« マティよ銃をとれ ジョエル・コーエン&イーサン・コーエン 『トゥルー・グリット』 | Main | 明るい家族拳闘 デヴィッド・O・ラッセル 『ザ・ファイター』 »

May 29, 2011

すっとこ七番勝負 エドガー・ライト 『スコット・ピルグリムVS邪悪な元カレ軍団』

110529_163816カナダはトロントに住む冴えないバンドマン・スコットは、ある時不思議な美少女に会う夢を見る。目覚めた翌日、スコットは驚愕する。なんと夢に出てきた女の子と再会?したのだ。運命の恋とばかりに、彼女・・・ラモーナに告白するスコット。だがそのことにより、彼はラモーナの凶悪な七人の元カレ(女子一名含む)と対決することに・・・・

『ホット・ファズ』のヒットで日本でも知られることになった鬼才エドガー・ライト。その彼のハリウッド・デビューとなったのがこの作品。人気アメコミが原作ということでヒットは間違い無しと思われたのですが、これがどういうわけか大コケ。日本での公開も危うくなってしまいました。しかしまたしても(笑)バカ映画ファンの皆さんの署名により、当初より遅れながらも公開が決定。『スコット・ピルグリムVS邪悪な元カレ軍団』、ご紹介します。

先ほど述べたように、この映画、アメコミが原作であります。ただアメコミの主流はリアルな絵柄のヒーローもの。コミカルタッチの『スコット・ピルグリム~』は、アメコミの中ではどちらかといえば異色な部類に属します。
このヘンテコな漫画の源流は、実は『うる星やつら』や『らんま1/2』といった日本のラブコメ作品にあるようで。それらの高橋留美子作品はアメリカでも熱心なファンを獲得し、『ニンジャ・ハイスクール』なんていうヒット作も生み出すことになりましたが、まあそれはまた別な話。主人公が優柔不断で、唐突に恋に落ちて、唐突にバトルが始まってしまうあたりはたしかに高橋作品を彷彿とさせます。

この映画にもうひとつ深い影響を与えているのがテレビゲーム。それも最近の実写とみまがうようなものではなく、ピコピコといった電子音がなり響く80年代調のもの。バトルが始まると上にHPのゲージが表示されたり、敵が倒されるとコインになってしまうあたりは、スーパーマリオやスパルタンXに熱中した者としては懐かしくてたまらない気分になりました。・・・まあ、ぼくんちではゲーム機は買ってもらえなくて、友達の家でやらせてもらうしかなかったんですけどね・・・・ ふううう・・・・ あ、また脱線したcoldsweats01

では単なる中身空っぽのアホバカ映画かというと、原作に込められたテーマか、エドガー・ライトの資質ゆえか、なんだかラブコメ漫画にしては意外なほどの叙情性も(時々)漂っていたりします。
ヒロインのラモーナがなぜスコットの夢に出てきたのか。これに対して何の説明もありません。さらにはどこでもドアのような扉が出てきたり、キャラたちが「ありえねー」必殺技を繰り出したり、おおよそ現実世界の話とは思えません。それこそ誰かの夢の中をずっと覗き込んでいるような気分にさせられます。加えてトロントの夜に広がる雪景色が、ムダにファンタジックなムードをかもし出してもいます(笑)

あと前作『ホット・ファズ』でもありましたが、誰かと思いを分かち合いたい、だけどそれがなかなかうまくいかない・・・ そんな孤独感についても描かれていました。シュールなギャグでごまかしてはいますが、エドガー・ライト氏、けっこう寂しがり屋さんなのかもしれません(笑)。

