« 共産圏ひとりぼっち アゴタ・クリストフ 『ふたりの証拠』 | Main | ラスベガスでブッ潰れる トッド・フィリップス 『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』 »

September 20, 2010

ドラスティック・フォー ジョー・カーナハン 『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』

100920_18031880年代に人気を博したあのテレビドラマが、映画になって帰ってきた! でももう公開大体終っちゃったっぽい・・・(またかよ!)。えー、『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』ご紹介いたしますcoldsweats01

様々な特殊技能に長けた4人の精鋭からなるα部隊、通称「Aチーム」は、数多くの不可能と思えるミッションを、大胆な作戦で成功させてきた。イラク戦争末期、彼らは「ゲリラがドル紙幣の原版を持ち出そうとしている」との情報をキャッチ。ただちにその奪取に向うが、それは巧妙に仕組まれた罠であった。

実はオリジナルのテレビドラマは断片的にしか見たことがありません。日本版では「コング」と呼ばれていたモヒカンさんの「大統領だって殴ってみせるぜ!」という決め台詞が印象に残っているくらい。とりあえずウィキでオリジナルの方の項を見てみますと、今回の映画は直接的な続編というよりか、また一から作り直したリメイク作品のようであります。
そんななじみの薄いわたしがどうして見る気になったかというと、予告で見たらそりゃあもう高いところのシーンがいっぱい写っていたから。前にも書きましたけど、わたし高いところ大好きなんですよ。何とかと煙は高いところが好きとは、よくいったもんです。実際本編でも高いところから落ちかけたり、落ちたり、飛んだり、また落ちたりとそんなのばっかし。いやあ、大変見ごたえありました。

この辺でメンバーをざっと紹介しますと、まず天才軍師でリーダーのハンニバル。
ついで交渉や物資調達が担当のイケメン・フェイス。
さらに腕っ節と車関係が得意分野のB.A。いまどき見なくなったきりりとしたモヒカンがチャームポイント。
最後に天才的なパイロットの腕を持つマードック。
そんな四人が「俺たちは道理の通らぬ世の中に敢えて挑戦する、頼りになる神出鬼没の、『特攻野郎Aチーム』! 助けを借りたい時は、いつでも言ってくれ!」とババーンと見栄を切るわけです。うん、こりゃ確かに面白そうだ。ニ十年以上経ってようやく気がつきました。

四人組というのは、大体一人くらい子供だったり(ダルタニヤン)、守られる存在であったり(三蔵法師)、すぐ裏切ったり(峰不二子)と、オミソ的なメンバーが含まれているもの。しかしAチームにおいてはそういうお荷物は特に見当たりません。強いて言うならハンニバル以外の三名が、みな平等にチームの足をひっぱったりします。フェイスは美女を見るとすぐちょっかいを出すし、B.Aは飛行機恐怖症のため、任務の最中にパニックに陥ったりします。マードックにいたっては半分異常者のようなところがあり、そのエキセントリックな振る舞いでもってみんなを混乱させます。まあそんな欠点の目立つ連中が、肝心なときにはびしっと決めてくれるところが人気の秘密かもしれません。

あと見所としてはやっぱりハンニバルの組み立てる奇想天外な作戦でしょうか。エアバッグやら強力な磁石やら「?」と思うようなものを用意して、目を丸くするようなアクロバットを披露していくメンバーたち。わたしが一番たまげたのは、上空からパラシュートもついてない戦車で脱出して、どうやって着陸するのかと思ったら・・・・ いや、これは一応伏せときましょう。とにかく三分に一回は「そんなうまく行くわけねーだろ!」とつっこめること請け合いです。

100920_180343正義を貫くことは決して出世の役には立たないし、カネも儲からないということもよくわかる『特攻野郎Aチーム』(ザ・ムービー)。気になった方はDVDでぜひ。でもこれ劇場で見たほうが楽しいだろうなー(だから遅えっつーの)


|

« 共産圏ひとりぼっち アゴタ・クリストフ 『ふたりの証拠』 | Main | ラスベガスでブッ潰れる トッド・フィリップス 『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』 »

Comments

バカバカしさもここまで突き抜けたら何もいうことないです。
単純に爽快だったし面白かったなぁ。
ブラッドリー・クーパーって日本では一般的にいまひとつの知名度
だったけど、これでかなりの人に名前覚えてもらえたんじゃないで
すかね?^^

