« けだものだもの 望月三起也・羽住英一郎 『ワイルド7』 | Main | 十字架のシンメトリー レフ・マイフェスキ 『ブリューゲルの動く絵』 »

January 10, 2012

ドバイ大作戦 ブラッド・バード『ミッション・インポッシブル:ゴースト・プロトコル』

120109_181748近年はすっかりドラマ『スパイ大作戦』の映画化というより、トム・クルーズの看板シリーズとなってしまった『ミッション・インポッシブル』。本日は暮れより話題を呼んでいるその最新作をご紹介します。

どんな困難な作戦も可能にすると言われる諜報組織IMF。そのIMFにくだされた最新の指令は、狂気の科学者コバルトの手に、核ミサイルの発射コードが渡されるのを防げ、というものだった。だがIMFのメンバーはコバルトが雇った暗殺者に倒され、コードの記されたファイルはまんまと奪われてしまう。IMFは失地を回復するため最も優秀なエージェント、イーサン・ハントに出動を要請する。だがそのときイーサンのいた場所はロシアの刑務所の中だった。

監督は『アイアン・ジャイアント』や『Mr.インクレディブル』のブラッド・バード。『インクレディブル』も後半はなかばスパイものであったところから、バード監督がこの種のジャンルに愛着を抱いていることがうかがい知れます。そのバード監督の趣味ゆえか、今回はこれまでよりもドラえもんが出すような「秘密道具」がいろいろ目だってました。
以下、それらの秘密道具がどれくらい実際に使えそうか適当に検証してみました。完全ネタバレなんでご了承ください。

impact

impact

impact

impact

・アバンタイトルで出て来た瞬間膨張クッション
これは普通に災害現場などで使えそうです。90点

・表ウラ両面使用可能上着 
コスプレパーティーや素人芝居などで便利そう。器用な人ならちゃっちゃと作れそうだし。80点

・ステルス機能着きスクリーン
トムとペッグがクレムリンで必死に動かしていたアレです。これは使いづらそうな上に、それこそ盗みに入るときくらいしか使えなさそうだなあ。技術としては見事だが。30点

・貨物列車内のブリーフィングルーム
こういうの、少年の冒険心が燃え上がるシチュエーションですよね。ただ時間を逃すとあっという間にどっかへ行ってしまいますし、線路に入るときにJRの職員に怒られるかもしれません。20点

・高性能ゴムマスク製造機
これもコスプレパーティーくらいでしか使い道がなさそう。そして劇中では結局役に立ってなかった。30点

・カベのぼりグローブ
これまでで一番実用性の高いアイテムではないでしょうか。高所での工事とか塗装でとても役に立ちそう。問題は故障が多そうなところ。80点

・プリンター機能付きコンタクトレンズ
便利には便利ですが・・・ うっかりよけいにまばたきすると、どうでもいいものがプリントされてしまいそう。60点

・磁石でプカプカ空中で浮かせる装置
狭いパイプの中で作業する時などに使えそうですね(つい自分の仕事に結び付けて考えてしまいますね・・・)。もろに電磁波を浴びそうなんですが体に悪影響とかないのでしょうか。70点


あとMI名物とも言える派手な飛び降りシーンもいくつかありましたね。こちらは難易度順にチェックしてみましょう。

・ベルトを使ってロープウェイ状に滑り降りるシーン
これはちょっと運動神経のいい人ならがんばればできそう。イーサン・ハントというよりジェイソン・ボーンがやりそうなアクション。難易度50点

・立体駐車場で車ごと落下するシーン
高さとエアバッグの性能と度胸次第というところでしょうか。難易度200点

・ブルジュ・ハリーファで上の階からジャンプ→おっと、ロープの長さが足りないぞ?→ナイフでブチッ
死ぬから。難易度10000点


さて、マイフェイバリット・ディレクターのブラッド・バード作品であり、実際に十分楽しませてもらった『MIGP』。ただ個人的にはやっぱり第一作の方が好きですかね。あの作品の、頼りなげな若者が絶対絶命の窮地に追い込まれ、起死回生のチャンスを必死でうかがう。その最中で奏でられるロマンスと傷心・・・ そういうところがツボでして。
まあ今回も相当なピンチなんですけど、それでも三作目まで観てますと、もうイーサン・ハントならどうにかするだろ、とどこか安心してる自分がいます(笑)
それにしても一作目で「やめる」って言ってたイーサンが二作目ではやる気まんまんだったり、二作目でアツアツだった恋人が三作目では影も形もなかったりと関連性の薄い本シリーズで、まさか前作の「結婚してた」という設定が生きていたとは思いませんでした。てっきり今回もスルーされるものとばかり(笑)。これはぶっちゃけプロデュースが三作目のJ・J・エイブラムズだからなんでしょうね。でもまあその辺の設定を使って、スパイならではの甘ズッパイお話にもっていったのはなかなかうまいな、と思いました。

