« ある日パパと二人で森へ行ったさ セミフ・カプランオール 『蜂蜜』 | Main | 坂の上を向いて歩こう 宮崎吾朗 『コクリコ坂から』 »

August 08, 2011

三つの体がひとつになれば トム・シックス 『ムカデ人間』

110808_180312映画界のお騒がせ男、叶井俊太郎氏がまたまた変な映画を買い付けてくれました。その名も『ムカデ人間』! ではさっそく紹介いたしましょう。

アメリカの片田舎の森で、用を足しにトラックから降りた男を、ひそかに狙っていた影があった。彼の名はハイター博士。ハイターはシャム双生児の分離手術で名をはせた名医だったが、その心の奥で「人間をつなぎあわせたい」という欲望に取り付かれていたのだ。難なく一人目の実験台を手に入れる博士。その執念が呼び寄せたのか、その森にさらに二人の若い女性が迷いこんできた・・・

世の中には・・・変なことを思いつく人がいるものですね・・・・
最初タイトルを聞いたとき、ムカデと合成されたショッカーの怪人みたいなのが出てくる映画なのかと思ってました。しかし実際は三人の人間の消化器官を一直線で結んだ姿が、ムカデに似てる(上図参照)ということでムカデ人間なのですね。アホか!

わたくしそれでもできる限りこの博士の思考にせまってみようと試みてみました。ほら、登山家ってなぜ山に登るのか?とか聞かれて、「そこに山があるからだ」って答えますよね?  つまりそういうことかも。そこに人間がいるからつなげたくなるのだと。 ・・・・っていやいやいやいや・・・・ そんなこと考える人間はいねーよ(笑) 大体わたし、山があっても登りたいなんてちーとも思わないし。

一人ではさびしいから誰かとつながっていたい、という話はよく聞きます。でもこの博士は自分でつながりたいわけではなく、他の誰かをつなげて遊んでるだけなのでこれも違う。

三つの異なる存在を合体させることによって、人間を越える存在を作りたかったということか? いわゆる三位一体の神とか、合体ロボットのような発想ですね。しかし博士は作り出したムカデ人間にこれっぽっちも敬意を払っていないのでこれも違います。

切り離す手術ばっかりやってたから、たまには真逆のことをやってみたくなったとか? これが一番近いかなあ。でもそれだったらサイドに普通くっつけますよね。なぜ管と管を直結させる必要があるのかと(食費は一人分で済むという利点はありますが)

結局、「変な人の考えることはよくわからない」という結論に落ち着きました。はにゅ~ん。
ただ、日本にもそれに近い変なことを考えてた人はいます。一人は江戸川乱歩。氏は『○○の○』という作品には(これじゃわかんねーだろ)二人の人間を無理やりくっつけて人口的なシャム双生児を作り出す、というネタがでてきます。そんなことになんの意味が? はい、もちろんそこに意味はありません。
もう一人は山田風太郎。氏はエッセイでたびたび「人間は口から肛門までの一本の管」と申しておられました。この医学的かつユーモラスな発想、この映画と一脈通じるものがあります。もしかしたらムカデ人間の先頭になる男が日本人なのは、この二大作家に敬意を表して、ということなのかも・・・・ いや、ないですよね、うん。

そんなブラックユーモア満載であほらしい映画なのに、うっかりムカデ人間に感情移入してしまうとだんだん物悲しくなってきてしまうから不思議です。残酷な運命に翻弄されながら、お互いはげましあい、慰めあうムカデ人間の先頭・中継ぎ、最後尾。しかしゴジラや透明人間やハエ男と同じように、科学が生み出した異端の生物は滅びゆく定めなのです。泣ける! 超泣ける! これを観てなかない人は人間じゃありません! ・・・・と言いすぎました。たしかに他に類をみない超個性的な映画ではありますが、観なくても人生に何の支障もありません。「変なもの大スキー」という変な方だけごらんになればいいと思います。まあどこをとっても常識的なわたくしもそれなりに楽しみましたが。