Posted by: KLY | September 20, 2010 at 09:07 PM

>KLYさん

真夏のビールのように喉ごしさわやかな映画でしたね(笑)
重厚で暗い映画を見たあとに、こういうのが欲しくなります

実はわたしこのすぐあとに『ハングオーバー』も観てるのですが、その時は両方にブラッドリー・クーパーが出てることに全く気がつきませんでした(笑)
フィルモグラフィー見ると主にラブコメが得意分野の方のようで。じゃあ知らないわけだ・・・

Posted by: SGA屋伍一 | September 20, 2010 at 09:33 PM

観たんですね~♪
私、こういう映画は大好きです!
何も考えないで観れる、スカッと爽快なアクション映画が性に合ってるの♪
是非続編を―と思っているんだけど、興行成績がイマイチみたいですね~
何でだろう?面白いのに。

>四人組というのは、大体一人くらい子供だったり(ダルタニヤン)、守られる存在であったり(三蔵法師)、すぐ裏切ったり(峰不二子)
あははあは、、、そう言われればそうですね~
他に4人組というと、、、何があるかな?
最近観たハングオーバーの4人組も面白かったし、やっぱり一人変なのがいましたよ(笑)

Posted by: 由香 | September 22, 2010 at 09:54 AM

そう、ハンニバルといえば断然レクターで、
同じくドラマ版は断片的に観たような観てないような・・・
とゆうカンジです。
同時期?の海外ドラマでは、なんといっても『ナイトライダー』が大好き。

奇想天外な作戦、何がどうなってんだか分からなくなってしまう
瞬間もあったりしたのだけど、そんなのどうでもよくなるくらい
爽快なアクションでとっても楽しかったです。
特に戦車のシーンは最高でしたね(笑)

特攻野郎とハングオーバー、同じようにハシゴしてたなんて
すごい偶然ですね!
『ハングオーバー』の感想もお待ちしておりますー
私も『カラフル』書かねば。。。

Posted by: kenko | September 22, 2010 at 06:52 PM

>由香さん

こちらにもありがとうございます!
わたしも月に一本はこういう頭を空っぽにできるような映画を見ないと、禁断症状に苦しめられます。いわゆるバカ映画依存症ですね
ちなみに先月は『プレデターズ』で、最近は『バイオハザード4』も見てしまいました・・・

KLYさんの情報によると、世界では小ヒットくらいはいったようですね。続きができるかどうかは五分五分ってところでしょうか

四人組は他にはオズの魔法使いとか、若草物語とか(爆)、あとアンタッチャブルとか。アメコミではなんといってもファンタスティック・フォー

実は『ハングオーバー』も見ました。記事書いたらおいおいお邪魔します。あの映画のモジャさんは足をひっぱるどころか元凶だったような・・・

Posted by: SGA屋伍一 | September 22, 2010 at 08:38 PM

>kenkoさん

こんばんは~ おかえしありがとうございます!
そうですね。特にkenkoさんにとっては、ハンニバルといったらレクター博士でしょうね。わたしもリーアム・ニーソンがいつ人肉を食いだすかとワクワク・・・じゃない、ヒヤヒヤしながら見てましたよ

わたしも『ナイトライダー』時々見てましたよ。ただウチのクラスでは断然『エアーウルフ』派が多くて、『ナイト』派のSくんはよく涙目になりながら『ナイト』の素晴らしさを語っておりました。そのうちこの二作もリメイク・映画化されたりして。そういえば『Aチーム』派は・・・いただろうか? 思い出せないwobbly

戦車のシーンは最高でしたね。最高すぎて他の場面をなかなか思い出せなくて困ります。あー、あと冒頭の飛行シーンの「ミサイルを振り切るには、熱源カット!」も素晴らしかったな

『ハングオーバー』は気力がもてば明日書きます・・・ kenkoさんの『カラフル』感想も楽しみにしてますよーhappy01

Posted by: SGA屋伍一 | September 22, 2010 at 08:52 PM

伍一っちゃんこんばんは☆

そうそう、私もこれ、あんまりもう印象のこってないわ〜
そもそもTVドラマシリーズだから、チャーリーズエンジェルのようなものかなっと思うケド
男版にしたとしても、もうちょっと突き抜けた面白さが欲しかったところ、、、
それぞれのキャラは良かったよね☆

Posted by: mig | September 23, 2010 at 01:25 AM

>migっちゃん

おはよっす。お返しどうもありがとうhappy01
そうだね。よくも悪くもテレビドラマっぽいところはあるかな
見ている間は楽しいけれど、特に残るものはない、みたいな(笑)
そういう映画も好きだけどね~
ただ『第9地区』の人のイカレっぷりと、戦車でかっとんでいくシーンはそれなりに突き抜けてた思うっす

チャーリーズ・エンジェルはエンジェルたちのコスプレが突き抜けていたなあ・・・ さすがにあちらはもう同じキャストでは無理かな?


