« 適当掲示板101&ボクの猫友達を紹介します2010  | Main | 鼻長男とバナナ人軍団/恐怖の科学実験  クリス・ルノー ピエール・コフィン 『怪盗グルーの月泥棒3D』 »

November 09, 2010

しみじみ飲めばしじみ汁 石井裕也 『川の底からこんにちは』

101109_182441首都圏からけっこう遅れて上映。そして既に終了。先日おめでたな話題でちょっと話題になった映画、『川の底からこんにちは』。まいります。

田舎から出てきて、東京でさえない生活を送っているOLの佐和子。5人目の彼氏の健一は、バツイチで子持ちで自分に甘甘な、これまたさえない男。そんな佐和子のもとにある日叔父から電話がかかってくる。しじみの出荷工場を営んでいた父が倒れたので、佐和子にそのあとを継げというのだ。仕方なく田舎に帰って慣れない仕事を始めた佐和子だったが、そこで働いているおばちゃんたちはクセモノぞろいで、佐和子は心労のあまりついつい酒量が増えてしまうのだった。

・・・・このストーリーを読む限りそんなに面白い話とは思えず、別段興味もなかったこの作品。しかし周りのブロガーさんでは絶賛する声も多く、わざわざ近場でやってくれるということもあって、半分だまされた気持ちになって行ってきました。
で、やっぱり驚くほど斬新であったり、感激のあまり滂沱の涙を流したということはありませんでしたが、なんつうかこう、ふんわか~とした面白さや安心感がありました。そう、この味わいは超絶美味というには程遠いけど、飲むとほんのりあったまるしじみ汁のそれとよく似ています。ハリウッドのわかりやすい火薬映画の合間にこういうの見ると、けっこう新鮮だったりします。

この映画にはいろんな種類のダメ人間が出てきます。というか、ほぼダメ人間しか出てきません。特に男どものダメっぷりは著しいです。手近な女には片っ端から手をつけてしまったり、あるいは自分のダメさ加減を全部他人のせいにしたり。まあ種類は違いますけど同じくダメ人間な自分としては、見ていて頭痛がしてきたほどです。
主人公の佐和子もまた、「どうせ自分は中の下だから」とすべてにおいてやる気がない、そんな性格です。そんな彼女のターニング・ポイントとなるのが、中盤のあるシーン。
折り合いの悪かった父が、雨の中必死に彼女のために怒る場面があります。そんな父の姿を見たせいか、以後彼女は「ダメだからしょうがない」のではなく、「ダメだからがんばらなきゃいけない」と思うようになります。

劇中でしきりに佐和子は「中の下」と繰り返しますが、このキーワードが映画全体のカラーであり、また監督の人間に対する見方でもあるような気がします。人間は誰でもウンコをしますし、色々すくいがたい部分も持ち合わせています。でもそれぞれに、それなりにいいところがあるわけで。たとえ申し訳程度だとしても(笑)
そんな監督の人間観を反映してか、作品も決して高尚ではなく。一番感動的であるはずの先にあげたシーンでさえ、お父さんのヅラがポロッと取れてしまったりする。悲劇と喜劇の境目というのは、本当にちょっとの差なんだなあ、と強く思わされました。

そんなわけで下ネタ・下シーンも色々ありましたが、主演の満島ひかりや、健一の連れ子を演じる相原綺羅ちゃんの可愛らしさが、作品をさわやかなものにしていました。特に満島嬢は変顔を惜しげもなく披露していますが、それがまた微妙に可愛らしい(笑)。今後の活躍が一層期待されます。

・・・・それにしてもこの映画を見た三日後に、そのひかりちゃんと石井監督が結婚してしまうとはねえ。石井監督は世に出るきっかけとなった『剥き出し日本』を撮るために「青春を犠牲にした」と語っていたそうですが、その価値は十分にあったんでないかい? 
ちくしょお! うらやましいぞ! このやろおおおおお!!

101109_182650そんな『川の底からこんにちは』は、まだ一部地域を細々と巡回中。石井監督がこの作品に出てくる男どものようでないことを、心から祈ります。


|

« 適当掲示板101&ボクの猫友達を紹介します2010  | Main | 鼻長男とバナナ人軍団/恐怖の科学実験  クリス・ルノー ピエール・コフィン 『怪盗グルーの月泥棒3D』 »

Comments

もうね、見てから大分経つのに社歌歌えるよ、それもアカペラで!
これ見て気に入って石井監督の作品3本ぐらいみたんですが、
やっぱりこれが一番でした。
ユーロスペースで終わったらシジミくれたんですよ(笑)
勿論その日はシジミ汁♪

