« ヒーローみな兄弟? 『仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦』 | Main | 歌えマナマナ ジェームズ・ボビン 『ザ・マペッツ』 »

June 06, 2012

魔女っ子エヴァリン ティム・バートン 『ダーク・シャドウ』

Ds1スコセッシとディカプリオ、リドリー・スコットとラッセル・クロウ、トニー・スコットとデンゼル・ワシントン… あまりにタッグが頻繁なので「おまえらデキてんじゃね?」と言いたくなる監督&俳優っていますよね。その中でも最も頻繁なのがティム・バートンとジョニー・デップ。そんな「もう結婚しちゃえよ!」コンビの最新作をご紹介いたします。『ダーク・シャドウ』参ります。

18世紀半ば。イギリスからアメリカにわたってきたコリンズ一家は、コリンズポートの街で商売に成功し財を築く。だがアンジェリークというメイドを雇ってから、一家は連続して不幸に見舞われることに。実はアンジェリークは魔女だったのだ。そうとは知らずコリンズ家の跡取りバーナバスは、アンジェリークに手を出した挙句「本命は他にいる」と彼女をふってしまう。魔女は怒りのあまりバーナバスをヴァンパイアにし、死ねないまま棺おけに入れて地中深くに埋めてしまう。
それから約200年後のラブ&ピースの風が吹き荒れていた時代。バーナバスは埋められた場所で建設工事が始まったために掘り出される。工夫たちを血祭りにあげた後、バーナバスは暗い道をとぼとぼと歩き続ける。すると前から車が… そう、これこそ本当の「ダーク車道」!

・・・失礼しました。ともかくバニーはこのあと没落した子孫たちと、自分にのろいをかけた魔女に対して敢然と?戦いを挑みます。

映画作家の中にも観客のためというより自分の趣味のために映画撮ってる人いますよねー その代表格がティム・バートンではなかろうかと。彼がまず第一としてるのは、自分の脳内にある世界をいかに理想的に再現するか、ということなんだと思います。まあそれでも共感できる人が数多くいて、ちゃんと商売になってるところがバートンのすごいとこですね。ついでに言うと観客サービスを第一にしてるつもりで、やりすぎてちょっと違う方向に行っちゃってるのが三池崇史(笑)
あと映像作家にはまず作りたい絵がある、という人と、まず訴えたいテーマがある、という人に分かれると思います。言うまでもなくバートンは映像先行派かと。いい絵さえ作っておきゃ、お話はあとからついて来るんじゃね?みたいな。それが成功する時もあれば、空中分解してる時もあり…

で、結論から言うと今回はかなりてんでバラバラになっていたようなcoldsweats01 吸血鬼と商売繁盛と70年代とファミリードラマ・・・ なにひとつ必然性が感じられない。実際ツイッターでもなかなか評判悪かったです。
しかし~どういうわけか~個人的にはけっこう楽しめてしまったんですね~ 
特にうけたのは復活したバーナビーが70年代に慣れずにえんえんとゆるいボケを繰り返すあたり。その背後に流れるビリー・ボーンやカーペンターズがいっそう観るものを弛緩させます。そんだけボケまくってるくせにたまにすごいひどいことやらかしたりするんですよね。そんなヘンテコな組み合わせが滅多に食べられないような珍味的なハーモニーを奏でておりました。

Des2他に注目すべき点としてはさながらハリウッドの魔女っ子大全集みたいになってるところでしょうか。ヘレナ・ボナム・カーターは『ハリポタ』シリーズで、ミシェル・ファイファーは『スターダスト』で魔女役を演じてましたし、クロエ・モレッツちゃんは魔女ではありませんが『モールス』で吸血鬼役を演じておりました。そして今回女優陣で一番輝いているエヴァ・グリーンも『ライラの冒険』で魔女を演じておりました。これまで彼女の作品はほかに『キングダム・オブ・ヘブン』『007/カジノ・ロワイヤル』と観て来ましたが、生命力の薄そうな、はかなげな役が多かったような。それが今回はお色気ムンムンのバリバリの肉食系。いや~ こういう役もできるんじゃないですか! 少なくともこの点に関してはバートンのキャスティングの勝利と言うことができるでしょう。

