« 退却しNe-Yo!!  ジョナサン・リーベスマン 『世界侵略:ロサンゼルス決戦』 | Main | かわいいベジビー 黒坂圭太 『緑子』 »

October 05, 2011

水没スペシャル アリスター・グリアソン 『サンクタム』

Photo♪かーわぐっちーひろしがー どーくつにはーいるー これまた震災のあおりを食らって公開が延期されてた映画。ジェームズ・キャメロンが製作に加わった3D冒険映画『サンクタム』、ご紹介いたします。

洞窟・・・ それは人類最後の秘境。数々の洞窟を調査してきた冒険家のフランク・マクガイルは、パプワニューギニアの巨大な竪穴がどこにつながっているかを解明すべく、クルーたちと潜水を繰り返していた。その中には息子のジョシュもいたが、彼は家庭を顧みてこなかった父にわだかまりを感じていた。
アクシデントは突然やってきた。島の上空にハリケーン通過し、大量の雨水を洞窟に注いだのだ。入り口を濁流にふさがれたマクガイル親子たちは、いまだ正確にはわかっていない反対の入り口を目指し、洞窟のさらに奥へと進んでいくが・・・

冒頭でおなじみのあのテロップ「この物語は実話に基づいている」が入ります。なんでもこの作品はキャメロンの撮影クルー、アンドリュー・ワイトの経験が基になっているのだとか。ただその経験読んでみたけど映画と全然違うよ(笑)  というわけでより正確に言うならば、「実話をもとに作ったフィクション」といったところでしょうか。

映画のメインはもちろん洞窟探検、というかサバイバルなんですが、それと並行して親子の葛藤のドラマも語られます。なぜ親子の物語にしたのか・・・ もしかしたらジュール・ベルヌの名作『地底探検』へのオマージュなのかもしれません。こっちの親子はもっとほのぼのしてましたけどね。
なんでそんなに洞窟にこだわるのか? そうたずねる息子に父はこう答えます。洞窟は彼にとっての教会なのだと。洞窟に来ると迷いが消えると。だったらフツーに教会行ったほうが安全じゃない? と言いたくもありますが、人によって信じるものやフェチどころは違います。フランクの自己啓発の場所は洞穴しかなかったということなのでしょうね。わたしはどこだろう。布団かなあ。

お話としてはRPGに近いものを感じたりして。ひとつの難関を知恵と度胸でクリアしたら、また次の難関が立ちふさがって・・・という繰り返し。ただRPGではパーティーの人数はそれほど変わりませんが、こちらはどんどん数が減っていくから恐ろしい。永井一郎さんに「君は、生き延びることができるか?」と言ってほしいくらいです。怖いといえば水中でコパッと目を見開いて死んでいく描写もけっこうショッキングでしたshock 身の周りにフツーに酸素があることに、本当に感謝したくなります。

Photo_2ちなみに「サンクタム」ってえのは英語で「神聖な場所」という意味だそうで。あれ? それは「サンクチュアリ」じゃないの? ・・・まあいいや。そんなタイトルだけあって、水中の映像は本当に美しい。スキューバとかやってみたいけど、お金も時間もないという人は代わりにいかがでしょう。ただそろそろ上映終了しそう。ご興味おありの方はお早めにー


|

« 退却しNe-Yo!!  ジョナサン・リーベスマン 『世界侵略:ロサンゼルス決戦』 | Main | かわいいベジビー 黒坂圭太 『緑子』 »

Comments

>だったらフツーに教会行ったほうが安全じゃない?

もう、作品を根底からひっくり返す突っ込みだーね(爆)
ま、確かに当たってる。
とにかくね、年長者の言うことはきいとけってことですな。
何か余りにオーソドックスすぎて言うことがないっす^^;

Posted by: KLY | October 05, 2011 at 10:00 PM

>KLYさん

またまたさっそくありがとうございますhappy01
ロマンのわからぬ発言でございました。まあもてないタイプがいかにも言いそうなことですねい(笑)

わたしも洞窟行った時は年長者や経験者の指示に従いたいと思います。行かないけどねー!!