110529_163749『スコット・ピルグリムVS邪悪な元カレ軍団』は現在首都圏を中心に公開中ですが、徐々にその他の地方でも巡回していく予定のようです。ちなみに渋谷のシネマラ○ズにはエドガー・ライト監督へ贈るでかい寄せ書きが置いてあるのですが、そこへ空気も読まずパンダの落書きを書いてきてしまいました。これから行かれる方はぜひ注目し・・・ いや、やっぱりいいです・・・


|

« マティよ銃をとれ ジョエル・コーエン&イーサン・コーエン 『トゥルー・グリット』 | Main | 明るい家族拳闘 デヴィッド・O・ラッセル 『ザ・ファイター』 »

Comments

まーなんともゲームチックでした。
でもちょっと長かったです。3人目ぐらいまでは楽しく観てたんですが、これが7人目まで続くのかとおもったらちとウンザリしちゃった。(苦笑)まあ斉藤兄弟なんかまとめて1人にされちゃってたけどねー(爆)

Posted by: KLY | May 29, 2011 at 08:37 PM

>KLYさん

こんばんは! さっそくありがとうございますhappy01
わたしは長くは感じませんでしたが、なかなか冒頭バトルに入っていかなかったじゃないですか。その辺が不満だったかな~

むしろ最近観た『ミスター・ノーバディ』の方が「もうちょっと編集で短くできんのかな・・・・」と思いました。こちらも面白かったですけどね。おいおい記事に書きます・・・

Posted by: SGA屋伍一 | May 29, 2011 at 08:54 PM

伍一くん、ピルグリムんすこー☆

これは伍一くんにぴったりな映画でしたね。(笑)
前から観る見るって言ってたのを知っていたので、私も観てみることにしたのよ。
最初の漫画ちっくに対して、めっちゃ可愛い最後の人は・・・誰?可愛すぎてわからんかった・・・

私はラスト死んだのにライフで復活!っていうところが、子どもを持つ親としてはやって欲しくなかったなーと思いました。

Posted by: ノルウェーまだ~む | May 30, 2011 at 09:12 AM

>ノルウェーまだ~むさん

スーパードンキーコングスコー♪
そー 『ホットファズ』のエドガー・ライトがアメコミを手がけるというんで、すごい楽しみにしてたんですね
もしわたしのせいでうっかるハズレ作品をひいてしまったならすいませんwobbly
最後の子は一応ラモーナちゃんということで・・・ 毎度似てないけどねー!

そうですか・・・ お母さんとしてはそんな風に感じるものなんですね。わたしはもうこの映画は夢の中の話と割り切って見ていたので、さくっと生き返ってしまうのもアリだと思いました。そんな夢、よく見ませんか?(見ないか?)

Posted by: SGA屋伍一 | May 30, 2011 at 09:28 PM

あれー?更新分からなかったわ☆

ミスターノーバディ観たのね?
わたしはこちらの方が長く感じたなぁ。
でもこちらの方が断然 伍一君向きだよね。笑

もうちょっとキャラが皆魅力的だったらなぁ。
ゲーム(対決自体をもっと面白くするとか)一人一人が弱かったかも。

Posted by: mig | May 31, 2011 at 01:18 AM

>migさん

こんばんばんhappy01
そう、これを観たのはGWに某ギャラリーに寄った日だったね・・・ そいつを今頃書いてるわけだcoldsweats01

おっしゃるとおりこっちの方がわたし向き。みんなスコピルに冷たいよな・・・ なんか無性にこの映画のことをかばいたくなってきたよ! 例えば元カレ君たちの倒し方は一人一人違ってて工夫してたんじゃないかなあ。中には「おいおい」というのもあったけど

『ミスターノーバディ』の記事書いたらまたお邪魔するね。その前に二本ばかり宿題をかたずけてから・・・

Posted by: SGA屋伍一 | May 31, 2011 at 08:41 PM

ユニバーサルのロゴからして、ピコピコゲーム風にアレンジしてあって好きでした。
いろいろ腑に落ちない点もあったけど・・・
(ラモーナの魅力が分からんとか・・・)
邪悪な元カレのキャラは、最初のカレを筆頭にどれもツボでしたし
結果的には非常に楽しめました。
慣れ親しんだ高橋留美子的なノリも、もちろん。

