« 沼物語 福本伸行・佐藤東弥 『カイジ2 人生奪回ゲーム』 | Main | タイタンズを忘れるな ターセム・シン 『インモータルズ 神々の戦い』 »

December 06, 2011

幾つになっても34 ポール・W・S・アンダーソン 『三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』

Photo余裕こいてたらまたまた未消化レビューをためこんでしまいましたよ! もうじき毎年恒例の年間ベストも決めにゃいかんというのに! (決めなくても誰が困るわけでもないけど)。・・・というわけで今日からちょっと気合入れなおしてまいります。強化週間の第一弾は『バイオハザード』のポール・W・S・アンダーソンが、古典的チャンバラ劇に挑んだ『三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』いってみましょうか!

時は17世紀フランス。宮廷ではリシュリュー枢機卿と王妃アンヌ・ドートリッシュが覇権をめぐってしのぎを削っていた。ガスコーニュ育ちの銃士志望の若者・ダルタニヤンは、花の都パリでリシュリューと対立している国王直属の「三銃士」とめぐり合ったことにより、王宮とそして英仏を巡る政争に巻き込まれていくことになる。

いや~、私こう見えて三銃士にはうるさいんですよ。子供のころ児童版を読んで以来、ワンワン三銃士、アニメ三銃士、1993年の劇場版、仮面の男、人形劇・新三銃士といろいろ観てきましたから。ポール・W・S・アンダーソンが監督すると聞いたときは、きっとトラップの張り巡らされたベルサイユ宮殿で、二時間えんえんと人体がバラバラにされるような映画になるのでは・・・と危惧しましたが、まあ前と同じことをやってもしょうがない! この際わが道をつきすすめ! と開き直って鑑賞に臨みました。まあ予想は・・・20%くらい当たったかな(笑) おなじみのトラップ描写はちょこちょこありましたが、同じとこにずっと閉じこもってたわけではないし、お子様でもそれなりに観られる映画になってたし。PWSAもこういうファミリー層にもアピールできるような冒険ものが作れるようになったんだなーと。

しかし自分のスタイルを捨ててまでキッズにアピールしたというのに、興行はアメリカでも日本でもイマイチのようで・・・ たぶんこの企画、『パイレーツ・オブ・カリビアン』がヒットしたもんだから、似たような時代チャンバラを・・・ということで出てきたんじゃないでしょうかね。しかしそれだけじゃヒットに結びつかないというのは、『プリンス・オブ・ペルシャ』が証明したばかりじゃないですか。一方で『タイタンの戦い』なんかは本国ではそこそこヒットしている。
果たして『パイカリ』『タイタン』にあって『プリンス』『三銃士』にないものとは・・・ それはぶっちゃけ小汚さ・あるいはグロさじゃないかと思いますw
子供たちっていうのはやっぱりキンキラキンの貴族や宮殿より、不気味らしいアウトローや怪物に惹かれるものなのではないでしょうかね~

ま、世間の評価はともかく、個人的にはなかなか楽しませていただきました。飛行船のバトルはド派手だったし、キャストも『三銃士』おなじみの面々にそれぞれはまってたし。
ちなみにわたしが『三銃士』ものを観るときに特に注目しているところは二つ。ひとつは悪者のロシュフォールがどれくらいかっこいいかとということ。いや~、わたしが『三銃士』で一番好きなのはこのキャラクターかも。原作でも最初こそえらい憎たらしいキャラなんですけど、終盤ではなかなか男気を見せてくれます。少年ジャンプとかでよくあるパターンですね。まあこの映画での再現度は・・・60点くらいだったかな・・・

もうひとつはヒロインのコンスタンスが原作どおり「人妻」なのか、その辺はスルーしてるか、という点。青少年が主人公の冒険ものとしてはヒロインが人妻ってのはかなりやりづらいと思うんですよね(笑) だからこそアレンジャーの皆さんもどうしようかと悩むところだと思います。今回はまあ「未婚のピチピチ娘」ということにしたようですが、結局目立ってるのはコンスタンスよりもやっぱり人妻(ミレディー)だったりして・・・・

Photo_2PWSAらしく観終わったあとにはな~んも残りませんが、観ている間はワクワクスカッとする一本。ちなみに隣のイラストはミラ・ジョボビッチ演じるミレディーのつもりです。例によって全然似てませんが、そう思い込んで気合をいれればミラ様に見えるはず。ふんっ(気合い)


|

« 沼物語 福本伸行・佐藤東弥 『カイジ2 人生奪回ゲーム』 | Main | タイタンズを忘れるな ターセム・シン 『インモータルズ 神々の戦い』 »

Comments

ポール・W・S・アンダーソンにしては割りとオーソドックスだったよね。ストーリーも飛空船が出てきてからはともかく、前半は割りとオーソドックスだったし。
私は本編もさることながら、もうとにかくTOHOシネマズの吉田君が「オーリーもさんじゅうしー!」ってのか忘れられなくて。w