110808_180328そんな『ムカデ人間』は東京渋谷のシネクイントにてレイトオンリーで上映中。ちなみに近所のO田原ではなぜかこんなへんてこりんな映画を朝から三回も上映してました。よっぽど小D原ではこういう映画が需要があるということなのか? と思えばたった十三日で終了してしまうし。わからないわからないよコ○ナワールドO田原。でもこれからもへんてこなの、いっぱいかけてね!


|

« ある日パパと二人で森へ行ったさ セミフ・カプランオール 『蜂蜜』 | Main | 坂の上を向いて歩こう 宮崎吾朗 『コクリコ坂から』 »

Comments

もーさ、しょーがないよね。
オープニングからあの写真見てため息つかれちゃったら、「そっか、そんなに繋ぎたいんだね…」って思わざるをえないじゃない^^;
しっかし北村さんの大阪弁バリバリの演技も凄かったね。
友人に勧めたら「絶対観ない!」って言われちゃった…

Posted by: KLY | August 08, 2011 at 11:42 PM

SGAやん、暑さに参ってないかい?

いや、ここに来てマイミクでグルメなブログ書いてる奴がいきなり、便器入りカレーの紹介しやがった事を思いだし………
アンタも、あまりの暑さにこのような映画紹介するなんて、ついにトチ狂ったと思ったよ……………ゴメンな。
でもこの映画ってやっぱり「救い」ないでしょ?

たまにはパン太マンガ書いて、脱力させて下さい。

Posted by: まさとし@葛城 | August 09, 2011 at 06:41 PM

>KLYさん

>オープニングからあの写真見てため息つかれちゃったら、「そっか、そんなに繋ぎたいんだね…」って思わざるをえないじゃない^^;

そっか・・・ つまるところ愛ですね、愛! ムカデ愛!heart04
しかしこれほどまでにはためーわくな愛もちょっとないですねえcoldsweats01

北村さんはこれで一躍ハリウッドスターの仲間入りでしょうか(ないないない) 気迫もすごかったし、文字通り体を張った演技でご苦労様でした・・・(うしろのコたちも・・・・)

Posted by: SGA屋伍一 | August 09, 2011 at 10:57 PM

>まさとし@葛城さん

まあ暑さにはまいってますけど(笑) これまでもけっこうえぐいもの扱ってきたと思うけどなー 『ダーウィン賞』とか
でももしカレーを食べてるときにうっかり読んでしまわれたのだとしたら、それは申し訳ないとしか言いようがありません。ゲッターロボに免じて許してください

パンダ漫画、そういえば久しく書いてないね~ ごめんなさい2です

Posted by: SGA屋伍一 | August 09, 2011 at 11:05 PM

ほんのちょびっと興味がわいたのですが、
救いがないのかー、そっかー…。
『コレクター』みたいな感じ?
というか文章読んで
これは『コレクター』のオマージュでは?

Posted by: かに | August 09, 2011 at 11:05 PM

>かにさん

色々とご多忙のようで。そんな中おいでくださりありがとうございます

『コレクター』と似たところもありますが、あれは一応恋愛映画としての要素もありましたよね。こちらはそうゆうの皆無です(笑)

わたしが一番近いと感じたのは筒井康隆ですかね。残酷でばかばかしくて、ちょっとものさびしい、みたいな

Posted by: SGA屋伍一 | August 09, 2011 at 11:23 PM

2回も観てこれが今年のベスト10に入るかもな人間(私)っていったい、、、、happy02

だって普通じゃないところがまずいいよね。もうありきたりな映画は飽きたもん。
この間、ご飯食べててこの映画の話になり、翔と父が興味持ちだしてたわ。
佐吉は「そんな映画あるの知らなかった」って言うから
近いし行ってきたら?と私(笑)

好評でお昼の回も出来たんだって。
ゆきえちゃんがもう終わったかと諦めてたけどまだやってるみたいね?
観るしか無いでしょうあの方なら気に入るはずnote

あ、最後はやっぱりグレートマシンガーじゃなく
北村さんの歯を食いしばった顔か、博士にしてほしかったなー!
ちなみに私はぜったい人のあれは嫌なので一番先頭希望者(当たり前?)

