« シャベクルマン トム・フーパー 『英国王のスピーチ』 | Main | 八人のためらい グザヴィエ・ボーヴォワ 『神々と男たち』 »

March 25, 2011

エリ MY LOVE SO SWEET トーマス・アルフレッドソン 『ぼくのエリ 200歳の少女』

2011032512560001太郎を眠らせ 太郎の屋根に雪降り積む
エリーを眠らせ エリーの屋根に雪降り積む

スウェーデンで作られて、世界各国で多くの賞を獲得した吸血鬼映画『ぼくのエリ 200歳の少女』。先日DVDが出た直後になぜか近場の劇場で上映されたので、本日はその感想をば。

雪深い地方都市に住むいじめられっ子のオスカーは、ある日自宅のアパートの庭でエリという美しい少女と出会う。「友達にはならない」というエリだったが、互いに友達のいない二人は次第に強くひかれあっていく。そんな折、彼らの街の周囲で血を抜かれて殺された不気味な死体が発見される・・・・

これは幾つかの境界線を描いた映画だと思います。男と女の境界。子供と大人の境界。人と獣の境界。日常と異常の境界。ありきたりの毎日をすごすオスカー少年でしたが、彼の前にエリが現れたことにより、その境界はどんどん崩されていきます。エリの「そっちに行ってもいい?」というセリフが、それを象徴しています。

オスカーはどこにでもいる平凡な少年であると同時に、どこか危険なものをはらんでいる子でもあります。いじめられたうっぷんを一人ナイフを振り回すことでまぎらわせたり、猟奇事件のニュース記事を嬉しそうにスクラップしたり。そこまではまあわたしもわからないではないですが、エリが吸血鬼とわかっても一向にひるまないあたりは、さすがに唖然としたというか、感心したというか。被害者たちからは悪魔としか思えなかったエリが、彼にとっては退屈でやるせない日常から連れ出してくれる天使に見えたのでしょう。

しんしんと降りしきる雪の景色や、最小限にとどめられたBGMが、血なまぐさいストーリーとは裏腹に詩情豊かなムードをかもしだしています。そう、これはホラーというよりも、ラブロマンスに近いお話。寒々しい雪国の話だからこそ、人のぬくもりを欲する気持ちが一層強く感じられます。

ヒロインのエリはもちろんのこと、主人公のオスカー少年も裸のシーンが多かったり、妙に女の子っぽい髪型をしていたり、そこかしこに監督の耽美的な趣味が感じられます。猟奇的な事件に純愛といえば、先の『ミレニアム』三部作にもそんな話でした。もうわたくしの中ではすっかり「スウェーデン=アブノーマル」という図式が確定されてしまいましたよ。『パッチギ!』の中でもオダギリジョーが「フリーセッ○スの国」なんて語っておりましたし(スウェーデンのみなさん、すいません)。

囲いの中の家畜は、柵の外の世界に強く憧れるもの。野の獣にひかれ、何もかも捨てて飛び出したその先で、果たして家畜は幸福を得ることができるのか。それは誰にもわかりません。

2011032512560000冒頭でも述べましたように『ぼくのエリ 200歳の少女』は現在DVDが発売中。上映してるところはさすがにもうないか・・・と思ったら、ちょうど明日から高田馬場の早稲田松竹で他一本とともに一週間上映されるそうです。
そんでハリウッドでリメイクされた『レット・ミー・イン』が既に米国で公開済み。エリを演じるのは『キック・アス』での活躍が記憶に新しいクロエ・モレッツちゃん。近々日本でもその姿を目にすることができるでしょう。

|

« シャベクルマン トム・フーパー 『英国王のスピーチ』 | Main | 八人のためらい グザヴィエ・ボーヴォワ 『神々と男たち』 »

Comments

例のぼかしのとこ、写真で見たんだけど別にぼかしいれる必要ないと思ったよ。だってただの傷跡なんだもん。そのものズバリ映っちゃってるなら、賛否はともかくルールとしてアウトなのは解るんだけどね。
さーリメイクもスウェーデンで撮影したらしいし、クロエちゃんと、『ザ・ロード』の男の子が出演でしょ、変にエンタメ性が出てなければ割りといけそうな気がするんだけどなぁ。

