« ダンスをうまく踊りたい ダーレン・アロノフスキー 『ブラック・スワン』 | Main | 黒ひげ危機百連発 ロブ・マーシャル 『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』 »

June 16, 2011

パラレルワールドのパラドックス ジャコ・ヴァン・ドルマル 『ミスター・ノーバディ』

110614_215741時は遠未来。人類がテロメアの無期延長に成功し、「死」を克服した時代。最後の寿命を持つ男が臨終の時を迎えようとしていた。男の名はニモ・ノーバディ。医師や記者たちは彼からその人生の記録を聞きだそうと努めるが、男の話は無数に分岐していき、聞く者を混沌の中へと誘っていく・・・

『トト・ザ・ヒーロー』で名高いジャコ・ヴァン・ドルマルが、前作『八日目』から実に13年ぶりに作り上げた作品、『ミスター・ノーバディ』紹介いたします。
まあ一言で言えば「ゲームブック」のような映画ですね。・・・あ、ゲームブックっていままだあるのかしらん・・・ ・・・・
え~、つまりストーリーがまっすぐ一つのラインですすんでいくわけではなく、要所要所で分岐点があり、その選択に応じてストーリーの方向が変わっていくという。
例えば主人公、ニモはまず離婚することになった両親のどちらについていくか、選択を迫られます。また成長してからは、三人の魅力的な女性のだれと結婚するかによって人生が大きく変っていきます。わたしはダイアン・クルーガーの若いころが一番タイプでしたが・・・そんなことはさておき。

まあすごいのは分岐によって映画のジャンルまで変わってきてしまうということですね(笑)。等身大の家庭ドラマもあれば、波乱万丈のラブストーリーもあり、サスペンスチックな展開もあれば、はたまた宇宙SFにまで話が飛んだりする。何本かの全くタイプの違う映画を、ザッピングして観ているような感覚です。最初のうちは「いったいどれが真実なんだ?」なんて思ったりもしますが、そのうち「どれが真実でもよいさね・・・」なんて思えてきます。

わたしといえばSF的な部分は喜んで観ていましたが、後半暗い家庭ドラマが続いたりするパートには「もうちょっと編集で短くできんかったのか・・・」などと思ったりしてましたcoldsweats01 でもまあ、美しく、かつ変ったビジュアルセンスがあちこちに多用されていて、なかなか飽きさせません。美しいといえば青春時代のニモや彼を取り囲む女の子たちが本当にキラキラと美しく、「若さって素晴らしいなあ」と腹の出た30男はつい感傷にふけってしまいました。

結局この夢のような映画で監督が何を言いたいのかと言えば、「人生は夢みたいなもんだよ」ということなのかもしれません。ここまで極端でないにせよ、年を重ねるにつれ過去の記憶はあいまいになっていくもの。時には事実とは微妙に違う形で記憶していることもままあります。この年でもうそんなことを言っている自分は、確実に早いうちに痴呆症になりそうです。んあ~~~ 歳を取るのが怖い・・・・ 若く美しいまま死にたい・・・・

「様々な形の未来を見せる」という点では、『時をかける少女』(アニメ版)や『タイムマシン』(最近版)などを思いしたりもしました。なぜかどれもちょっぴり切ないムードが漂っている作品。あと未見ですけど『ラン・ローラ・ラン』『スライディング・ドア』というのも選択によって分岐していくお話と聞きました。

20071219182630『ミスター・ノーバディ』はすでに終了した劇場もありますが、関東でもその他の地方でもこれからかかるところも多いようです。ひも理論とかビッグバンなどのSF的ウンチクが味付け程度ですが入っておりますので、そういうのがお好きなひとはよければ。


|

« ダンスをうまく踊りたい ダーレン・アロノフスキー 『ブラック・スワン』 | Main | 黒ひげ危機百連発 ロブ・マーシャル 『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』 »

Comments

12通りあるんですって、人生が。
家に帰ってきて整理したんだけど9通りしか解らず…。
DVDになったら一端停止を駆使して調べなおしたい、
そんな気持ちにさせられました。(笑)

Posted by: KLY | June 16, 2011 at 01:25 AM

>KLYさん

毎度どもーhappy01
わたしはいまざっとふりかえってみて、6,7通りくらいしか思い出せませんでした。半分かよ!