Posted by: mig | August 10, 2011 at 03:12 PM

>migさん

考えてみればこの映画のファンに失礼なことをいっぱい書いてしまったなcoldsweats01 一番変なのはわたしということでひとつ勘弁してね~

しかしご飯食べてるときにこの映画の話をするとはmigさんもすごいねえ(笑) 翔さんはあわなそうな気がするけど、佐吉先生やえっちゃん先生は大うけしそう。hinoさんの感想もぜひ聞きたいね~ 正直彼女の趣味というか嗜好はいまだによくわからないcoldsweats01

>ちなみに私はぜったい人のあれは嫌なので一番先頭希望者(当たり前?)

わたしは前が美女だったら後ろでもいいかなあ ・・・・あ、いまPCの前でものすごい勢いでひいていった気配がする・・・

Posted by: SGA屋伍一 | August 10, 2011 at 11:32 PM

伍一くん☆はにゅ~んスコ
わあー、観たんだこれ?
私も相当勧められたし、結構その気になっていたけど、1ヶ月ぶりに観た映画が「ムカデ人間」だったら、私のロンドンの駐在員友達が、いなくなりそうで・・・(汗)
もう終わっちゃうのかな?
どしたもんだか・・・

Posted by: ノルウェーまだ~む | August 11, 2011 at 10:24 AM

>ノルウェーまだ~むさん

くっつきんすこー♪
観ちゃいました・・・ たぶんO田原でやってなかったら観なかったと思います・・・

ところでまだ~むさん、そんなことで悩んでどうするんですか? ムカデと友達と、どちらをとるんですか!? ・・・ってそりゃもちろんムカ・・・友達ですよね! うんうん!

でもmigさんはまだ~むさんとのつながり写真を撮りたくてうずうずしてるみたいですよ(笑)

Posted by: SGA屋伍一 | August 11, 2011 at 09:11 PM

やっとムカデ人間来ましたね。待ってました。

確かに、筒井康隆さんの「俗物図鑑」のゲロを舐めて病気を判断する人を思い浮かべますね。

思うに先頭を日本人にしたのは、彼は凄く良い事言っているのに、博士も後ろの二人も理解出来ていない、空回り感を出したかったんではないでしょうか?

更に、英語が話せないのに海外で、車での一人旅するのは世界でも日本人位だろうと思われているような気がします。
(普通は金持ちの東洋人は英語が話せる)

Posted by: サワ | August 13, 2011 at 01:49 AM

こんにちわぁ。+゚ヽ(。・c_,・。)ノ)))。+゚パタパタwink

がはははははははは(*ゝω・)ノ♥♥♥
がははははは(*ゝω・)ノ♥♥♥
 ぐふふふふふふふふふふ(*◐∀◐*)ウケル
げははははははははははははは
がーーーっははははははははははheart02
たまらんっっっ ♬♫♥(๑◕ܫ◕๑)♬♫イイ
o(゜ー゜*o)(o*゜ー゜)oワクワク
マッドサイエンティスト・ハイター教授heart02
good(●・_・●”)登場っっ 
shine††キャァ─(人≧ω≦)─ッッ††shine 萌えq
♡゜・*:.。 (→ܫ◕ฺ人◕ฺฺܫ◕ฺ).。.:*・゜♡
言っとくがコメディタッチではなく、シリアス路線
である・・・【*´・_●・】マッ、イッカ
penレクター博士テイスティーも萌える
いや。それもだが
good手なずけ、調教したいって・・・
あぁぁぁんheart02 博士ってばぁぁぁんっ
思いっきり(*ゝ∀・)q('v`Φ)ツンツンしちゃうわよ~っっ(*≧m≦*)
“美しさ”に感涙しちゃう博士・・・

