« 超能力大作戦 堤幸彦 『SPEC 天』 | Main | クロノスじいさん大噴火 ジョナサン・リーベスマン  『タイタンの逆襲』 »

May 16, 2012

お化けとポストに手紙を入れりゃ 沖浦啓之 『ももへの手紙』

Momo1瀬戸は 日暮れて 夕波小波♪ 本日はアニメ作家沖浦啓之氏の久々の監督作品となった『ももへの手紙』をご紹介します。

父親を亡くし、母と二人東京から瀬戸内へとやってきた少女もも。慣れない環境や父への想いから、気の晴れない日が続くもも。さらにおいうちをかけるように、彼女を仰天させる出来事が起きる。いつしかももたちの周りにはえたいのしれない影がうろつき始め、その影はとうとう妖怪となってももの前に姿を現す。
パニックに陥るもも。しかも三匹の妖怪たち… イワ・カワ・マメは畑の作物を荒らしたり、ファンシー系のグッズを盗んだりしてはももを悩ませる。しかし妖怪たちと格闘しているうちに、ももにはいつしか自然な笑顔がよみがえってくる…

いまをさること12年前、その芸術性の高さで海外でも話題を呼んだ『人狼』というアニメ映画がありました。押井守氏原案でパラレルワールドの日本を舞台とした、公安警察の苦闘を描いた作品。
どれほどのものかと思って鑑賞してみたら確かに見ごたえはあったんですが、あまりにも暗く救いがなさすぎる。わたしがこれまでに観た「落込む映画」のゆうにベスト(ワースト?)5に入ります。
そんな『人狼』のこともだいぶ忘れた今年初め、監督の沖浦氏の作品が再び公開されると聞きました。ところがこれが『人狼』とはうってかわったのほほ~んとしたムードでたまげましたよ。さすがに監督も「前作は暗すぎた」と反省したのでしょうか。

ざっと感想を観ましたところ「ジブリと似てる」という印象を持たれた方が多いようです。たしかにどこかしら似通ったところも多々あります。でもしかし、この作品独自のいいところもたくさんあります。それをこれからネチネチとあげていきましょう。
まず宮○駿御大はもうビッグになりすぎて、最近の作品なんか父親、あるいは地球の目線からしか物語を語れなくなってると思うんです。しかし沖浦監督はあくまで少女の感性になりきって、少女の目線でお話を語っていると思いました。そういう点ではむしろ御大のジュニアである吾○氏に近いかも。
ただ宮崎○朗氏の作風がとても生真面目であるのに比べると、『ももへの手紙』はすこーんといい具合に力が抜けております。そんな風に作品のガス抜きとなっているのがイワ・カワ・マメの妖怪三バカトリオ。この三匹、クライマックスぎりぎりまで本当に何の役にもたちゃあしません。それどころか次から次へと軽犯罪を繰り返す始末で、ももちゃんならずとも頭を抱えたくなります。まあなんとなく憎めないやつらではありますが。
こんなダメ人間の象徴みたいなやつらがイキイキと描かれてるところも、近年のジブリとはちょっと違います。
あともひとつよかったのは、直接エコロジー的なテーマを語ろうとしなかったこと。昔はよかった今はダメ、美しい自然を大切にしましょう!みたいなテーマが盛り込まれたアニメが多くありますが、そういうのってエンターテイメントで説教くさく語られるとかえってひくんですよね。その点『ももへの手紙』はあくまで絵だけで伝統の良さや自然の美しさを表現していたと思います。

沖浦監督と『ももへの手紙』に関しては現在webでこんな濃いいインタビューが続けられているのですが、そこでぶったまげたのがなんとこのアニメの元ネタとなったのは『不思議惑星キン・ザ・ザ』だということ。『キン・ザ・ザ』とは旧ソ連末期に作られた珍SF映画で、気難しいロシアのおじさんが宇宙に突然ワープしてしまい、そこであこぎなナニワ商人みたいな宇宙人に四苦八苦させられるというストーリー。わたしもこんなレビューを書いたりしてました。
インタビューで「『不思議惑星キン・ザ・ザ』という作品がありまして、それにとても感銘を受けたんです。あれは、地球人のおじさんと異星人のおじさんの話だったんですけど(笑)。それを女の子とおじさんたちという組み合わせで、舞台を変えてやれないかなと思って。だから、おじさんっぽいイメージの妖怪たちにしたいなと」と沖浦監督。ふんふん、なるほどね… と言いたいとこだけど全然わからねえ(笑) あの『キン・ザ・ザ』をどうひねくったらこんなさわやかなジュブナイル作品になるのか… ぜひ『もも』を観た方はそちらも観て頭をひねられてください。

