« 瀬戸際の花嫁 ラース・フォン・トリアー 『メランコリア』 | Main | ジョルジュの奇妙な冒険旅行 マーティン・スコセッシ 『ヒューゴの不思議な発明』 »

March 21, 2012

猫背×猫目 テンダーシネマVol.1 今泉力哉 『ハイタイム』 片岡翔 『party』

Tnderacinema2これでようやく二月に観た映画の感想記事も終りです。・・・いまごろかよ!
というわけで今回は先日渋谷のオーディトリウムで一日限り上映された自主映画プログラム『テンダーシネマVol.1』、ご紹介します。
わたしが鑑賞したのは今泉力哉監督の『ハイタイム』と片岡翔監督『party』が組まれたBプログラム。まずは『ハイタイム』の方から参ります。

とあるアパートの一室。別れを決めた一組の男女。その後女・・・加奈子は妹の看病をしながら、そのいきさつを振り返っていく。
ヒロイン加奈子は一応女優さんであります。といっても仕事はほとんどなく、懸命にレッスンに通って大役をつかもうとあがいている、そんなポジション。もともと気性の激しい方なのでしょうけど、年齢のことや演出家の厳しいダメだしや、仲間に先を追い越されたり・・・ということが重なって怒りのボルテージがぐんぐんと上がっていきます。

こういう自主系の上映に行くと、夢にあふれたキラキラした若者たちがたくさん来てるんですよね。40手前のさえないオッサンからすると、そんな彼らがとってもまぶしく見えたりします。でもそういう若者たちもきっと夢を追っかけてる裏で、目から血を出したり、ゲロ吐いたりして苦しんでるんだなと。
ただこの作品の主題はそういった演劇青年の苦悩ではなくて、若い精神の切ないすれ違いとか、浮き沈みの激しい感情などにある気がします。終幕近く、離れた場所で二人がそれぞれ宙に放るミカンがそれを象徴しているような。人の感情ってヤツはものすごく昂ぶったかと思えば、次の瞬間あっという間に急降下したりする。日々がその繰り返しであります。

今泉監督の作品は現在新宿はケイズシネマで行われてる「MOOSIC LAB 2012」プログラムで観ることができます。タイトルは『nico』。 他にも『こっぴどい猫』『ヴァージン』といった作品が待機中です。あと奥さんの今泉かおりさんが『聴こえてる、ふりをしただけ』という作品でベルリン映画祭の子供審査員特別賞に輝かれたとか。すごいっすね。


さて、もう一本は当ブログではおなじみの片岡翔監督『party』。
田舎のとある家に住む五人の男女。やたらと明るくテンションの高い男。じっと黙って座ったままの男。卵をひたすら泡立てる女。幼児に退行したような女。周囲に片っ端から怒りをぶちまける女。
やがて連れ立って遠足のように出かける五人。するといつの間にかもう一人の男が後から着いてきて・・・

わりとシンプルな筋立ての多い片岡作品の中にあって、パッと観ただけではわかりづらい作品。そのシュールで不条理な展開はなにやらつげ義春の漫画と似たところもあり。終始陰鬱なムードに包まれているところはちょっと違いますけれど。彼らがそれぞれ何を表しているのか、どこへ向かおうとしているのか、観た者それぞれに考えさせるような作りになっています。
特筆すべきは謎だらけのこの作品にあって、さらに謎めいた存在の特別出演・今泉力哉監督(笑) その猫背から放たれるオーラは尋常ではありません。たしかご自身の『TUESDAYGIRL』にも出ておられましたが、監督だけやらせておくのは実にもったいないキャラクターです。
もうひとつ印象に残ったのは胸にのしかかってくるような海のビジュアル。この重苦しさはやはり劇場のスクリーンだからこそ伝わってくるものなのでしょうね。あと寄せては返す波のイメージはどうしても昨年の痛ましい災害を思い起こさせます。

それにしても、今泉監督と片岡監督、資質はかなり異なると思うのですが、下北映画祭、トリウッドでの特集上映、先の仙台短篇映画祭、そしてこのテンダーシネマと何かと並んで発表されることが多いような。これからも切磋琢磨してレベルの高い作品を作り続けていってほしいものです(えらそうなこと書いてるなcoldsweats01)。