そういえば先日、『ファンタスティックMr.FOX』観たときに初めて
『メアリー&マックス』の予告編観たのですが
予告でもう、ちょっと泣いてしまいました。
うちの方では7月に上映されるようです。
いつもよく行く映画館♪たのしみです。

Posted by: kenko | June 02, 2011 at 12:01 AM

>kenkoさん

こんばんはっす! おかえしどうもありがとうhappy01
ラモーナも微妙でしたが、チャイニーズの子もバンド仲間の子も微妙でしたね~ しかしこの年になると、はっとするような美人よりも美人と微妙の境界線にいるようなルックスにドキッとしたりするものです(単にマニアックとも言う)

微妙といえば元カレさんたちもそろって微妙なルックスでしたねw 斉藤兄弟もすっかりくどくなっちゃってまー 『タッチ』でさわやかだったころが懐かしい・・・

『メアリー&マックス』、そちらでもあと少しで上陸ですか。本当にもう・・・すごいよ?

すでに今年の暫定的マイベストです。特別な事情もあって(笑)

Posted by: SGA屋伍一 | June 02, 2011 at 10:49 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/51801488

Listed below are links to weblogs that reference すっとこ七番勝負 エドガー・ライト 『スコット・ピルグリムVS邪悪な元カレ軍団』:

» スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団 [LOVE Cinemas 調布]
カナダの人気コミック「スコット・ピルグリム VS ザ・ワールド」を『ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!』のエドガー・ライト監督が実写映画化。ヒロインに恋をした主人公が彼女を手に入れるために7人の元カレを倒すべく奮闘する姿をコミカルに描いた。主演は『JUNO/ジュノ』のマイケル・セラ。共演にメアリー・エリザベス・ウィンステッド、キーラン・カルキンが出演している。... [Read More]

Tracked on May 29, 2011 at 08:36 PM

» 「スコット・ピルグリムvs邪悪な元カレ軍団」ゲームだけに [ノルウェー暮らし・イン・London]
カナダのコミックが原作の、ゲームをそのまま映画にしたってかんじの映画。 あくまでゲーム。 それ以上でもなく、それ以下でもなく・・・・・ [Read More]

Tracked on May 30, 2011 at 09:13 AM

» スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団 / SCOTT PILGRIM VS. THE WORLD [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてねlarr;please click この映画、DVDスルーのはずだったのが、劇場公開を望むネットの署名運動によって公開が決まった 「ホットファズ-俺たちスーパーポリスメン!」「ショーン・オブ・ザ・デッド」 のエドガー・ライト監督作。 原作...... [Read More]

Tracked on May 31, 2011 at 09:48 AM

» スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団 [C note]
予告篇も観ず、誰が出てるかも知らず、伝え聞く断片的な情報から、きっと好みのタイプ [Read More]

Tracked on June 02, 2011 at 12:02 AM

» スコット・ピルグリムVS.邪悪な元カレ軍団 [Akira's VOICE]
ユルくて長いが面白い。 [Read More]

Tracked on September 08, 2011 at 12:34 PM

» スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団 [映画、言いたい放題!]
ブログネタ:ツイッター、ミクシィ、フェイスブック、グーグル+1番使っているのは? 参加中 元々、SNSってそんなに好きではないのです。 mixiに登録したきっかけは 友人等、周りが登録したからです。 私のこのブログは誰でも見られますが、 友人のブログは入会しない... [Read More]

Tracked on October 23, 2011 at 04:14 PM

» 「スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団」 [或る日の出来事]
おもしろい! ゲームや漫画みたいで、遊び放題! [Read More]

Tracked on July 22, 2012 at 02:59 PM

« マティよ銃をとれ ジョエル・コーエン&イーサン・コーエン 『トゥルー・グリット』 | Main | 明るい家族拳闘 デヴィッド・O・ラッセル 『ザ・ファイター』 »