« 決定! 2011年アホデミー賞!! 幕内編 | Main | けだものだもの 望月三起也・羽住英一郎 『ワイルド7』 »

January 05, 2012

あの鍵を回すのはあなた ジル・パケ=ブランネール 『サラの鍵』

120105_122959さてさて・・・ 新年あけましてのようやくの更新は、一昨年の東京国際映画祭で最優秀監督賞と観客賞のW受賞を果たしたこの作品。『サラの鍵』、ご紹介いたします。

1942年7月、ナチス占領下のパリで「ヴェルディブ事件」という惨事が起きた。市内にすむユダヤ人は同胞だったはずのフランス人の手で一斉検挙され、自転車競技場(ヴェルディブ)へと押し込められた。その中に幼い少女サラと家族の姿もあった。サラは警察が家に押しかけてきたとき、慌てて納戸に隠してきた弟ミシェルのことを案じていた。納戸を開けてミシェルを助け出せるのは、鍵を持っている自分だけ。早くアパートへ戻らなければ・・・ だがその思いとは裏腹に、サラは遠く離れた収容所へと連れて行かれる・・・ 時は移って現代。腕利きのジャーナリストとして働いているジュリアは、ヴェルディブ事件について調べているうちに、自分が越してきたアパートにかつてサラの一家が住んでいたことを知る。

年明け早々なんですが、重ための映画です。残酷なシーンはほとんどないのに、サラや家族たちを見舞う過酷な現実にキリキリと心が痛みます。交互にはさまれる平和な現代のパートに入ると、ほっと一息ついたりして。
『サラの鍵』はおそらく文芸作品に属する映画かと思われますが、同時にミステリーとしての一面も持っています。現代に生きるジュリアの眼を通し、サラとミシェルは果たしてどうなったのか、わたしたちは固唾を呑んでその謎が明かされていく様を見守り続けます。

以下は軽くネタバレしていくのでご了承ください。


わたしが特に強く記憶に残ったのは、次の二つの言葉でした。ひとつは資料保管所で働いている老人がジュリアに言う「わたしの仕事は、数字に光をあてることだ」という言葉。たくさんの犠牲者たち一人一人がどんな名前で、どんな人間だったのか、それを掘り起こしていく作業のことを彼はこう語っていました。
もうひとつは事件を聞いて嘆く同僚に対して、「あなたがその場にいたらどうした?」というジュリアの言葉。ジュリアが取材した老婦人は「当時はユダヤ人の悪い評判ばかりが立っていた」と答えます。加えてナチスに異を唱ええれば自分たちが罰せられるという恐怖もあります。
時代も遠く離れた今であれば、「許せないことだ」と怒りを燃やすのはごく簡単なことです。しかし果たして自分がそのときそこにいたら同じ態度でいられるでしょうか。

そんな疑問に対し慰めを与えてくれるのが、サラを助けてくれる兵士と農夫の夫婦。兵士は最初サラを乱暴にふみつけますし、夫婦は邪険に追い払おうとします。かばえば自分たちに危害が及ぶのですから、当然といえば当然の態度かもしれません。しかしその少女の名前を知ったとき、自分と同じ感情を持つ人間だとわかったとき、彼らはためらいながらも危険を冒してまで少女をかばいます。それでも見捨てる人もいるでしょうけど、自分はできればかばえる人間でありたいと思いました。

歴史を学ぶということは、きっとデータの羅列を暗記することではなく、縁もゆかりもなかった名前たちに意味を付し、彼らの生きた証を残していく。そういうことなのかな・・・なんてことも思いました。

120105_123131『サラの鍵』は現在新宿武蔵野館、銀座テアトルシネマを中心に公開中。全国の他の劇場でも順次公開予定とのこと。大好評につき、銀座テアトルではモーニングショーの追加が決定したとのこと。少し毛色は違いますが『ライフ・イズ・ビューティフル』などに感銘を受けた方におすすめかな・・・


|

« 決定! 2011年アホデミー賞!! 幕内編 | Main | けだものだもの 望月三起也・羽住英一郎 『ワイルド7』 »

Comments

伍一っっちゃん

書いてたのね!
今日はにゃんこさんとお会いして、伍一っちゃんの話も出たよ〜今にゃんこさんは浜松だから近いのね。
で、サラの鍵観る筈が渋谷だからとフライトナイトに変えていたわ(笑)
今度にゃんこさん来た時にお誘いするねー。