あ いや もう こういう ノリノリでおバカっぷりを 超マジ面でしちゃえるのってたまらん
ニヤッ(థーథ☆)ニヤッ(థーథ☆) 
インモラルな発想d((o゜c_,゜o))bオッケflair

 好きだぜ

Posted by: q あろーはぐ | August 14, 2011 at 02:23 PM

伍一さん、こちらにも♪

冒頭のイラスト、実写版を期待してたのに残念〜!
結局一人で観たのかな?

わたしもmigちゃんに強引に(?)連れてかれなければ観ることはなかったし、3人で観たのが正解☆
一人で観てムカデ人間に感情移入して挙げ句泣けるって伍一さんすごいわ(笑

Posted by: tomoco | August 15, 2011 at 10:36 AM

>サワさん

レスが遅れてすいませんcoldsweats01
mixiでも書いたかもしれませんが、わたしが思い出したのは「問題外科」という短編でした。二人の医者が患者と間違って運び込んだナースを遊びで解剖してしまうという話なんですが・・・ とても気色悪かったですshock

なぜ日本人を起用したのかは上にコメントくれたmigさんのところに書いてありました
http://blog.goo.ne.jp/some-like-it-hot/e/d8a5dab7aa8b73e87b024f313531456b
単に日本が好きな人だったみたいでcoldsweats01 変な人だ・・・

しかし英語も話せないのに一人旅するとは、日本人って度胸ある人が多いんですね~ 世界でのイメージは「おとなしい」
「自分を出さない」というものかと思ってましたよ

Posted by: SGA屋伍一 | August 15, 2011 at 11:35 AM

>qちゃん

こちらにもありがとー
っていうか大丈夫かね!? やばいクスリとかやってんまいかね!?
まあこういうマニアックな映画はある意味極上なドラッグといえないこともないかもcoldsweats01 

しかしqちゃんはこういう博士がタイプなんですか・・・ そうだね。夢に向かって一直線な博士の姿は、なんかこうキラキラ輝いて見えたもんね!(ないないないないない)

わたしはムカデ人間は正直ご勘弁だけど、バッタ人間(仮面ライダー)やスパイダーマン(クモ人間)になら喜んで改造されたい! そんなお医者さんご存知だったら紹介してくだされ!

Posted by: SGA屋伍一 | August 15, 2011 at 11:56 AM

>tomocoさん

こちらにもどうも!
ええ、地元にはこういう変な映画につきあってくれる友達はいないんですよ・・・ カーズとかトランスフォーマーならOKでも(笑)
それにコロナO田原には例の立て看板おいてなかったしなあ。あったら一人でもやったんですが(さびしい)

というか無理やりでもつきあってあげたtomocoさんたちの友情に感動crying きっとあなたたちなら本当にムカデ人間にされても仲良く楽しく生きていける・・・・かな?

Posted by: SGA屋伍一 | August 15, 2011 at 12:07 PM

>無理やりでもつきあってあげたtomocoさんたちの友情

ちょっとちょっと!ごいちゃん!
私ムリヤリに誘ったことになってるけど!
tomocoさんも楽しんで参加するってことになったのよ☆
もー、tomocoさんまで。bearing

だって私元々先に一人で観てたんだもん♪
あ、翔のレビューありがと!画もふぁぼったので翔に伝えるわ★
ではあとでコメいきまーす

Posted by: mig | August 23, 2011 at 04:19 PM

>migさん

うはは。ごめんなさい。ちょっと語弊があったかなcoldsweats01
うん、先日飲んだとき、tomocoさんも「楽しかった」って言ってたよ。「誘われなければたぶん観にいこうとは思わなかった」とも言ってたけど~ 