Momo2『ももへの手紙』は現在全国の劇場で上映中。でもあんまし興行かんばしくないっぽいです。わたしが観た時はお子さんたちもよくケラケラと笑っていたので、もっとたくさんの子供たちにぜひ観てもらいたいものですが。


|

« 超能力大作戦 堤幸彦 『SPEC 天』 | Main | クロノスじいさん大噴火 ジョナサン・リーベスマン  『タイタンの逆襲』 »

Comments

口下手なお父さんが他にも呼びかけだけの 「ママへの手紙」や「ミミ萩原へのファンレター」を出そうとしていたのはモモには秘密です

Posted by: ふじき78 | May 20, 2012 at 09:10 AM

>ふじき78さん

♪らぶらぶ みんきーもも
内容書いて♪heart04

Posted by: SGA屋伍一 | May 20, 2012 at 09:12 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/54726817

Listed below are links to weblogs that reference お化けとポストに手紙を入れりゃ 沖浦啓之 『ももへの手紙』:

» ももへの手紙 [LOVE Cinemas 調布]
父を亡くした母と娘が瀬戸内海の島へと移り住む。そこで少女は不思議な妖怪3人組と出逢うのだった…。『人狼 JIN-ROH』の沖浦啓之監督が7年の歳月をかけて完成させた長編アニメーション。作画監督に『千と千尋の神隠し』の安藤雅司、作画を『AKIRA』の井上俊之や『猫の恩返し』の井上鋭らが担当する。声優は美山加恋、優香、西田敏行、山寺宏一、チョーらが務める。... [Read More]

Tracked on May 16, 2012 at 09:04 PM

» 『ももへの手紙』をシネ・リーブル池袋2で観て、わけえ人が丁寧に拵えたんだから誉めてやるべえふじき★★★ [ふじき78の死屍累々映画日記]
   五つ星評価で【★★★小品。可愛し】 大きな作品ではなく、ちょっとした夏休みの話を省略なしにちゃんと描く。 よく、できてると思う。 どっかで見たような話や展開が ... [Read More]

Tracked on May 20, 2012 at 09:27 AM

» ももへの手紙 [銀幕大帝α]
12年/日本/120分/ファンタジー・ドラマ/劇場公開(2012/04/21) −監督− 沖浦啓之 −絵コンテ− 沖浦啓之 −原案− 沖浦啓之 −脚本− 沖浦啓之 −主題歌− 原由子『ウルワシマホロバ 〜美しき場所〜』 −制作− プロダクション I.G −声の出演− *美山加恋・・・宮浦もも ...... [Read More]

Tracked on October 27, 2012 at 12:41 AM

» ももへの手紙 [いやいやえん]
「ももへ」とだけ書かれ遺された父からの手紙。その真意はついにわからずじまいだった小学6年生のももは、瀬戸内海の田舎へと越してくる。ももは田舎に来た事を不満に思っていて、田舎との交流にも消極的。そんな中、三人組の妖怪たちと出会う…。 突如現れた奇妙な三人組の妖怪たち、イワ、カワ、マメ。妖怪ではなく実は「ソラ」の見守組。どうして私についてくるの?どうして他のみんなには見えないの?ももは、彼らの奔放で奇異な行動に振り回されながらも、次第に打ち解けていくと同時に島での生活に慣れていきます。 不満... [Read More]

Tracked on November 24, 2012 at 09:42 AM

» ももへの手紙 : ももへの手紙 : THE.瀬戸内海ムービー [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 今日は、幾分寒さも和らぎ瀬戸内の冬っぽい一日でした。こんな日は、こんな瀬戸内が舞台のこちらになります。 【題名】 ももへの手紙 【製作年】 2012年 【製作国】 日本 [Read More]

Tracked on December 15, 2012 at 12:29 AM

« 超能力大作戦 堤幸彦 『SPEC 天』 | Main | クロノスじいさん大噴火 ジョナサン・リーベスマン  『タイタンの逆襲』 »