« ジュードのロ-ンと重労働 ミゲル・サポクニック 『レポゼッション・メン』 | Main | 灯台もと暮らし 吉田修一・李相日 『悪人』 »

December 06, 2010

たった二人のロケ隊 ガース・ジェニングス 『リトル・ランボーズ』

101206_183414近年老いてなお、活躍著しいシルベスター・スタローン。そのスタローンがまたも「ランボー」の新作をひっさげて・・・ ってアレ? なんか違う? 失礼しました。スタローンは特殊な出演のみの『リトル・ランボーズ』、ご紹介いたします。

1982年のイギリス。ウィル少年は規律の厳しい教会で育てられ、テレビや映画を見ることを禁じられていた。ビデオを使った授業の際、外に出ていたウィルは、教室から追い出されていた悪童リー・カーターと知り合う。ひょんなことから彼の家に行く事になったウィルは、そこで衝撃を受ける。シルベスター・スタローン主演のアクション巨編『ランボー』(盗撮もの)を見てしまったのだ。それ以来ランボーにとりつかれてしまったウィルは、リー・カーターと一緒に『ランボウの息子』という映画を作り始める。

この映画を見てまず思ったことのひとつは、「映画は魔物だなあ」ということでした。それまで映像と関わらないようにしていた少年が、たった一本の映画を見ただけで、朝も夜もそのことが頭を離れなくなってしまう。度合いもあるでしょうが、映画好きの皆さんは少なからずこういう思い出があるのではないでしょうか。別にそれほど入れ込んでいたわけでもないのに、ある一つの作品と出合ってしまったために、以来すっかり映画の虜になってしまったということが。ウィル少年にとってのそれが『ランボー』だったというわけ。ちなみにわたしの場合は20代のころ見た『インデペンデンス・デイ』でした・・・ あーはずかし

そして映画の惑溺性は鑑賞だけではなく「作ること」にもあるようです。おとなしく親の言うことを聞いていたウィルが、『ランボウの息子』を撮るためにどんどんなりふりかまわなくなっていきます。実際彼らがアリモノとアイデアを駆使して自由に映像を撮っているところは、すごく楽しそう。自主映画を撮っている方の中には稼いだお金を次から次へとフィルムに注ぎ込んでしまう人も少なくないようですが、なんとなく彼らの気持ちがわかるような気がします。ていうか、貧乏しながらもそういうモノを作れる人たちが、正直羨ましいですね。


あと一つ気になったのは、どうしてこの映画の主なモチーフが『ランボー』なのかということ。『ランボー』ってそんなに子供の憧れるようなヒーローではないと思うんですよね。特に一作目は。なんせ社会のはみ出し者が警官たちを敵に回して、最後は結局刑務所行きという話ですから(きゃっ ネタバレしちゃったcoldsweats01
スーパーマンやジェダイの騎士のほうが、よっぽど「ヒーロー」と呼ぶにふさわしい。百歩ゆずって、同じランボーでも二作目だったらまだ納得がいきます。

ではなぜあえて一作目の『ランボー』を使ったのか。時代設定のせいもあると思いますが、自分はそのランボーがウィルやリー・カーターにとって自分を重ねやすい存在だったからでは、と考えます。
ウィルは好きなことをやりたいだけなのに、「悪魔がついた」というようなことを言われます。リー・カーターも悪戯のレベルがハンパじゃないため、教師たちから悪魔呼ばわりされたりします。しかし彼らはもちろん悪魔などではなく、大切な人に自分の気持ちをわかってほしいとずっと願っている、そんな寂しがりやの少年にすぎません。
ランボーも町の人たちや警察から恐ろしい殺人鬼のようなことを言われますが、彼とて別にすすんで誰かを殺したいわけではありません。国のために戦ってきたのに、その国が自分を拒絶している。そのことが悲しくてたまらないのです。
大きなランボーの物語は昨年ひとまず決着したようですが、果たして小さなランボーたちの思いは、母や兄のもとに届くのでしょうか。