Posted by: KLY | November 09, 2010 at 10:46 PM

>KLYさん

おはようございます。毎度ありがとうございますhappy01
それじゃ忘年会でデュエットしましょうか(笑) 「倒せ倒せ政府」のところで明らかに違う方向に行っていると思うのですが、本来労働歌というのはこういうものだったかもしれません(『ワルシャワ労働歌』とか)

ユーロスペースさんも粋なはからいをするなあ・・・ わたしも飲みたくなってきましたけど、ダシをとるのが面倒なのでインスタントのを飲んでるところ・・・

Posted by: SGA屋伍一 | November 10, 2010 at 07:15 AM

伍一くんこんばんは、
観てたのね!
わたしもその日はもちろんシジミ汁♪

それにしてもチュウのゲ、とか言ってるけど
満島ひかりちゃんのような可愛いお顔で言われても説得力無いわと思ったり(笑)

>「どうせ自分は中の下だから」とすべてにおいてやる気がない、

そうそうこれがわたしが最もイヤないい方で。
どうせ、とかヒガミとかそういう気持ちを持つってことが許せないの、もっと前向きにやる気ださないかいって(笑)
だから後半の頑張りには拍手喝采、で、
あのオバちゃんが良かったぁ。本物がショートフィルムの時に別の映画の舞台挨拶で見れて(オバちゃん)ちょっと嬉しかったbleah

Posted by: mig | November 14, 2010 at 12:24 AM

>migさん

こんばんは~ ご来訪ありがとうhappy01
ほほう、migさんもしじみ汁作れるんだ。家庭的だな~
確かにひかりちゃんのルックスは上の中くらいはいってるよね(笑) その辺の無理っぽさを演技で一生懸命カバーしてたような気がする

わたしゃどっちかというと諦めモードというか、この作品に出てくる「健一」みたいなタイプなので、ひかりちゃんの説教やmigさんのお言葉が耳に痛かったりするcoldsweats01 もっと前向きにがんばります~ そうそう、みんなやればできる子! マチェーテだってメール打てるんだし!

>本物がショートフィルムの時に別の映画の舞台挨拶で見れて(オバちゃん)ちょっと嬉しかった

へ~ でもあんまし羨ましくない(笑) それがひかりちゃんだったら話は別だけど

Posted by: SGA屋伍一 | November 15, 2010 at 08:06 PM

SGA屋伍一さん、ちょこっとお久しぶりです。

>なんつうかこう、ふんわか~とした面白さや安心感がありました。

今の時代ならではの“ゆるさ”と言うか、“普通に面白い”という印象でした。

昔はがむしゃらに頑張る事が美徳とされてきたけど、
今は大きな未来を夢見るよりも
現実の中で普通に頑張る人達が多い。
そういう庶民達への応援歌のように私は感じました。


P.S.
あの社歌は最高にスカッとしたけど、
さすがにあの歌詞では大手のシネコンで上映される事はないだろうな。(^-^;

Posted by: BC | November 20, 2010 at 10:17 PM

>BCさん

こんばんは。レスがちょっくら遅れてすいませんcoldsweats01
暗いニュースが多い時代ですが、わたしも元気を保つ秘訣を教えてもらった気がします。それこそ「来るなら来てみろ大不況」という心構えでいたいもの
石井監督も作品づくりにあたっていろいろ苦労されたようなので(資金捻出のために青春を犠牲にした、とか)、そういう庶民的な苦労が作品ににじみでていたと思います

あの社歌はブラックユーモアすれすれでしたねcoldsweats01 あの飛躍加減というか一風変ったセンスが面白いです

Posted by: SGA屋伍一 | November 22, 2010 at 09:01 PM

伍一くん、しじみ汁~☆
(あ、キンスコにならない・・・)
ロンドンで日本映画特集を劇場でやっていたので、観て来たよー
この映画好きだわ。
私も中の下だから、納得なっとく~
バレンタインに「恋の独占禁止法」があったとしてもなかったとしても関係なかったうちの息子にもこの映画を見せてあげたかったよー

Posted by: ノルウェーまだ~む | February 15, 2011 at 07:05 PM

>ノルウェーまだ~むさん

川のキンスコからこんばんは(笑)
実はわたし、ふつーに面白かったっていう程度だったんだけど、みなさん大絶賛ですよね。たぶん映画に詳しい人や実際に映画を撮ってる人だけわかる「なにか」があるんだと思いまふ。翔さんも「すごい才能」とおっしゃってたそうだし

それはともかく、大英帝国でゴージャスなまだ~む生活を送っている人は決して中の下ではないと思いまふ
あとこの映画、いろっぽいお姉さんがパンツ脱いでるシーンがあったでしょ? 息子さんにはまだ早い!

