« わくわくお猿ランド ルパート・ワイアット 『猿の惑星 創世記』ほか | Main | 007VSインディ・ジョーンズ ジョン・ファブロー 『カウボーイ&エイリアン』 »

October 30, 2011

お米の国の旗の下 ジョー・ジョンストン 『キャプテン・アメリカ』

111028_202710ハルク、アイアンマン、ソーと続いた「アヴェンジャーズ・プロジェクト」も、ようやく最後の一人となりました。長い道のりだったなあ! おい! それでは満を持しての登場となった世界最初のアヴェンジャー『キャプテン・アメリカ』、ご紹介いたします。

第二次大戦もたけなわのころ。熱意あふれる青年スティーブン・ロジャースは、軍に入隊して国の役に立ちたいと願っていたが、生まれついての病弱な体質ゆえ、何度も試験に落とされていた。しかしそれでも諦めないロジャースを見て、一人の男が彼に近づく。男の名はアースキン博士。軍の依頼で「超人兵士」を開発するための被験者を探していたのだった。やがて正式にその被験者に選ばれたロジャースは、常人をはるかに越えた能力を持つヒーロー「キャプテン・アメリカ」として生まれ変わる。だが最初に彼に任された仕事は国民へのプロパガンダとして「国債を買おう!」と呼びかけることだった・・・

え~~~!? と驚かれた皆さん、ご安心ください。ちゃんとその後にはヒーローらしい活躍場面が準備されています。その前にまず「キャプテン・アメリカ(通称キャップ)」というキャラクターについてちょこっとだけ説明いたしましょう。

数あるマーベルコミックスのキャラクターの中でも、キャプテン・アメリカとサブマリナーは特別な存在と言えます。なぜかというと、この二人はマーベルが創設される(1967)以前に別の会社で作られたキャラだからです。つまりマーベルさんよりも年長というわけ。出自はほぼ映画と同じで、当初はあからさまに戦意高揚をウリにしたキャラでした。第一号の表紙では思い切りヒトラーにパンチを食らわていたりするんですが、そういうわかりやすい位置づけが映画の中では上手にパロディ化されておりました。しかし当然戦争が終わってしまうと人気は低下。出版が途絶えていたところをマーベルが権利を買い取り、アメリカの理想と現実に悩むキャラとして再生させ、現在にいたります。

そんなわけで今では見かけほど右翼なヒーローではないのですが、スタイルも名前も微妙だし、X-MENやスパイダーマンほど愛着のあるキャラではありませんでした。でもこの映画の「キャップ」のことはずいぶんと気に入ってしまいました。。
原作のキャップは歴戦の勇士ということもあり、不安定な(笑)ヒーローの多いマーベルの中では、群を抜いて大人であり人格者であります。そこが頼もしいっていや頼もしいんだけど、反面親しみにくかったりもして。
しかし映画版では改造前のスティーブン・ロジャースが、いかにもやしっ子であり非モテ系であったかということをこれでもかこれでもかというほど強調します。そんなスティーブン君に感情移入しないわけがないでしょう!!cryingcryingcrying そして彼の悩みは改造後も国の客寄せパンダとして利用されることでなおも続きます。

以下はさらにどんどんネタバレしていくのでご了承ください。

そういえばなぜスティーブンはあそこまで軍に入ることを志願したのでしょう。たぶんわたしは「家族のために何かしたかったから」ではないかと考えています。映画でははっきり語られませんでしたが、一応原作では彼は少年時代に両親と死に別れたことになっています。兄弟も親しい親族もいない天涯孤独の彼にとって、残った家族と言えるものは、親友のバッキーとアメリカ以外に何もなかったのでしょう。
そして持ち前のガッツでがんばり続けることによって、スティーブンの周りにはいつしか「家族」と呼べるような人々が集まり始めます。しかしそれは本当につかの間のことで。
ようやく得た家族が遠く過ぎ去った時代で、再び目覚めるキャプテン・アメリカ。そこには(少なくとも表向きは)清く正しかったころの「アメリカ」はもうありません。迷子のように見知らぬ土地に放り出されたキャップがあまりにもかわいそうで、わたしはただハラハラと涙を流したのでしたcrying

111028_202830はたして彼は七十年後の世界で新たな家族を得ることができるのか・・・ それについては来年いよいよ公開される『アヴェンジャーズ』で語られる・・・のかな? いやあ、これ本当に実現するんだなあ・・・ 来年までは何があっても死ねないでやんす。