サラの鍵、なかなか良かったよね☆

Posted by: mig | January 07, 2012 at 06:42 PM

データの羅列を暗記ね・・・
なるほど。
原作。読んでたんだけど
歴史を「語りつぐ」
重く難しく辛く哀しみもあるし
現実は大切に伝えたいし
自分の中にしっかり収めたい
過酷な歴史の現実。
当事者は深く遠い奥底へ「封じ込み」
過酷な事を経験した人達は亡くなりつつ
ジュリアはどうして留まらなかったのかなぁ
人には触れて欲しくない逆に触れられたくない事もあるのに
自己中心的だったなぁ・・・と思ったし
私なら真実を知っても静かに自分の中に
潜ませて黙るけど

さーて。新年が明けてしまった
今年も色々と映画を観たいわ
ま、のったらくったら記事upしていくのは
何時ものコトで変化は無いだろうけど
たまにはqのヤツの所にでも行くか~
なんてノリで見守っててね~
3匹のモフモフ猫達と
ほわほわと生息してるよ~

Posted by: q 明けてものったらくったら | January 08, 2012 at 10:42 AM

>migちゃん

昨日はにゃんこさんと楽しめたようでよかったね~
彼女とはmixiでたまたま知り合ったんだけど、前からmigちゃんとこにコメントしてる人だと後で知って、世の中本当にせまいと思った(笑)
で、今度から同じ県民になるわけだけど、静岡県って横に長いから浜松から熱海までってけっこう距離があるんだよね。それこそ熱海から東京までの距離と同じくらいかもしれないcoldsweats01 

>今度にゃんこさん来た時にお誘いするねー。

ぜひぜひよろしくhappy01

Posted by: SGA屋伍一 | January 08, 2012 at 11:01 PM

>qちゃん

どもども。原作読んでたんだね
歴史から学ぶことは大事だよね。ただ時折歴史を探ることがある人の封じたかった過去を掘り出してしまうこともあるわけで・・・
どこまで明るみに出していいか、ラインをひくのは難しいことだよね
ジュリアの場合は結果的に関わった人がみんなハッピーな気持ちになれたからよかったけど

山田風太郎さんという作家がいるんだけど、生前絶対に出さないでほしいと言っていた日記が死後どんどん出版されちゃって「あちゃ~」と思ったことなどを思い出しました

さてさて本年もよろしく。qちゃんが大変な状況でも一生懸命がんばっているのを読んでると、わたしもちっとのことくらいはへこたれずにがんばらなきゃ、と思うよ。それじゃまたお邪魔させてもらうね!

Posted by: SGA屋伍一 | January 08, 2012 at 11:09 PM

名もなき人に焦点を当てて行ったら、きっと驚くべきドラマたちがたくさん出てくるに違いないと思います。
人はこの世から去っても魂だけが残る状態=成仏できない、という言葉がありますが、サラだってたぶんそうだったのでしょう。 こうしてジュリアによって明らかになり、それぞれ関連する人たちの想いはあれど、彼女の真意を理解してもらえてよかったねと、思わぬところで仏教的概念も感じたりしたのでした。

Posted by: rose_chocolat | January 11, 2012 at 01:33 AM

>rose_chocolatさん

こんばんは。お返しありがとうございまする~
うん、たぶんこの時期のユダヤ人たちは誰しもドラマの主人公になれそうな境遇にあったのでしょうね。最も彼らが望んでいたのは悲劇の主人公になることではなく、ごくごく当たり前の家庭の平穏だったのでしょうけど…
仏教的概念ですか。そういえば「袖刷りあうも他生の縁」なんて言葉がありますが、サラもまさか数十年経ったあとで自分の人生が見も知らぬ女性に深い影響を与えるとは思いもよらなかったでしょうね