80年代のイギリスの学校を覗くという点でも、なかなか興味深い作品でした。うーん。20年前の英国の少年少女たちも、けっこういろいろやってますね(笑) わたしの小中学校のころよりも前の話なのに、ずいぶん解放的なように感じられました。あとこういう学校を舞台にした話というのは、あまり主人公以外の学年というのはそれほど話に関わってこないものですが(代表例:ハリポ)、この映画では下級生の目から見た上級生の姿というのが色々出てきて、その辺も面白かったです。

101206_183436マメ知識をひとつ。作品のあるところで「ヤン・ピンカヴァ」という名前が出てきます。どっかで聞いたことある名だな・・・と思ったら、『レミーのおいしいレストラン』を途中まで作って監督を降りてしまった人でした。もしかしたら同姓同名の別人かもしれませんが、こんな変った名前の人そうそういないと思います。

『リトル・ランボーズ』は現在全国各地で上映中。東京まで見にいったのに、今日沼津でも上映することが明らかになりました。ま、いいのさ・・・


|

« ジュードのロ-ンと重労働 ミゲル・サポクニック 『レポゼッション・メン』 | Main | 灯台もと暮らし 吉田修一・李相日 『悪人』 »

Comments

伍一さん、

こういう映画って面白いですよね。映画作っているのを映画にしているという。。。。。

伍一さんの初っ端とり付かれた映画って『インディペンデンス・デイ』だったのですね。意外。ガンダム系では無かったという。。。。
私は子供の頃、一人で居た夜に怖くない様にテレビつけていたのにもかかわらず観てしまったドラキュラは、今も苦手な映画です。ある意味とり付かれていたかも。

Posted by: hino氏の義姉 | December 06, 2010 at 09:09 PM

私が初っ端取り付かれたのは『ライトスタッフ』か『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』かなぁ…。
子供の世界って大人が考えているより微妙なんですよね。この作品だって大人目線なら、別に仲間はずれにしてるわけじゃないし、仲良くやれよってなもんなんだけど、カーターからしたら仲間はずれ以上に疎外感を感じてたでしょうし。
ラストは反則です^^;

Posted by: KLY | December 06, 2010 at 11:10 PM

私が、映画に取り憑かれた作品はやっぱり「レイダース/失われたアーク」かなぁ〜。
インディに憧れたわけじゃないけど、考古学者にはちょっと憧れました(笑)
あと「スター・ウォーズ」はSF好きになったきっかけだったかも・・・。

さて、この作品子供たちが可愛かったですよねぇ〜。
なぜランボーなのかですが、もしかしたら2人とも父親が不在なので
めちゃ強い男!ってのを求めていたのかもしれませんね〜。
だから息子なのかなぁ〜って思いました。

Posted by: ルナ | December 07, 2010 at 12:03 AM

伍一くん、大寒波キンスコ☆
冷凍庫なみに寒いロンドンから・・・
「ランボウな息子」ちゃんたちの映画は、近くに森があったらもうランボーでしょうよ☆
スターウォーズじゃセットや衣装が大変だし、何しろ子供たちは機関銃が大好きだもの。
この週末息子の友達が4人泊まりにきて、そりゃあもう「ランボウな息子たち」でしたよ。
ビービー弾でお尻を撃ったり、プロレスやったり・・・
中1でこれだからねー

Posted by: ノルウェーまだ~む | December 07, 2010 at 05:42 PM

>まみっし姉さま

・・・とわたしも呼んでいいのかしら。一日遅れですいません

わたしもこういう先達にオマージュを捧げている作品は好きです。映画好きなら一層楽しめるというか。少し前のジャック・ブラック主演の『僕らのミライへ逆回転』という映画もそうでした。原題は『Be Kind Rewind』です

『ID4』はスクリーンで見た円盤のデカさに圧倒されてしまって。それ以来映画は基本映画館で見ないとな、と思ったのでした

姉様がおっしゃるのはとりつかれたというか、トラウマになった例ではないかしらcoldsweats01 わたしも幼い頃『マッドマックス2』を見て、軽くトラウマになったことがあります。今は『アポカリプト』なんかもノリノリで見られますが(笑)

