« 芸術はブラック&ホワイトだ ミシェル・アザナヴィシウス 『アーティスト』 | Main | 火星の往生 E・R・バロウズ アンドリュー・スタントン 『ジョン・カーター』 »

May 07, 2012

海にお船を沈ませて ピーター・バーグ 『バトルシップ』

Bs2ユニバーサル100周年記念作品… が、これかよ!(笑) 本日はなんでか本国よりも一ヶ月も早く日本公開となったSFおバカ超大作『バトルシップ』をご紹介します。

世界14カ国の海軍将兵2万人が参集する環太平洋合同演習。その中に有能だが根っからお馬鹿の駆逐艦乗員アレックス・ホッパーもいた。上官でもある恋人の父親・シェーン提督にいいとこを見せようとはりきっていたホッパーだったが、サッカーで負けた自衛隊の士官ナガタと壮絶なケンカをしてしまい、ほぼクビが決定してしまう。そんな中、宇宙から謎の飛行物体が落下。やはり戦艦らしきその物体は、演習中の艦隊に牙をむきはじめる。それは数年前宇宙局がある惑星に向けて発したメッセージへの無慈悲な回答だった。

原作はハズブロ社が発売してるTVゲーム「海戦ゲーム」。うっひゃあ。みなさん「海戦ゲーム」って知ってます? ○×を少し複雑にして、軍人将棋を思い切り簡略化したような対戦ゲームで、詳しくはこちらをご覧ください。はっきり言って紙と鉛筆があればできるゲームなんですが、そいつをさらに進化させて、立派なゲームウォッチみたいにして売り出したのがスターウォーズのオモチャなどで知られるハズブロ社。しかしねえ。幾ら「進化させた」といってもしょせんは海戦ゲーム。原作とうたってはいても、本当に名前だけ貸したようなもんだろな、とたかをくくっていました。ところがどすこい、中盤で本当に海戦ゲームの画面が出てきてぶったまげました。どんな風に使われているのかは、ぜひご自分のお目目でお確かめください。

普通この手の地球侵略ものでは、「地球側の通常兵器がまったく利かない!」ということが多いのですが、この『バトルシップ』においてはミサイルも砲弾もわりかし普通に通用します。まあそういう風にしないと海戦ゲームが成り立たないので・・・
とにかく馬鹿でかい船とすさまじい兵器で攻めてくるので、地球側が圧倒的に不利なのはまちがいないんです。ですがどうも宇宙人さんたちはルールに囚われすぎなのか単にうっかり屋さんなのか、上手に反撃の糸口を残しておいてくれるんですよね。まるでゲームにおいてフェアプレイを重んじるように。そんな宇宙人たちの出してきた小難しい命題を、地球人たちが必死に知恵を絞って解決する、そのあたりがこの映画の醍醐味であると思います。
ゲームしに来ておっ死んでるんなんて君たちは馬鹿か?という人もおられましょうが、わたしはそんな宇宙人さん達の優しさ、もしくはドジっ子ぶりが大好きですよ!
ついでにわが心のうっかり宇宙人ベスト3(ワースト?)をあげるとするなら、1位 サイン 2位 宇宙戦争 3位 カウボーイ&エイリアン というとこでしょうか。1位・2位の連中はもちっと丁寧にリサーチしてから地球に攻めてこいやと。3位はうっかりがあまりに露骨すぎて、段取りをさぼったプロレスみたいになってました。

ちなみにこの映画、米国海軍だけでなく自衛隊もそれなりに活躍します。自衛隊の方々は列強の軍隊から「ションベンみたいな撃ち方しかできないくせに、メチャクチャ正確に的に当ててきて怖い」という評判を得ているそうです。この映画ではその辺も忠実に再現しててなかなかに笑えました。

正直『キングダム 見えざる敵』で民族間の争いを痛烈に批判したピーター・バーグ監督が、こういう能天気な好戦的映画を作ったことにひっかかりがないでもないです。でもまあ、相手は宇宙人だしなあ。実在しない宇宙人ならば映画の中で全滅させても別に支障はない・・・かしら。はてさて
Bs1ピップエレキバン、じゃなくて『バトルシップ』は、現在全国の劇場で上映中。映画はやっぱでかいもんぶっこわしてナンボやろー、という方に強く推奨します。
日本では同日公開初日を迎えた『ジョン・カーター』でも、この作品と同じく若手のテイラー・キッチュが主演を務めております。が、『バトルシップ』と比べると興行はいまひとつ芳しくない模様。そっちにも、渡辺謙あたり出しとけばよかったんじゃないかなあ。
次のレビューではその『ジョン・カーター』の方を取り上げます。たぶん。

|

« 芸術はブラック&ホワイトだ ミシェル・アザナヴィシウス 『アーティスト』 | Main | 火星の往生 E・R・バロウズ アンドリュー・スタントン 『ジョン・カーター』 »