Posted by: KLY | March 25, 2011 at 11:28 PM

>KLYさん

こんばんは。どうもこの映画は「ぼかし」が大きな議論を呼んでるようですね。わたしはたぶんもろにくっついてるのが映ってるのかと思ったんですが、実際は取った跡だったということでしょうか

リメイク版の評判はいまのところそんなに悪くないようですね。『ミレニアム』のリメイクも進んでるし、ハリウッドはいまスウェーデンに注目してるのかな

Posted by: SGA屋伍一 | March 26, 2011 at 06:32 PM

スガリンコ星人のおっしゃるとおり、スウェーデン版『かぼちゃワイン』(エル←爆笑)といったところでしたね(←いってない)。。。

この映画の原作、『モールス』っつーんですって。ラストシーン、汽車の席、箱の中のエリとオスカーは、モールス信号で会話してる。あれが、オスカーとエリにあって、死んだおっさんとエリにはなかったもの。。。

箱をトントン叩く、オスカーの腕には腕時計がはまってて、それは冒頭のシーンからずっとはまってる。冒頭のシーンとは、、、ブリーフ一丁でガラス越しにエリを見るシーンだけど、パンツ一丁なのに腕時計をしてるのですよ。。。なんかのメタファでしょうね。。。

あと 『あしたのジョー』 だけど、、、オレ、ぜんぜん映ってなかったぜ。いえ~い。。。

Posted by: いい年のエリー(200歳)。。。 | March 26, 2011 at 11:53 PM

>いい年のエリー(200歳)。。。 さん

エリ! エリ! エリは石田えり!
はじめまして。。。。 ってあなた裏山さんでしょー! 地震大丈夫だった?(←おせーよ)

なんで今時モールス信号なのかな~とはわたしも思いました。結局昼間でも壁越しにコミュニケーションが取れるから、ということなんでしょうか。冒頭裸に腕時計はめてたのは監督の趣味かと(あぶねー人だ)。しかし相変わらず細かいところよく観てますね。。。

>『あしたのジョー』 だけど、、、オレ、ぜんぜん映ってなかったぜ。いえ~い。。。

なんだよそれ! あんたを見つけるために十回も見にいったのに!(ウソ)

Posted by: SGA屋伍一 | March 27, 2011 at 08:19 PM

hey伍一君。

yueフォローしてくれたのね〜Thanks☆

わー、オスカー似てるわ。
この間、DVDで観直したばかりで原作の方はまだ読み終わらず(下巻であと30ページくらいかな)

映画の方が無駄なくて面白い気がする。
二度目観たらエリ役の子が男の子かもって思っちゃった。声もすごく低いし顔もよくみたら、、、。
一度目の鑑賞では男の子だったなんて分からなかったわ、原作ではもっとハッキリ男の子って書いてるし、
ぼかしてた部分は縫っているっていうのも、コメントきて知ったけど 処女でいるためって解釈したりして。
ぼかしは不要だと思うわ。
女の子になりたい男の子だったんだと最近理解したの。
どちらにしてもこの映画、好きだな☆
プールでのすっきり惨劇も最高!(って言ったら怖い人って言われそうね 笑)

Posted by: mig | March 28, 2011 at 09:11 PM

>migさん

おはようさんですhappy01
わたしなんかがいいのかな~と思いつつフォローしちゃったcoldsweats01 ノルウェーに友達ができたようで嬉しいです

たまに冗長な原作がうまくはしょられてていい映画になってることあるよね。『羊たちの沈黙』と『ハリー・ポッター』なんかそう感じた

そう、そんでわたしは単に両性具有者なのかな・・・とか考えてたんだけど、「原作にはっきり『男』って書いてある」ってmigさんから教えてもらったんだよね。軽くショックだったな、アレは(笑) そうするこの邦題はちょっとおかしいな~wobbly

女の子になりたい男の子の話か・・・ 確かに言われてみれば二人の関係は恋人よりも親友に近い気もする

>プールでのすっきり惨劇も最高!(って言ったら怖い人って言われそうね 笑)

いや、そんなことではもう驚かない(笑)

Posted by: SGA屋伍一 | March 29, 2011 at 07:21 AM

伍一くん、吸血鬼ンスコ☆
「ぼくエリ」映画館でやってたのね。
DVDが出たのに観に行く伍一くんは、偉いよ!!

