« 彼岸より クリント・イーストウッド 『ヒアアフター』 | Main | 3月16日、伊豆の現状報告 »

March 15, 2011

あしたがあるさ ちばてつや・曽利文彦 『あしたのジョー』(劇場版)

2011031517170000時は高度経済成長まっただ中。貧しい人々が住むドヤ街に流れ着いた少年・矢吹丈は、その天性の運動センスを老トレーナー丹下段平に見込まれて、ボクシングを強く勧められる。やる気のわかないジョーだったが、少年院で出会ったボクサー力石徹に完敗を喫し、ボクシングへの情熱を抱き始める。やがて出所した二人は、プロのリングで激しく火花を散らすことに・・・

日本の漫画の中でもしばしばナンバー1と称される伝説の作品『あしたのジョー』。それがなぜか21世紀の今、実写版映画となって帰ってきました。本日はその紹介をば。ちなみに『ジョー』の実写版は1970年にも作られていて、ここで少し見ることができます。ジョーを演じるのは青春物で多く活躍された石橋正次さん。山Pとどっちがジョーに近いか比べてみるのも一興でしょう。

わたしは今回は偉大すぎる原作のこと(こんな記事書いてます・・・)はとりあえず忘れ、戦後まもなくの若者のぎらついた感じがそれなりに出せていれば、それでいいかな、と思いました。その点ではまあがんばっていたと思います。そりゃ古い世代の方が見たら違和感あるでしょうけど、今の若者だったら言わないような熱いセリフを言う姿が、それなりに様になっていましたし。

ジョーを演じるはジャニーズの若手スター山下智久くん。感心したのは彼のパンチが目に見えなかったこと。その辺はしっかりトレーニングを積んでいたようです。あと彼は「人を殴る」ということがかなり難しかったようで。「二枚目=いやなヤツ」というわたしのイメージが少しゆらぎました。
でも山Pよりもっとすごかったのが力石を演じた「キャシャーン」こと伊勢谷友介君。力石といえば例の壮絶な減量シーンがあるわけじゃないですか。それを文字通り骨身を削って演じておりました。計量の場面ではあまりに痛々しくて目をそむけたくなるほど。『マシニスト』のクリスチャン・ベールや、『イントゥ・ザ・ワイルド』のエミール・ハーシュにもひけをとってません。

そしてもう一人の熱い男が丹下段平を演じる香川照之さん。なんでも彼は三度の飯より好きだというくらいのボクシング狂だそうで。漫画の丹下にまるで生き写しな演技から、その情熱が伝わってきます。もっとも現場ではあまりのボクシングへの愛情のため、現実ではありえないような演出に悩んだりもしたとのことcoldsweats01 一方で山Pや伊勢谷君が「ボクサー」の体になっていくのがとても嬉しかったそうです。

わたしが一番よかったのは・・・と、ここから先はネタバレです。

rock
rock
rock
rock


2011031519000000本当に一番最後のシーンですね。久しぶりにおんぼろジムに帰ってきたジョーが力石の幻影を見るところ。これ実は原作にはないシーンですが、原作で言われていたジョーと力石の「奇妙な友情」を上手に表していたと思います。現在関東付近では計画停電のため映画館のスケジュールも混乱しておりますが、力石の耐える姿は、きっといまのわたしたちの励みになるはず。そんなわけでスポ根ものがお好きな方はぜひ見にいってみてください。
立てよ国民、立つんだジオン!(違) イラストは伊勢谷版力石ということで。

|

« 彼岸より クリント・イーストウッド 『ヒアアフター』 | Main | 3月16日、伊豆の現状報告 »

Comments

そうそう、なんつっても香川サマだったわ
私、彼の演技が大好きで
そしたら「丹下段平」よ~~heart02
あしたのジョーは「力石派」
観た?!?!伊勢谷氏は凄い眼力と迫力だったよ
山下氏もがんばってた
ジャニーズというコライブやマスコミ対応もある中でここまでシェイプするのって凄いものflair
全体的に「綺麗過ぎる」作品だった