Tndercinema1片岡監督の方はこれからは脚本のお仕事が増えるそうで、さっそくその一弾となる『Miss Boys!』という作品が4月にDVDリリースされるそうです。その合間を見て、また短篇作品の方もよろしくお願いします。にゃー


|

« 瀬戸際の花嫁 ラース・フォン・トリアー 『メランコリア』 | Main | ジョルジュの奇妙な冒険旅行 マーティン・スコセッシ 『ヒューゴの不思議な発明』 »

Comments

伍一くん~~☆
おおう!やっとーっ
誰もTBしてくれないよぉう、と思ったらまだ書いていなかったのね。

翔さんの解釈は正解!
私なんて、先に監督本人に答え聞いちゃったもんね。(爆)
こうやって頭使わなくなってボケるんだろうな。

Posted by: ノルウェーまだ~む | March 22, 2012 at 11:05 PM

ゴイチクン、せっかく書いてくれたのに、悪いんだけど、
ネタバレは一切やめてもらいたいのよ、、、
翔がこれから観る人もいるからって
いつも言われてて。
検索でくる人もいるからねー、
だから皆にも気を使ってもらってるの、
消せないかな、

Posted by: mig | March 23, 2012 at 03:59 PM

猫目と猫背のコラボ、いいね☆

中央ネタバレのとこは削除宜しくです
miss Boys宣伝もありがとう、
けっこう有名な監督の次の作品の脚本終わり
本人が今週三本書かなきゃで代わりにお礼を。
いま外なのであとでTBするね。

Posted by: mig | March 23, 2012 at 04:03 PM

>ノルウェーまだ~むさん

毎度ありがとうございまする
正解はよかったんだけど書きすぎて怒られた~coldsweats01
のでその部分修正しておきますた

短篇の感想書くのって難しいですねい。。。(←おまいの気が利かないだけだよ。。。)

Posted by: SGA屋伍一 | March 23, 2012 at 06:15 PM

>migちゃん

ネタバレというか一解釈のつもりだったんだけど(あ、でもネタバレって書いてたな)迷惑かかるんだったら削除しといた方がいいね

とうわけで修正しておきました。翔さんにも謝っといて。。。

色々お仕事舞い込んでるようで何より~

Posted by: SGA屋伍一 | March 23, 2012 at 06:18 PM

いや翔にはいってないの、ゴメンネお手数かけちゃったね。解釈だったの?
ネタバレって書いてたから、、、
ところで猫目くんの絵、翔に似てるんだよねこの子★wink

Posted by: mig | March 23, 2012 at 10:22 PM

>migちゃん

いやいや、こちらの方こそ
これからはもうちょっと書き方とか内容とかに気をつけるでござるcoldsweats01
猫目君、実はまだ読んだことないんだよね。翔さんに似てなくもないけど、ウメズ先生の描く猫目くんはもっとおっかないようなcat

Posted by: SGA屋伍一 | March 25, 2012 at 06:23 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/54277416

Listed below are links to weblogs that reference 猫背×猫目 テンダーシネマVol.1 今泉力哉 『ハイタイム』 片岡翔 『party』:

» 片岡翔監督「Party」テンダーシネマにて [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
映画ブロガー中まで応援中の片岡翔監督の映画が、渋谷のオーディトリウムで、若手監督作品を集めたテンダーシネマvol.1で公開されたyo [Read More]

Tracked on March 22, 2012 at 11:03 PM

» テンダーシネマ Vol.1 渋谷オーディトリウムにて 片岡翔「Party」上映☆★ [我想一個人映画美的女人blog]
25日に渋谷にて上映決定 新作 「p a r t y」 出演:小宮一葉、小澤雄志、広江美奈、成澤優子、 キタイマコト、今泉力哉 ※「たまの映画」「最低」の今泉監督も役者で出演 映画「p a r t y」予告編 日程: 2012年02月25日(土) 時間:...... [Read More]

Tracked on March 23, 2012 at 10:22 PM

« 瀬戸際の花嫁 ラース・フォン・トリアー 『メランコリア』 | Main | ジョルジュの奇妙な冒険旅行 マーティン・スコセッシ 『ヒューゴの不思議な発明』 »