« 機動歩兵チャンタム ローズマリー・サトクリフ ケヴィン・マクドナルド 『第九軍団のワシ』 | Main | サイコなヴァンサン ドミニク・モル 『マンク ~破戒僧~』 »

July 08, 2012

秘密の悪女さん ルパート・サンダース 『スノーホワイト』

Swt1それは鏡、鏡の中からえっへっへ♪ 『アリス・イン・ワンダーランド』のスタッフが今度は白雪姫をたたかわせます。『スノーホワイト』、ご紹介しましょう。

たぶん中世ヨーロッパの架空の国。その国の王は慈悲深き治世で民から慕われていた。だが一人の怪しげな美女を后に迎えたことこら、王国は悲劇に見舞われる。その女は王国の乗っ取りを企む魔女だったのだ。王の暗殺に成功した魔女は、先の后の娘「スノーホワイト」を捕らえ、城の塔に幽閉する。それから数年後。囚われの身だったスノーホワイトに、ついに脱走のチャンスがやってくる。

映画は時代をうつす鏡と申します。ウソです。いまわたしが考えました(さすがオレ!)。というわけで誰もが知ってる名作童話「白雪姫」にもかなり現代的なアレンジがほどこされております。大きな変更点は次の三つ。

①白雪姫がかなりアクティブ。状況によっては剣をとってチャンバラもしたりする
②本来王子様が務めるヒーロー役を、毛深いバツイチの山男が担当している
③悪の権化だった継母の女王さまにも、それなりに可哀相な過去があったりする。

まず①ですが、やっぱし今はただ流されるだけのなよなよしてるヒロインってのは受けがよくないんですかねー 女性もバリバリ社会に進出してる時代ですし。そういえば日本でも最近の魔法少女ものは悪者をやっつける話が多いようですね。
続けて②。これが一番たまげますわな。女心がわからないことでは自身があるわたしですが、今は金持ちで見てくれのすっきりしたボンボンよりも、たくましくて生活力のあるモジャモジャな男の方がもてるってことなのかな・・・? よっしゃ! おいらも毛と筋肉を蓄えなきゃ!
最後に③。これは世相にあわせたというより、ちょっとドラマ的な深みももたせよう、というとこでしょうか。単なる勧善懲悪ものだったら白ける人も、これだったらついてこれるだろう、という狙いか。

その狙いが当たったのかどうか、この『スノーホワイト』、日本でもアメリカでも公開一週目は売り上げトップの成績をおさめました。いやあ、てっきりわたしはずすと思ったんだけどな(笑) だって普通思うでしょ? なんで今の時代に「白雪姫」なんだろう?って。
しかしまあ落ち着いて考えてみれば、子供は楽しめるし、カップルでも見られるし。一応名作ということでお年寄りのお客さんも多いということ。こういう「幅広い層が楽しめる」というのもヒットの大事な要因のひとつですよね。ユニバーサル・ピクチャーさん、どうもすみませんでした。

ストーリーで意外な部分は上の三点くらいで、あとは大体予想通り進んでいきます。そもそもみんな子供のころに聞いたお話ですしね。わたしはだから物語よりも映像の小ネタみたいなものを楽しんでました。鏡の中からデロデロっと出てくる妖精とか、景気良くバラバラに吹っ飛ぶ魔法の騎士とかね。スノーホワイトが迷い込む森の中にも、妖怪好きなら「うほっ」となる色んなものがうじゃうじゃおりました。

で、なんでかいまハリウッドでは白雪姫がブームらしく、9月にもターセム・シン監督の『白雪姫と鏡の魔女』が待機中。またご本家のディズニーも舞台を香港に移した白雪姫を企画中でしたが、こちらはいろいろな事情で製作中止になったとのこと。一本はぽしゃりましたけど、ちょうど少し前「はやぶさ」で起こっていたことが『白雪姫』でも起こっていたんですねー 偶然とはいえ面白い現象です。

Swt2そんなわけで『スノーホワイト』は現在絶賛公開中です。左の画像は「しらゆき」のイメージということで。ちょっと違うような気もしますが・・・


|

« 機動歩兵チャンタム ローズマリー・サトクリフ ケヴィン・マクドナルド 『第九軍団のワシ』 | Main | サイコなヴァンサン ドミニク・モル 『マンク ~破戒僧~』 »

Comments

伍一くん☆
これは「はやぶさ」現象というより、グリム生誕200周年なのだそうですよ。
でもグリムも頑張っていろいろ書いているのに、なぜか「白雪姫」ばかりになってしまいましたね。
この映画は見てないけど、どの「白雪姫」が勝つのか、白雪姫バトル楽しみですわ。

