« 魔女っ子エヴァリン ティム・バートン 『ダーク・シャドウ』 | Main | パーツ・アバウト・マイ・マザー 井上靖 原田眞人 『わが母の記』 »

June 11, 2012

歌えマナマナ ジェームズ・ボビン 『ザ・マペッツ』

586591924♪ほーにゃーりー ほにゃらー あの『ザ・マペットショー』や『セサミストリート』の操り人形たちが、映画になって帰ってきた! 本日はアメリカ初め世界で大ヒットを飛ばしたのに日本ではあんまりなcrying『ザ・マペッツ』紹介いたします。

人間のゲイリーとマペット人形のウォルターは小さいときから大の仲良し。いつでも一緒どこでも一緒。ゲイリーが大人になってもその友情(というか兄弟なのか?)は変わらず続いていた。ウォルターのお気に入りはテレビの「ザ・マペットショー」。カエルのカーミットを初めとするマペットのスターたちに直に会ってみたいというのが、ウォルターの長年の夢だった。
その夢がある日かなうことに。ゲイリーが恋人とマペットスタジオのある西海岸に旅行に行くことになり、ウォルターも共に誘ったのだ。期待に胸を膨らませるウォルター。だが着いた先のマペットスタジオは荒れ果てていて、スターたちはもうそこにはいなかった。果たしてカーミットたちはどこに行ったのか?

最初に人間とマペットが普通に一緒に生活してて、マペットが自由意志を持ってしゃべったり動いたりしてることにとまどいを覚える方もおられるやもしれません。しかしまあここはそういう世界なんだということで納得していただきたい。アンパンの顔を持った何かが人間と暮らしている世界に比べればよほど現実的かと(そうか?)

最近あんまし映像で見かけなくなったものに人形劇があります。わたしが子供のころはプリンプリン物語にドリフの西遊記に種々の教育番組、あと忘れちゃいけないサンダーバード・・・とそれなりにあったように思うのですが。
ある意味、人形劇はストップモーションアニメとして生き残っているかもしれません。でもやっぱり人形劇と実写アニメは微妙に違うもんじゃないかな~と。純の人形劇にはやはり純の人形劇にしかない強みがあります。それはあのパペットの温かみややわらかみであったり。あと人間と人形が一緒に演技していてもなんか自然に見えたりします!(我ながら強引だなあ)

そう、この『マペッツ』でがんばってるのは人形だけではありません。人間もバキバキフレキシブルに動き回っております。その楽しさはミュージカルが苦手なわたしでさえ我を忘れるほど。そりゃあジャック・ブラックやウーピー・ゴールドバーグも実名で出たくなるわけです。
ギャグのテンポもキレがよく、何度も腹筋をよじらせられました。さらに笑わせるだけではなく失われたものへの寂寥感や、新たなステージに進むための不安、そうした喜怒哀楽が渾然一体となって感動のクライマックスへと突き進んでいくわけです。まさに全てのエンターテイメントのお手本と言えるような作品。

ただ・・・ こんなにもいい映画なのに、なんでかほとんどのシネコンでは一週間から10日しか上映してくれなかったという・・・ なんじゃあ、そりゃあーっつ!! 普通いくら客入りが悪くても新作は二~三週はやるものなのに、この扱いの悪さは一体なんなのでしょう!?
まあ、わからないでもないんですよね・・・ 日本にはすでにドラえもんがありコナンがありポケモンがありしんちゃんがありアンパンマンがありワンピースがありナルトがありライダーがあり戦隊がありガンダムがありウルトラマンがありetcetc・・・ すでに十分すぎるほどのキッズムービーが隙間なくひしめきあっているわけですよ。そんな中になじみのうすい洋物の子供映画が入り込むのは相当の難関であります。ピクサーが長年の実績と実力でなんとか食らいこんでいるくらいではないでしょうか。各国で評判の高い『ブルー 初めての空へ』も結局DVDスルーだし・・・ 
いっぺんだけでも観てもらえばその良さがわかるのに! ああ、もう!

586206683そんな『ザ・マペッツ』では都心の一部の劇場ではまだやっているようです。行ける範囲の方はどうぞぜひ! 行けない人はどうかDVDで!


|

« 魔女っ子エヴァリン ティム・バートン 『ダーク・シャドウ』 | Main | パーツ・アバウト・マイ・マザー 井上靖 原田眞人 『わが母の記』 »

Comments

伍一さん、

これ観てたんですね!わーい!
マペットって何か安らぐんですよね。
カミーも載せてくださって有難うです!