Posted by: SGA屋伍一 | October 06, 2011 at 11:19 AM

今度はこちらからお邪魔しま~す!

>洞窟に来ると迷いが消える・・・
そうそう,そんなセリフ出てきましたね~
わたしは洞窟まで行かないとオマエは迷いっぱなしなんかい?と
思わず突っ込んでしまいましたが
そりゃ視界は狭いし,迷ってる間に酸素はなくなるしで
確かに迷いも吹っ飛ぶでしょうよ・・・・

と,思わず憎まれ口の一つも言いたくなるほど
つっこみどころも多い作品でしたが
それでもけっこう楽しみながら観てました…自分。
ただ,あそこまでたくさん死なれると後味は悪いけど。
何事につけ経験者の言うことは聞くもんだと
私も痛感しました。たとえ洞窟が舞台でなくっても。

Posted by: なな | October 11, 2011 at 09:09 PM

>ななさん

あう。お礼参り?ありがとうございますcoldsweats01

>わたしは洞窟まで行かないとオマエは迷いっぱなしなんかい?

ていうか入り組んでるわ明かりはなくなるわで、洞窟の中のほうがよっぽど迷いやすいと思うんですけど・・・ ってそういう意味じゃないですよねcoldsweats01

「何が何でも出口を見つけたるー!」と目標がはっきりするってえことでしょうか。目標・・・ わたしの目標なんだろう・・・ とりあえず10キロやせることかしら・・・ と言いながらビールをぐびっと(ダメだこりゃ)

>経験者の言うことは聞くもんだと

そうですね。ジャングルにしても海底にしても戦場にしても宇宙にしても・・・ まっ その辺にはたぶん行かないと思いますけど

Posted by: SGA屋伍一 | October 12, 2011 at 10:02 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/52917644

Listed below are links to weblogs that reference 水没スペシャル アリスター・グリアソン 『サンクタム』:

» 洞窟冒険・開拓ロマン。【映画】サンクタム [B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら]
【映画】サンクタム(SANCTUM) ジェームズ・キャメロンが製作総指揮。 【あらすじ】 南太平洋にぽつりと浮かぶ島にある、熱帯雨林の奥地に広がる洞くつ。その地は、人が足を踏み入れてはいけない聖域(サンクタム)の様相を呈していた。そんな洞くつの謎に挑もうと探検... [Read More]

Tracked on October 06, 2011 at 09:04 PM

» サンクタム [虎猫の気まぐれシネマ日記]
3Dは苦手で避けてきた私が,この作品の3Dは観やすかった。脱出パニックムービーとしては,予想していたよりやや重い後味が残るが,なかなか面白かった。 サンクタムとは,聖域という意味だそうで,この場合は南太平洋の孤島の前人未到の地下洞窟のこと。巨大ハリケーンの影響で洞窟の入り口が塞がれた探検隊たちの,脱... [Read More]

Tracked on October 11, 2011 at 09:11 PM

» 映画:サンクタム [よしなしごと]
 今年80本目の映画記事はジェームズ・キャメロン製作総指揮のサンクタムです。  そこそこおもしろかったピラニア3Dを「これは3Dにすべきでない映画の見本」と激怒したジェームズ・キャメロン。じゃあ、どんな作品を作るんだ?!と期待しちゃいますが…。... [Read More]

Tracked on November 13, 2011 at 09:16 PM

» 映画『サンクタム』を観て [kintyres Diary 新館]
11-62.サンクタム3D■原題:Sanctum■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:109分■字幕:戸田奈津子■鑑賞日:9月29日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)■料金:300円(3D)□監督:アリスター・グリアソン□脚本・製作:アンドリュー・ワイト□脚本:ジ...... [Read More]

Tracked on November 26, 2011 at 05:57 PM

« 退却しNe-Yo!!  ジョナサン・リーベスマン 『世界侵略:ロサンゼルス決戦』 | Main | かわいいベジビー 黒坂圭太 『緑子』 »