« あの鍵を回すのはあなた ジル・パケ=ブランネール 『サラの鍵』 | Main | ドバイ大作戦 ブラッド・バード『ミッション・インポッシブル:ゴースト・プロトコル』 »

January 07, 2012

けだものだもの 望月三起也・羽住英一郎 『ワイルド7』

120107_202925かつて日本中のガキんちょのハートを熱くさせた「あいつら」が、装いも新たに21世紀のスクリーンに帰ってきた・・・ 本日は望月三起也原作の名作コミックを、『海猿』シリーズの羽住英一郎が映画化した『ワイルド7』、ご紹介します。

現代日本。頻発する凶悪犯罪を解決するために、警視庁は特殊チーム「ワイルド7」を秘密裏に結成する。やはり元犯罪者たちで構成されたそのチームは、冷徹な司令官草波のもと、通常の警察では手に負えない無法者たちを次々と「退治」していく。だがある時、ワイルドの標的であった犯罪者を、彼らに先んじて射殺する者が現れた。リーダーの飛葉はそのハンターを追うが、正体は意外にも・・・

『ワイルド7』はいまは亡き(涙)『少年キング』誌上において1969年から1979年にかけて連載された大人気漫画。完結後も『新ワイルド7』『伝説の男 飛葉』といった続編がぽつぽつと描かれています。わたしが知ったのは中高生時代『新ワイルド7』がヒットして注目を集めていたころ。その豪快なアクションと爽快な逆転劇にすっかり夢中になり、新旧の単行本を足を棒にして探し回ったのはいい思い出です。

さて、今回の映画化ですが・・・よくも悪くも大味な印象でした(笑) マシンにしろ火薬の量にしろとにかくドカスカ派手に飛びまくるのですが、ま、ストーリーの方は特に意外性もなく勢いにまかせて進んでいく、といった具合。
原作も派手で強引なのがウリな話ではありましたが、飛葉が散々痛めつけられたり、逆転への伏線を丁寧に張ってあったりして、クライマックスにおけるカタルシスを極限まで高めるような工夫がなされていました。
あと原作では時々「四畳半のお茶の間」的なムードが流れたりして、それがアクションの合間の箸休めみたいになってたのですが、今回の映画ではほとんどユーモアらしいものがなかったのも残念です。

クサすのはこれくらいにして(笑)、いい点も。望月先生はこれまで映画化を許可しなかった理由について「バイクを七台そろえてこなかった」点をあげておられました。『ブルースブラザーズ』なんか数限りなく車をぶっこわしてたけど、やっぱほとんどの現場は資金的にタイトなものなのですね・・・ というわけでまずとりあえずバイク七台の併走を再現できたことはえらいです。トレーラーからビョーンと飛び出るシーンや、無茶とは思いつつもそのトレーラーで敵の本拠地につっこんでいくシーン、建物の中を縦横無尽に走っていくシーンなんかは迫力ありましたね。ラストカットも○○○○につっこんでいくというのは、いままでなかった絵じゃないでしょうか。

ラスボスと相対したときにモタモタとしゃべりだすのは、邦画の悪いくせだな・・・とも思いましたが、これはもしかしたら歌舞伎からの伝統なのかもしれません。いろいろ弱いところはありますが、ぜひこれを土台にして、次はアクションもストーリーもグレードアップしたものを作っていただきたいです。

120107_203027映画化を受けて、マンガの方も久々に『ワイルド7R(リターンズ)』が始まったとのこと。今回の最大の功績はこれかもしれません(笑)
望月先生の言葉をもうひとつ引用しますと「なかなかがんばってたがエロが足りなかった。次に期待!」とのことでした。そんな『ワイルド』が観たいという方はぜひ劇場へ足を運ばれてみてください。若干客入り厳しいようですので・・・


|

« あの鍵を回すのはあなた ジル・パケ=ブランネール 『サラの鍵』 | Main | ドバイ大作戦 ブラッド・バード『ミッション・インポッシブル:ゴースト・プロトコル』 »

Comments

こんばんは!(*^^*)
私は試写で見たし、原作をほとんど知らなかったので、
おじさん俳優がなかなかがんばっていたなぁ〜と
思ったのですが・・・・評判はすこぶる良くないみたいですねー。
7人の特徴がもっと出てれば、もう少し面白かったのかな〜。