やっぱり映画感想の記事は観てからそんなに間を置かずに書かないといけませんねえ。ちなみにこれを観たのは大体一ヶ月前くらいcoldsweats01

Posted by: SGA屋伍一 | June 16, 2011 at 10:53 PM

伍一さん、こんにちは〜♪
ジャレッドの美イラストありがと☆(*゚ー゚*)

いくつって、わたしはもう数えてすらいない、、
DVDが出たらゆっくり確認したいと思います(笑

えー、でもこれ賛否あったのかな。
伍一さんも長く感じちゃったのね、わたしはあっという間だったけど。
SF的ウンチクも詳しくないけど面白かったわ♪火星人カワユす♡

Posted by: tomoco | June 26, 2011 at 12:55 PM

>tomocoさん

こんばんは! ジャレッド・レト、実はこの映画で初めて知ったのですが、なかなか面白い俳優さんですね。今後チェックしておきます。
「長い」とか言ってるのはわたしくらいで、ほかの皆さんはもっぱら絶賛されてますよ。

ヒモ理論とかパラレル・ワールドのことに関しては昔背伸びしてその手の本をいろいろ読んだことがあったんですね。ホーキングとか。まあ用語を幾つか覚えただけで、ろくすっぽ理解できなかったんですけど

Posted by: SGA屋伍一 | June 26, 2011 at 11:14 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/51955820

Listed below are links to weblogs that reference パラレルワールドのパラドックス ジャコ・ヴァン・ドルマル 『ミスター・ノーバディ』:

» ミスター・ノーバディ [LOVE Cinemas 調布]
ベルギーのジャコ・ヴァン・ドルマル監督が送る近未来を舞台にしたSF映画だ。人間が不死になった世界で主人公はただ一人死ぬことの出来る人間。その主人公が自らが歩んできた12通りもの人生を回想する。主演は『ロード・オブ・ウォー』のジャレッド・レトー、共演にサラ・ポーリー、ダイアン・クルーガーといった豪華な俳優が出演している。独特の音楽・映像表現に注目したい。... [Read More]

Tracked on June 16, 2011 at 01:25 AM

» ミスター・ノーバディ / MR.NOBODY [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてねlarr;please click 「トト・ザ・ヒーロー」「八日目」で知られるベルギーのジャコ・バン・ドルマル監督が13年振りに撮った2009年作。 日本公開。主演は、カメレオン俳優 ジャレッド・レト。本作では9パターンの男を演じ分ける! ...... [Read More]

Tracked on June 20, 2011 at 09:08 AM

» 『ミスター・ノーバディ』 [まいふぇいばりっと ゆる日記]
                               きゃ  待ってたよぉ~! やーーーっと観れた! ジャレッドの最新出演作『ミスター・ノーバディ』  原題「MR. NOBODY」 こないだ待ちき... [Read More]

Tracked on June 26, 2011 at 12:54 PM

» Blu-ray:ミスター・ノーバディ Mr.Nobody 2度目の鑑賞で、新たに感じたこと。 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
公開直後 直ちに駆けつけたこの映画を再び、Blu-rayで。 (海外版。日本は未発売) 公開時の一言感想は、「洪水のようなイマジネーションに感服」 <選択の岐路が、多層的に展開されはじめる「パラレルワールド」展開。#8232; <主人公ニモはそれぞれの環境の中で...... [Read More]

Tracked on September 23, 2011 at 11:01 AM

» ミスター・ノーバディ [映画とライトノベルな日常自販機]
“常に選択に迫られる人生を美しい映像とSFチックな甘くせつないラブストーリーで描きます” 今年の春先のこの映画のことを知って、何かピンと来るものを感じていました。新潟での上映は決定していないというのに前売り券を買ってずっと持っていました。 そして、ついに新潟で本日(12/10)公開となりました。 人間の人生で分岐点はいくつもあります。その中で選択できるのは1つだけです。でも、時にはその別の選択をしたらどうなっただろうか考えてみたり、選択したことを後悔しながら人生を積み重ねていきます。 そして、時間を... [Read More]

Tracked on December 12, 2011 at 08:52 AM

» 「ミスター・ノーバディ」 [或る日の出来事]
人生、いろんな可能性があるんだよ、ってことでしょうか? [Read More]

Tracked on August 14, 2012 at 11:26 PM

» ミスター・ノーバディ [いやいやえん]
もしもあの日あの時、あなたと。人生の選択が、枝分かれするように変わるのを第三者目線で見せられると、複雑で意味深なものになる。これは、イマジネーションが見事でしたねえ。 2092年、人類が不死を手に入れた世界。地球最後のラスト・モータル(不死ではない人間)のニモが語るのは自分の人生。分岐点における選択によって枝分かれしていくそこには無限の可能性で有り得たはずの色々な経験。幾重ものパラレル・ワールドを行き来し、それでも混乱しないのは、演出が上手いからでしょう。 後半のニモの言葉には驚いた。こ... [Read More]

Tracked on May 25, 2013 at 09:12 AM

« ダンスをうまく踊りたい ダーレン・アロノフスキー 『ブラック・スワン』 | Main | 黒ひげ危機百連発 ロブ・マーシャル 『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』 »