« ポールのトラブル大作戦 グレッグ・モットーラ 『宇宙人ポール』 | Main | ナンガが何だ ヨゼフ・フィルスマイヤー 『ヒマラヤ 運命の山』 »

February 23, 2012

禁断のFB愛 クリント・イーストウッド 『J・エドガー』

Edogaいま最も精力的なジジイ監督でおられるクリント・イーストウッド。その最新作はFBI長官、J・エドガー・フーバーの内面に迫った異色のドラマ。『J・エドガー』、紹介いたします。

1960年代アメリカ。晩年のFBI長官、フーバーは自分の歩みを振り返るべく、一人の部下に回顧録を書かせる。時はさかのぼって1919年。共産主義者によるテロ行為でパーマー司法長官の家で爆発事件が起きる。事件を知った若き日のフーバーは、アメリカの治安を守るため連邦捜査局の設立を決意する。二つの時代を行き来しながら、作品はフーバーの業績と副長官クライド・トルソンとの関係を赤裸々に物語っていく・・・・

「FBI」はともかく、フーバーというと日本人にはどうもなじみが薄い人物。なんとなく「手段を選ばないやり手」みたいな、「悪名高い」イメージが流布しているような気がします。

作品からまず感じたのは、フーバーがものすごく熱意に満ちた「管理オタク」であるということ。図書館の本をすべて組織的に整理したことを誇らしげに語り、「国民すべてに番号をふる事ができたらどんなに素晴らしいだろう」と夢見る。はっきり言ってうざい(笑)  しかしまあ、彼が私利私欲ではなく、純粋に理想を追う青年だったことは認めざるを得ません。少なくともこの映画の中では。そしてその理想を妨げる共産主義者やギャングたちを、容赦なく締め上げていきます。
もう一点インパクトがあったのは彼がある意味とても女性的であったということ。生涯副長官のクライドただ一人を愛し、母のドレスに憧れを感じるその姿は、彼がえげつない陰謀家であることを忘れさせ、同情の念を抱かせます。思えば彼が最初に長年の同僚となるヘレン・ギャンディに求婚したのも、彼女の「仕事第一」という男性的な面に惹かれたのやもしれません。

しかしまあ、ほんまもんのJ・エドガーはもっとネガティブな人間であったろう事は想像に難くなく。本国でこのイメージについていけなかった観客が多数いたこともなんとなく頷けます。わが国だって小沢一郎や石原慎太郎、渡辺恒雄の半生記をこんな風に映画化したら、「ふざけんな!!」の大合唱になりそうですしcoldsweats02

それはともかく特に面白く感じたのは・・・・ と。ここからは深刻なネタバレになるのでご了承ください。

heart01

heart01

heart01

heart01

彼がたどってきた若き日の記憶、それが自分に都合よく脚色、美化されてたというとこでした。実際は安全な場所から指揮してただけだったのに、記憶では悪党のところに乗り込んでいって自ら逮捕したことになってたり・・・とか。あれこれ陰謀を企んでいるうちに、自分でも虚構と現実がわからなくなってしまったのだ、みたいなことを最愛のクライドに言われてしまったりします。
この記憶の中の銃にもひるまず悪党を追い詰めていくフーバー、なんつーかダーティー・ハリーとほとんど一緒じゃないですかw もしかしたらかつてイーストウッドも映像の中のタフガイと本当の自分と、どっちがどっちなんだかわからなくなってしまったことがあるのかもしれません。「自分は銀幕の英雄などではなく、皆と同じ弱さを持つ一個の老人にすぎない」 そのことを改めて確認するために、この作品を撮ったんじゃないかな・・・なんて憶測したりしてcoldsweats01

そんなことを思うのはイーさんはこれまでず~っと「人の強さ」を軸に作品を作ってきたのに、前作『ヒアアフター』から急に「人の弱さ」の方に興味がいっちゃったような気がするからです。この映画、感動するべきところで笑ってしまったたところが幾つかあったのですが、老いてなおこのように変容を続けていく作家というのは本当に興味がつきないですね。

Edogawaそんな『J・エドガー』は現在全国で上映中・・・なはずなんですが、ご近所では来週からもうレイトで1回だけになってるよ!? イーストウッド&ディカプリオでこの仕打ちか・・・ アメリカの近代史の勉強にもなりますので、ご興味おありの方はお早めに~


|

« ポールのトラブル大作戦 グレッグ・モットーラ 『宇宙人ポール』 | Main | ナンガが何だ ヨゼフ・フィルスマイヤー 『ヒマラヤ 運命の山』 »

Comments

ごいち君こちらにも☆
いや~、なかなかイイコトいいますなぁ。
伍一くんのレビューで久々感心いたしましたです。
イーさん監督が自分の中の虚構と現実を改めて確認する作業のために監督をしているのだとすると、ただ老いて弱っていく自分とまだバイタリティーをもって作品に挑んでいきたい気持ちとの葛藤が現在の作風なのかもしれないですね。

