絵は高倉健?

自分、不器用ですから・・・

Posted by: SGA屋伍一 | October 15, 2012 at 11:04 PM

おはようー。これは良かったよね〜。
今年の上位になるかも。
メリーポピンズとはぜんぜんちがうけどね!
(って観たことないのかーい!)

アース&ウィンドファイアーの曲が効果的に使われてたのも良かった★
ところで最初と最後の絵は誰??

Posted by: mig | October 19, 2012 at 08:05 AM

>migちゃん

おかえしありがとう~
メリーポピンズとは違うのか・・・(当たり前だ)
じゃあ『家政婦のミタ』みたいな感じかな! ちなみにこっちも観てないよ!
『セプテンバー』はいろんなとこでよく聞くよね。『ナイトミュージアム』の最後でもかかってたし。『バベル』でも使われてたみたいだけどどの辺でかかってたのか思い出せない・・・

>最初と最後の絵は誰??

高倉健とソフトバンクのCMの人です

Posted by: SGA屋伍一 | October 19, 2012 at 04:49 PM

2回観たけどもう1回くらい行ってもいいかなとかも思ったりするけど・・・。パンフどうしようかなと。
ドリスくんファンタジーでしたね。そういやEW&Fの曲にも「宇宙のファンタジー」ってあったねえ。

Posted by: rose_chocolat | November 04, 2012 at 03:27 PM

>rose_chocolatさん

どもー うちのまわりでもレイトオンリーになってしまいましたがまだ上映してます
身分違いの二人が親友になる、というストーリーもどこかファンタジーっぽかったですね。実際そんなフィクションたくさんあるし。『最高の人生の見つけ方』とか(笑)
EW&Fは実は『セプテンバー』しか知りません(爆)。一発屋ではないですよね・・・?

Posted by: SGA屋伍一 | November 04, 2012 at 09:26 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/55883027

Listed below are links to weblogs that reference セプテンバーだよ人生は エリック・トレダノ オリヴィエ・ナカシュ 『最強のふたり』:

» 「最強のふたり」心はひとつ [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
予告を見たときから気になっていた作品。 予想を裏切らない感動は、フランスの海岸に吹く風のように爽やかで・・・・ [Read More]

Tracked on October 14, 2012 at 06:08 PM

» 最強のふたり/INTOUCHABLES/ UNTOUCHABLE [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click わたし的には、この夏(いや秋?) 「アベンジャーズ」よりもぜひ観て欲しいオススメ作品がこちら 予告篇がかなり良さそうで楽しみにしていた フランス、ドイツ、オーストリア他で大ヒットしたコメディド...... [Read More]

Tracked on October 17, 2012 at 10:44 AM

» 『最強のふたり』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「最強のふたり」□監督 エリック・トレダノ、オリビエ・ナカシュ □脚本 エリック・トレダノ、オリビエ・ナカシュ□キャスト フランソワ・クリュゼ、オマール・シー、オドレイ・フルーロ、アンヌ・ル・ニ■鑑賞日 9月2日(日)■劇場 ...... [Read More]

Tracked on October 21, 2012 at 08:11 AM

» 『最強のふたり』試写 [Nice One!! @goo]
2回目の観賞です。 試写会場: シネマート六本木 公式サイトはこちら。 第24回東京国際映画祭で観た日記はこちら。 これもまた『サラの鍵』と同じ状況で、映画祭で去年観てはいるんだけど、思い出すとやっぱりもう1回観たくなっちゃって。 いろいろ応募したらめ...... [Read More]

Tracked on November 04, 2012 at 03:27 PM

» 最強のふたり [いやいやえん]
口コミやブログなんかでも評価が高かった作品なので、ちと緊張ぎみに観ました。 事故で全身不随の富豪フィリップが、服役歴のある黒人青年ドリスを介護役として雇う。正反対の二人だが、やがて強い絆が芽生えていく、といったストーリー。 実話に基づいているそうですが、人と人の出会いって妙。縁なんだろうなあ…。互いが互いのありのままを受け入れていく、こんな素晴らしいことが他にあろうか。人の出会いの持つ意味が明るく肯定的に描かれていて、なんだかほっとする、あたたかい気持ちになる。 「いらないよ、情けなど... [Read More]

Tracked on March 22, 2013 at 09:27 AM

« ゲイ・オブ・ザ・デッド ジェイド・カストロ 『レミントンとオカマゾンビの呪い』 | Main | さまよえるニッポン人 赤根和樹 『コードギアス 亡国のアキト 第1章 翼竜は舞い降りた』 »