もうmigさんのムカデ人間愛には負けたよ・・・こんなに愛されてこの映画も幸せものや・・・・

ではわたしもぼちぼちそちらに行きますhappy01

Posted by: SGA屋伍一 | August 23, 2011 at 10:22 PM

こんばんは。
私はこれ、ヤプーを連想しましたー

リーダーの彼が関西弁で博士を罵倒するたび
笑わされたけど、
笑ってばかりもいられないシリアスな側面もあって
最後は私もちょっと、泣きましたよ。
変なだけじゃなく、とてもおもしろい映画だったです。
2も楽しみ♪

Posted by: kenko | September 20, 2011 at 12:42 AM

>kenkoさん

こんばんは
ヤプーですか。まあ日本ではgoogleと並ぶ二大検索エンジン・・・ってそうじゃないですね!

いま『猿の惑星 ジェネシス』が「泣ける!」と宣伝しまくって顰蹙をかっておりますが、『ムカデ人間2』も「実は泣ける!」と宣伝したらファミリー層にも大ヒットするんじゃなかろうかと(ねーよ)

まあマジメなこともちょっと書いておくと(^^;
あの結末はお笑いには程遠かったですね。ひたすらかわいそうでした・・・

Posted by: SGA屋伍一 | September 20, 2011 at 10:06 PM

バレンタインデーにこちらにコメントもなんなんですが...
チョコ代わりに(笑)

よくこんな発想が思いついたものだなと思いますね。
まぁ最終的には面白く観られたんですがね。
博士自身が変態とさらっと認めてしまう所がツボでした!
やっぱり先頭がいいな...ってそういう問題じゃないか。

Posted by: yukarin | February 14, 2012 at 02:40 PM

>yukarinさん

こんばんは。チョコメントありがとうございます(笑) ま、今年はこれでガマンするか・・・

思うに監督は配管工とかやってた過去があるんじゃないかしら。パイプとパイプがうまくつながらないと、かなりイライラするらしいですよ。あの仕事は

「面白い」とか「先頭がいい」とか、yukarinさんも心の奥底に危険な嗜好を秘めておられるようですね・・・ わたしは博士のポジションがいいかな(それが一番ヤバイ)

Posted by: SGA屋伍一 | February 14, 2012 at 11:03 PM

そうかあ、合体の順番を変えると、陸戦型、空戦型、海戦型ムカデ人間と作りわけができるのですね。

おそらく今回のABCがベーシックな陸戦型、BCAにして空気抵抗をなくして流線形に近くしたのが空戦型、CABの順だけど、CAが口と口、ABが肛門と肛門で繋がりながらCとAが180度、AとBが180度向きが違い戦艦のように全方位を攻撃できるようにしているのが海戦型でしょうねえ。

奥が深いな。

Posted by: ふじき78 | February 14, 2012 at 11:49 PM

>ふじき78さん

ガンガンガンガン! 若い命が一直線に~
たぶん続編ではCの人が似たようなタイプの人と入れ替わって、ムカデ人間Gとなって復活するはずです。Aの人も死んでたような気もするけど細かいことあ気にしな~い

そういえば石川賢作品にはひどい博士が良く出てきますよね。わが子をいろんな動物とくっつけちゃう来留間博士とか

Posted by: SGA屋伍一 | February 15, 2012 at 10:09 PM

伍一くん☆
「ムカデ人間2」が始まっちゃうーってことで、ようやくDVD見たよ。1年がかりじゃ。

そりゃ、到底博士の気持ちはわかんないから、ムカデ人間に感情移入しちゃうよねー
面白かったけど、ラストのカツローの言葉には泣けたよ。
2は結構残酷シーン増すみたいだから、ちょっと躊躇しちゃうなー