20060527203835公開前はトムトムはこれをもって主役をジェレミー・レナーにバトンタッチするのでは・・・なんて噂も流れてましたが、やっぱりこれだけのヒットになるのはトムトムが主演だからこそ。イーサン・ハントの活躍はまだまだ続きそうです。だいたいレナーは次のボーンをやるみたいだしね(笑)


|

« けだものだもの 望月三起也・羽住英一郎 『ワイルド7』 | Main | 十字架のシンメトリー レフ・マイフェスキ 『ブリューゲルの動く絵』 »

Comments

伍一さん、どうも!

ドラエモンが登場するとか、嬉しいレビューです。
驚いたのには、私も個人的にはシリーズ1が一番気に入っています。
いずれにしても、力(お金も?)入れて作ってあるダイナミックなアクション物だから、大きなスクリーンで観て損した感じはありませんよね。shine

Posted by: まみっし | January 10, 2012 at 11:02 PM

伍一君、秘密道具ンスコ~☆
秘密道具検証シリーズ、いいね♪
ステルス機能つきスクリーンは、夜中に抜け出すティーンに便利かも(アメリカ映画かー)
リバーシブルジャケットは普通に存在してるし☆
プリンター付きコンタクトはほしいなぁ。
立ち読み便利~~

Posted by: ノルウェーまだ~む | January 11, 2012 at 12:24 AM

>まみっしさん

あんなこといいな できたらいいな♪
・・・お越しいただきありがとうございますcoldsweats01
一作目はブライアン・デ・パルマならではの映像テクニックがまたいいんですよね~
とはいえこちらも十分に楽しめました! ブルジュ・ハリーファでのアクションはものすごかったですけど、高所恐怖症の人はきついでしょうね・・・

Posted by: SGA屋伍一 | January 11, 2012 at 10:14 PM

>ノルウェーまだ~むさん

ぴこぴこ~ん タケコプタンスコ~!(大山のぶ代の声で)
夜中に抜け出すとか、立ち読みとか、まだ~むも発想がティーンですなあ。高級セレブなのになあ(ゴリゴリ)
わたしはトムトムのゴムマスクがほしいなあ。あれかぶってるとおなごにモテそうだし・・・

Posted by: SGA屋伍一 | January 11, 2012 at 10:21 PM

確かにドラえもんの道具っぽいよね〜。
だから今回とくにおもしろかったのかな!?

トムちんの活躍が凄すぎる上にジェレミーとか、ハマってるし今回はシリーズ最高好きだな☆

ボーンシリーズもマットデイモンだったらどうでもよくて観てないけど、ジェレミーだから次は見るつもり♪

Posted by: mig | January 13, 2012 at 11:00 AM

>migちゃん

こんばんばん。お返しありがとうhappy01

そういえばドラえもんの道具も肝心なところで役に立たない場合が多かったねw
トムとジェレミーもぴったり息が合ってたよね。♪仲良くケンカしなって感じで
わたしとしてはマットとジェレミー(それにマーク・ウォルバーグとかも)ってかなり近いポジションにいるんだけど。だからこそ代役に選ばれたんだろうし。でもmigちゃんにはこの二人、かなり開きがあるのね・・・

Posted by: SGA屋伍一 | January 13, 2012 at 10:25 PM

こんばんは!
秘密道具解説、なかなか面白かったです。
プリンター機能付きコンタクトレンズは、便利だと思ったけど
たしかに余計な物まで写しちゃいそうですよね〜(笑)
そういえば、第一作目だけはテレビシリーズの雰囲気が
少し残ってましたよね。
でも、イーサン・ハント全開の今回は、今回で面白かったです。

Posted by: ルナ | January 14, 2012 at 12:21 AM

SGAさんこんばんわ♪コメント有難うございました♪

アニメ監督のイメージが固まってるブラッド監督ではありましたが、ホント、インクレディブルのノウハウがあったおかげか、凄い面白かったですねぇ♪スパイグッズもシリーズの中で一番多かったのではないでしょうか?
高所シーンもあんな高いところまで行っちゃうと、次のシリーズは空中ダイブとかしかないかもしれませんねぇ^^;どんどん難易度も上がってますから、ネクストイーサンと噂されてるジェレミー・レナーにしたらたまったもんじゃありません(笑

Posted by: メビウス | January 15, 2012 at 04:45 PM

>ルナさん

こんばんはhappy01
コンタクトプリンターは一見実用性が高そうですけど、意識すればするほどうっかりパチパチやってしまいそうですcoldsweats01
それにやっぱりこの道具、使ったら犯罪になりそうなことが多そう・・・

思えば一作目はドラマ版のファンにはショックだったでしょうね。もうさすがにジム・フェルプスの復権はないか?

