« 父ちゃん熱いキツネ ウェス・アンダーソン 『ファンタスティック Mr.FOX』 | Main | 現代ギリシャ悲劇 テオ・アンゲロプロス 『エレニの旅』 »

April 25, 2011

走り続けて40年 『レッッゴー 仮面ライダー』

2011042416460000開始当初から仮面ライダーをひいきにしてきた当ブログ。その仮面ライダーも今年で40周年、放送通算千回を迎えました。本当におめでとうございます。それを記念して作られたのがこの作品、『レッッゴー 仮面ライダー』。現在放送中のオーズから、元祖の一号まで総登場! まずはあらすじから。

仮面ライダーオーズこと火野映児とアンクは、戦いの最中時空を越えてやってきたNEW電王たちと遭遇する。彼らはオーズの時代に飛んできた「イマジン」を追ってきたのだった。なりゆきで電王チームと40年前にタイムトラベルすることになった映児たちだったが、アンクがその時代にメダルを置いてきてしまったことにより、時間軸に異変が起こる。映児たちの元いた時代は、悪の秘密結社「ショッカー」が支配する暗黒の世界になってしまっていた。オーズ、NEW電王、そして仮面ライダー1号、2号らは世界に平和を取り戻すことができるだろうか?

今回は最初っからオーズと電王チームががっちり絡むのが良かったですね。ライダーの共闘映画って、これまで大体クライマックスだけ申し訳程度にタッグを組む、というものがほとんどだったので。
以下は完全に見た人向け。ネタバレしまくり、ツッコミまくりで参ります。これから観ようかという方は避難されてください。

typhoon

typhoon

typhoon

typhoon

・40年前の事件が解決したあと、メダルを拾うショッカー戦闘員。今回の元凶ってアンク以外の何物でもないですよね。とんでもねえ野郎だ。

・ショッカーの支配する世界で会議を開いている悪の組織の首領たち。ここすごい興奮しました。これは『仮面ライダーSPRITS』からのインスパイアでしょうか。テレビでの「歴代戦闘員大集合」にも興奮しました。

・最初に悪の走狗として登場する1号・2号。これはかなりショックながらも、意外な展開でなかなか考えたな、と。「脳改造から逃げることができなかった」って、わずかな運命の差でいかにもありそうなことだし。

・40年前に再度戻り、ショッカー基地に殴り込みをかける1号、2号、NEW電王、モモタロス。明らかに一人違うのが混ざっています。今回は制作陣のモモタロスへのえこひいきぶりが特に目立っていました。

・公開処刑の直前、現れる歴代ライダーたち。一人現れるたびにスタンディング・オベーション状態の民衆たち。恥ずかしさと高揚感が絶頂に達したパートでした。ブラックとRXが同時に登場するのは?と思う方もおられるかもしれませんが、『ディケイド』ですでに経験済みの身には問題なし。

・そして悪の幹部が逃げた先で待ち受けているサプライズゲストたち・・・・ キカイダー、01、イナズマン、ズバット。まさしく特別出演という言葉がぴったりの登場でした。まあわたしはズバットが大好きだったので、彼の雄姿をスクリーンで観られただけでも嬉しかったです。あとこの流れだったらゴレンジャーも出てくるべきでは・・・とも思いましたが、そうなったら戦隊チームもドバッとやってきて収拾がつかなくなるのは火を見るより明らか。

・ラスボスは『ストロンガー』最終回でライダーたちの前に立ちはだかった「岩石大首領」。ウルトラ怪獣の上をいくビッグスケールで度肝を抜いてくれます。ある意味今回一番優遇されてるのでは? オリジナルは等身大の見るからにハリボテみたいなヤツでしたから・・・

・絶体絶命のピンチに駆けつける平成の脇役ライダーたち。明らかに死んだはずのやつとか、絶対に助けに来なさそうなやつまで混じってるような・・・ そして「遅くなって悪かったな!」 伊達さん出番こんだけcrying

・そして最後にもう一方サプライズゲスト。「時間修正されてないじゃん」と思いましたが、終わりよければ全てよし・・・なのか?


とまあ例によって設定上は「?」なところもありましたが、『ディケイド』の時の大集合映画よりいい出来だったと思います。最後はプロデューサーのブログにあった、あるベテラン俳優さんの言葉を無断拝借。

2011042416590000「被災地を思えば、映画がどうのと語るのはバカバカしく思える瞬間があるかもしれない。
だが、そうではないのだ。
私が子供の頃、東京は空襲を受けて焼け野原と化した。だが私は、映画に希望を与えられ、人生の何たるかを教えられた。この年まで育つことができたのは、映画のおかげだ。
まず生きなければいけない・生活を立て直さなければいけないというギリギリの局面で、映画人にできることなど何もない。だが、ここを乗り切り、復興のプロセスに入ったときこそ、私たちの存在が意味をもつ。人びとに、明日を生き抜く希望を持ってもらい、人生について考えるきっかけを持ってもらう。
そのためにも、私たちはここにいるのだろう?」

先の震災においても、石巻の仮面ライダーの像は壊れずに残ったそうです。その雄姿が、これからも子供たちに勇気を与え続けますように。


|

« 父ちゃん熱いキツネ ウェス・アンダーソン 『ファンタスティック Mr.FOX』 | Main | 現代ギリシャ悲劇 テオ・アンゲロプロス 『エレニの旅』 »