Posted by: q | March 15, 2011 at 09:40 PM

地震ですが、大丈夫ですか?mixiが繋がらないのでこちらにコメント入れました。ごめんなさい。

Posted by: サワ | March 15, 2011 at 11:12 PM

伍一くん、静岡も揺れましたが、大丈夫ですか?
日本全国揺れているようで、心配です。
ねえねは明日松山のおばあちゃん家に疎開予定です。
こちらのスーパーにも募金箱が各レジに設置してあって、お金を入れてくださる人を見かけると涙が出ます。

さて、さすが本領発揮で絵の上手い事!
しっかり丹下&伊勢谷力石になってます☆
そして「二枚目=イナなやつ」と私と同じ感想で思わず吹いてしまいましたが、山pの人気は意外とそういうところなのかも・・・と思いました。

Posted by: ノルウェーまだ~む | March 16, 2011 at 01:09 AM

>qちゃん

おはようさん。昨日もけっこう揺れたけど大丈夫だったかな・・・
伊勢谷くんは『キャシャーン』のころから知ってますが、いつも不器用ながら一生懸命演技していてほほえましいですね(笑)

実は一昨日『SP 革命編』を見てきたんだけどここでも香川さんが大活躍(?)で。昨年は大河ドラマにも出てたし映画にも相変わらずたくさん出てるし、体は大丈夫なのかな・・・と心配になるな~

山Pの演技を見るのは、テレビドラマ『池袋ウェストゲートパーク』以来だと今気づいた・・・

Posted by: SGA屋伍一 | March 16, 2011 at 08:15 AM

>サワさん

ありがとうございます。ピンピンしてます!(笑) 全体的に今回の自震はそれほど大きな被害はなかった模様

Posted by: SGA屋伍一 | March 16, 2011 at 08:16 AM

>ノルウェーまだ~むさん

ロンドンから心配してくださってありがとうございます。幸い特に大きな被害はありませんでした。ボロアパートももってます!

やはりいま大変なのは首都付近のみなさん。それよりもっと大変なのは東北のみなさんですね・・・ 早くみんな平常に戻れればいいのですが

海外からの励ましは大きな励みになってますよ! ひきつづきよろしくお願いします。

で、こんな時こそこういう元気の出る漫画・映画が必要だと思うのですよね。丹下さんはちょっとかわいくなってしまいましたが(笑)自分でも自信ありです
山Pの人は自分よく知らないのですが、今回の映画特に「なぐるのが大変だった」というエピソードに好感度があがりました

Posted by: SGA屋伍一 | March 16, 2011 at 08:22 AM

吾一くん、ちと丸っこいけど可愛い丹下やねぇ。(笑)
しかし上手いもんだな…絵心マイナスな私には羨ましい限りですよ。
この作品、賛否両論…というより何か否の方が多いような気もしなくもないけど、私はよく頑張ったと思いました。ここまで出来てたら充分だったしね。

静岡は震度4だったけど、お袋に電話したら「別に。」って。(笑)やっぱ大昔から地震多くて、東海大地震に備えてるから心の余裕が違うね。^^;

Posted by: KLY | March 16, 2011 at 11:19 PM

今回のイラスト、評判いいですねぇ〜。
ホント、良く描けてるわぁーーー(笑)

伊勢谷力石の減量姿は、凄かったですよね。
ホントに漫画そのものでした!
香川丹下の思い入れの凄さも感じました。
山pジョーは、ちょっときれい過ぎるけど
私もここまで出来てたら充分だったと思いました。

Posted by: ルナ | March 17, 2011 at 12:57 AM

>KLYさん

おはようございます。先日は真っ先にDMをありがとうございました。
丹下さんは「かわいい」という意見も頂きましたが、まあこういう特徴だらけのキャラクターってのは書きやすいものです。その点平凡な顔を多彩に書き分ける井上雄彦氏や浦沢直樹氏は本当にうまいですね