Posted by: SGA屋伍一 | December 07, 2010 at 07:39 PM

>KLYさん

毎度ありがとうございますhappy01 さすがKLYさん。渋い入り口だなあ。そしてすいません・・・ 両方見てませんwobbly いや、絶賛の声はよく聞きますけどね。特に『ライトスタッフ』は

あ、そういえばウィルとカーターの友情のことは何も書いてなかったな。これもこの映画の重要なテーマなのに・・・
そう、子供って時々ひどく残酷になったりもしますよね。大人になってからそのことを後悔することもしばしば。この二人は後悔するようなことにならなくて、本当によかったです
わたしは最近は子供にいじらしいことを言わせるだけで反則と思うようになってしまいました。年を食うと涙もろくなるってことで・・・

Posted by: SGA屋伍一 | December 07, 2010 at 07:45 PM

>ルナさん

ご来訪ありがとうございますhappy01 わたしは『レイダース』は見たのはけっこう大きくなってからだなあ。もしかしたら『魔宮の伝説』の方が見たのはやいかも

『スターウォーズ』は生まれて初めて劇場で見た映画ですね。その時はお話が全然わからず(^^; でも『ID4』と同じ年に「特別篇」三作を見たのは、映画中毒を決定的なものにしてしまいました

なるほど。ランボーは二人の理想の父親像だったってことですね。そういえばウィルの家によくあがりこんでいたあのおじさんは、ランボーとは正反対のような男でしたねえ(笑)

Posted by: SGA屋伍一 | December 07, 2010 at 07:51 PM

>ノルウェーまだ~むさん

猛吹雪ンスコ~ こちらは12月だというのにほんのりあったかいです。異常だなあ。どうぞあったかくしてお過ごしください

なーるほど~ そういえばウチのオヤジなんかは昔森でターザンごっこや「少年王者」(知ってるかなーcoldsweats01)ごっこに興じたとよく言ってました
スターウォーズのライトセイバーなんかは交通整理の棒で割りと簡単に代用できるんですけどね。使えないムダ知識coldsweats01

中一のお子さんなんてまだまだそんなものですよ。全然普通です。その年でかっこつけてばっかりいる子のほうがむしろ気持ち悪いです。息子さんも楽しいお友達に恵まれてるようで、微笑ましいな~

Posted by: SGA屋伍一 | December 07, 2010 at 08:05 PM

これ、何故ランボーなのかは
やっぱり監督が大ファンだからでしょう!
(ってインタビューに書いてあったよ)

自分が思い入れある作品題材に撮るとしたら
同様に好きな映画にするよね。
コドモがランボーに憧れるって私も最初は疑問だったんだけど、監督本人がそうだったというならしょうがない?ね(笑)

とにかく、主演の子よりもカーターくんが良かったわ♪
次回、ハリポタじゃなくトワイライトじゃないし何だったかな、自分のとこには書いたんだけど
にも出るので、子役ウォッチャーとしては期待の新人くん!

Posted by: mig | December 08, 2010 at 11:10 AM

>migさん

こんばんは。お返しありがとうhappy01
そうか・・・ そんなに驚くべき意外な真相があったとは露知らず
じゃあボクも将来映画監督になったら、『リトル・仮面ライダーズ』とか、『リトル・キャシャーンズ』とか作っちゃおうかな!(むなしい)
やっぱり映画監督って羨ましいなあ。子供のころに憧れたヒーローを使って、こんな形でラブコールを送ることができるんだから

リー・カーターの子が今度出る映画は『ナルニア国 第3章』だと思うよ・・・ 眼中にないのねcoldsweats01
「スタンド・バイ・ミーのころのリバー・フェニックスに似てる」という意見を聞いて、なるほどと

