« 新・ばったり倒れ野郎 中村誠 『チェブラーシカ』 | Main | ドーバー海峡冬景色 フィリップ・リオレ 『君を想って海をゆく』 »

January 28, 2011

台湾極道青春記 ニウ・チェンザー 『モンガに散る』

110128_182946本日は昨年台湾で映画最高動員記録を樹立し、先の東京国際映画祭においても好評を博した『モンガに散る』をご紹介します。

1986年、台北一の歓楽街モンガ。母の事情で学校を転々としてきた少年モスキートは、新しいクラスでさっそくイジメにあう。だがイジメに屈せずに懸命に抵抗する彼の姿が、学校を仕切るボス、ドラゴンとモンクの目に止まった。モスキートは彼らの義兄弟として受け入れられ、ケンカにあけくれるようになる。そうしている内にモスキートたちは、ドラゴンの父である極道「ゲタ親方」の組織で働くようになるのだが・・・・

台湾といえば日本において最も身近な国のひとつですが、そこの映画はほとんど見たことがありません。でもまあ最近のラインナップ・・・・『ホウ・シャオシェンのレッド・バルーン』『九月に降る風』『台北に舞う雪』『海角七号 君想う国境の南』(これだけ観た)・・・・の情報を読むと、あちらの方って甘酸っぱくて切なくて心ときめくような、そういうラブストーリーが大好きなんだろうな、と。この『モンガに散る』は暴力と血しぶきに彩られた映画ではありましたが、やはりそうしたスウィーティーでリリシズムなムードが全編に漂っております。

今まで親しい存在といえば母親ただ一人だったモスキート。ですがある日を境に彼は多くの絆を手に入れます。楽しい仲間であり兄弟であるモンクたち。怖い時もあるけれど、近づきやすくて頼りがいのある父親のようなゲタ親分。わたしも学生時代はそんなに周囲と打ち解けやすい方ではなかったので、ずっと欲しかった仲間を得て、毎日が愉快でたまらなくなってくるモスキートの気持ちはよくわかります。ただ、彼にとっての不幸はその仲間たちが暴力の世界に身を置く者たちだったということ。気がつけば華やいでいた周囲の景色には暗闇が立ちこめ、いつ殺されるともわからぬ恐怖に彼らは怯えることになります。

モスキートはどこで間違ったのか。最初にモンクから差し伸べられた手を振り払えばよかったのか。私がもし彼であったなら、そんなことは到底できません。彼にとって希望と言えるものはその「手」だけだったのだから、どうしようもなかったというほかないでしょう。
ある意味、主人公よりも強烈な光を放っているのが、メンバーの中でサブリーダー的な存在であるモンク。多くの才能に恵まれながら、ドラゴンへの愛情のため、全てを捨てて彼に尽くします。しかし別の義理やゲタ親分へのわだかまりから、彼の心はやがて大きく引き裂かれていくことになります。

そうした人間模様のほかに、目を引くのは80年代なかごろの台湾の描写。当時の日本の影響がちらほら見えます。それは『ビー・バップ・ハイスクール』そのまんまの荒れ果てた高校や、スーパーマリオブラザーズの効果音。モスキートも想像の中で「かめはめ波」を放っていたりします。そのころの台湾にとって日本は憧れの存在だったようで、伝え聞くところでは松田聖子や近藤真彦が大層人気だったとか。

一方で中国から流れてきた人々に対しては、蔑んだ眼差しを向けます。当時は中国の経済の改革解放が進み、台湾にその脅威が最初に押し迫っていた時代。その不安が、そうした気持ちをことさら強くしたのかもしれません。実際、それまでの台湾は(どこまで本当かわかりませんが)ヤクザ社会においても銃はご法度だった模様。男なら飛び道具は使わず、拳と刃物で戦えと。どっちにしろ暴力なのは変わりありませんが、確かに銃が入ってきたことによって、多少は仁義を重んじていた台湾の極道は滅んでいくことになります。この映画はそんな古いタイプのヤクザへの鎮魂歌とも言えるかも。

以下、ラストについて触れます。

cherryblossom

cherryblossom

cherryblossom

cherryblossom

cherryblossom

この『モンガに散る』というタイトル、いささかネタバレの感もあり、確かに人も死にます。ただ散ったのは命というよりも、彼らの友情のことを言ってるのではないかと思いました。モンクに両手を広げたあとで、彼を刺すモスキート。一見理解に苦しむ行動ですが、モスキートにしてみれば彼なりの「心中」だったのかもしれません。
主人公の生死に関してはぼやかしたまま幕となりましたが、二十年以上経った今、もし彼が生きていていたらどうしているだろうとふと思いました。恐らく異国の地で、かつて愛した女性と帰らぬ友を思いながら、日々を淡々と生きているのかな・・・なんて。