Posted by: SGA屋伍一 | January 15, 2012 at 10:25 PM

>メビウスさん

こんばんは。おかえしありがとうございまする♪
今回オモチャチックな道具が色々出てきたのは、最近リアル志向に偏りつつあるスパイ映画に対してのアンチテーゼだったりして
バード監督はたしか地震を題材にした実写映画の企画もあったんですがそれはやっぱり流れちゃったのかな

>高所シーンもあんな高いところまで行っちゃうと、次のシリーズは空中ダイブとかしかないかもしれませんねぇ^^;

わたしはもう人工衛星からダイブするしかないと思います。問題は大気圏突入ですが、その辺は気合で

Posted by: SGA屋伍一 | January 15, 2012 at 10:37 PM

こんばんは~~

>もうイーサン・ハントならどうにかするだろ、とどこか安心してる自分がいます(笑)
言えてる~~~happy01
中年になってからは特に
絶体絶命のイーサンに対する信頼度は
スティーヴン・セガール並みにアップしてきて
緊張感がなくなっちゃった・・・
でも毎回高所での軽業がレベルアップしてくれているので
そっちのハラハラは楽しめました。
もう初老にさしかかるトムが(だってアラフィフよね)
どこまでこのシリーズで頑張れるか・・・楽しみのような怖いような・・・。

Posted by: なな | January 19, 2012 at 10:18 PM

>ななさん

こんばんは。お返しありがとうございますhappy01
マット・デイモンのジェイソン・ボーンとか、ダニエル・クレイグの007なんかは一応「若い」という設定の故か、どっか危ういところがあったりするんですが、こちらのトムトムはもうどんなピンチでもどっしりかまえてますよねw
観てませんが『ナイト&デイ』の彼は精神的にいっちゃってる様子で、別な意味で危うい感じでしたが

世界一高いビルに上ってしまったトムトムに残された場所といったら、もうエベレストしかないような気がします。逆に思い切り深いところということでマリアナ海溝の底までもぐってくるというのもいいかもしれません
もうじきスカイツリーも完成ですが、落成式にはぜひトムトムに飛び降りてもらって盛り上げてほしいものですね!

Posted by: SGA屋伍一 | January 19, 2012 at 11:12 PM

あはは(笑)わろた、秘密道具解説。
しかし表裏両面可能上着が記憶にないんですけど・・・二回観たのに。

二作目までしか観てない状態で行きましたが
ダントツ気に入りました、MIGP。
しかしやっぱり三作目観といた方がよかったかもとちょっと思いましたよ、
最後の方で。

へぇー、ジェレミー・レナーって次のボーンやるんだ!
てか、トムトムって(笑)

Posted by: kenko | January 22, 2012 at 04:17 PM

>kenkoさん

こちらにもどもー
両面上着はトムトムがクレムリンに潜入するとき使ってたやつですね。表はロシアの軍服だけど、くるっと裏返すと観光客のブルゾンに早変わり、みたいな。ヤッターマンもあんな服着てましたね
しかしkenkoさんがこちら観てなかったとは意外ですね。なにか食わずぎらい的な要素でもあったのでしょうか

あと申し訳ないんですけど、調べたらジェレミーは『ボーン』シリーズの主役をやるのは確かなんですが、ジェイソン・ボーンを演じるわけじゃないようで。くわしくはこちら
http://blog.movie.nifty.com/blog/2012/01/post-7005.html
ややこし~~~な~~~

Posted by: SGA屋伍一 | January 22, 2012 at 10:20 PM

秘密どうぐんすこー

検証、おもしろーい!!難易度付ー
笑ったよー。まったく。

トム、かっこよかったねー。ロシア語もぺらぺらふうだし、
パーカー姿イケてたなあ。
だんなさんと、遠目でしか会えない人生。を考えてみました。
数秒ほどね。

Posted by: hino | February 05, 2012 at 01:39 PM

>hinoさん

四次元ポケットんすこ~(水田わさびの声で)
いやー、こうやって並べてみると、実生活には使えないようなものばっかりですね(笑) でもほしい!