『キャプテン・アメリカ』は現在全国の劇場で細々と公開中coldsweats01 近所ではもう一日一回になっちゃったよ! まだ観に行ってないひとは早く行ったほうがいいよ!
あと映画化記念で最近邦訳された『キャプテン・アメリカ:ウィンター・ソルジャー』という作品がすんごくいいです! 映画を観て興味を持たれた方はこちらもぜひ!

|

« わくわくお猿ランド ルパート・ワイアット 『猿の惑星 創世記』ほか | Main | 007VSインディ・ジョーンズ ジョン・ファブロー 『カウボーイ&エイリアン』 »

Comments

おはよー☆
相当感情移入しちゃったのね、
伍一ちゃんもやしっこだったの??
華奢にはみえないけどhappy01

クリスくん好きだけどやっぱり小柄で華奢なシーン(CG)は魅力なく、逞しくなった途端に魅力が!
強い男はやっぱりいいなーnoteマッチョ好きというわけじゃないけど。
感想はそのくらい(笑)

Posted by: mig | November 02, 2011 at 09:40 AM

>migちゃん

またまたお返しありがとーhappy01
うん・・・ 昔はね、これでももうちょっとやせてたのよ・・・
クリスくんのビフォー・アフターは本当にすごいね。やせるにしてもマッチョになるにしても、役者って本当にご苦労さんだなあと思った次第。『ソー』の方のクリス君も相当プロテイン飲まされたそうだし。まあすべての役者さんがそういうの要求されるわけじゃないだろうけど(笑)

>感想はそのくらい(笑)

ちょっと冷たくない!?crying 幾ら氷漬けのラストだからって(爆) 

Posted by: SGA屋伍一 | November 02, 2011 at 08:15 PM

伍一君、キャプテンアメリカンスコ☆
さすが!アメコミキャラ博士♪
彼らに対する暑い情熱も伝わってきたよー

migちゃんの感想も面白い!
もやしっこでも、伍一君は背が高いんだから、あとはちゃんとプロテイン飲むだけじゃん。
頑張れ!マッチョへの道☆

Posted by: ノルウェーまだ~む | November 03, 2011 at 06:15 PM

>ノルウェーまだ~むさん

筋肉ムキムキンスコ~

うん。日本では売り上げ的にも評判的にもこの映画イマイチなんで、ちょっとムキムキ・・・じゃない、ムキになっておりますw

いや~、プロテイン飲んだらおなかまわりに肉がつきそうで怖いですねw 外見じゃなくてハートを見てほしいの!

Posted by: SGA屋伍一 | November 03, 2011 at 10:29 PM

こんばんは!お邪魔するのが遅れました。

そうそう、なんでそんなに軍隊に入りたいのかなって最初そこがよく分からなかったのですが
キャプテンの人柄の良さを知るにつれ、あまり気にならなくなりました。
ただマッチョなだけでは魅力的ではないけど、心が男前だからこそすてき。
私の王子、ソーもそうだけどcatface

アヴェンジャーズたのしみですね!
スターク父や、ソーの国の謎のエネルギーなど、アヴェンジャーズへ向けてのネタもちょいちょいあったし・・・
トニー・スタークに会ったら、ビックリするだろな。

Posted by: kenko | November 04, 2011 at 12:28 AM

>kenkoさん

こんばんは~ 『ロストアイズ』、間に合ったでしょうかw
あとから思いついたことですけど、スティーブンは単に一人前の男として認められたかった、という気持ちもあったのだと思います。童て・・・十代の青年にはありがちな傾向かと

>ただマッチョなだけでは魅力的ではないけど、心が男前だからこそすてき

ソーソー(爆) 男は筋肉じゃないです。金です(じゃあもっとダメじゃん!)

ああ、そういえばキャップはよみがえったあともまだ童○なんですよね・・・ そんなわけでやりたい放題なスタークJrにはやっぱりコンプレックスを感じるのではw

Posted by: SGA屋伍一 | November 04, 2011 at 10:59 PM

なんだか「アベンジャーズ」の予告編みたいな作品でしたが
万能な楯くらいしか武器がないので、ちょっと心配です。
そこはまあ、男前の心でカバーするというこでしょうか?(笑)
でも、70年も浦島さんはちょっと気の毒でしたよねー。
スタークJrに合コンに誘われても、
真面目すぎて浮いちゃうよねーきっと(^^;)

Posted by: ルナ | November 05, 2011 at 11:36 PM

>ルナさん

こちらにもありがとうございますhappy01

>万能な楯くらいしか武器がないので、ちょっと心配です。

009の名ゼリフを思い出しますね
「武器はそれだけか?まさか加速装置だけというのではあるまいな?」「あとは・・・勇気だけだ!」coldsweats01
勇気があればなんでもできる、とアントニオ猪木も言ってましたし(あれ?)