Posted by: まみっし | June 12, 2012 at 02:44 AM

気になってたんだけど、、
あれ?JBって吹替じゃなくて生身の身体で出てた!?
だったら逃しちゃったなぁ。公開2週間で終わっちゃったもんね。
DVDで観るわhappy01
JBの新作は来週観てくる♪

Posted by: mig | June 12, 2012 at 09:44 AM

>まみっしさん

これはいまのとこ本年度ナンバー2くらいに気に入ってしまいましたよ! まみっしさんもお好きなようで嬉しいです。本当に日本でももっともっと評価されていいと思うんですがねえ
カーミット、劇場で売ってたのでつい衝動買いしてしまいました。この哀愁漂う背中と微妙にあいてる目がなんともいえません

Posted by: SGA屋伍一 | June 12, 2012 at 10:15 PM

>migちゃん

そうだったんだよー しかもかなりおいしい役で・・・
まだお台場では今週金曜までやってるようだけど、無理だったらDVDでぜひチェックしてね
JBの次の作品は「しあわせの鳥を探して」だっけ
最近癒し系づいてるなあ、JB(笑)

Posted by: SGA屋伍一 | June 12, 2012 at 10:22 PM

きゃーー、そっっか、、、

お台場ムリ 笑
もちろんDVDはチェックするよ!
癒し系になちゃったんだJB!いつの間にーcatface

Posted by: mig | June 14, 2012 at 10:59 PM

>migちゃん

レスがおくれてごめん
お台場そんなに遠いの? つきあいでビーナスフォートというとこに二回ばかり行ったことがあったな~
JBの『ビッグボーイズ』観たいんだけど、いまんとこ上映劇場がたった二つ! こりゃこっちじゃかからんな…

Posted by: SGA屋伍一 | June 16, 2012 at 08:44 PM

これ、見たよ〜。
確か、去年のベストに入れてたっけね?
私は、ラシダ・ジョーンズの他の作品が見たくなって、これを見てみたよ。
ジャック・ブラックは歌もギターも上手いんだけど、彼今回は歌を歌わないのね。残念。

セサミ・ストリートは以前、英語オンリーの放送だったので、英語を勉強したい学生にはちょうどいい教材でした。
子供の頃から高校までずっと、毎週見てたので、カーミティ・ザ・フロッグ懐かしかったな。
本当はエルモが一番好きなんだけど、権利が部分的にしか使わせてもらえないんだろうね。
マペッツの映画化はシリーズ物として、もう7作目だなんて、全然知らなかったなあ。

Posted by: とらねこ | June 24, 2013 at 01:34 PM

>とらねこどん

ご覧になられましかたー
うん、たしか昨年のベスト4位。不遇ゆえの不憫さもてつだって
そういえばJBは『テネイシャスD』や『スクール・オブ・ロック』なんかでギター弾いてるんだっけ。歌はともかく今回は縛られてる場面が多かったからギターは無理だね~ でも本人役でこんだけ大活躍?してたんだからおいしいポジションだったと思うよ

そういえばわたし『セサミ・ストリート』ではクッキーモンスターが好きだったなあ。英語があんまりわからないながらもクッキーとなると理性がなくなるあの傍若無人ぶりが痛快でした

ずいぶん映画作ってたみたいだけど、検索してもなかなかタイトルが出てこないんだよね。とりあえずすでに製作が決まってる次回作に期待・・・なんだがDVDスルーになりそうな予感がひしひしと

Posted by: SGA屋伍一 | June 25, 2013 at 12:42 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/54937896

Listed below are links to weblogs that reference 歌えマナマナ ジェームズ・ボビン 『ザ・マペッツ』:

» ザ・マペッツ (The Muppets) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ジェームズ・ボビン 主演 ジェイソン・シーゲル 2011年 アメリカ映画 103分 コメディ 採点★★★★ 朝はもっぱらEテレがつきっ放しの我が家。末っ子が“おかあさんといっしょ”やら“いないいないばあっ!”を観てるからなんですけど、稀に末っ子が早く保育…... [Read More]

Tracked on August 27, 2012 at 12:33 AM

» ザ・マペッツ [いやいやえん]
個人的にはマペットって何ぞや?から始まります。どうやらパペット+マリオネットの造語であるらしい。セサミストリート(見たことないけど)とかそういうのかな?そんな印象しかなかったのですが大体当たってるっぽくて良かったです。 そのマペットと人間が共存する世界で、主人公らは石油王の邪悪な陰謀に巻き込まれちゃうというもの。ミュージカル仕立て。 カエルのカーミットというのがマペットの第一号らしいのですが、あ、そうなのかーで終わっちゃうので感慨深くならないのが残念ではありますが、かつてエンターテイメン... [Read More]

Tracked on January 05, 2013 at 09:46 AM

» 「ザ・マペッツ」 [或る日の出来事]
エイミー・アダムスさん目当てですとも。 [Read More]

Tracked on July 07, 2013 at 09:53 PM

« 魔女っ子エヴァリン ティム・バートン 『ダーク・シャドウ』 | Main | パーツ・アバウト・マイ・マザー 井上靖 原田眞人 『わが母の記』 »