Comments

こんばんは。
前回1000円の日に観ちゃって、前売券をどうにか処理せねばと今日また行ってきました。もう大分終わりかけですので、1日1回とか2回とかいう大変なスケジュールになっております…
2回観たら却ってわかんなくなっちゃいました、最後のサプライズの所(笑)。(以下感想もネタバレですのでご注意)
「私にとっては大切な時間だった」という台詞は、いかにも電王っぽくてよかったですね。
脚本についても色々言われてますが、お祭だっていうのと、電王トリロジーにしても今回にしても、米村さんは電王ベースの話なら大分ご自分のものにしているなあと私なぞは単純に思います。
(トリロジーのEPISODE YELLOW、3作の中では実は一番好きかも)
色々な矛盾はもうどうでもいいです…(笑)
でも、最初の、メダルケースを奪われたままの映司が何故タトバコンボ分だけは自分で持っていたのか、ということだけは、何らかの理由は欲しかったなぁ。あそこで変身できないと話が全く始まりませんが…
今回もトリロジー同様(というか、電王本編の米村回同様)、靖子にゃんが「脚本協力」となっていますが、これまたトリロジー同様、実際にはノータッチ(靖子にゃんインタビューによる。忙しくて完パケすらYELLOWだったかBLUEだったか1作しか観てないそうです)でしょう。どうも彼女の名前を出しておかないと納得しない一部ファンがいるとか?推測してますが、そのへんの大人の事情でしょう。
これを言っちゃあ褒めてるのかどうかわかりませんが、1号2号は悪の側でも善の側でも、もう立ってるだけでカッコイイデザインなんですね。昭和は全くリアルで観てないから新鮮に思うだけなのかもしれませんが。
兎も角単純に楽しんで、2回共同じ所で泣きましたね、ええ、勿論、ライダーにベルトをパスするシーンですよ(笑)!ぐわあー!カッコイイ1号2号!有難う1号2号!おらデカイ面してんじゃねえぞ平成(イケメン)ライドァァァー!1号2号がいなきゃおめーらもいねえんだぞぉぉぉぉ!…と。
いいんだよ!作り手の目論見にハマる奴だって必要だろー!(笑)
少年仮面ライダー隊については倉知淳先生がジュヴナイル作品のあとがきでボロクソに書いてましたが、私も当時子供が抱いた不満についてはわかったし、S倉Pも当時は彼らを嫌いだったそうです(金田監督だったかのインタビュー)。でもそれを、敢えて、「子供向けのものはできるだけ子供の目線で」(映画パンフインタビューより)と見事に再生してしまうあたり(『仮面ライダーぴあ』にも、彼らがこれほど汚名挽回するとは、という旨の記事あり)、この人は、良くも悪くも、自分がやりたいと思ったことは絶対に実現させる、その手段を実にきちんと実力で手にしていく、つまるところ生きることが上手な、頭のいい人なんだろうなとは納得しました。
COREでコケちゃったオーズですが、少し持ち直したので、夏の実質単独最後の映画に更に期待します。
どうも失礼しました。

Posted by: t_masamune | April 25, 2011 at 09:50 PM

>t_masamuneさん

こんにちはー いやいや、ライダー記事へのコメントは大変ありがたいです。だのに返事が遅れてすいません

米村氏の脚本は嫌いじゃないんだけど、どうも他のライダーライター(ややこし)に比べると個性が薄いというか、力不足な印象をうけてしまうのですよね。でも時々いいものを書かれることもあって、特に今回は収まりの悪いところもありながらも、子供も大人も楽しめるものを作ってるな、と感じました(えらそう・・・)
わたしはまだ「トリロジー」見てないんですけど、彼はどうもテディを特にひいきにしてるような気がします

一号、二号の登場シーンは燃えますね。都合三度あったでしょうか。一度目のショックのせいで、二度目・三度目も「もしかして・・・?」と思ってしまう。そういう風にドキドキさせてくれる構成がナイスでした

少年ライダー隊についてはさすがに資料でしかしか知らないのですが、まあ特撮ファンの間であまりいい評判は聞きませんねcoldsweats01
現代のお子さんが「だっせー」と爆笑したあとで、「ごめん、馬鹿にして」と言っていたのはまんまPの心情だったのかもしれませんねえ。しかしあの長いマフラー(ネクタイ?)は自転車にからまりそうで見てて危なっかしい・・・

Posted by: SGA屋伍一 | April 27, 2011 at 01:28 PM

伍一さん、

仮面ライダーのお人形は御自身の所有物ですか?凄い。
始まってから40年も経っていても廃れず放映されているなんて、貴重なキャラですね。
私は何故か、V3の印象が強く残っていますが。

Posted by: まみっし | April 28, 2011 at 06:30 PM

>まみっしさん

おお、こんばんは! はい、恥ずかしながら全部自分のもんですcoldsweats01 最近の玩具は造型、仕組みともに出来がよいのですよ・・・

ここのところウルトラ・ゴジラが元気がないのに比べ、ライダーが息を吹き返しているのはすごいですね。毎年思い切ったチャレンジをしているのが人気の秘密だと思います(たまに失敗することもありますが)

V3は子供の時は微妙だと思いましたが、今ではあのシュールな顔のデザインがわりと気に入ってます

Posted by: SGA屋伍一 | April 28, 2011 at 10:48 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/51492616

Listed below are links to weblogs that reference 走り続けて40年 『レッッゴー 仮面ライダー』:

« 父ちゃん熱いキツネ ウェス・アンダーソン 『ファンタスティック Mr.FOX』 | Main | 現代ギリシャ悲劇 テオ・アンゲロプロス 『エレニの旅』 »