Posted by: ノルウェーまだ~む | July 09, 2012 at 09:56 AM

あ、こういうかき氷で「しらゆき」って赤いのなかった?
懐かしいなぁ。

これは観ないけど、、、、
スパイダーマンよかったのねぇ。
わたしは今回はパスしちゃうわ。
それよりダークナイトね♡楽しみだな〜
もちろん来月のアベンジャーズもね★

あ、Ps 私のとこでは詳しくかけないので、、、
今回は 皆あまり揃わないみたいだけどもし行けるならぜひ見てね。感想きになるし。
って私もまだ観てないんだけどね!bleah

Posted by: mig | July 09, 2012 at 08:40 PM

ご無沙汰〜。
これも多分あの「アリス〜」と同じノリなんだろうな〜と思ったらやはりそうなんだ。
>モジャモジャ
漫画「宇宙兄弟」の兄もモジャモジャ頭だけどカッコイイんだよ(笑)。因みにこちらはアニメはせっせと欠かさず見てますが、実写映画は多分ダメだろう(俳優偏重傾向強く平気で世界観改ざんしまくるから:笑)と一切無視してますぜ。
>なよなよしている
これは最近の「いそうでいない」人物描写がヒロインでもだんだんリアルさを帯びてきている傾向から、察するのは容易ですね。今時のガンダムヒロインにも見当たら無いね。

Posted by: まさとし@ | July 10, 2012 at 06:24 PM

>ノルウェーまだ~むさん

こんばんはです。はは、そういう事情があったとですね。そういえば少し前『赤ずきん』もやってましたし、近々『ヘンゼルとグレーテル』のその後を描いた作品も作られるとか。
こういうのは後発の方が厳しいと思うのですよね。ターセム監督の方はチラシ見た限りではこちらよりもコメディっぽい感じのような

Posted by: SGA屋伍一 | July 10, 2012 at 11:07 PM

>migちゃん

こんばんは~
そう、本当は「しらゆき」が欲しかったんだけどコンビニにおいてなかった・・・ もう売ってないのかな? 
うん、これはわたしは楽しんだけど、「絶対観ておくべき!」というほどではないと思う。でもスパイダーマンはできれば観て欲しいなあ・・・ なあ・・・ なあ・・・(エコー)
ま、それはともかくひきつづくアメコミ映画楽しみだね

PSの件は前向きに検討中・・・ がんばろう

Posted by: SGA屋伍一 | July 10, 2012 at 11:21 PM

>まさとし@さん

ども。こちらも毎度ご無沙汰です・・・
アリスと同じスタッフではありましたが、こちらはもう少しシリアスでした
モジャモジャというか、どうも最近ハリウッド映画でもヒゲはやしたヒーローが増えつつあるような。少し前の『ラプンツェル』もそうでしたし
『宇宙兄弟』は余裕があれば映画観ようかと思ったんですが、結局見逃し。『プラテネス』に兄弟要素が加わったようなお話なのかしらん
女性はますます頼もしくなってるようで何より。ていうかわたしももちっとたくましくなりたいもんですcoldsweats01

Posted by: SGA屋伍一 | July 10, 2012 at 11:27 PM

セロンが白雪姫でもよかった気はしますよ・・・まあ、熟女(失礼!)の白雪姫も悪くないかな

グリム童話って のちに子供向けにして表現されたのですよね。七人の小人ではなく暗殺者とか、継母から白雪姫を殺して彼女の肝臓やあるいは心臓をとって来いと猟師に命じたり 最後は焼けた靴を履かされる継母・・・・ 

 なんか 白雪姫が目覚めた説も王子のキスなんかじゃなく、 王子か王子の家来が藪で足を滑らせて倒れてその拍子に吐き出したり、 
 姫を運ぶのに疲れた王子の家来がイラついて姫を蹴り飛ばして その拍子に吐き出した・・・と。

 ぜんぜん ロマンチックじゃねえ~

>①白雪姫がかなりアクティブ。状況によっては剣をとってチャンバラもしたりする
②本来王子様が務めるヒーロー役を、毛深いバツイチの山男が担当している
③悪の権化だった継母の女王さまにも、それなりに可哀相な過去があったりする。

そのうち物語は これから何百年の年月が流れるたび どんどんその時代の流れに合わせて内容が塗り替えられていく気がします。

 白雪姫は なんと、プロレスやカンフーなど格闘技の達人で自分を襲う刺客を  ドレス姿でジャーマンスープレックスやパイルドライバーを繰り広げるわ
 剣で襲ってきた敵に よけると同時に バク転蹴りや空中高く飛んだと 思ったら 敵の後頭部をかかと落としを食らわしたり・・・ 
 いつ"アメリカンコミックヒーロー化"したとしても おかしくないかもcoldsweats01