Scan2せっかくだからジョニデのことも書いておきましょう。この映画の宣伝が流れ始めた時、わたくしネットで「今度のジョニデは魔太郎に似てる」という噂を目にしまして。「んなわけないでしょー」とたかをくくっていたのですが、見てみたら本当にそっくりでした! 「ウラミハラサデオクベキカ!」というキメ台詞まで一緒!「魔太郎とはなんぞや?」という方は「藤子不二夫 魔太郎が来る」で検索してみてください。

『ダーク・シャドウ』は全国の映画館で現在公開中。第一週は約二ヶ月ぶりに興行1位を飾った洋画作品となりました。米国では『アヴェンジャーズ』に敗退してたんですが・・・ やっぱジョニデ&バートンって日本では根強い人気があるんですねえ。バートン監督の次回作はストップモーションアニメ『フランケン・ウィニー』。いまのとこジョニデの名前はないようですが… あれ? 破局?

|

« ヒーローみな兄弟? 『仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦』 | Main | 歌えマナマナ ジェームズ・ボビン 『ザ・マペッツ』 »

Comments

伍一くん☆
ジョニーとティムはインタビューの時の様子から言っても間違いなく『事実婚』だよね(笑)
仲良し~♪でもBLの香りは全くしないよ☆

女性キャストはみんな魔女だったのね。
道理でほぼアダムスファミリーちっくだったわけだわ。

Posted by: ノルウェーまだ~む | June 07, 2012 at 10:19 AM

>ノルウェーまだ~むさん

バンパイアンスコー

>ジョニーとティムはインタビューの時の様子から言っても間違いなく『事実婚』だよね

まあ意地でもBLにしたがる人たちは「ヘレナ・ボナム邪魔よ!」とか思ってることでしょうね(笑) 
ジョニデはこないだあるインタビューでもバートンに謝辞を述べてました。それにひきかえバートンは「ジョニーはただの肉塊」とかひどいこと言ってたなあ(これは一昨年の発言ですが)
魔女っこだらけといえばマガジンで『ねぎま!』という漫画があったそうですが…

Posted by: SGA屋伍一 | June 07, 2012 at 11:03 PM

SGAさんこんばんわ♪コメント有難うございました♪

結婚は難しいと思いますけど、この2人って義兄弟の契りみたいなのは密かに交わしてそうな気がしますねぇ?そうじゃなきゃ8回もタッグ組もうなんて思わないんじゃないでしょうか^^;

で、8度目となった本作ですが、自分も正直主演のジョニーよりは全員魔女の素養がある出演女優陣らの方が華があって良かったかもしれません。特にエヴァはホントに良かったですね。ここまで悪女に徹した彼女の役って観た事無かったですし、お色気全開な出で立ちもサービス満点だったので、その点に関しては今回バートン監督には感謝したいですねw

Posted by: メビウス | June 08, 2012 at 12:49 AM

ハロー、ジャパン。。。

ブログ5周年おめでとうございます。1枚目の似顔絵のバカリズムは誰ですか?

オレ、こいつらの映画、ぜんぜん見てないわ。幸福の科学の最新作 『ファイナルジャッジメント』 は見ますか? ボクは見たくないので、スガさんが犠牲となってレビューしてください。 

Posted by: レディー・ガガ。。。 | June 08, 2012 at 09:03 PM

>メビウスさん

こんばんは。こちらこそおかやしありがとうございます
もしかしたらバートンさんの正体は悪魔でジョニデはブレイクすることときっかけに魂でも売り渡してしまったのかもしれません ・・・って本当にそんな映画作りそうな気がするなー! 彼らは

わたしは外人さんはちょっとした変化でもう誰だかわからなくなってしまうので、今回も前もって知っていなければあれがエヴァさんだと気づかなかったと思います。なんかこう清純派のアイドルがはっちゃけてしまったようなさびしさや痛々しさがないでもないですが、これで一肌脱いだ、じゃなくて一皮むけたと見てあげるべきでしょうかね