Posted by: ノルウェーまだ~む | July 09, 2012 at 10:56 AM

>ノルウェーまだ~むさん

OH~ とうとうご覧になってしまわれたのですね
まだ~むさんもきっとムカデ人間さんたちの愛と友情に感動したと思います。変な生き物に改造されても、尊厳を失わなければ人間でいられるということをイチロー、じゃなくてカツローが教えてくれました
2にはそれを超えた感動が待っているかも・・・ でもわたしはパス(笑)

Posted by: SGA屋伍一 | July 10, 2012 at 11:13 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/52426875

Listed below are links to weblogs that reference 三つの体がひとつになれば トム・シックス 『ムカデ人間』:

» ムカデ人間 [LOVE Cinemas 調布]
余りに不謹慎だと世界で物議を醸したホラー映画。妄想に取り付かれたマッドサイエンティストが誘拐した3人の口と肛門をつなげてムカデ人間を生み出してしまうというとんでもないストーリーだ。主演は『魔王』のディーター・ラーザー。犠牲者の1人にテレビドラマ「HEROS」にも出演した日本人俳優・北村昭博出演していることも話題になっている。怖いだけでなく意外に笑える展開に注目したい。... [Read More]

Tracked on August 08, 2011 at 11:41 PM

» 映画:ムカデ人間 [よしなしごと]
 最近単館系映画が多い。単館系映画はあまり宣伝費がないからかツイッターなどでの映画公式アカウントが盛んなんですよね。それを読んでいると見たくなっちゃうし、コメントすると返信してくれるとやっぱりそのアカウントに親近感を持ってしまい、見に行ってみようと思っちゃいますよね。と言うわけでムカデ人間の記事です。... [Read More]

Tracked on August 10, 2011 at 03:09 AM

» ムカデ人間 / THE HUMAN CENTIPEDE [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click 平凡な映画にはもう飽きた!というそこのアナタ、 こちらをどうぞ。とってもやばい映画上陸 といっても、ホラーのわりに怖くないし、血が噴き出したり頭が飛んだりという事もなく、 血なまぐささやグロさもないし...... [Read More]

Tracked on August 10, 2011 at 07:59 AM

» ムカデ人間 [Said the one winning]
監督 トム・シックス 製作 トム・シックス イローナ・シックス 脚本 トム・シックス 撮影 グーフ・デ・コニング 音楽 パトリック・サヴェージ オレグ・スピーズ 出演  ディーター・ラーザー 北村昭博  アシュリー・C・ウィリアムス アシュリン・イェニー  ...... [Read More]

Tracked on August 14, 2011 at 09:18 PM

» 『ムカデ人間』 [まいふぇいばりっと ゆる日記]
 ぎゃーーーーー!! こんな気持ち悪いタイトルの、こんな恐ろしいポスターのホラー映画を まさか映画館で観ることになろうとは、、  THE HUMAN CENTIPEDE  (FIRST SEQUENCE)  原題もまんま『ムカデ人間』 先月渋谷のシ... [Read More]

Tracked on August 15, 2011 at 10:34 AM

» ムカデ人間(2011-058) [単館系]
都内のシネクイントに通えるブロガーさんの評判がいいので 興味が有りやっと見に行った作品。 話の内容についてはもう解っているのでどういった過程、段取りで 3人がくっついてしまうのか。 くっつくま...... [Read More]

Tracked on August 16, 2011 at 03:38 AM

» 「ムカデ人間」感想 [新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~]
 あまりに衝撃的な内容のため、当初はDVD販売のみを予定されていたトム・シックス監督のカルトホラームービーが、ネットでの評判が評判を呼び、まさかの日本劇場公開。  シャム双生児分離手術の名医が、人間の口と肛門を直列に繋いだ「ムカデ人間」の創造に執念を燃や... [Read More]

Tracked on September 02, 2011 at 06:36 PM

» ムカデ人間 [C note]
むかーしムカデに刺されて(咬まれて?)ヒドイ目に遭って以来、ムカデ大嫌い。ゴキブ [Read More]