 悪役の継母は
実は 村の子供たちから慕われている アニーサリバンのごとく教育者で慈愛の女性。
 「鏡よ、鏡…」でも 「この世で誰もが幸せにくらせるには どうしたらいいのですか?」 と 問いかける人とか・・・catface

 王子は王子で 死〇愛好家である他に ギャンブルと女性関係に だらしがなく 治めている国の財政が破綻寸前だったり 村の女性を見ると見境無く手をだして 何人かを妊娠させてしまい、表ざたにならないようお金で解決して表面をとりつくろう クズ野郎 だったとかcoldsweats02

 やっぱり グリム童話って 怖いわ・・・・coldsweats01

Posted by: zebra | November 10, 2012 at 06:43 PM

>zebraさん

こんばんは~

>まあ、熟女(失礼!)の白雪姫も悪くないかな

そうすっと悪の女王との熟女対決が盛り上がるわけですね。少し前のミッチーVSサッチーみたいな・・・ そんな「白雪姫」はちょっといやだw

グリム童話ってのは改定に改定を重ねてあま~くしてあるってのはわたしも読んだことがあります。赤ずきんも本来はは食われて終りだったとかw 初めて知ったときはショックでしたねえ
家来がぶつかって毒を吐いたってのは面白くてナイスですね! でも夢見る女の子達にはやっぱり興ざめでしょうねcoldsweats01

>白雪姫は なんと、プロレスやカンフーなど格闘技の達人で自分を襲う刺客を  ドレス姿でジャーマンスープレックスやパイルドライバーを繰り広げるわ

そこまで過激ではないけれど、いまやってる少女向けアニメ(セーラームーンとかプリキュアとか)のヒロインはそんな感じですよね。男に頼らず自力で悪をやっつけるという
わたしが子供の頃の魔法少女は友達の悩みを解決したり、人助けをしたりするのが主な活動だったけどなー
ま、今のが悪いっていうわけじゃありませんが隔世の感を禁じえません・・・
あ、あと氷室冴子先生の書かれた『シンデレラ迷宮』という作品がそんなダーティーな童話集のようなお話でしたよ

Posted by: SGA屋伍一 | November 12, 2012 at 10:47 PM

GWにふたたびDVDでみました。

>悪の権化だった継母の女王さまにも、それなりに可哀相な過去があったりする。
 やはり暗い過去を持つゆえ のし上がるんだっていう意地がそうさせたのしょうね・・・

その悪役っぷりが出たのは白雪パパの暗殺。初夜のベッドでは国王もただの男。まさに"仁義なき戦い"で組長のタマ・・・・あっ、ではなく、国王のふたつのタマと本当のタマ(命)を取っちゃった・・・・まさに下克上の女です。

 "国王ぉぉぉーーー 覚悟しいやぁぁぁぁぁぁーーー"
”や、やめろ ラベンナ・・・ ワシのナニをどうするつもりじゃ・・・うぎゃぁぁぁぁぁぁ~ん!!!!!” (絶命)・・・
"やったぁぁぁぁ  国王のタマ(ふたつも) 取ったよぉぉぉぉ"  勝利の雄たけびのラベンナ。


 "これから 私が この国 仕切っちゃるけんのう~ 白雪、あんたぁ 城の塔で一生すごさせちゃる・・・ "
恐るべしっ!!!!仁義なきセロン女王!!!!

>白雪姫がかなりアクティブ。状況によっては剣をとってチャンバラもしたりする
 虎視眈々と女王への復讐の機会を狙ってた白雪!牢の中の7年間で研ぎ澄まされたサバイバル精神とイメージトレーニングの日々。

自力で脱出し、剣術を習得し若頭の狩人や組員の小人たち仲間あつめて さあ お礼参りへ GO!・・・

 "ラベンナ・・・もう、逃げられんぞ!こんときをあてえは待っとった!オヤジの仇じゃぁぁぁ" 
"待て 白雪 私の話 きいとくれ・・・" 
"女王なら 死ぬときくらい潔くせいやぁぁぁぁ  うりゃぁ(ドスっ) "
 "うがぁ・・・ァ・・・(絶命)"
 "やりました・・・オヤジぃ・・・仇とりやしたぁ・・・(鬼気迫る表情で)"
 しっかりと 落とし前つけた白雪・・・・・ 仲間たちから新組長就任の杯受けて・・あっ、じゃなかった 戴冠式を受けて 新女王に就任。

 "新女王様 うぃッス" "ご苦労様です"
 "国のために よろしく お願いしまっす" 
恐るべしっ!!!! クリスティン新女王!!!