さて、私は「モールス」も読破し、「let me in」も観たよ。
「ぼくエリ」は原作の情緒ある北欧らしさを出していて、リメイクは原作のホラー部分を前面に押し出している感じだったわ。

スウェーデン=アブノーマル=フリー○ックスと思いがちだけど(?)実は裸で時計とか、まーったく意味はなしですよ。
あのね、アメリカ人は前を隠すけど、ヨーロッパ人特に北欧の人は、シャワールームでもすっぽぽぽんで隠しもしないの。
何しろシャワールームにドアないからね。
ベビープールの時、なんにもつけずにスッポポポンでおっぱいあげてるお母さんいたし。普通に。
そして、公園でも女子も男子も上半身は裸で日光浴。
寒いのに池があったら、裸で泳ぎだすよ。
十代の若者たちが、「裸」で森の池できゃーきゃーって、バレーボールとかするの。信じられる?
肌が触れてもお構いなし。日本人の男の子だったら、鼻血出てるよね。
つまり~、裸にそういうイメージがないわけ。反対に。
すっかり健全なのでした。

Posted by: ノルウェーまだ~む | April 01, 2011 at 12:48 AM

>ノルウェーまだ~むさん

大雪ンスコ~snow とはいえ、伊豆はもう今年は雪はふらなそうです
いや、うちはレンタル店もプチ遠いという環境なので、返す手間を考えると映画館でちゃっちゃと観てしまったほうが気が楽なのです
まだ~むさんはずいぶんこの作品、気に入られたようですね。舞台がノルウェーに近いから親しみやすかったのかな?

>ヨーロッパ人特に北欧の人は、シャワールームでもすっぽぽぽんで隠しもしないの。

なんでだーーーー!! だってあんな寒い国でそんなにすっぽぽぽんでいたら風邪をひくでしょう? 彼らは寒さに異常に強い人種なのでしょうか!? まあ確かに寒いからといって、裸になることを嫌がってたら子作りもできないでしょうが・・・ って何言わせるんですか!

いや~ でもそんなにヌードに対してオープンだから、「フリーむにゃむにゃ」とか言われてしまうんでしょうね。わたしも寒さに強くなるために、できるだけフンドシ一丁で過ごそうかしら

Posted by: SGA屋伍一 | April 02, 2011 at 06:37 PM

こんばんは
お久しぶりです。

>スウェーデン=アブノーマル
これ,きっと正しいと思いますよ~
フリーなんたらの国でもあるし,
性犯罪の多い国でもあるとどこかで聞いた・・・。
美少女や美少年も多そうですね。
この作品,雰囲気がとても北欧ちっくで素敵ですよね。
エログロな内容が,その雰囲気にずいぶん救われてたなぁ。
ハリウッドリメイクは感じが変わってるのかな?

Posted by: なな | April 10, 2011 at 10:04 PM

>ななさん

こんばんは~ お返しありがとうございますhappy01

スウェーデン・・・ 本当にそんな国なのでしょうか。期待に胸が膨らみます!(←バカ)

性犯罪が多いというのは、『ミレニアム』がらみで読んだ気がします。これはよくありませんね。変態は大いにけっこうですが、人に迷惑をかけない、健全な変態でなければ!
スウェーデンで世界的に有名な美人って誰かいるかな、と思って調べていたらグレタ・ガルボとかイングリット・バーグマンなどの往年の大女優が出てきました。あとアバのお姉さんたちもそうですね

わたしはこの極端にBGMの少ないところに、北欧の静けさというか独特のムードを感じました。たぶんハリウッド版はもっとやかましいつくりになってるんじゃないでしょうか

Posted by: SGA屋伍一 | April 11, 2011 at 10:12 PM

こんばんはshine
スウェーデンとか行ったこともないのに、なんとなくスウェーデンっぽい、北欧っぽいと思わせる雰囲気が独特で、引き込まれました。
子供たちの美しさにも。
ハリウッド版もスウェーデンでロケしてるんでしたっけ?
案外評判いいし、クロエちゃんってことで楽しみです。