Comments

伍一くん☆
高尾山おつかれ~☆
筋肉痛はさすがに一番若手は出なかったかな?私は翌日でたので、ちょっと安心(笑)2日間痛かったです。

休みに映画観てるね~
この映画は結構私は気に入ってるの。めずらしいでしょ?
このおバカ単純映画が意外によかったかな。
何しろ眠くならなかったよー

Posted by: ノルウェーまだ~む | May 09, 2012 at 11:57 PM

>ノルウェーまだ~むさん

こんばんばん~
まだ~むさんもその節はお疲れでした。筋肉痛は出なかったけどなんだか体の重たい一週間でしたよ(笑)
翌日すぐ出るとはまだまだ若い若い!
KLYさんには遠く及びませんが、休み中は四本見ました。これは観た人にはだいたい評判よいですよ。アート好きのroseさんも珍しくほめてたし
最近これ、『ジョン・カーター』、『タイタンの逆襲』と個人的に怪獣祭りだったんですが、三本の中では一番盛り上がる映画だったと思います

Posted by: SGA屋伍一 | May 10, 2012 at 10:03 PM

ご無沙汰〜。
連休は広島で路面電車乗ったり、四国で燃費オフに参戦してました。

映画は見てないですが、日曜朝「聖闘士星矢Ω」と「宇宙兄弟」の時間帯どちらかでにCM流れていたのでつい……………。
因みに最近、何故か定期的に見てるこの両者。前者はそこそこいける感じ、後者はマンガ自体気に入ったものの、アニメは半年で終わる気配。

おっかない艦と言えば昔「ダイターン3」で有能な提督が自らの脳を艦に移植し、完全自動の無敵艦としてメガノイドや万丈達にケンカ吹っかけていた記憶が………。
珍しく両者共闘したぐらいですから。

Posted by: まさとし3055 | May 11, 2012 at 06:25 PM

>まさとし3055さん

こちらもご無沙汰~
わたしはGWは渋谷歩いたり高尾山登ったりしてました
『聖闘士星矢Ω』はわたしも見てますよ! なんかハリポタみたくなってるけどそれはそれで面白い! 今期はアニメよく観てますね。あとおっかけてるのはZETMANとエウレカセブンAO

ダイターン3は一通り観てたはずなんだけど、エピソードがろくろく思い出せないw
富野つながりでおっかない艦というか「とんでもねーw」と思ったのはアイアンギアーね。あれがあればザブングルはいらないだろうと

Posted by: SGA屋伍一 | May 13, 2012 at 07:02 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/54658269

Listed below are links to weblogs that reference 海にお船を沈ませて ピーター・バーグ 『バトルシップ』:

» 「バトルシップ」戦闘準備OK! [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
電車も止まり、死傷者も出るような台風並みの嵐の中、チケット引き換えだけでもずぶ濡れになって傘の骨も折れてしまい、一旦家に帰って戦闘態勢(ゴアテックスの山登り用ジャケットとジーンズの上から雨合羽のパンツ)を整えてから出直すという事態。 試写会場が歩いて行ける代々木体育館だったのが、良かったのか悪かったのか・・・・... [Read More]

Tracked on May 09, 2012 at 11:58 PM

» 『バトルシップ』 (2012) / アメリカ [Nice One!! @goo]
原題:  BATTLESHIP 監督: ピーター・バーグ 出演: テイラー・キッチュ 、ブルックリン・デッカー 、アレキサンダー・スカルスガルド 、リアーナ 、浅野忠信 観賞劇場: TOHOシネマズ六本木ヒルズ 公式サイトはこちら。 日本国際映画著作権協会(MPA/JIMCA)主...... [Read More]

Tracked on May 17, 2012 at 09:24 AM

« 芸術はブラック&ホワイトだ ミシェル・アザナヴィシウス 『アーティスト』 | Main | 火星の往生 E・R・バロウズ アンドリュー・スタントン 『ジョン・カーター』 »