トムトム、この作品で出演作の最高興行収入を塗り替えたらしいですよ。老いて?ますます意気盛んであやかりたいものでございます

>だんなさんと、遠目でしか会えない人生。を考えてみました

うんうん、切ないわよね~

>数秒ほどね。

数秒かよ!

Posted by: SGA屋伍一 | February 06, 2012 at 10:15 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/53706236

Listed below are links to weblogs that reference ドバイ大作戦 ブラッド・バード『ミッション・インポッシブル:ゴースト・プロトコル』:

» ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル [LOVE Cinemas 調布]
トム・クルーズ主演の大ヒットスパイ映画シリーズの第4弾。今回はクレムリン爆破の濡れ衣を晴らし、世界を核戦争の危機から救うのがミッションだ。前作の監督J・J・エイブラムスはトムと共に製作に回り、『Mr.インクレディブル』のブラッド・バードがメガホンを取った。共演にジェレミー・レナーやポーラ・パットン、前作から引き続きサイモン・ペッグが出演している。... [Read More]

Tracked on January 10, 2012 at 11:53 PM

» 「ミッション:インポッシブル ゴーストプロトコル」トムちんの保険はいくら? [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
下手なCMじゃないけど、もうこれしかないよね。 「トムちん、最高ー!!」 [Read More]

Tracked on January 11, 2012 at 12:25 AM

» ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル /Mission : Impossible-Ghost Protocol [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click えもう前作から5年  トムちんの、ありえなさすぎるミッション第4弾 めちゃ楽しみにしてましたこれ。それにしてもチラシがダサすぎじゃない? いったい何年前のセンスですか 今回も公開にあわせてもち...... [Read More]

Tracked on January 13, 2012 at 11:05 AM

» ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル [ルナのシネマ缶]
いやぁ〜!お馴染みの あのテーマ曲かかるだけで ちょっとワクワクしてしまうけど、 49歳のトムは、さすがでした!!! まるでアニメのように 高層ビルを走るシーンは圧巻です。 ロシア・クレムリン爆破事件の犯行容疑がかけられた イーサン・ハント(トム・クルーズ)。アメリカ大統領は 政府の関与への疑いを避けるべく、ゴースト・プロトコルを発令。 イーサンのチームは組織から登録を消されるも、 真犯人への接近を図るため、ドバイの世界一の高層ビル、 ブルジュ・ハリファへ向かうのだ... [Read More]

Tracked on January 14, 2012 at 12:28 AM

» ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル [シネマをぶった斬りっ!!]
【監督】ブラッド・バード 【出演】トム・クルーズ/ジェレミー・レナー/ポーラ・パットン/サイモン・ペッグ/トム・ウィルキンソン/ジョシュ・ホロウェイ/ヴィング・レイムス 【公開日】2011/12....... [Read More]

Tracked on January 15, 2012 at 04:43 PM

» ミッション・インポッシブル/ゴースト・プロトコル [虎猫の気まぐれシネマ日記]
ミッション・インポッシブルシリーズ4作目!このシリーズは,前作でイーサンが婚約者を助けて無事に引退したところで終わってたんじゃないのか?と思いつつ,やっぱり好きなので観に行った。あらすじ: ロシア・クレムリン爆破事件の犯行容疑がかけられたイーサン・ハント(トム・クルーズ)。アメリカ大統領は政府の関与... [Read More]

Tracked on January 19, 2012 at 10:19 PM

» ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル [C note]
映画始めはゴーストプロトコル!ひゃほーーい♪♪ ・・・などとはしゃいでいますが、 [Read More]

Tracked on January 22, 2012 at 04:18 PM

» 映画『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』を観て [kintyres Diary 新館]
11-92.ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル■原題:Mission:Impossible-Ghost Protocol■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:132分■字幕:戸田奈津子■鑑賞日:12月25日、吉祥寺スカラ座(吉祥寺)□監督:ブラッド・バード□脚本:ジョッシュ・...... [Read More]

Tracked on February 19, 2012 at 05:53 PM

» 映画:ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル [よしなしごと]
 2011年中に見たかったのですが間に合わず、2012年の元日に見ました。と言うことで今回はミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコルです。1日に4本見たのは生まれて初めて!... [Read More]

Tracked on March 02, 2012 at 07:38 PM

« けだものだもの 望月三起也・羽住英一郎 『ワイルド7』 | Main | 十字架のシンメトリー レフ・マイフェスキ 『ブリューゲルの動く絵』 »