この映画は一番インパクトがあったのが伊勢谷くんのバディだったというのがよくもあり、悪くもありというとこですかね。彼、この時飢えの苦しみを味わったからか震災直後に東北へおにぎりをもっていったそうですよ

KLYさんのお母さんは頼もしいですね(笑) 見習いたいです

Posted by: SGA屋伍一 | March 18, 2011 at 08:06 AM

>ルナさん

こちらにもありがとうございます。ルナさんも『ジョー』は一通りご存知なんですね
よく昔の漫画を読んでいて「こんなの現実に無理だろ」と思うことがありますが、まさかそれを本当に実行してしまうとは! 伊勢谷くんの健康が本当に心配になりましたよ・・・・

あらためて振り返るに、こぎれいな顔の山Pとモロメイクの香川さんのコンビは相当インパクトありましたね(笑) それぞれのルックスがお互いを引き立てていたような

そちらの方にまた晩にでもうかがいます!

Posted by: SGA屋伍一 | March 18, 2011 at 08:16 AM

こんにちは♪
おじゃまするのが遅くなってすみませ~ん。
伊勢谷版力石もいいっすねー。うまい!!
私もラストのジョーが力石の幻影を見るところは良かったと思ってます。
なんだかんだで4回観ちゃいましたから(笑)

Posted by: yukarin | March 30, 2011 at 12:49 PM

>yukarinさん

いえいえ~ 計画停電が頻発してる中おいでくださりありがとうございます。さすがに少しは落ち着いてきたかな

このあと原作では金竜飛戦で、ジョーが力石への思いを語るシーンがありましたよね。わたしはあそこが好きでして。ラストシーンより好きかもしれません

そうそう、小室似の知り合いは結局本編には映ってなかったそうです・・・ どうもすみません・・・m(_ _)m

Posted by: SGA屋伍一 | March 30, 2011 at 07:26 PM

あはは、小室さん似の方は残念。
昔大ファンだったこの私が見つけられなかったんですもん(笑)

金竜飛戦...なつかしい。
とにかくどのシーンが一番好きですかと言われるとたくさんあってしぼりきれませんね。

Posted by: yukarin | April 03, 2011 at 12:20 AM

>yukarinさん

本当に小室さんにはだまされました(笑) わたしはアニソン歌ってたころ(『ゲット・ワイルド』とか『ビヨンド・ザ・タイム』とか)が好きでしたねえ

確かに『ジョー』にはいいシーンたくさんありますね。原作レビューにも書きましたが、ジョーが出所の際みんなで泥ダンゴを投げあうシーンも大好きです

Posted by: SGA屋伍一 | April 03, 2011 at 08:34 PM

伍一くん、再びんすこ~☆
これは、聞くと見るとでは随分印象が違って、実際映画を見たらぐっと良かったですねぇ。
山Pのギラギラ感はちょっと薄くて、やっぱり貧乏じゃないって、顔に出るんだなぁーとか思ったり。
ラストの伊勢谷くんのイラストすごく似てる~
香川さんはちょっと笑えたわ。

Posted by: ノルウェーまだ~む | December 19, 2011 at 04:49 PM

>ノルウェーまだ~むさん

必殺の右クロンスコー

久々にこの記事読み返してみましたが、この時は大変だったんだなあと。まあこちらの大変さなんて東北の皆さんに比べればないも同然でしたが
山Pは「ちょっといいヤツかも」と思いましたが、その後のNEWS脱退のゴタゴタなどを知ってまた株が下がりました(笑)
あと伊勢谷&香川コンビ?は『カイジ2』にも出てましたね。そんなわけで今年は彼らが出演してる作品を二本見ました。そして吉高由利子ちゃんの出てる映画は三本観ました・・・