そういえばミレニアム3部作って全く観てません。。。
かなり私が好きそうな内容なのに、なぜか。
ミレニアムというと、ランス・ヘンリクセン主演のテレビドラマの方を
思い出してしまいます。

Posted by: kenko | April 13, 2011 at 01:24 AM

>kenkoさん

おはよっすー すうぇーでん、わたしももちろん行った事ないです。姉貴は今度一ヶ月ばかりフィンランドに行ってくるそうですけどね・・ 羽振りのいいこって
でもよく知らないからこそ、一層幻想的に感じられるのかもしれませんね
ハリウッド版はもっとホラーチックらしいですよ。わたしはあまり興味わかないんですけど。むしろ原作が読みたいかな

ドラマの『ミレニアム』・・・ タイトルだけ知ってます。それこそ「この世の終わりが来る」みたいな内容だったような・・・

Posted by: SGA屋伍一 | April 14, 2011 at 09:05 AM

伍一くん

ハロー、これ割と最近書いててたんだものね。
リメイクついにみたわ〜
どっちが好きか聞きたいのでぜひ8月になったらモールスの方も観てね☆

ちなみにリメイクでは男っていうのを思わせないようになってたわ、なぜだろう〜

Posted by: mig | May 26, 2011 at 02:37 PM

>migさん

原作読了おめでとう♪
リメイクは観るかな~coldsweats01 むしろ中世までエリのルーツをさかのぼるという原作の方が興味あるっす
あとホラーでは『ロスト・アイズ』はがんばって観ようと思ってるところ

>ちなみにリメイクでは男っていうのを思わせないようになってたわ、なぜだろう〜

いやー そりゃかわいいヒロインが「実は男だった」ら、大抵の男子はがっかりするからじゃない?(笑)

Posted by: SGA屋伍一 | May 26, 2011 at 04:18 PM

PS, あ、失礼〜まだーむとこに記事あったんで間違えて私もTBしちゃったけど、いらないよ〜

Posted by: mig | May 27, 2011 at 11:38 AM

>migさん

いらないよ~と言われると、むしろあげたくなるものだ!(天邪鬼)
冗談はさておきcoldsweats01わざわざありがとうhappy01

Posted by: SGA屋伍一 | May 28, 2011 at 12:26 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/51215676

Listed below are links to weblogs that reference エリ MY LOVE SO SWEET トーマス・アルフレッドソン 『ぼくのエリ 200歳の少女』:

» ぼくのエリ 200歳の少女 [LOVE Cinemas 調布]
スウェーデンの人気作家ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストのベストセラー小説『モールス』を本人の脚本で映画化。ヴァンパイアと孤独な少年の恋愛を描いたラブストーリーだ。主演はカーレ・ヘーデブラントとリーナ・レアンデション。監督はトーマス・アルフレッドソン。北欧の雪に埋まった街で繰り広げられる惨劇とピュアな愛情物語の対照性に心惹かれる。... [Read More]

Tracked on March 25, 2011 at 10:48 PM

» ぼくのエリ 200歳の少女 / LAT DEN RATTE KOMMA IN [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click タイトルから分かる通り、これ、純粋無垢なフツウのラブストーリーではありません 恋した相手はヴァンパイア! スウェーデンのスティーヴン・キングこと ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストのベストセラー小説を映画...... [Read More]

Tracked on March 28, 2011 at 05:54 PM

» 「ぼくのエリ 200歳の少女」静寂と気高さ [ノルウェー暮らし・イン・London]
ヴァンパイア映画の続いた今年。 群を抜いて存在感のある作品となったこの映画は、さすがハリウッド版でスピードリメイクされるだけのことはある! 透き通るような肌の、透き通るほど純粋な少年の初恋は、息を呑むような透き通る大自然の北欧の、誰の足跡も無い真っ白に積もった雪のようで・・・・・... [Read More]

