« スコープ越しの戦場 サミュエル・マオス 『レバノン』 | Main | 新・ばったり倒れ野郎 中村誠 『チェブラーシカ』 »

January 23, 2011

地中の花嫁 『仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat. スカル MOVIE 大戦 CORE』

110123_185140一月ももうあと一週間。そんなころになって、ようやく今年最初に見た映画を紹介できます。 ・・・・って一番最初がこれかい!(これです!)
『仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat. スカル MOVIE 大戦 CORE』参りましょう!(しかし長いタイトル・・・)

フィリップが帰ってきてから数ヵ月後。照井竜との結婚式を控えた亜希子は、そんな中でも「仮面ライダー」であることをやめない照井にヒステリーを起こし、式場の外へ飛び出す。そこで謎の怪人と接触した亜希子の脳裏に、なぜか死んだはずの父、鳴海壮吉の姿が甦る・・・
一方相変わらず欲望の研究に情熱を注ぐ鴻上ファウンデーション会長は、「この世で最も欲望の強かった人間」織田信長のミイラを発見する。ホムンクルスとして現代に最誕した信長だったが、そのありあまる欲望は鴻上ファウンデーションの思惑を越えて暴走する。

このまま年末の恒例となってしまうのでしょうか。『仮面ライダーMOVIE大戦』。昨年の『2010』がまあまあ楽しめただけに、今年も期待してたんですが果たして結果は・・・ とりあえず『W』の方から参りましょうか。
今回『W』は『仮面ライダーW』というより『仮面ライダースカル』な内容でした。翔太郎とフィリップのコンビが好きな方はちょっと納得いかないかもしれません。
しかし帽子を目深にかぶったダンディ吉川晃司もなかなかのもの。かつて布袋寅泰と組んで「チャチャ」とか「チェチェ」とか歌ってた人が、劇場オンリーとはいえ仮面ライダーをやってるんですからねえ。しかも主題歌まで歌っちゃってノリノリでした。人間どうなるか本当にわかりません。
横浜っぽい情緒にモダン風の衣装、妙にレトロチックな言い回しは石原裕次郎か赤木圭一郎を連想させます。そして途中から忍び寄ってくる怪しげな空気は江戸川乱歩。ちょっと恥ずかしいところもありましたが、在りし日の「探偵物語」をそれなりに再現できていたと思います。

で、もっと恥ずかしかったのが『オーズ』の方coldsweats01 大体やっぱり仮面ライダーに織田信長をからめるって、今の大河ドラマに出ているからとはいえ強引にもほどがあるのでは・・・・ その上登場人物の言動・行動がどうにもちぐはぐだったり、今時誰もやんないようなベタベタな演出があったり(笑) わたくし一作目から平成ライダーを見ているので井上敏樹氏のことは少なからず評価しておりますが、今回はちょっと彼の悪い面が出ちゃったかなと。
ただこの『MOVIE大戦 オーズ編』、意識してかはどうかわかりませんが、井上ライダー集大成のようなところがあります。映児くんのキャラがまんま「アギト」津上翔一になってたり、クラシックが流れる中ライダーと怪人がとっくみあってるところは『555』の第八話のよう。あと甦ったばかりに信長が妙に純真なあたりは『キバ』の大ちゃん編を彷彿とさせます。ライダーに付き合いの長い方はそのあたりで楽しめるかも。

そしてクライマックスはご想像通り、偶然ばったり出くわしたライダーたちが共闘。地球の底へとラスボスを退治に向います。この辺がまた強引なんだよな~

110123_185448ちなみにわたしが見た回のお子様たちは大変お行儀がよく、上映中ずっと騒いだり暴れたりということはありませんでした。そんだけ夢中になるほどライダーが好きだ・・・ということならうれしいんですけど。わたしのお隣の坊ちゃんも概ね静かに見てましたが、途中二度だけ「アンク出てこないなー」「アンク出た!」とつぶやいてました。アンク子供に人気あるのね・・・ あんな凶悪面なのに。

それにしても最近年中やってる感のある仮面ライダーMOVIE。当然のように次の企画が出来ています。いまだ正式タイトルは決まっていないものの、「仮面ライダー40周年記念」と銘打たれたこの作品は4月上旬に公開。オラなんだかワクワクしてきたぞ! あとこの『MOVIE大戦 CORE』もまだ一部で上映中。もう終っちゃってるところも出てきたので、見損ねている方はお早めに!

|

« スコープ越しの戦場 サミュエル・マオス 『レバノン』 | Main | 新・ばったり倒れ野郎 中村誠 『チェブラーシカ』 »

Comments

伍一くん昨日は静岡からまたまた、ほんとありがとう。
ツイッターの感想からコメントまで、感謝!!

で、ええとごめんね、この映画にはコメできないのでスルー、、、bleah
関係ないコメしちゃって失礼☆
2時間の睡眠時間でよく頑張りましたsnow

「くらげくん」がもし万人ウケするなら「ゲルニカ」は万人受けしない作品だとは思うから
皆さんコメントに困るんじゃ??なんて思ってたんだけど、いい反応聞けて一安心、、、
(悪く言えないからおせじもあるかな)
ではまた鋭い伍一君の映画祭レポ、楽しみにしてるね〜。
今泉監督のも面白かったよね!

Posted by: mig | January 23, 2011 at 10:12 PM

伍一さん、

。。。織田信長が入っているなんて面白すぎます。
子供達が夢中で観ている姿って想像するだけでも素晴らしいです。
伍一さんも夢中になれたでしょうか?