Posted by: SGA屋伍一 | June 08, 2012 at 11:06 PM

>レディー・ガガさん

こんばんは。。。 コメントありがとう。。。
ガガさん、ぼくのあの、ギギの腕輪どこにいっちゃったんでしょうかね。ほら、ゲドンの十面鬼に狙われてるあの腕輪ですよ(もうつっこむのもめんどくさい)

ファイナル・ジャッジメントってあれですか。死の運命から逃れようとしたあんちゃんたちが電化製品にけつまづいて死んじゃったりするあのシリーズですか。ぼく怖いの苦手だからなあ。。。

Posted by: SGA屋伍一 | June 08, 2012 at 11:11 PM

思わずツッコミに来ました。『ファイナル・ディスティネーション』(デスティニーと表記してたかも)シリーズです。

コメントを最後から読んでいて、少し疑問を感じつつも納得しかけておりました(笑)

ジャッジメントの方がぴったり来ますよね。

Posted by: サワ | June 11, 2012 at 10:03 AM

>サワさん

ツッコミありがとうございます(笑)
『ファイナル』と付きながら何度も続編が作られてる矛盾したシリーズですよね。ゲームでも『ファイナルファンタジー』という長寿シリーズがありましたっけ
『ジャッジメント』の方はなかなか興行成績がよろしいようです。冷やかし半分の客や怖いもの観たさの客も多いみたいですが…

Posted by: SGA屋伍一 | June 11, 2012 at 10:54 PM

こんばんは!(^_^)
ジョニーとティムは、多分精神的にはデキてると思いますが(笑)、
今回、お色気ムンムンで一皮むけちゃったエヴァ・グリーンの影で
まったく目立っていなかったヒロインのベラ・ヒースコートが
実は、若い頃のヘレナ・ボナム=カーターによく似ているんですよね〜。
どうやら、ティムの女性の好みは変わっていないみたいです!
ヘレナ、ちょっと太ったせいでおばさんぽくなってましたからね〜〜〜。

Posted by: ルナ | June 11, 2012 at 11:20 PM

>ルナさん

こんばんはー!
そういえば記事でメインヒロイン?のこと書くの忘れてたなあ(笑) こう言っちゃなんだけどネームバリュー的にも気迫の面でも一番おとなしめだったような・・・ 彼女の抱えていた秘密にはちょっと驚かされましたけどね
あとわたしへレナ・ボナムって齢を重ねてからの姿しか見てないことに気がつきました。最初に観たのが確か『猿の惑星』(笑)
そうか・・・ 若いころはこんな可憐だったのか・・・
個人的にはハリポタ6あたりの彼女はかわいかったと思ってます

Posted by: SGA屋伍一 | June 12, 2012 at 10:09 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/54896898

Listed below are links to weblogs that reference 魔女っ子エヴァリン ティム・バートン 『ダーク・シャドウ』:

» 「ダークシャドウ」白塗りジョニーとジャパンプレミア [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
やっぱりステキ!!ジョニーのお洒落センスはぴか一だよね☆ 「ダークシャドウ」ジャパンプレミアの今回は、胸元も大きく開いてとってもセクシーなジョニー様☆ 相変わらずお洒落度ハンパないwa。ドン小西が5つ☆をつけていたけど、当然でしょう? それにしても冷たい風が吹くヒルズで風邪を引かなかったかな・・・... [Read More]

Tracked on June 07, 2012 at 10:20 AM

» ダーク・シャドウ [シネマをぶった斬りっ!!]
【監督】ティム・バートン 【出演】ジョニー・デップ/ミシェル・ファイファー/エヴァ・グリーン/ヘレナ・ボナム=カーター/ジョニー・リー・ミラー/クロエ・グレース・モレッツ/ガリバー・マクグラス/ジ...... [Read More]