Tracked on April 01, 2011 at 12:31 AM

» 「Let Me In」ハリウッドの底力 [ノルウェー暮らし・イン・London]
日本でも高い評価だった昨年のヴァンパイア映画「ぼくのエリ 200歳の少女」 原作もちょうど読み終わったし・・・・ ハリウッドがすぐさまリメイクした「Let Me In」は、さすがハリウッドも捨てたもんじゃない・・・・と思わせておいて~... [Read More]

Tracked on April 01, 2011 at 12:34 AM

» ぼくのエリ  200歳の少女 [虎猫の気まぐれシネマ日記]
スウェーデン発のヴァンパイア物語。孤独な少年がヴァンパイアを愛し,共に生きていく決心をするお話。DVDで鑑賞。残酷なシーンもある恐ろしい物語ではあるけれど,それでも鑑賞後に強烈に残ったのは,心を締め付けられるような切なさだった。学校では同級生から執拗なイジメを受け,家庭でも離婚した母親に本心をさらけ... [Read More]

Tracked on April 10, 2011 at 10:06 PM

» ぼくのエリ 200歳の少女 [C note]
今年もあと3日! クリスマスとかおかまいなしに、たまった映画レビュー立て続けにU [Read More]

Tracked on April 14, 2011 at 12:27 AM

» モールス / Let Me In [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click この20年のアメリカでNO.1のスリラー。とにかく劇場に駆けこめ。 観終わった後にお礼を言ってもらえればいい。 とまで言わしめた、ホラー小説の巨匠 スティーブン・キングが選ぶ2010年のベスト1 これはあの...... [Read More]

Tracked on May 26, 2011 at 05:44 PM

» ■映画『ぼくのエリ 200歳の少女』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
いわゆるボーイ・ミーツ・ガールな少年の成長物語かと思っていたら、大きく裏切られる北欧ヴァンパイア・ムービー『ぼくのエリ 200歳の少女』。 いじめられっこの孤独な少年とエキゾチックでミステリアスなヴァンパイア少女の切なくも美しい恋…というような表現は、この作品と... [Read More]

Tracked on June 16, 2011 at 06:16 AM

» モールス [Akira's VOICE]
暗夜行路のドラマチックホラー。   [Read More]

Tracked on August 06, 2011 at 09:55 AM

» モールス [映画的・絵画的・音楽的]
 『モールス』を新宿のシネマスクエアとうきゅうで見てきました。 (1)この映画は、ヴァンパイア物があまり好きではないので圏外に置いておいたのですが、『キックアス』のクロエ・モレッツが主演し、評判もわるくはなさそうなのでドウしようかなと思っていたところ、夏...... [Read More]

Tracked on August 20, 2011 at 10:18 PM

» ぼくのエリ 200歳の少女 [こんな映画見ました〜]
『ぼくのエリ 200歳の少女』---LAT DEN RATTE KOMMA IN  LET THE RIGHT ONE IN---2008年(スウェーデン )監督:トーマス・アルフレッドソン出演:カーレ・ヘーデブラント、リーナ・レアンデション、ペール・ラグナー、ヘンリック・ダール、カーリン・バーグ...... [Read More]

Tracked on October 27, 2011 at 11:26 PM

» DVD:ぼくのエリ 200歳の少女 [よしなしごと]
 クロエ・グレース・モレッツ主演のモールスがとてもおもしろかったので、その原作であるぼくのエリ 200歳の少女をDVDで見ました。 [Read More]

Tracked on November 12, 2011 at 09:50 PM

» モールス [映画、言いたい放題!]
ブログネタ:語りたいこと 参加中 この作品は「ぼくのエリ 200歳の少女 」のリメイクで オリジナルは、かなり好きな作品です。 先日、友人と飲んだ時に、 友人はリメイクしたこの作品を観たらしく、 「で、ボカシはどこに入っていたのですか?」 「プールのとこ... [Read More]

Tracked on November 13, 2011 at 03:37 AM

« シャベクルマン トム・フーパー 『英国王のスピーチ』 | Main | 八人のためらい グザヴィエ・ボーヴォワ 『神々と男たち』 »