仮面ライダーV3っていうの印象に残っています。仮面ライダーは弟が好きだったし。いまだに色々なシリーズがあるなんて、びっくり。

Posted by: まみっし | January 24, 2011 at 12:25 AM

>migさん

こんばんはー いやいや、また貴重な体験ができてホント楽しかった!
あとうちは基本的にどこにどんなコメントしてもOKだから。気にしないで~

わたしは『ゲルニカ』は万人うけ・・・とまではいかなくても、かなり多くの人にわかる作品だと思うよ。特に親しい誰かを亡くした経験のある人にはね
あと『くらげくん』と比較してみるといろいろ面白いな、と思ったりね。ま、その辺はおいおい記事に書きます。全然鋭くないし、記事にしてない映画が7本くらいあるのでちょっと時間かかるかもしれないけど、気長に待っててねcoldsweats01

Posted by: SGA屋伍一 | January 24, 2011 at 08:38 PM

>まみっしさん

こんばんは! こんな記事にコメントありがとうございますcoldsweats01
仮面ライダーについて語ると本当に長くなるのですが、私が最初にリアルで見たのは村上弘明さんが演じる八代目かな
2000年代に入ってからいろいろ新機軸が盛り込まれ、新たなブームを呼び起こしてるんですが、だんだん最初のころとの関係は希薄になってきちゃってます
最近の劇場版は作るのに時間をかけられないのか、ツッコミどころも多く、子供たちほどには夢中になれないのですが、ライダー映画鑑賞は自分にとって義務のようなものなので、ほぼ毎回行っております・・・

Posted by: SGA屋伍一 | January 24, 2011 at 08:44 PM

こんばんわ。織田&信長のノブです。。。

ぜんぶ読んだんだけど、、、ファウンデーション会長? さっぱり何が書いてあるのかわからなかったぜ。。。仮面ライダーも遠くにきたもんだ。。。

吉川晃司は小林旭じゃないですかね。まあ、仮面ライダーと同い年のボクも、6月下旬に40周年を迎えるんですよ。ブハハハハ。

「チャチャ」とか「チェチェ」とか歌ってたあのボクが銀幕デビューした、『あしたのジョー』 は2月11日ロードショーです、見てね(←しつこい)。。。

Posted by: 織田&信長 | January 24, 2011 at 11:21 PM

>織田&信長さん

うわ、戦国ファンからツッコミきた。。。 ってあなた裏山さんでしょー!
ようこそおいでくださいました。。。 み~ん。。。
そりゃ今回の映画、相当わけわかんないことになってるけど、昔のライダーも無茶な話いっぱいあったと思うよ。。。 『君の考えた怪人ショウカキング』とか。。。 みゅ~ん。。。

小林旭か。。。 ボク若いから渡り鳥とか旋風児マイトガイとか知りません。。。。 みょ~ん。。。。

み~んちゃん、そんな歳だったんですね。。。 もう、この
若作り! ジョーは見るつもりだったけど、二月もけっこう観たい映が多くてね。。。 マ、余裕があったら。。。 み~ん。。。

Posted by: SGA屋伍一 | January 25, 2011 at 11:12 PM

SGAさんこんばんわ♪コメント有難うございました♪

年末の恒例となりつつあるMOVIE大戦は昨年と今年のライダーがコラボする一粒で二度美味しいような作風なので、本来ならば歓喜も巻き起こる所ではあるのですが、やっぱり脚本が拙いと折角のコラボも台無しになっちゃいますよねぇ。個人的には今回もダブル・・・というよりは、今回もおやっさんだけが輝いていたように思えますcoldsweats01

オーズに到ってはまだ本編の方も見所が少ないせいもあってかイマイチな印象を持つのはしょうがないかもしれませんが、それでもそこに織田信長という強引キャラを加えてしまった事でますます悪化してしまったのはとても痛いですね・・。恐竜みたいなヤミーが出た事で新しいグリードがいるというのを示唆させるのは良かったですけど、出来ればカザリたちグリード組も混ざればちょっと面白かったかもしれません。


でもオーズの新コンボのタジャドルをいち早く観れたのは嬉しかったですね。予想通りのカッコ良さでしたし、串田ソングの神々しさにも少々吹いてしまいました(タ~ジャ~ド~ル~~♪)

Posted by: メビウス | January 25, 2011 at 11:46 PM

>メビウスさん

こんばんは。お返しありがとうございますhappy01
まあ子供たちは二大ヒーローが並んでるだけで大いに興奮すると思うのですが、大きなお友達としては(笑)もう少しちゃんとしたお話を期待したいところ
『電王&キバ』などもそうでしたが、結局共演パートがちょこっとしかないのもさびしい。まあ俳優さんのスケジュールの都合とかあるんでしょうけど・・・
おやっさんは輝いてましたね。頭も

オーズ編に信長公が出てきたのは、昔Xライダ-でアリカポネとかクモナポレオンとか、有名人にあやかった怪人が出てきたのを思い出しました。もしかしてその辺のオマージュだったのか?(ナイナイ)

タジャドルコンボはテレビではようやく来週登場ですね~ 果たしてアンクが野放しになってしまうのか、気になるところです

Posted by: SGA屋伍一 | January 26, 2011 at 08:34 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/50667344

Listed below are links to weblogs that reference 地中の花嫁 『仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat. スカル MOVIE 大戦 CORE』:

» 仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat.スカル/MOVIE大戦CORE [シネマをぶった斬りっ!!]
【監督】田崎竜太 【出演】吉川晃司/桐山漣/菅田将暉/山本ひかる/木ノ本嶺浩/山本太郎/渡部秀/三浦涼介/高田里穂/大口兼悟/君嶋麻耶/有末麻祐子/宇梶剛士/他 【公開日】2010/12.18 【製作】日...... [Read More]

Tracked on January 25, 2011 at 11:46 PM

« スコープ越しの戦場 サミュエル・マオス 『レバノン』 | Main | 新・ばったり倒れ野郎 中村誠 『チェブラーシカ』 »