Posted by: SGA屋伍一 | December 08, 2010 at 08:17 PM

おいっす。
『ランボー』に関わらず色々パロディがあったように思います。
リーと出会いのシーン、
リーは『大脱走』マックイーンだと思うのですが。
他にもあったような気がしますが覚えてません。
映画に詳しい人なら分かるのかしらん。

ちなみにボクの初っ端虜映画ってなんだろう?
サントラ買ったり、ノベライズ読んだところを見ると
やはり『スターウォーズ』と『ヤマト』でしょうかな。

Posted by: かに | December 10, 2010 at 05:45 PM

>かにさん

どもー
『大脱走』か・・・ 一応見たことあるんですけど、そのシーンは思い出せない・・・ 他のシーンは色々記憶にあるんですけどね。チャールズ・ブロンソンがトンネル掘ってて参っちゃうところとか

フランスのかっこつけ君が悪者をなぎたおすのは、ブルース・リーの真似なんでしょうかねえ

>やはり『スターウォーズ』と『ヤマト』でしょうかな。

王道ですねえ。『スターウォーズ』は公開当時「期待はずれだった」との意見も聞きますが、その影響力はやはり大きい

Posted by: SGA屋伍一 | December 10, 2010 at 09:12 PM

ランボースコーscissors

migちゃんの言う通り、
この作品、監督の監督のための監督による作品ってことでしょう〜。
そして、その世代が特に共感しちゃってるみたいな。。

取り憑かれコメ、楽しいね!
私が取り憑かれたのは、まさしくランボー。これは友達と初劇場観した作品だったの。
何度も言うけど、物悲しいテーマ曲が、ロッキーの曲より心に響いちゃってね(^^)
あとは、フィービーケイツとブルックシールズの作品に取り憑かれていました。

あ、娘が学校の授業で、E.T.を観たって!!
ナイト メア〜も観たそうよ。

今の学校、英語の時間にいいわね〜。


Posted by: hino | December 12, 2010 at 08:41 PM

>hinoさん

バイオレンスコ~scissors
そうですね。監督の『ランボー』に対する愛情がビンビンと伝わってきました。こんなに愛されて、スタローンもランボー冥利につきるというものでしょう!

ほほー 友達と初めて見にいった映画がこれだったんだ・・・ もっとほかになかったのですか!?(爆)
でもそうですね。傷だらけになったランボーがあのテーマ曲とともに連行されていくシーンは、今思い出しても胸に迫るものがあえいますね。実は原作(『たった一人の軍隊』デビッド・マレル著)では結末が違ったりするのですが・・・ ご存知でしたかな?

英語の授業にETやナイトメアを見せるとは、イキな学校だなあ。それにしてもhinoさんとお嬢さんとは、だいぶ映画の趣味が違うようで(笑)

Posted by: SGA屋伍一 | December 13, 2010 at 06:49 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/50228669

Listed below are links to weblogs that reference たった二人のロケ隊 ガース・ジェニングス 『リトル・ランボーズ』:

» リトル・ランボーズ [LOVE Cinemas 調布]
誰もが自分の子供時代を思い出すハートフルなヒューマンドラマ。「ランボー」が公開された1982年のイギリスを舞台に、映画作りに夢中になる2人の少年の心の変化を丁寧なタッチで描き出す。主演は新人のビル・ミルナーとウィル・ポールター。監督は『銀河ヒッチハイク・ガイド』のガース・ジェニングス。 ... [Read More]

Tracked on December 06, 2010 at 11:07 PM

» リトル・ランボーズ [ルナのシネマ缶]
子供と動物には 勝てないよねぇ〜。 子供たちが可愛いのよねー。 2人の少年たちは どちらも父親がいなくて 家庭環境は決して 良くはないんだけど なんか元気でいい! 1982年イギリス、厳格な宗教信仰の家庭に生まれ育った11歳の ウィル(ビル・ミルナー)はあらゆる娯楽を禁じられていた。 そんなある日、彼は学校一の問題児カーター(ウィル・ポールター)と 出会い、彼の家で生まれて初めて観た映画『ランボー』のとりこに。 「こんな映画を作りたい」という気持ちで結ばれた二人は、 見... [Read More]