>スタークJrに合コンに誘われても、
真面目すぎて浮いちゃうよねーきっと(^^;)

「まったく最近の若いやつらは・・・ わしが若いころは」とくだまいて煙たがられるのが目に見えるようですね(笑)

Posted by: SGA屋伍一 | November 07, 2011 at 08:57 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/53122422

Listed below are links to weblogs that reference お米の国の旗の下 ジョー・ジョンストン 『キャプテン・アメリカ』:

» キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー [あーうぃ だにぇっと]
キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー@よみうりホール。 10月7日に試写会で鑑賞。 今週は6日を除いて(?)毎日よみうりホールで試写会やっていた。 3日4日5日と3日分の試写状をゲットしたが全部ムダにした。(笑)... [Read More]

Tracked on October 30, 2011 at 09:18 PM

» キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー / CAPTAIN AMERICA THE FIRST AVENGER [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click ldquo;スパイダーマンrdquo;、rdquo;アイアンマンrdquo;・・・全てのヒーローは、ldquo;キャプテン・アメリカrdquo;から誕生した。 マmdash;ベルコミック伝説の初代ヒーロー...... [Read More]

Tracked on October 31, 2011 at 09:50 AM

» 「キャプテン・アメリカ」これぞアメリカ [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
劇中でもそのように呼ばれていた。 『アメリカの希望の星』 まだアメリカが世界のすべての正義だった頃の、古きよき時代を懐かしむ。 『正義』の仮面を被ったテロリストと疑われ始めた現在のアメリカ国民の、まさに『希望』がこの映画には詰まっている。... [Read More]

Tracked on November 03, 2011 at 06:16 PM

» 【劇場鑑賞】キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー [MAGI☆の日記]
キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャーを見てきました。 1942年、病弱なため兵士として不適格とされたスティーブは、軍の極秘計画“スーパーソルジャー実験”に志願する。 スティーブは超...... [Read More]

Tracked on November 03, 2011 at 08:43 PM

» キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー [C note]
来年夏公開のマーベルヒーローズ映画『ジ・アベンジャーズ』へ向けての、アイアンマン [Read More]

Tracked on November 04, 2011 at 12:29 AM

» キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー [ルナのシネマ缶]
正直、それほど興味は なかったのですが、 来年上映の「アベンジャーズ」のために とりあえず、おさえておこうと 観てきました。 正体は、最初からバレているのに アメコミヒーローの定番の覆面! ここから始まったのかなぁ〜? 第2次世界大戦中の1942年、スティーブ(クリス・エヴァンス)は、 各地に進攻するドイツのヒドラ党と戦うことを望んでいた。 もともと病弱な彼は入隊を何度も却下されていたが、 ある日、軍が秘密裏に行う「スーパーソルジャー計画」という実験に 参加することになる... [Read More]

Tracked on November 05, 2011 at 11:36 PM

» 映画:キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー [よしなしごと]
 久々のアメコミムービーはキャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャーです。どんなヒーローなのか聞いたこともなかったので、あまり期待しないで行ったのですが、、、 [Read More]

Tracked on November 27, 2011 at 10:18 PM

» キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー (Captain America: The First Avenger) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ジョー・ジョンストン 主演 クリス・エヴァンス 2011年 アメリカ映画 124分 アクション 採点★★★ ちょっとやそっとの食べ過ぎや怠惰な生活では、そうそう体型が変わる事のない私。健康診断での血中コレステロール値なんかでは、「アナタは小太りよ!」と失…... [Read More]

Tracked on March 01, 2012 at 02:00 PM

» 「キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー」 [或る日の出来事]
「アベンジャーズ」のメンバーですから、見ておかないと! [Read More]

Tracked on May 14, 2012 at 11:31 PM

» キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー [こんな映画見ました〜]
『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』---CAPTAIN AMERICA: THE FIRST AVENGER---2011年(アメリカ)監督:ジョー・ジョンストン 出演:クリス・エヴァンス、トミー・リー・ジョーンズ 、ヒューゴ・ウィーヴィング、スタンリー・トゥッチ ア...... [Read More]

Tracked on June 03, 2012 at 11:48 PM

« わくわくお猿ランド ルパート・ワイアット 『猿の惑星 創世記』ほか | Main | 007VSインディ・ジョーンズ ジョン・ファブロー 『カウボーイ&エイリアン』 »