Posted by: SGA屋伍一 | January 11, 2012 at 10:30 PM

こんばんは

観るまではてっきりクリスティン・S・トーマスがサラ役かと思い込んでいました。
反ナチスものではあるけれど,ジャーナリストの姿勢についてとか
おっしゃるように,歴史を知るということは
その中で生きた実在の人々の思いや痛みをも知ることだと
なんだか深いテーマの作品でしたね。
私もあの時代に生きていたら,
サラを助ける人間でありたいけど・・・どうでしょうか?
その時にならないとわからない弱さを持つのが人間であるし,
同時に優しさや強さも,案外とっさに出てくるのも
人間のいいところだと信じたいかなぁ。
初めての映画館はちょっと迷ったのですが(迷うなよ,あんなわかりやすい場所で)
無事に鑑賞できて安心しました。さすがに作品のせいか
落ち着いた年齢層の方たちが多かったですね。

Posted by: なな | January 21, 2012 at 10:26 PM

>ななさん

こんばんはhappy01
わたしは最近ようやくクリスティン・スコット・トーマスが女性であることがわかりました・・・ なんか「スコット・トーマス」って男っぽくありません?
わたしはどっちかというとミステリー要素にひかれて鑑賞したのですが、サラやミッシェルの運命があまりに過酷でしおんなものを楽しむ余裕もありませんでしたよ・・・

>その時にならないとわからない弱さを持つのが人間であるし,
同時に優しさや強さも,案外とっさに出てくるのも
人間のいいところだと信じたいかなぁ

それはありますよね。普段気弱そうな人がここぞというところで芯の強そうなところを見せたり。上でも書きましたがそんな人間でありたいです

新宿武蔵野館はわたしも度々行きますよ~ ダージリン急行、地下鉄のザジ、息も出来ない、メアリー&マックス、そしてサラの鍵もこちらの劇場で観ました。あんまり大きくない劇場ですから迷われても無理ないかとcoldsweats01

Posted by: SGA屋伍一 | January 22, 2012 at 09:50 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/53665466

Listed below are links to weblogs that reference あの鍵を回すのはあなた ジル・パケ=ブランネール 『サラの鍵』:

» サラの鍵 [LOVE Cinemas 調布]
世界中で300万部を売り上げたタチアナ・ド・ロネが原作。フランスで起きたユダヤ人迫害事件「ヴェルディヴ事件」をテーマに、過去事件迫害を受けた少女の生きた軌跡を現在に生きるジャーナリストの女性が追いかける形で、現在と過去をかわるがわる描きながら物語が進行してゆく。主演は『ずっとあなたを愛してる』のクリスティン・スコット・トーマス。監督はジル・パケ=ブランネールが務めた。... [Read More]

Tracked on January 05, 2012 at 11:22 PM

» サラの鍵 /ELLE SAPPELAIT SARAH /SARAHS KEY [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click 第23回東京国際映画祭にて監督賞と観客賞を受賞 KLYさんのお誘いで公開前に試写で観ていたんだけどupが遅れちゃってた。 17日から公開中 タチアナ・ド・ロネによる世界的ベストセラー。 「黄色い星の子供...... [Read More]

Tracked on January 07, 2012 at 06:43 PM

» サラの鍵 [Said the one winning]
監督:ジル・パケ=ブレネール出演:クリスティン・スコット・トーマス メリュシーヌ・マイヤンス ニエル・アレストラップ エイダン・クイン ナチス占領下のパリで行われたユダヤ人迫害、ヴェルディヴ事件を題材に、過去と現代を交錯させながらユダヤ人一家に...... [Read More]

Tracked on January 08, 2012 at 10:32 AM

» 【TIFF 2010】『サラの鍵』 (2010) / フランス [Nice One!! @goo]
原題:Sarahs Key / ELLE SAPPELAIT SARAH 監督:ジル・パケ=ブレネール 原作:タチアナ・ド・ロネ 出演:クリスティン・スコット・トーマス メリュシーヌ・マイヤンス ニエル・アレストラップ エイダン・クイン 公式サイトはこちら。(2011年12...... [Read More]

Tracked on January 11, 2012 at 01:11 AM

» 『サラの鍵』試写 (2回目鑑賞) [Nice One!! @goo]
昨年、第23回東京国際映画祭にて鑑賞した時の感動が忘れられずに、今もずーっと心に残る作品。 ようやく今週末、12月17日より一般公開となります。 まるで自分のことのように嬉しくて仕方がないのです。 そのサラに、ジュリアに、早く逢いたくて、試写会に行って来まし...... [Read More]