Posted by: ノルウェーまだ~む | February 24, 2012 at 03:55 PM

>ノルウェーまだ~むさん

こちらにもくださって伍一感激っす。と思ったら

>久々感心いたしましたです

久々かよ! でもそうですね、いつもろくでもないことしか書いてませんでした・・・

毎年毎年傑作を送り出してるイーさん監督、はたからはまったく老いを感じないのですが、やはりご本人は色々と意識せざるをえないのでしょうね。いかに精力的といえど、体力はどんどん限られてくるでしょうし。それでもなお新しい題材にチャレンジし続ける監督はやっぱりすごいです。まだまだがんばってほしいものです

んで、全然関係ありませんが、あしたはよろしく~happy01

Posted by: SGA屋伍一 | February 24, 2012 at 11:23 PM

>こちらにも、、、

あ、ブログ引っ越したんだっけ。忘れてた。。。

江戸川区に赤マルをつけた着眼点は、するどいと思いました。お隣墨田区にスカイツリーが出来上がり、まさかの地価高騰。に、ひとり取り残された江戸川区。。。これはまさに時代に取り残されたフーバーそのもの。共産主義とかFBIとか、わかりやすい仮想的がいた時代はよかったってことですよ。

じゃ、あしたはよろしく~。。。

Posted by: ワタミ会長。。。 | February 25, 2012 at 08:59 PM

>ワタミ会長さん。。。

こちらにもどうも。。。
社員の皆さん、もっといたわってあげてください。。。 ていうかあなた(略)

江戸川といえば『オジャマンガ山田くん』の主題歌が懐かしいですね。ひがしっえどがわさんちょうめっ (さんちょうめっ!!)
今のアメリカの敵はなんでしょうね。。。 さしあたってイランとか北朝鮮なんでしょうけど、やっぱしソ連に比べると役不足というか。。。 ていうかそれより財政破綻をなんとかせにゃならんですよね。。。

あ、今日は楽しかったです。会ってないけど。。。

Posted by: SGA屋伍一 | February 26, 2012 at 10:48 PM

伍一くん、先日はありがとう!
遠い中いつも感謝!
ネタバレ翔が話したときにはもういなかったんだっけ?
夫婦かなとおもったんだけど独りだったの。
あ、この感想はいいか。

で、イーストウッドにしてはこれ全然ヒットしなかったよね。
私最近ダメだなぁイーストウッド。
これもネタ自体がどうでもいい人だったんだもの。
あ、言っちゃった!
bleah

Posted by: mig | February 27, 2012 at 10:25 PM

>migちゃん

こんばんは。こちらこそどうも~ お好み焼きおいしかったね
そのネタバレ、すんごく気になるんだけど(笑)
結局ツイッターのほうで書いた解釈でよかったってことなのかな?
???

外国はともかく、日本ではさっぱりだったようだね。日本でフーバーに関心がある人なんてそうそういなさそうだし。去年は去年で公開打ち切られちゃうし。気の毒だな、イーストウッド
まあ次回は久々にご本人も出演ということで盛り上がるんじゃないかな~

Posted by: SGA屋伍一 | February 28, 2012 at 11:46 PM

イーさん監督ぽくない作品だなぁ〜って気がしたんですが、
「人の弱さ」の方に興味がいっちゃったからなのかな〜。
でも、人間ドラマとしては面白かったです。
いろんな映画に登場するFBIが、こういう人物によって
作られたというのは、なかなか興味深いですねー。

Posted by: ルナ | March 01, 2012 at 11:34 PM

>ルナさん

ここ二本はテーマもぱっとわかるようなものではなくて、「あなたが自分で考えて」という感じですよね。これからまたどこへ向かうんでしょう、イーストウッド

FBIの活躍する映画というと『アンタッチャブル』・・・と思いましたが、調べてみたらあれはまた違う組織の話のようですcoldsweats01 『羊たちの沈黙』のクラリスはたしかFBIの人だったような

Posted by: SGA屋伍一 | March 02, 2012 at 11:29 PM

こんばんは〜
禁断のFB愛。本当に数秒だけFaceBookのことかと思ってしまいましたが、その後鼻で笑いましたwいつもタイトル本当に面白い!
ここに描かれたJ・エドガーほどではないにしろ、老年になって自分を美化して考えすぎがちな人って、意外と居そうですよね。
理想を高く持ち、アメリカの国防の礎を築いた人物を、ここまで大胆に描くなんて。
CIAの話ですがデ・ニーロの『グッド・シェパード』みたいな作品とは随分違うタッチだなーと感心してしまいました。

Posted by: とらねこ | March 09, 2012 at 04:09 AM

>とらねこさん

一日差でこんばんは~ もっと!もっとその冷たい眼差しで笑って! さげすんで!
まあ大体において人というのは自分の過去を美化したがる傾向にありますよね。わたしも将来そんな自分に甘々なおじいちゃんになりそうでちょっとイヤです。ううう・・・ 若く美しいまま死にたい・・・

わたしも『グッド・シェパード』思い出しました。名優が監督という点も一緒だし。こちらよりももっとドライなタッチの映画でしたかね。J・エドガー氏にはイーストウッドのダメな子への愛情が深く感じられました。