Tracked on September 20, 2011 at 12:43 AM

» ムカデ人間 [いやいやえん]
つ・な・げ・て・み・た・い。それは究極の夢!? 双生児分離手術の権威ハイター博士は、人間を結合させ「ムカデ人間」を創りだす妄執に囚われる。博士の気持ちはなんとなくわかるなぁ。分離も出来るなら繋げたらどうなるか、非常に気になりワクワク感すら生まれる。また博士がドイツ人だというのも、何となく生真面目なマッドサイエンティスト的なイメージが先行して良かったように思う。 繋げたイメージ的にはジャケ画像のようになるのですが、このムカデ人間以外の要素は普通のサスペンスもので、少々物足りない。肝心な接合... [Read More]

Tracked on February 03, 2012 at 04:41 PM

» ムカデ人間 [銀幕大帝α]
THE HUMAN CENTIPEDE (FIRST SEQUENCE)/09年/オランダ・英/90分/ホラー/R15+/劇場公開 監督:トム・シックス 製作: ◆イローナ・シックス ◆トム・シックス 製作総指揮:イローナ・シックス 脚本:トム・シックス 出演: ◆ディーター・ラーザー…ヨーゼフ・ハイ...... [Read More]

Tracked on February 05, 2012 at 01:29 PM

» 映画「ムカデ人間」批評 こんな馬鹿な映画観たことない( ゚д゚)ポカーン [ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て]
ムカデ人間観ましたよ~! 2月3日レンタル開始の新作っす[E:happy01] [Read More]

Tracked on February 11, 2012 at 12:01 AM

» ムカデ人間 [新・映画鑑賞★日記・・・]
【THE HUMAN CENTIPEDE (FIRST SEQUENCE)】 2011/07/02公開 オランダ/イギリス R15+ 90分監督:トム・シックス出演:ディーター・ラーザー、アシュリー・C・ウィリアムズ、アシュリン・イェニー、北村昭博 つ・な・げ・て・み・た・い。 ヨーロッパを旅行中の若いア...... [Read More]

Tracked on February 14, 2012 at 01:16 PM

» 『ムカデ人間』をシネクイントで観て、ゲラゲラ笑ってちょっとしんみりふじき☆☆☆☆ [ふじき78の死屍累々映画日記]
五つ星評価で【☆☆☆☆ゲラゲラゲラゲラ、ばっかでーい、と思いながらも思わず涙ぐむ。何か涙ぐむ自分を許せないような気もするけど、その辺は積極的に麻痺していこうと思う】 ... [Read More]

Tracked on February 14, 2012 at 11:49 PM

» 映画「ムカデ人間」批評 こんな馬鹿な映画観たことない( ゚д゚)ポカーン [ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て]
ムカデ人間観ましたよ~! 2月3日レンタル開始の新作っす[E:happy01] [Read More]

Tracked on February 23, 2012 at 06:12 AM

» 映画「ムカデ人間」批評 こんな馬鹿な映画観たことない( ゚д゚)ポカーン [ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て]
ムカデ人間観ましたよ~! 2月3日レンタル開始の新作っす[E:happy01] [Read More]

Tracked on March 22, 2012 at 05:03 PM

» ムカデ人間 (The Human Centipede (First Sequence)) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 トム・シックス 主演 ディーター・ラーザー 2009年 オランダ映画 90分 ホラー 採点★★ 「モーターで発電機回して、それで出来た電気でモーターを回せば永久機関になんじゃね?」。小学生の頃って、そんなアホ丸出しの閃きにちょいとワクワクしたもので。いや…... [Read More]

Tracked on April 02, 2012 at 08:55 PM

« ある日パパと二人で森へ行ったさ セミフ・カプランオール 『蜂蜜』 | Main | 坂の上を向いて歩こう 宮崎吾朗 『コクリコ坂から』 »