090408_150635さてこの『モンガに散る』、レビューがボヤボヤしているうちに東京方面では大体公開が終ってしまいましたshock が、その他の地方都市においてはこれから順次回っていくようです。わたしのよく行く静岡東部の劇場でも来月から二週間限定でかかることになりました。新宿まで見に行ったんだけど・・・ 最近そんなことばっかりです。

|

« 新・ばったり倒れ野郎 中村誠 『チェブラーシカ』 | Main | ドーバー海峡冬景色 フィリップ・リオレ 『君を想って海をゆく』 »

Comments

あ、この間みたのかな?
結局やるんだ…^^;
台湾の青春映画ってほんとキラキラしてて眩しいんです。
何だか古きよき日本を思い出しちゃいます。
しかも、必ずと言って良いほど台湾映画は日本の肯定的な部分
を映し出してくれるのが嬉しいところなんですよね。

Posted by: KLY | January 28, 2011 at 11:38 PM

>KLYさん

毎度どうもーhappy01
そう、これは銀座で飲んだときに見たんですね。ここのところだいぶ遅れ気味ですがcoldsweats01、見た映画は今のところ全部記事にしています

今のところまだ二本しか見てないですけど、台湾映画からは確かに近頃忘れ去られつつある「人情」が強く感じられます

『海角七号』を一緒に見た方から聞いたのですが、台湾は東アジアでは例外的に日本に好意的のようですね。なんでも統治下の時代の方がその後の政権より落ち着いてたとか・・・

Posted by: SGA屋伍一 | January 29, 2011 at 08:38 PM

こんばんは〜

どこがってわけじゃないんだけど、なかなか気に入ってしまってベスト10の次点にしちゃったのよね☆私。

そうそう、この中で皆やたら髪がダサイなぁって思ってたら80年代なんだよね。
確かに日本でも聖子ちゃんカットとか(私もやったわhappy01
マッチヘアとか横浜銀蝿(古!)とかリーゼントとか流行っていたっけ

義理人情で生きる私としては(笑)
この男達の友情が良かったなー☆


Posted by: mig | January 31, 2011 at 02:08 AM

>migさん

こんばんは。おかえしありがとーhappy01
うん、確かにこの映画ヤクザ系の話だけど、女性の心にも響くものがあると思う

聖子ちゃんカット、流行ってたね(笑) チェッカーズのあの前が見にくい髪型もそうだけど、「時代は一周する」っていうから、いつかまた流行り出さないとも限らないよ? ヤンキーがはいてたボンタンとか短ランとかも。しかしなんであんなものが、あの時は「かっこいい」とされてたんだろう・・・

モスキートとモンクの間は友情だと思うけど、モンクのドラゴンへの思いはなんか愛情っぽかったよね。この辺一部の特殊な女子が喜びそうな・・・

Posted by: SGA屋伍一 | January 31, 2011 at 10:26 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/50711096

Listed below are links to weblogs that reference 台湾極道青春記 ニウ・チェンザー 『モンガに散る』:

» モンガに散る [LOVE Cinemas 調布]
台湾で2010年の興行成績1位を記録する大ヒット青春ドラマだ。台北一の歓楽街モンガを舞台に、気の弱い苛められっ子の青年が友達と共に極道の世界に染まっていく姿と、哀しい末路を描いている。出演はイーサン・ルアン、マーク・チャオら期待の若手俳優のほかに、『海角七号 君想う、国境の南』のマー・ルーロンらベテランが脇を固める。監督はこれが2作目のニウ・チェンザー。... [Read More]

Tracked on January 28, 2011 at 11:06 PM

» モンガに散る/艋舺/MONGA [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね ←please click アカデミー賞、台湾代表作品。2010年、台湾映画最高動員記録樹立。 台北で最も古くから栄えていた下町。商業の中心地としても繁栄を極めていた歓楽街モンガを舞台に、 黒社会に足を踏み入れながらも固い絆で結ばれていく5人の...... [Read More]

Tracked on January 31, 2011 at 12:12 AM

» 『モンガに散る』 [シネマな時間に考察を。]
誓い、裏切り、血と涙。 それは極道だったのか、それとも友情だったのか。 『モンガに散る』 Monga 2010年/台湾/141min 監督:ニウ・チェンザー 出演:イーサン・ルアン、マーク・チャオ 80年代。躍動する台北一の歓楽街モンガ。 この街に降り注ぐ、赤々と滾... [Read More]

Tracked on February 02, 2011 at 03:26 PM

» 映画「モンガに散る」台北の繁華街が舞台の輝ける日々 [soramove]
「モンガに散る」★★★★☆かなり好き イーサン・ルアン、マーク・チャオ、 リディアン・ヴォーン 、クー・ジャーヤン 出演 ニウ・チェンザー監督、 141分、 2010年12月18日公開 2010,台湾,ブロードメディア・スタジオ (原題:Monga ) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 「1986年、台北一の繁華街モンガは 商業地... [Read More]

Tracked on December 26, 2011 at 08:26 PM

« 新・ばったり倒れ野郎 中村誠 『チェブラーシカ』 | Main | ドーバー海峡冬景色 フィリップ・リオレ 『君を想って海をゆく』 »