Posted by: SGA屋伍一 | March 09, 2012 at 11:19 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/54058985

Listed below are links to weblogs that reference 禁断のFB愛 クリント・イーストウッド 『J・エドガー』:

» J・エドガー/J. Edgar [LOVE Cinemas 調布]
クリント・イーストウッド監督最新作。FBI初代長官ジョン・エドガー・フーバーの半生を描いた伝記物語だ。大統領ですら手が出せないほどの権勢を誇った男の人生の裏側を赤裸々に映し出す。主演は『インセプション』のレオナルド・ディカプリオ。共演に『愛する人』のナオミ・ワッツ、アーミー・ハマーらが出演している。... [Read More]

Tracked on February 24, 2012 at 12:14 AM

» J・エドガー [hikodj's blog]
昨日観たJ・エドガーという映画の感想。シワクチャヨボヨボのジジイ同士のラブラブ食卓が最高に衝撃的な作品でした!面白かったですよ! [Read More]

Tracked on February 26, 2012 at 12:04 PM

» J・エドガー / J. EDGAR [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click アメリカでは誰もが知る存在を恐れられていた実在の人物、J・エドガー=ジョン・エドガー・フーバーを レオナルド・ディカプリオが熱演の、クリント・イーストウッド監督最新作 またまた2時間超えの長さ! ...... [Read More]

Tracked on February 27, 2012 at 10:22 PM

» J・エドガー [ルナのシネマ缶]
正直、クリント・イーストウッド作品と しては、ちょっと物足りない感じが しましたが、FBI初代長官フーバーの 裏の部分を赤裸裸に描いた作品でした。 いろんな映画に登場するFBIが こうして築き上げられた上にあると いうのは、なかなか面白いし、 考えさせられますよね。 1924年にFBI初代長官に任命されたジョン・エドガー・フーバー (レオナルド・ディカプリオ)は、歴代の大統領に仕え、 数々の戦争をくぐり抜け、半世紀にわたって法の番人として アメリカをコントロールしてきた。 ... [Read More]

Tracked on March 01, 2012 at 11:35 PM

» 7★J・エドガー [レザボアCATs]
11年、アメリカ 原題:J.Edgar 監督: クリント・イーストウッド 脚本: ダスティン・ランス・ブラック 製作: クリント・イーストウッド、ブライアン・グレイザー、ロバート・ローレンツ 製作総指揮: ティム・ムーア、エリカ・ハギンズ 撮影: トム・スターン キャスト: レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ、アーミー・ハマー、ジョシュ・ルーカス、ジュディ・デンチ、ジェフリー・ピアソン、ジェフリー・ドノバン これはまたまた賛否両論になりそうな、思い切った作品だ。珍作... [Read More]

Tracked on March 09, 2012 at 12:34 PM

» 映画『J・エドガー』を観て [kintyres Diary 新館]
12-17.J.エドガー■原題:J.Edgar■製作年、国:2011年、アメリカ■上映時間:137分■字幕:松浦美奈■観賞日:2月23日、渋谷シネパレス(渋谷) □監督・製作・音楽:クリント・イーストウッド◆レオナルド・ディカプリオ(J.エドガー・フーバー)◆ナオミ・ワッツ...... [Read More]

Tracked on April 30, 2012 at 06:52 PM

» J・エドガー [いやいやえん]
これイーストウッド監督作品だったんですねぇ。 ジョン・エドガー・フーバーといえばFBI。アメリカ犯罪史にとって重要な科学捜査を確立させ、指紋管理システムを作り大組織へと変貌させた男。実に48年もの間長官を勤め上げ、その正義感と悪の部分が両立した複雑な人物をレオナルド・ディカプリオさんが演じています。 護国信念の先にあるものは、手段を選ばない非情さもあわせもつ曲者。右腕でもあったトルソンとの関係など、彼の人生は、切なさだけでは括れない哀しみとなって描かれる。 老年期から始まり過去の回想と... [Read More]

Tracked on June 08, 2012 at 09:57 AM

» 猜疑心と虚栄心、そして愛 『J・エドガー』 [映画部族 a tribe called movie]
監督:クリント・イーストウッド出演:レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ、アーミー・ハマー、ジュディ・デンチアメリカ映画 2011年 ・・・・・・ 6点 [Read More]

Tracked on June 22, 2012 at 12:41 PM

» J・エドガー [こんな映画見ました〜]
『J・エドガー』---J. EDGAR---2011年(アメリカ)監督:クリント・イーストウッド出演:レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ 、アーミー・ハマー 、ジュディ・デンチ 初代FBI長官ジョン・エドガー・フーバーの生涯を、クリント・イーストウッド監...... [Read More]

Tracked on August 01, 2012 at 03:46 PM

« ポールのトラブル大作戦 グレッグ・モットーラ 『宇宙人ポール』 | Main | ナンガが何だ ヨゼフ・フィルスマイヤー 『ヒマラヤ 運命の山』 »