Posted by: SGA屋伍一 | February 15, 2011 at 09:19 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/49981999

Listed below are links to weblogs that reference しみじみ飲めばしじみ汁 石井裕也 『川の底からこんにちは』:

» バツイチの結婚式 [結婚相談室!結婚についてのあれこれをお教えします!]
バツイチの結婚式について書いて見ました。よかったら見てください。 [Read More]

Tracked on November 09, 2010 at 09:22 PM

» 川の底からこんにちは [LOVE Cinemas 調布]
第19回PFFスカラシップ作品。日本の新鋭映画監督・石井裕也の商業映画デビュー作だ。仕事も人生も「しょうがない」の一言で努力もせずに諦める、そんなヒロインが病気で倒父に代わって家業を継ぎ、悪戦苦闘を重ねながらも苦境に立ち向かう様子を描くヒューマンコメディだ。主演は『カケラ』の主演など今最も旬の満島ひかり。共演に岩松了、志賀廣太郎といったベテランも出演する。... [Read More]

Tracked on November 09, 2010 at 10:20 PM

» 川の底からこんにちは / SAWAKO DECIDES [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね [Read More]

Tracked on November 14, 2010 at 12:20 AM

» ●『川の底からこんにちは』● ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2009年:日本映画、石井裕也監督&脚本、満島ひかり、遠藤雅、志賀廣太郎、岩松了、相原綺羅、菅間勇、稲川美代子出演。 [Read More]

Tracked on November 19, 2010 at 07:45 AM

» 「川の底からこんにちは」中の下だから! [ノルウェー暮らし・イン・London]
♪かーわーの中っから~ぁ、こーんにちわぁ~♪ ICA(Institute of Contemporary Arts)の企画で行われた90年代後半日本映画特集で、かねてから観たかったこの映画「川の底からこんにちは」を観てきた。 泣きながら笑った! 今までこんな映画あった?... [Read More]

Tracked on February 15, 2011 at 05:58 PM

» 社歌を無限ループで聞く方法(川の底からこんにちは) [単館系]
上京して5年、仕事も恋愛もうまくいかず妥協した日々を送っていたOLの佐和子。そんな彼女の元に、父が末期がんで倒れたという知らせが届いた。佐和子は田舎に戻り、実家のしじみ工場を継ぐことに。 満島ひ...... [Read More]

Tracked on February 15, 2011 at 10:21 PM

» 「愛のむきだし / Love Exposure」「川の底からこんにちは」満島ひかりDAY [国内航空券【チケットカフェ】社長のあれこれ]
なんか連チャンで満島ひかりの日になっちゃったので感想書きます。 愛のむきだし/ Love Exposure ストーリーを書こうと思ったんだけど、書くとその無茶苦茶っぷりが際立ってしまい・・・ 両親の愛を知らない3人の若者、一人は父の愛を得ようと盗撮に走り変態と呼ばれ、... [Read More]

Tracked on February 28, 2011 at 01:13 AM

» 川の底からイルカ [Akira's VOICE]
「川の底からこんにちは」 「ザ・コーヴ」  [Read More]

Tracked on March 04, 2011 at 02:20 PM

» 川の底からこんにちは [シネマDVD・映画情報館]
川の底からこんにちは 上京して5年、仕事も恋愛もうまくいかず妥協した日々を送っていたOLの佐和子。そんな彼女の元に、父が末期がんで倒れたという知らせが届いた。佐和子は田舎に戻り、実家のしじみ工場を継ぐことに。しかし工場は倒産寸前で、パートで働くおばちゃんたちから......... [Read More]

Tracked on March 06, 2011 at 01:03 AM

» 映画「川の底からこんにちは」私ドーセ、中の下ですから [soramove]
「川の底からこんにちは」★★★☆WOWOWで鑑賞 満島ひかり、遠藤雅、相原綺羅、 志賀廣太郎、岩松了出演 石井裕也監督 112分、2010年5月1日公開 2009,日本,ユーロスペース (原作:原題:川の底からこんにちは ) >→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 「全身真っ白の姿で何かを歌ってる、 そのポスターやチラシの姿が強烈に印象に残り 気になってい... [Read More]

Tracked on August 31, 2011 at 10:34 PM

» 川の底からこんにちは [映画、言いたい放題!]
満島ひかりさんがあまり好きではないのですが、 この映画、評判が高いので観てみることにしました。 上京して5年目のOL・木村佐和子は、 目的がないまま、だらだらと毎日を送り、 バツイチで加代子という小さい娘がいる上司・新井健一と付き合っていた。 ある日、佐和子の... [Read More]

Tracked on December 02, 2011 at 02:40 PM

« 適当掲示板101&ボクの猫友達を紹介します2010  | Main | 鼻長男とバナナ人軍団/恐怖の科学実験  クリス・ルノー ピエール・コフィン 『怪盗グルーの月泥棒3D』 »