« 幾つになっても34 ポール・W・S・アンダーソン 『三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』 | Main | プロ野球で十倍せこく勝つ方法 ベネット・ミラー 『マネーボール』 »

December 07, 2011

タイタンズを忘れるな ターセム・シン 『インモータルズ 神々の戦い』

Minotauros本当に久しぶりですよ・・・ 二日続けて更新というのは・・・ というわけで本日は『ザ・セル』『落下の王国』のターセム(・シン)がギリシャ神話に挑んだスペクタクル大作『インモータルズ 神々の戦い』をご紹介します。

時は古代ギリシャ。神々の無情に憤ったハイペリオン王は、かつて彼らを苦しめたタイタン族を牢獄から開放しようと軍を進める。神々はハイペリオンに対抗できる存在として武芸に秀でた若者・テセウスに望みをかける。だがテセウスは軍勢など持たない一介の青年にすぎなかった。ハイペリオン軍が彼の村を襲った際、テセウスは唯一の家族である母を失う。無力感にうちひしがれるテセウス。そんな彼に救いの手を差し伸べたのは、やはりハイペリオンから追われていた美しい巫女パイドラであった。

『落下の王国』ではCGを一切使わずに幻想の世界を描き出したターセムさん。それが今回は180度方向転換して、CG使いまくりでギリシャ神話の世界を再現しております。特に気合が入ってるのがバトルシーンにおける人体バラバラ描写。まるで『北斗の拳』みたいに手足が四方八方にすっとんでいきます。残酷描写の苦手な方にはちょっとおすすめできません。
あとオリジナルのギリシャ神話とはかなりかけ離れておりますね・・・ ハイペリオンは原点では人間ではなくタイタン族の一員ですし、不死であるはずの神々がバンバン死んだりしてます。あとテセウスというのは神話では冒険家みたいなキャラなのですが、こちらでは後半軍を率いる大将になってしまったり。

ちなみに原作?はどういう話なのか簡単に説明しましょう。血気盛んな若者テセウスは乙女アリアドネの助けで、人々を食らう怪物ミノタウロスを退治します。しかし神々の一人に「お前の彼女めっちゃかわいいじゃん。オレにゆずらない?」と言われてあっさり引き下がります。その後色んな女(パイドラ含む)をとっかえひっかえしたあげく、最後は友達の王様に疑われて殺されちゃったんじゃないかな・・・ 全然違う話ですね(笑) 

まあ興味深いのはターセムさんの「神様観」みたいなものでしょうか。この映画では神様は人間たちに大いに関心を寄せているものの、なんでか直接干渉してはいけないことになっています。それゆえにハイペリオン王は神に反逆し、テセウスは苦闘を強いられるわけですが。
今年も信仰に関連した映画といえば『アレクサンドリア』『神々と男たち』『ツリー・オブ・ライフ』などがありました。これらの映画は一神教を奉じる国々で作られた作品ですが、ターセム監督はインド出身=ヒンズー教=多神教が背景にあるので、神様に関しては我々の方の感覚に近いかも。ギリシャの神々が一神教の神と大きく違うのはその不完全性にある気がします。人間よりも強大な力を有してはいるものの、その力には限界があり、失敗もいろいろやらかしてしまう。一神教の神様が基本的に目に見えない存在であるのに多神教の神々はわりと人間に近い姿をしている点も大きい違いです。
一方で「神様は一体なにを考えているのか。わたしたちのことを気にかけているのか」というテーマを扱っている点では、『ツリー・オブ・ライフ』などと通じるものもあります。

110518_175758奇しくも昨年の『タイタンの戦い』といろいろかぶってしまった本作品。ただ映画ファンにはこっちの方が評判がいいようです。わたしはどっちかっつったら『タイタン』の方が好きなんですけどね。理由は怪獣が出てくるから。こっちは怪獣といったらバルタン星人くらい(しかもコスプレで)だったし・・・

今後のギリシャ神話系映画としてはその『タイタンの戦い』の続編や、なつかしの『聖闘士星矢』がCGアニメでよみがえるという話も。君は小宇宙を感じたことはあるか!?

