« 三人のサンタ バリー・クック サラ・スミス 『アーサー・クリスマスの大冒険』 | Main | ローマ字読みで読まないで エルジェ スティーブン・スピルバーグ 『タンタンの冒険』 »

December 19, 2011

燃える!お坊さん ベニー・チャン 『新少林寺』

Photo♪しょ~り~ん しょ~り~ん 1982年に公開されジャッキー・チェンと並んでカンフー・ブームを巻き起こしたあの映画が、装いも新たに帰ってまいりました。『新少林寺』ご紹介いたしましょう。1912年の中華大陸。辛亥革命はなったものの、国内は軍人たちの勢力争いが増すばかりで、いまだ混乱の只中にあった。その一人である侯杰(こうけつ)は、敵将を武術の誉れ高い少林寺に追い込む。僧侶たちが止めるのも聞かず侯杰は敵将を撃ち殺し、さらには「少林寺、恐れるに足りず」と嘲りながら寺を去っていった。だがおごれるものは久しからず。侯杰は信頼していた部下に裏切られ、命からがら居城を逃げ出すことになる。その道中、最愛の娘勝男(しょうなん)は重傷を負う。娘を救おうと侯杰が逃げ込んだところは、皮肉にもあの少林寺であった。

ちなみにわたし、三十年前の『少林寺』は観たことありません。どんな話か調べてみましたが、隋末の時代を舞台にしたオーソドックスな復讐劇のようです。隋末というと日本では大化の改心くらいの時代。今回の作品と実に1300年以上もの開きがあります。開きすぎだろcoldsweats01 そんな時系列からもわかるように、無印とは直接の関係はないようです。共通してるのは少林寺が舞台ってことだけじゃないでしょうかね。
お話的にも最近の香港武侠映画って、一昔前とはちょっと変わってきてるような。そんなに詳しくはありませんが、かつてはわかりやすい勧善懲悪ものがほとんどで、悪いヤツはとことん悪く、ヒーローはどこまでも強く正しい。そんなカラーだったと思います。
それがなんとなく変わってきたのが『HERO』(2002)あたりからでしょうか。この作品では「悪と思えるものが必ずしも悪とは限らない。誰かを殺せばそれで解決するわけではない」という思想のもとに作られております。『墨攻』(2006)、『レッドクリフ』(2008ー2009)、『ウォーロード/男たちの誓い』(2009)、そして今年日本公開された『孫文の義士団』もそんな風に、よくいえばテーマ的に深い、悪く言えばスカッとしない作品に仕上がっております。

さて今回の『新少林寺』ですが、冒頭では誰が主人公なのか全然わかりません。観ているうちに「うーん、この人本当ににくったらしー!」と思ってた侯杰が実は主人公だったと知ってちょっとびっくりしました。この極悪非道にも思えた男に、だんだんと同情させ、感情移入させていくところがこの映画のうまいところです。高慢で不遜だった侯杰が、絶望の底に突き落とされ、ゼロからの状態で少しずつ人間として成長していく。個人的には『西遊記』や『宮本武蔵』の序盤などを思いだしました。その辺は名優アンディ・ラウの力もあるかもしれません。眉根にしわを寄せて険しい眼光を放っていた彼が、子供たちやお坊さんやジャッキー・チェンと触れ合っていくうちに本当に優しげで暖かな笑顔を見せるようになっていく。この過程がわたしがこの映画で一番好きだった部分です。特に雪の降りしきるお寺で「寒いから一緒に運動しよう」と、アンディと小坊主さんがカンフーの型を練習するシーンは本当によかったですねえ。

以下、結末までネタバレしてます。ご了承ください。

punch

punch

punch

punch

punch

本来ならば悪者がぶっ殺されてめでたしめでたしとなる武侠映画ですが、この映画はクライマックスにおいても「許す」ことを訴えます(外国の将校は普通に刺し殺されてましたが・・・)。侯杰よりもさらに悪の限りを尽くした曹蛮(ニコラス・ツェー)をすら許そう・救おうというその姿勢は、いまだ争いのやまぬ世界に対しての監督の願いなのかもしれません。んで『孫文~』のときはさして美男子とも思わなかったニコラス君ですが、この映画ではお耽美風のヘアスタイルのせいもあってか美形オーラをムンムンと発しております。そんな彼がよよよと泣き崩れる姿は大変「絵」になっておりました。

Photo_2乱世の荒波にもまれてあえなく焼け落ちてしまった少林寺・・・というところでお話は幕となりますが、きっと生き延びたジャッキーや小坊主さんの手で再建されるのでしょうね。だっていま少林寺、ちゃんと現存してますもん。そしてその魂は『少林サッカー』へと受け継がれるのです。

レビューがもたくさしてるうちに大体公開終わってしまいましたorz まだやってるのはシネマート六本木くらいかしら。気になった方は名画座かDVDでどうぞ・・・


|

« 三人のサンタ バリー・クック サラ・スミス 『アーサー・クリスマスの大冒険』 | Main | ローマ字読みで読まないで エルジェ スティーブン・スピルバーグ 『タンタンの冒険』 »

Comments

クリリンはともかく「鉄拳チンミ」www
面白かったよねぇチンミ。成長型拳法漫画ではやったっけ。

30年前の少林寺観てないんだ。もうエポックメイキングすぎて…。マジで修行してましたから。棒術の動きとかできまっせ?
っという目から見ると、拳法ものとしてはすこーし物足りない。ま、人間ドラマメインだから仕方ないんですけどね。昔の作品のファンとしてはどうしても(笑)

Posted by: KLY | December 19, 2011 at 10:59 PM

伍一くん、クリリンスコ~☆
私は小坊主さんたちの活躍に、思わず涙出ちゃったわ。
勿論、雪の中の練習も凄くよかった~
大掛かりに作った立派な少林寺を、惜しげもなく燃やしてしまうって、これもすごいわー

Posted by: ノルウェーまだ^~む | December 20, 2011 at 12:15 AM

>KLYさん

ははは。『チンミ』ご存知でしたか。わたしゃアニメでしか観てないんですが、現在も『鉄拳チンミLegends』というタイトルで連載してるそうで

>マジで修行してましたから。棒術の動きとかできまっせ?