Posted by: SGA屋伍一 | December 19, 2011 at 09:53 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/51129624

Listed below are links to weblogs that reference あしたがあるさ ちばてつや・曽利文彦 『あしたのジョー』(劇場版):

» あしたのジョー [Said the one winning]
監督:曽利文彦出演:山下智久、伊勢谷友介、香里奈、香川照之、勝矢、 モロ師岡、西田尚美、杉本哲太、倍賞美津子、津川雅彦 昭和40年代に社会現象を巻き起こし、戦後最大のヒット作に数えられるボクシング漫画「あしたのジョー」を実写映画化。『ピンポン』でスポーツ...... [Read More]

Tracked on March 15, 2011 at 09:41 PM

» あしたのジョー(2011) [LOVE Cinemas 調布]
社会現象をも巻き起こした梶原一騎原作、ちばてつや作画の超人気漫画の実写映画化。主演の矢吹丈を『クロサギ』の山下智久、宿命のライバル力石徹を『十三人の刺客』の伊勢谷友介が演じる。共演は白木葉子役に香里奈、丹下段平役に香川照之と、人気実力を兼ね備えた俳優が揃う。監督は『ピンポン』の曽利文彦。徹底的に鍛え抜かれた肉体によるボクシングシーンは秀逸だ。... [Read More]

Tracked on March 15, 2011 at 09:55 PM

» あしたのジョー [ルナのシネマ缶]
立て!立つんだ!ジョー〜〜〜!!! って、誰もが知ってる 国民的アニメの実写化です。 泪橋の先に広がるドヤ街や 崩れそうなボクシングジムは いかにもCGぽい感じはしましたが もともとアニメだからねぇ〜、 それほど気になりませんでした。 東京の下町で捨て鉢な生活を送る矢吹丈(山下智久)は、 元ボクサーの丹下段平(香川照之)にボクサーとしてのセンスを 見いだされるも、問題を起こして少年院へ入ることに。 丈はそこでプロボクサーの力石(伊勢谷友介)と 運命の出会いを果たし、やがて... [Read More]

Tracked on March 17, 2011 at 12:58 AM

» あしたのジョー [映画鑑賞★日記・・・]
2011/02/11公開 日本 131分監督:曽利文彦出演:山下智久、伊勢谷友介、香里奈、香川照之、勝矢、モロ師岡、西田尚美、杉本哲太、倍賞美津子、津川雅彦東京の下町で捨て鉢な生活を送る ... [Read More]

Tracked on March 30, 2011 at 12:45 PM

» 『あしたのジョー』 なぜジョーは立ち上がるのか? [映画のブログ]
 ある疑問を抱えて、私は映画『あしたのジョー』を観に行ったのだが、まずは本作の作り手にお詫びしなければならない。  私は2011年公開のこの映画を観て、「見事なCGIだなぁ」と思っていた。減量に減量を...... [Read More]

Tracked on April 02, 2011 at 08:41 PM

» 映画『あしたのジョー』を観て [kintyres Diary〜Goo Version]
11-23.あしたのジョー■配給:東宝■製作年・国:2011年、日本■上映時間:131分■鑑賞日:3月14日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)■入場料:1,000円 スタッフ・キャスト(役名)□監督:曽利文彦□脚本:篠崎絵里子□撮影:橋本桂二◆力石徹(伊勢谷友介)◆...... [Read More]

Tracked on April 20, 2011 at 09:40 PM

» DVDまとめてレビュー「あしたのジョー」「スペースバトルシップ ヤマト」「遊星からの物体X」 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
息子が試験中だったからふらふらと映画に行くのもどうよ?と思い、DVDを借りてきたのはいいけど、一緒になって家で見てしまったりして・・・・ [Read More]

Tracked on December 19, 2011 at 05:00 PM

« 彼岸より クリント・イーストウッド 『ヒアアフター』 | Main | 3月16日、伊豆の現状報告 »