Tracked on December 07, 2010 at 12:04 AM

» 映画「リトル・ランボーズ」初めて見た映画は「ランボー」だった [soramove]
「リトル・ランボーズ」★★★☆ ゾフィア・ブルックス、ニール・ダッジオン、タルラー・エヴァンス 出演 ガース・ジェニングス 監督、113分 、2010年11月6日より順次公開、 2007,フランス、イギリス,スタイルジャム (原題・作:Son of Rambow )                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「家庭が厳格な戒律を守るプリマス同胞協会で テレビも小説も、音楽も禁止という... [Read More]

Tracked on December 08, 2010 at 07:19 AM

» 『リトル・ランボーズ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「リトル・ランボーズ」□監督・脚本 ガース・ジェニングス□キャスト ビル・ミルナー、ウィル・ポールター、エド・ウェストウィック、ジュール・シトリュク、ゾフィア・ブルックス、ニール・ダッジェオン、タルラー・エバンス■鑑賞日 11月14日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>  ここにいる小さなランボーは、決して乱暴者ではない(笑) 幼い頃に見て聞いて衝撃を受けることは誰の幼少時代にも経験があるだろう。 この映画... [Read More]

Tracked on December 08, 2010 at 08:24 AM

» リトルランボーズ /SON OF RAMBOW [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね [Read More]

Tracked on December 08, 2010 at 11:06 AM

» 映画:リトル・ランボーズ [よしなしごと]
 12/10までで終わっちゃうと言うのでリトル・ランボーズを観てきましたが、16日まで延期ですって。仕事を早く切り上げて急ぐ必要もなかったかな。 [Read More]

Tracked on December 17, 2010 at 04:27 AM

» 【映画】リトル・ランボーズ [★紅茶屋ロンド★]
<リトル・ランボーズ を観て来ました> 原題:Son of Rambow 製作:2007年イギリス・フランス合作 ←クリックしてね。ランキング参加中♪ 題名からすでに観たいと思っていた作品! だって!ランボーで、リトルって!しかも画像を見ると小さな男の子がランボーの格好(コスプレ?)しているじゃないですかー!か、可愛いのなんの! 公開終了ギリギリで、観て来ました。映画館で観れて良かった。 1982年のイギリス。11歳の少年ウィルは、教会の厳しい規律で一切の娯楽を禁止されていた。 ある日、... [Read More]

Tracked on December 30, 2010 at 10:03 PM

» リトル・ランボーズ [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
リトル・ランボーズ’07:イギリス+フランス◆原題:SON OF RAMBOW◆監督:ガース・ジェニングス「銀河ヒッチハイク・ガイド」◆出演:ビル・ミルナー、ウィル・ポールター、ジェシカ・ス ... [Read More]

Tracked on May 19, 2011 at 09:57 AM

» ■映画『リトル・ランボーズ』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
「少年を主人公にしたイギリス映画には名作が多い」と言い張っている私。 この映画『リトル・ランボーズ』は、そんな私の仮説を見事に実証してくれている作品です。 なんと言っても、主人公の少年二人がいいんだよなぁ。 やせっぽちでひ弱な空想少年・ウィルと、ふてぶてしい... [Read More]

Tracked on May 29, 2011 at 10:21 PM

» リトル・ランボーズ (Son of Rambow) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ガース・ジェニングス 主演 ビル・ミルナー 2007年 フランス/イギリス/ドイツ映画 94分 ドラマ 採点★★★★ 子供の頃、『キングコング』でその面白さを知り『ランボー』にハマっちゃったことで、その後映画浸りの人生を送ることになっちゃった私。出会いっ…... [Read More]

Tracked on June 04, 2011 at 04:21 PM

« ジュードのロ-ンと重労働 ミゲル・サポクニック 『レポゼッション・メン』 | Main | 灯台もと暮らし 吉田修一・李相日 『悪人』 »