前から香港映画に出てきそうなタイプだとは思ってましたが・・・ ガチだったとは! ていうか今度ぜひ見せてくださいよ!

ま、たまには単純でスカッとするカンフー映画も観てみたい気もしますね。そこはやっぱりチャウ・シンチーに期待するしかない?

Posted by: SGA屋伍一 | December 20, 2011 at 10:29 PM

>ノルウェーまだ~むさん

マルコメンスコ~

銃も恐れず悪者たちに饅頭を届けるシーンもよかったですね。「こいつダメだ」とわかるやいなやタコ殴りにしてましたが

セットの建物を燃やすといえば、『仮面ライダークウガ』第一話でも教会を燃やして年間の予算の半分を吹っ飛ばした、なんつー伝説がありますw

Posted by: SGA屋伍一 | December 20, 2011 at 10:32 PM

きゃー!チンミheart

>侯杰が実は主人公だった

アンディ・ラウが主演であることはうっすら知ってたのですが(ポスターでセンターだし)
悪役っぽく登場してびっくり。あれー?主役じゃないの?って・・・
あとで改心するけど、傲慢なアンディ・ラウもなかなかよかったです。
小坊主さんと型の練習をするシーンもほんとよかったし。
小坊主さんがぽっちゃりタイプなのがまたhappy01

ニコラス・ツェーもむちゃくちゃかっこよかったけど
やっぱりジャッキー・チェン!燃えました!

Posted by: kenko | January 16, 2012 at 08:17 PM

>kenkoさん

おお、kenkoさんもチンミご存知でしたか! 意外とメジャーだったんだなあ

わたしはアンディが出てることすら知らなくて(笑)、「この渋いおじさん見覚えあるけど誰だったっけ・・・ 塩見三省じゃないし・・・」なんて思ってました(でも彼、顔の骨格微妙に変わった気がしません?)

小坊主さん、きっと食いしん坊なんでしょうねえ。「動いてたほうが気がまぎれる」なんて言ってたし。「一休さん」の中にあんな体型の小坊主さんがいたような

ジャッキーは同時期『1911』にも出てましたね。あっちの方がかっこいい役柄だと思うんですけど、好評なのはこっちの方みたいですね~

Posted by: SGA屋伍一 | January 17, 2012 at 03:24 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/53523046

Listed below are links to weblogs that reference 燃える!お坊さん ベニー・チャン 『新少林寺』:

» 新少林寺/SHAOLIN [LOVE Cinemas 調布]
1982年に日本でも大ヒットしたジェット・リーの出世作『少林寺』が、29年ぶりに甦る。といっても武術アクション映画から人間ドラマに重心を移した文字通り新たな少林寺だ。主演は『インファナル・アフェア』のアンディ・ラウ、共演に『孫文の義士団』のニコラス・ツェーとファン・ビンビン、そしてジャッキー・チェンといった中国スターが揃う。監督は『コネクテッド』のベニー・チャン。... [Read More]

Tracked on December 19, 2011 at 10:56 PM

» 「新少林寺」瞬きを忘れて [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
最初から最後まで、怒涛のような大迫力。 瞬きをしている暇なんかないっ☆ [Read More]

Tracked on December 20, 2011 at 12:16 AM

» 新少林寺/ SHAOLIN [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてねlarr;please click アンディ・ラウtimes;ニコラス・ツェージャッキー・チェン(larr;99作品目) 「香港国際警察/NEW POLICE STORY」のベニー・チャン監督作品 ジェット・リーの出世作「少林寺」(82)を、壮大なア...... [Read More]

Tracked on December 23, 2011 at 10:22 AM

» 映画:新少林寺/SHAOLIN [よしなしごと]
 この映画を知ったきっかけもツイッターの公式アカウントにフォローされたからでした。と言うわけで今回は新少林寺/SHAOLINを見てきました。 [Read More]

Tracked on January 09, 2012 at 01:30 PM

» 新少林寺 [C note]
少林ムービーの新たなるレジェンド。 豪華キャストで蘇る少林スピリッツ!これは燃え [Read More]

Tracked on January 16, 2012 at 08:18 PM

» 新少林寺/SHAOLIN : 新たな少林寺ムービー(まんまでスマソ) [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 何だか、お腹ピーピーです。こんな日は、こういった映画を観て、元気でも出そうかな。 【題名】 新少林寺/SHAOLIN 【製作年】 2010年 【製作国】 香港、中国 【鑑賞手段】 D [Read More]

Tracked on October 18, 2012 at 07:34 PM

» 新少林寺/SHAOLIN [こんな映画見ました〜]
『新少林寺/SHAOLIN』---新少林寺 SHAOLIN---2011年(香港/中国)監督:ベニー・チャン出演:アンディ・ラウ、ニコラス・ツェー、ファン・ビンビン、ジャッキー・チェン 1982年に日本でも大ヒットしたカンフー映画の金字塔「少林寺」を基に、その新たなる物語と...... [Read More]

Tracked on October 28, 2012 at 03:47 PM

« 三人のサンタ バリー・クック サラ・スミス 『アーサー・クリスマスの大冒険』 | Main | ローマ字読みで読まないで エルジェ スティーブン・スピルバーグ 『タンタンの冒険』 »