BGM↓
http://www.youtube.com/watch?v=CPL-eFuUfhg 

 ・・・って(汗)
 ちがう話になってる(^_^;)
 まあ 女性だから ドス片手に背中に 彫り物入れて、上半身裸のふんどし姿は かんべんして(><) 怖いから(((゚д゚;;;)))

Posted by: zebra | May 10, 2013 at 09:06 PM

>zebraさん

こんばんはー
劇場で観たのにGWにまたわざわざDVDで観るなんて・・・よっぽどこの作品がお気に召したんですね!
そしてzebraさん、そんなに任侠ものがお好きだったとは・・・
労作読んでますと『仁義なき戦い』より、『極道の妻たち』や『セーラー服と機関銃』などが思い浮かびます
そしてテーマソングはこれじゃないでしょうか
「梶芽衣子 『修羅の花』」
http://www.youtube.com/watch?v=K1_tzEXmNzo

あのタランティーノにも影響を与えたという『修羅雪姫』の主題歌ですwww

彫り物やドスはともかく、上半身裸のふんどし姿ははっきり言ってみたいです。ただし美女限定

Posted by: SGA屋伍一 | May 10, 2013 at 10:38 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/55149936

Listed below are links to weblogs that reference 秘密の悪女さん ルパート・サンダース 『スノーホワイト』:

» スノーホワイト/Snow White and the Huntsman [LOVE Cinemas 調布]
有名なグリム童話の「白雪姫」をアレンジし、白雪姫vs女王の戦いの物語として映画化。主人公スノーホワイトを『トワイライト』シリーズのクリステン・スチュワート、女王には『ヤング≒アダルト』のシャーリーズ・セロンが演じている。スノーホワイトを助けるエリックに『マイティ・ソー』のクリス・ヘムズワースが共演。監督はCMディレクターとして活躍してきたルパート・サンダーズ。... [Read More]

Tracked on July 08, 2012 at 09:03 PM

» 映画:スノーホワイト [よしなしごと]
 1997年のシガニー・ウィーバーのスノーホワイトが結構怖かった印象が強いのですが、再び実写映画化された本作はどんな風になっているのでしょうか。と言うわけで今回の映画記事はスノーホワイトです。... [Read More]

Tracked on September 21, 2012 at 02:01 AM

» 映画『スノーホワイト』を観て [kintyres Diary 新館]
12-49.スノーホワイト■原題:Snow White And The Huntsman■製作年・国:2012年、アメリカ■上映時間:127分■字幕:古田由紀子■観賞日:6月20日、TOHOシネマズ渋谷 □監督:ルパート・サンダース◆シャーリーズ・セロン(ラヴェンナ)◆クリステン・スチュワート...... [Read More]

Tracked on October 08, 2012 at 09:26 PM

» スノーホワイト [銀幕大帝α]
SNOW WHITE AND THE HUNTSMAN/12年/米/127分/ファンタジー・アクション・アドベンチャー/劇場公開(2012/06/15) −監督− ルパート・サンダーズ −出演− *クリステン・スチュワート『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 1』・・・スノーホワイト ...... [Read More]

Tracked on October 20, 2012 at 02:13 AM

» スノーホワイト [いやいやえん]
いや、どう考えたって鏡さん、シャーリーズ・セロン女王のほうが美しいに決まってるでしょう。 戦うプリンセスという超大胆な構成のもとに作られた本作ですが、まずもともとのそこから絶対的な揺ぎ無い美の力ってものがあるでしょうよ。そんでもってシャーリーズの存在感にクリステンも喰われちゃってるのよね。 類い稀な美貌と老けメイクで女優としても格の違いを見せ付けたって感じでしょうか。新旧(といったら失礼ですが)女優対決はどう考えたってシャーリーズのほう。クリステンはだんだん顎がしゃくれていきますね(「ゴ... [Read More]

Tracked on October 28, 2012 at 10:20 AM

» スノーホワイト (Snow White and the Huntsman) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ルパート・サンダーズ 主演 クリステン・スチュワート 2012年 アメリカ映画 132分 アドベンチャー 採点★★ 知り合いに、私が他の女性と楽しげに会話していたり他の女性の話題を話したりすると、途端に不機嫌になる女性が。「あらヤダ!惚れられてんじゃない…... [Read More]

Tracked on October 30, 2012 at 01:10 AM

« 機動歩兵チャンタム ローズマリー・サトクリフ ケヴィン・マクドナルド 『第九軍団のワシ』 | Main | サイコなヴァンサン ドミニク・モル 『マンク ~破戒僧~』 »