Tracked on January 11, 2012 at 01:33 AM

» サラの鍵 [虎猫の気まぐれシネマ日記]
少女は弟を納戸に隠して鍵をかけた。すぐに戻れると信じて・・・・。1942年,パリ。ユダヤ人一斉検挙の朝。 黄色い星の子供たちで取り上げられていたヴェル・ディヴ事件を,サラという少女の悲劇を通して描いたドラマ。原作はタチアナ・ド・ロネの同名小説。新宿武蔵野館で鑑賞。パリに住んでいたユダヤ人たちが一斉検... [Read More]

Tracked on January 21, 2012 at 10:27 PM

» 映画『サラの鍵』を観て [kintyres Diary 新館]
11-86.サラの鍵■原題:Elle sappelait Sarah(英題:Sarahs Key)■製作年・国:2010年、フランス■上映時間:111分■字幕:斎藤敦子■料金:1,800円■鑑賞日:12月17日、新宿武蔵野館(新宿)□監督・脚本:ジル・パケ=ブレネール□脚本:セルジュ・...... [Read More]

Tracked on February 05, 2012 at 11:11 AM

» サラの鍵 [映画とライトノベルな日常自販機]
★★★★★4.5“二人の女性の人生が時代を越えてつながっていく運命の不思議さに魅せられます” 映画は現代を生きるジュリアと、ヴェル・ディブ事件やその後のサラが交互に描かれています。 ベルトランはジュリアに“家族がアパートに関する真実を知ることを恐れている”と話し、ジュリアにサラのことを調べようとするのを止めるように言います。 第二次世界大戦を体験したパリの人々の間には、“知っていたとしても口にしてはいけない”、“目を向けてはいけない”というような、自らが罪を犯してしまったかのような後ろめたい空気があ... [Read More]

Tracked on March 29, 2012 at 11:31 AM

» サラの鍵 [映画、言いたい放題!]
脚本ゼミの仲間でやっている映画を観る会が 皆のスケジュールが合わず 今月はお休みです。 何となく淋しい気がして、 一人で映画を観る会を勝手に実行。 なーんて、一人で映画を観るのはよくあるのですがね。(笑) この作品は私が作品を決める回の時に観ようと思ったのですが... [Read More]

Tracked on April 01, 2012 at 02:08 PM

» サラの鍵 [ここなつ映画レビュー]
2010年、第23回東京国際映画祭で、最優秀監督賞・観客賞のW受賞。当時スケジュールが合わずに鑑賞できず、悔しい思いをしていましたが、その後2011年年末に日本公開されるも、やはりスケジュールが合わず、なかなか観に行けなかった作品です。やっと2012年3月に観に行けました。 観に行けてよかったです。すごくよかった。単なるユダヤ人迫害、収容所の悲惨話しではなく、現代の女性の悩める現実とシンクロさせて(そりゃ当時の状況と比べれば悩みなんて微々たるものかもしれないけれど、時代・時代を生きる者にとって... [Read More]

Tracked on June 27, 2012 at 05:54 PM

» サラの鍵 [いやいやえん]
フランスでユダヤ人が迫害されていたという事実。そういう事実があったことは知ってはいましたが、詳しくは知らなかった自分が恥ずかしいですね。とてもよく出来ている作品でした。 現代、ジャーナリストのジュリアは、夫が祖父母から譲り受けたアパートに、かつてユダヤ人家族が住んでいたことを知る。過去、ユダヤ人一斉検挙の朝、少女サラは弟を納戸に隠して鍵をかける。 「サラの鍵」とは、ユダヤ人の一斉検挙が行われた際、サラが弟をとっさにかくまった納戸の鍵のこと。すぐに帰れると思っていたサラが何気なく取ったこの... [Read More]

Tracked on July 05, 2012 at 06:21 PM

» DVD:サラの鍵  ヴェルディヴ事件を追う女性記者が、少女サラを通して辿り着く真実とは。 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
1942年、ナチス占領下のパリ。 ユダヤ人一斉検挙がフランス警察によって行われ、競輪場に集められ迫害を受けた後、収容所に送り込まれ 死に追いやられていた。 この重い事実をネタにした映画(ヴェルディヴ事件) 最近でいうと「黄色い星の子供たち」 LA RAFLE(2011-07-...... [Read More]

Tracked on July 14, 2012 at 04:41 PM

« 決定! 2011年アホデミー賞!! 幕内編 | Main | けだものだもの 望月三起也・羽住英一郎 『ワイルド7』 »