Posted by: KLY | December 07, 2011 at 12:17 AM

>KLYさん

毎度ありがとうございますhappy01

>ポール・W・S・アンダーソンにしては割りとオーソドックスだったよね

そうですね。「どこのルパン三世だ!?」というようなオープニングはいかにもポールWSでしたが

考えてみればTOHOでかかる映画というのはロペや鷹の爪団のマナームービーよりも面白くなくてはいけないわけで。いまタイアップしてる『Friends』もがんばってほしいものです

Posted by: SGA屋伍一 | December 07, 2011 at 11:26 AM

こんばんは!
ストーリーの本筋は、わりとまともでしたよね〜。
どうせなら、もっとはじけた方が面白かったかもしれませんけど。
まあ、一番目立っていたのは、ミラでしたね。
ルイ13世のおとぼけ顔が結構楽しめました。

Posted by: ルナ | December 18, 2011 at 12:16 AM

>ルナさん

こんばんは! お返しありがとうございますhappy01
ポール・W・Sらしいハチャメチャさもありましたが、本筋は意外と原作に忠実で驚きました(笑) 
ミレディーがコンスタンスよりも目立っていたのは、やっぱり監督の奥さんびいきだと思います
ルイ閣下は最初の方はいらつく子でしたが、だんだんかわいく思えてくるキャラでしたね

Posted by: SGA屋伍一 | December 18, 2011 at 08:14 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/53421773

Listed below are links to weblogs that reference 幾つになっても34 ポール・W・S・アンダーソン 『三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』:

» 三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 [LOVE Cinemas 調布]
超有名なアレクサンドル・デュマの冒険活劇「三銃士」を『バイオハザード』のポール・W・S・アンダーソン監督が映画化。主人公ダルタニアンを『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』のローガン・ラーマンが、謎の美女ミレディをミラ・ジョヴォヴィッチ、バッキンガム公爵をオーランド・ブルームが演じる。他にもクリストフ・ヴァルツ、マッツ・ミケルセンと錚々たる俳優が勢揃いだ。... [Read More]

Tracked on December 06, 2011 at 11:56 PM

» 三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船(3D) [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船(3D)'11:フランス・米・イギリス・ドイツ◆原題:THE THREE MUSKETEERS◆監督:ポール・W・S・アンダーソン「バイオハザード」「エイリア ... [Read More]

Tracked on December 13, 2011 at 04:43 PM

» 三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 [ルナのシネマ缶]
三銃士では有名な王妃の首飾り事件を 大胆なアレンジで作られた 娯楽作品です。 まあ、監督がダンナだから ほとんど主役級に ミレディ(ミラ・ジョヴォヴィッチ)が 活躍してます! 17世紀フランス、銃士にあこがれを抱きパリにやってきた ダルタニアン(ローガン・ラーマン)は、あることがきっかけで 三銃士の仲間入りを果たすことに。 その後、リシュリュー枢機卿の策略で奪われた王妃の首飾りを 取り返すため、三銃士とともにイギリスへ向かうことになるが、 彼の前には事件の鍵を握るバッ... [Read More]

Tracked on December 18, 2011 at 12:17 AM

» 映画『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船3D』を観て [kintyres Diary 新館]
11-73.三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船■原題:The Three Musketeers■製作年・国:2011年、ドイツ■上映時間:111分■字幕:佐藤恵子■料金:400円(3D料金のみ)■鑑賞日:11月14日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ □監督・製作:ポール・W・S・アン...... [Read More]

Tracked on January 02, 2012 at 09:59 PM

» 映画:三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 [よしなしごと]
 なーんか予告編を見てもあんまり魅力を感じない作品でしたが、まぁ何となく見に行くことにしました。と言うわけで今夏の記事は三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船です。... [Read More]

Tracked on January 14, 2012 at 11:21 AM

» 三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 [こんな映画見ました〜]
『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』---THE THREE MUSKETEERS---2011年(フランス/アメリカ/イギリス/ドイツ )監督:ポール・W・S・アンダーソン出演:ローガン・ラーマン 、ミラ・ジョヴォヴィッチ、オーランド・ブルーム、クリストフ・ヴァ...... [Read More]

Tracked on February 10, 2012 at 11:43 PM

» 三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 [いやいやえん]
「一人は皆の為に、皆は一人の為に」有名なアレクサンドル・デュマの冒険活劇「三銃士」を大胆にアレンジして映画化。娯楽大作としては全体に軽いタッチの作品になってます。 ダ・ヴィンチが設計した飛行船が実際に作られていたというのが面白い設定ですよね。なんか、曲がパイレーツみたいだったけど。 アトスのマシュー・マクファディンさんやアラミスのルーク・エヴァンスさんらが男前♪うふ。でも三銃士側よりも、ミラ・ジョヴォヴィッチ、オーランド・ブルーム、クリストフ・ヴァルツさんら悪側のほうがインパクト強い。あ... [Read More]

Tracked on April 24, 2012 at 09:13 AM

« 沼物語 福本伸行・佐藤東弥 『カイジ2 人生奪回ゲーム』 | Main | タイタンズを忘れるな ターセム・シン 『インモータルズ 神々の戦い』 »