« ディス・伊豆・ビルド  大町孝三 『つづく』 | Main | 魔女っ子エヴァリン ティム・バートン 『ダーク・シャドウ』 »

June 01, 2012

ヒーローみな兄弟? 『仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦』

120530_1926032009年の『オールライダー対大ショッカー』、2011年の『スーパー戦隊199ヒーロー大決戦』。東映のヒーロー大集合もここに極まれりと思いましたが、それを上回る人口過密映画が出来てしまいました。その名も 『仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦』。ご紹介いたします。

海賊戦隊ゴーカイジャーが地球を去って少し後。突如として彼らが滅ぼしたザンギャックが復活する。驚くべきことにその首領はゴーカイジャーのリーダー・ゴーカイレッドことキャプテン・マーベラスだった。そしてそれに対抗するように、仮面ライダーたちが何度も倒してきたショッカーもまた「グランドショッカー」として復活する。歴代の怪人達を率いて現れたその男は次元を超えて世界を旅するライダー、仮面ライダーディケイドだった。激突するザンギャックとショッカー。混乱はそれだけにとどまらず、ディケイドは戦隊のメンバーを、マーベラスはライダーたちを次々と消し去っていく。世界に平穏は戻るのか。そして二人の真意は…

仮面ライダーとスーパー戦隊。長い歴史を誇り、日本を代表するヒーローといっても過言ではないでしょう。共に正義の味方なのだから一目あった瞬間にガッチリ手を組むのかと思えばさにあらず。この辺子供たちは戸惑ったかもね… あとお話をひっぱっていくのがフォーゼやゴーバスターズといった現行のヒーローではなく、ゴーカイジャーの青と緑、『ディケイド』のサブキャラのディエンド、『オーズ』のヒロインのヒナちゃん・・・といった脇キャラ混成チームcoldsweats01 ひねくれ者としてはそういった意表をついたコンセプトや、「なぜ二つのチームは戦わねばならないのか?」という謎を追う展開が面白かったです。

まあその「謎」に関しては大体想像つくんですが(笑)、それに関して途中であるキャラが「それ言っちゃまずいだろうcoldsweats01」みたいな発言をします。「ライダーの枠がなくならければ、戦隊の枠が生まれることはなかったのですからねえ・・・」
当時はまだよかったのです。ヒーロー番組が幾らあってもそれを支える子供たちもたくさんいたわけですから。しかし1970年代からはや40年。日本国において子供はどんどん減り続けております。特撮がオモチャの売り上げによって支えられている以上、これ以上財源が減ったら東Aさんもいつかはどちらかを切らなければならないかもしれません。ならば子供をバンバン作ればいいじゃない!? ・・・・話が変な方向に行きました。

最近思うんですけど、以前は戦隊・・・児童主体・ユーモア大目 ライダー・・・十代の子も観られるように・ややシリアス みたいな住み分けができてたんですよね。ところが『電王』がヒットして以降、ライダーのムードがだいぶ戦隊よりになってきてしまったような。確かにオモチャがいらない層に幾ら受けても、予算は潤いませんからねえ。商売としては正しいのかもしれませんが、いつか「どっちかひとつでいいじゃん」ということにならないといいなあと。

映画に話を戻しますと、途中まではなかなか筋道だった作りになってましたが、過去に戻ったあたりからどんどん八方破れになっていきます(笑) 毎年ライダー映画につきあってるとその辺にも慣れてきます。
個人的に嬉しかったのはディケイドがけっこう目立ってたことです。全てのライダーをまとめる役割にありながら続編もスピンオフも作られず、去年の『レッツゴー仮面ライダー』においては早くも「その他大勢」みたくなってました。それがあまりにも不憫だったのでね~ 今後も活躍の機会があるといいなあ(厳しいかも…)

120530_193248観るのが遅れた上に書くのも遅れたので上映だいたい終わっちゃいました。ごめんなさい。まあすぐDVDが出るでしょう。
それより次のコラボ企画はいったいどうするのでしょう。ウルトラ、プリキュア、ガンダム… いろいろ考えられますが、その前に「全石ノ森正太郎VS全八手三郎」をやるべきだと思いますよ、わたしは。


|

« ディス・伊豆・ビルド  大町孝三 『つづく』 | Main | 魔女っ子エヴァリン ティム・バートン 『ダーク・シャドウ』 »

Comments

SGAさんこんばんわ♪

オールライダーに続いて戦隊も全員集合な映画が出てと、ヒーロー作品はスケールがどんどん大きくなってるな~と感じた矢先にこんな極致みたいな作品が出るもんですから、ここまで来ると『すげぇ~!』を通り越して『ア、アハハ・・』と苦笑いをする他ないですね^^;(汗

でも2時間もない内容で良くここまで纏めたものですよね。確かに後半はライダー作品にも良く見られる無理矢理感が出てましたし、派手なアクションやライダーと戦隊のコラボ必殺技などで押し通した部分もちらほらで、海東のカウンターアタック(逆襲)っぷりも『おいっ!』と言いながらも度肝抜かれたほど。いつもの気まぐれで迷惑掛けたかっただけかもしれませんが、個人的には士が言った『お前に友情は似合わないんだよぉ~』ってセリフが地雷だったんじゃないかと想像してます(笑


それと『コラボ』で思い出しましたが、今年のフォーゼの劇場版にはキョーダインと呼ばれるキャラクターが出るそうです。自分は知らないのですが、今回の劇場版に合わせてオリジナルより大分リファインされててかなりカッコイイ姿にっ。
ギャバンとかもそうですが、これからは往年のヒーロー達とのコラボが多くなってきそうな気がしますね。

Posted by: メビウス | June 05, 2012 at 12:39 AM

>メビウスさん

こんちは! 返事が遅れてもうしわけございません!
いやあ、『ディケイド』にシンケンジャーが出てきたときは単純に「面白いことやるなあ」と喜んでましたが、まさか後戦隊×ライダーコラボがここまで暴走してしまうとは… 本当に最近の東Aさんの企画はこちらの想定の斜め上をいきます

海東くんにはわたしもビックリしました。途中までけっこういいヤツな感じで話が進んでたのに。まあこれは「仮面ライダー=正義の味方ではないよ」という某プロデューサーの意向が反映されていたのかも。あと海東=ディエンドは『電王トリロジー』でも一本主役を張ってましたよね。その辺からどうもゆがんだえこひいきを受けているような気がしてなりません(笑)

『キョーダイン』はわたしは辛うじてリアルで観ていた記憶があります。ストーリーは全然覚えてませんが。リファインされたのはオリジナルの気ぐるみがなくなってしまったからだそうですね。名前こそ同じもののオリジナルとは別人?のようだし。やっぱりあのフォーゼそっくりの野暮ったいデザインをスクリーンで見たかったなあ。CGでいいからチラッとでも出てこないかな?

Posted by: SGA屋伍一 | June 07, 2012 at 09:16 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/54853478

Listed below are links to weblogs that reference ヒーローみな兄弟? 『仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦』:

» 仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦 [シネマをぶった斬りっ!!]
【監督】金田治 【出演】井上正大/戸谷公人/奥田達士/福士蒼汰/高橋龍輝/清水富美加/吉沢亮/渡部秀/高田里穂/小澤亮太/山田裕貴/市道真央/清水一希/小池唯/池田純矢/鈴木勝大/馬場良馬/小宮有紗/他 【公...... [Read More]

Tracked on June 05, 2012 at 12:39 AM

« ディス・伊豆・ビルド  大町孝三 『つづく』 | Main | 魔女っ子エヴァリン ティム・バートン 『ダーク・シャドウ』 »