|

« 幾つになっても34 ポール・W・S・アンダーソン 『三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』 | Main | プロ野球で十倍せこく勝つ方法 ベネット・ミラー 『マネーボール』 »

Comments

“モー”しかあってねーし(爆)
とりあえず神様の戦いのシーンがめっさかっこいいんだけど、
オリンポスの十二神がやけに簡単にやられちゃうなぁと…
ポセイドンはゼウスの弟だし、アポロンは太陽神だし、アテナ
はゼウスの娘なのに…。ってか、客観的に観ると神様フルボッコ
であのままだとマジ負けそうだったよね^^;

Posted by: KLY | December 07, 2011 at 11:30 PM

伍一さん、

出ました!どうもです!
絵とバルタン星人!勿論、特殊なレビューにも。
もう、尊敬の眼差しです。


Posted by: まみっし | December 08, 2011 at 04:16 AM

>KLYさん

毎度どうモー(笑)
うん、神様にしてはちょっとよわっちかったですね。超能力かなにかでビビビと戦うのかと思ったら、普通の肉弾戦でしたし
あとゼウスおとうさんはあきらかにアテナばかりひいきしてましたね。まあむさい男兄弟の中にぽつんとかわいい娘が生まれたら、そりゃ溺愛したくもなるでしょうけど

Posted by: SGA屋伍一 | December 08, 2011 at 11:13 PM

>まみっしさん

モー、またまたほめ上手!
そういえばいまhinoさんはインドに行ってるとか。インドの人は確か牛を食べちゃいけないんですよね
バルタン星人のコスプレはあのミッキー・ロークがやってたんですよ。それだけでも一見の価値アリ?

Posted by: SGA屋伍一 | December 08, 2011 at 11:15 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/53429465

Listed below are links to weblogs that reference タイタンズを忘れるな ターセム・シン 『インモータルズ 神々の戦い』:

» インモータルズ -神々の戦い- [LOVE Cinemas 調布]
『ザ・セル』、『落下の王国』のターセム・シン監督最新作。ギリシャ神話の世界を舞台に、残虐王ハイペリオンを倒すべく立ち上がる農奴出身の勇者テセウスの姿を鮮やかな映像で描いた3Dアクションアドベンチャーだ。テセウス役を新スーパーマンに抜擢されたヘンリー・カヴィル、相手のハイペリオン役を『レスラー』のミッキー・ロークが演じる。共演に『スラムドッグ$ミリオネア』のフリーダ・ピント。... [Read More]

Tracked on December 07, 2011 at 11:27 PM

» インモータルズ -神々の戦い- [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
インモータルズ -神々の戦い-'11:米◆原題:IMMORTALS◆監督:ターセム・シン「落下の王国」「ザ・セル」◆出演:ヘンリー・カヴィル、フリーダ・ピント、ミッキー・ローク、ルーク・エヴ ... [Read More]

Tracked on December 27, 2011 at 05:06 PM

» インモータルズ -神々の戦い- [よしなしごと]
 ツイッターで、闇の神アカウントvs光の神バトルをやっていて、勝った方を応援してくれた人の中から抽選で1名様に金塊(10g)などをプレゼントするというキャンペーンをやっていました。(両方を応援しても良い。)  僕もそのキャンペーンに応募しました。応募といってもツイッターをやっていない人にはわからない話ですみませんが、ハッシュタグをつけてつぶやくだけという手軽さ。さて、おの応募の結果はのちほど。  というわけで、今回の記事はインモータルズ -神々の戦い-です。... [Read More]

Tracked on January 15, 2012 at 03:04 AM

» インモータルズ -神々の戦い- (Immortals) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ターセム・シン・ダンドワール 主演 ヘンリー・カヴィル 2011年 アメリカ映画 110分 アドベンチャー 採点★★★ MTVが全盛期の頃って、凝りに凝ったプロモがホント多かったですよねぇ。ちょっとした映画並み。まぁ、映像に気合が入ってる分、そっちに目を…... [Read More]

Tracked on September 20, 2012 at 01:57 PM

« 幾つになっても34 ポール・W・S・アンダーソン 『三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』 | Main | プロ野球で十倍せこく勝つ方法 ベネット・ミラー 『マネーボール』 »