Tracked on June 08, 2012 at 12:48 AM

» ダーク・シャドウ [ルナのシネマ缶]
ジョニー・デップと ティム・バートン監督コンビの 8作目は(もう、8作なのね〜^^;) 1960年代に放映されたテレビドラマを 元に作られたヴァンパイアものです。 ティム・バートン作品では ジョニーは必ずコスプレなのね〜。 イギリスからアメリカに永住したコリンズ家に生まれた バーナバス(ジョニー・デップ)は、 使用人だった魔女アンジェリーク(エヴァ・グリーン)の嫉妬によって ヴァンパイアにされてしまった上に、生きたまま埋められてしまう。 200年後、やっと掘りおこされる... [Read More]

Tracked on June 11, 2012 at 11:22 PM

» ダーク・シャドウ / Dark Shadows [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click ティム・バートンジョニー・デップ8度目のタッグ そしてジョニーさんの白塗りは何度目?! というか、ぎざぎざに張り付いた前髪がなんかウケる。 1966年から71年まで米ABCテレビで放送され、「血...... [Read More]

Tracked on June 12, 2012 at 09:41 AM

» ダーク・シャドウ [C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜]
ダーク・シャドウ 12:米 ◆原題:DARK SHADOWS ◆監督:ティム・バートン「アリス・イン・ワンダーランド」「チャーリーとチョコレート工場」 ◆出演:ジョニー・デップ、エヴァ・グリーン、ミシェル・ファイファー、ヘレナ・ボナム=カーター、ジョニー・リー・ミラー...... [Read More]

Tracked on August 28, 2012 at 11:26 PM

» 映画:ダーク・シャドウ [よしなしごと]
 ジョニー・デップは別段好きではないんだけど、ティム・バートンが好きなので、予告に連られてダーク・シャドウを見ました…。 [Read More]

Tracked on September 05, 2012 at 05:43 PM

» 『ダーク・シャドウ』’12・米 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじ時は1972年。200年の眠りから目を覚まし、ヴァンパイアとして子孫の前に現れたバーナバス・コリンズ・・・。解説バートン版トワイライト製作費1億5000万ドルで、アメリ... [Read More]

Tracked on September 13, 2012 at 09:22 PM

» 『ダーク・シャドウ』’12・米 [虎団Jr. 虎ックバック専用機]
あらすじ時は1972年。200年の眠りから目を覚まし、ヴァンパイアとして子孫の前 [Read More]

Tracked on September 13, 2012 at 09:22 PM

» ダーク・シャドウ [銀幕大帝α]
DARK SHADOWS/12年/米/113分/ファンタジー・コメディ/PG12/劇場公開(2012/05/19) −監督− ティム・バートン 『アリス・イン・ワンダーランド』 −製作− ジョニー・デップ −出演− *ジョニー・デップ『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉』・・...... [Read More]

Tracked on October 06, 2012 at 03:34 AM

» ダーク・シャドウ [いやいやえん]
評価が芳しくないし、オリジナルである60年代のTVシリーズを知らないのもあってちょっと心配していたんだけれど、ダークでファンタジックな世界観、オブジェがモンスターと化して襲ってくる演出も久々に見たかも。ユーモアたっぷりなダーク・ファンタジーでした。 ジョニー・デップ、ミシェル・ファイファー、ヘレナ・ボナム=カーター、エヴァ・グリーン、クロエ・グレース・モレッツ、クリストファー・リーその他…という豪華な俳優陣に負けず劣らずそのキャラ立ちは見事です。 一言で言うと「変な映画」ですよね。しかし... [Read More]

Tracked on October 14, 2012 at 10:42 AM

» 映画『ダーク・シャドウ』を観て [kintyres Diary 新館]
12-48.ダーク・シャドウ■原題:Dark Shadows■製作年・国:2012年、アメリカ■上映時間:113分■字幕:石田泰子■観賞日:6月9日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ□監督:ティム・バートン◆ジョニー・デップ(バーナバス・コリンズ)◆ミシェル・ファイファー(エリザベス・...... [Read More]

Tracked on October 29, 2012 at 10:42 PM

« ヒーローみな兄弟? 『仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦』 | Main | 歌えマナマナ ジェームズ・ボビン 『ザ・マペッツ』 »