Posted by: ルナ | January 09, 2012 at 11:27 PM

>ルナさん

こんばんはhappy01
これは原作を知らないほうが楽しめるかもしれませんね。知ってるとついいろいろ比較してしまうので
でもわたしもいまの時代に『ワイルド』を復活させてくれたことは大いに評価しています
おじさん俳優では中井貴一が特に光ってましたね。彼は本当に原作の草波さんそのまんまでした

Posted by: SGA屋伍一 | January 10, 2012 at 09:36 PM

いまごろですがあけおめです~。
まあ、ワイルド7あたりはリメイクあってしかるべきですが
バイクの壁登る設定までは無いようですね~。
あれはあれで・・・・・・・・・・(笑)。
宇梶氏は元本職(?)なんで妙にはまってますな。
>中井貴一
現在「RAILWAYS」の主人公と「大河」の平忠盛が
ごっちゃになってます(笑)。

Posted by: まさとし3055 | January 14, 2012 at 10:43 AM

>まさとし3055さん

本年もよろしくお願いいたしまする
ワイルドは確か一度OVAで何巻か出たことがありましたね
ちなみにバイクでバックするシーンもなかったです。まあやっぱりマンガの方がもっともっとハチャメチャなんですよね(笑)
宇梶さんは今公開してるライダー映画にも出てました。バイクには乗ってなかったけど

>中井貴一
わたしも清盛観ましたよ。このひと『義経』の時は頼朝役でしたね。平安・鎌倉が似合う男だ

Posted by: SGA屋伍一 | January 15, 2012 at 10:31 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/53681276

Listed below are links to weblogs that reference けだものだもの 望月三起也・羽住英一郎 『ワイルド7』:

» ワイルド7 [LOVE Cinemas 調布]
1969年から「週刊少年キング」で連載された望月三起也の漫画で、72年にはTVドラマ化もされた作品を映画化。犯罪者の中から選ばれた7人が悪人を容赦なく“退治”していく痛快アクションエンタテインメントだ。主演は『一命』の瑛太。共演に椎名桔平、阿部力、宇梶剛士、深田恭子、中井貴一といった豪華な顔ぶれが揃った。監督は「海猿」シリーズの羽住英一郎が務める。... [Read More]

Tracked on January 08, 2012 at 12:30 AM

» ワイルド7 [ルナのシネマ缶]
久々の試写会で観てきました。 原作のコミックも テレビのドラマも見た覚えは ないんですが・・・ なるほどねぇ〜、 こういう話だったんですね。 犯罪者の中から選ばれた7人の警察官、通称“ワイルド7”は 凶悪犯を射殺することができる特殊部隊だった。 ある日、メンバーたちが犯人を追い詰めた瞬間、 謎のスナイパーが現われ犯人を射殺して逃走する。 ワイルド7の飛葉(瑛太)はスナイパーを追跡するものの 見失ってしまう・・・・。 椎名桔平、宇梶剛士、中井貴一らのオジさんたち... [Read More]

Tracked on January 09, 2012 at 11:27 PM

» 映画「ワイルド7」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「ワイルド7」観に行ってきました。 1969年~1979年にかけて週刊少年キングで連載された同名の原作マンガを、現代に舞台を替え実写映画化したアクション物。 物語は、マシンガンを持った武装集団が銀行強盗をやらかした挙句、人質のために警察が手を出せない中、人質を一方的に虐殺して逃走するところから始... [Read More]

Tracked on January 13, 2012 at 08:23 AM

» 映画:ワイルド7 [よしなしごと]
 見る前は映画仲間に「つまらないよ~!」とさんざん言われ、テンションが下がり気味。「どれだけつまらないか確認するために見に行った方がいいよ。」とまで言われてしまいました。劇場に入ると僕1人。そんなに人気ないのかよぉ~!と言うわけで今回はワイルド7のレビュー記事です。... [Read More]

Tracked on March 12, 2012 at 08:02 AM

« あの鍵を回すのはあなた ジル・パケ=ブランネール 『サラの鍵』 | Main | ドバイ大作戦 ブラッド・バード『ミッション・インポッシブル:ゴースト・プロトコル』 »