Posted by: SGA屋伍一 | September 23, 2010 at 07:22 AM

こんばんは!

SGAさん 高いところ大好きなんだ~!
バンジージャンプとかスカイダイビングとかもお好き?
確かにこの作品,ありえない空中戦がてんこ盛りで
ハラハラしつつ大いに笑えてスカッとしました!

ハンニバル以外の3人は確かにそれぞれ弱点もあるキャラですが
ここぞというときは見事な連携プレーでキメてくれましたよね!
体力も気力も知力もみんな備えていて
バカなところも一流というのがとっても痛快でした!

Posted by: なな | September 23, 2010 at 08:24 PM

>ななさん

こんばんは。お返しありがとうございますhappy01
ええ、高いところ大好きですよー ただ上るのは好きですけど、バンジーとかダイビングは無理です・・・ はるか真下を見下ろしてビクビクするだけで十分ですね(チキン)

特攻野郎の皆さんはさすがにその辺なれたものですね。B・Aは飛行機はダメなくせに、高いところから飛び降りるのは平気でやってたなあ。あれ不思議だ

こういうチームプレイものというと、『ミッション・インポッシブル』を思い出しますね。ちゃんとチームプレイが仲良くかみ合っていたのは三作目くらいですが。あといま単館系でやってる『ミックマック』というのもそんなお話です

Posted by: SGA屋伍一 | September 24, 2010 at 06:59 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/49507578

Listed below are links to weblogs that reference ドラスティック・フォー ジョー・カーナハン 『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』:

» 特攻野郎Aチーム THE MOVIE [LOVE Cinemas 調布]
1980年代に大人気だった同名ドラマの映画版。元レンジャー部隊の4人“Aチーム”が常識外れの大暴れをする痛快アクションムービーだ。出演は『96時間』のリーアム・ニーソン、『ハングオーバー!』のブラッドリー・クーパー、『第9地区』のシャールト・コプリー、格闘家のクイントン・“ランペイジ”・ジャクソンら。監督は『フォース・カインド』の製作を務めたジョー・カーナハン。... [Read More]

Tracked on September 20, 2010 at 08:55 PM

» 特攻野郎Aチーム THE MOVIE [★YUKAの気ままな有閑日記★]
久しぶりに映画館に行って来ました〜  ≪お詫び≫ 〜多忙な日々が続いた上に体調まで崩してしまい、暫くブログを放置していました。  TBやコメントを頂いた方へのお返事が遅れて申し訳ありませんでした。  必ず順にお返事致しますので、どうぞ宜しくお願いします。〜【story】ハンニバル(リーアム・ニーソン)率いる特殊部隊員で編成されたAチームの精鋭たちが、ある陰謀に巻き込まれて逮捕される。だが、ハンニバルは、部下のフェイス(ブラッドリー・クーパー)やマードック(シャールト・コプリー)、B.A(クイントン・... [Read More]

Tracked on September 22, 2010 at 09:48 AM

» 特攻野郎AチームTHE MOVIE [C note]
特攻野郎とハングオーバー二本立て。 実際観るまで、両方にブラッドレイ・クーパーが [Read More]

Tracked on September 22, 2010 at 06:55 PM

» 特攻野郎Aチーム THE MOVIE / THE A-TEAM [我想一個人映画美的女人blog]
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 80年代大ヒットしたテレビシリーズの映画化{/kaminari/} 特攻野郎Aチーム。いわれなき罪でお尋ね者となってしまった米軍最強の特殊部隊の4人組のこと。 今月公開にあたって、試写にて鑑賞。 「チャーリーズエンジェル」のテレビ版は大好きでレンタルしてはよく観てたわたしでも、 こっちの男の子版は知らないけど日本で... [Read More]

Tracked on September 23, 2010 at 01:21 AM

» 特攻野郎Aチーム THE MOVIE [虎猫の気まぐれシネマ日記]
猛暑もストレスも,み~んなまとめてスカッと吹き飛ばしてくれる,痛快アクション・ムービー。すっごく面白かった! これ,アメリカのTVドラマシリーズの劇場版なんだってね。(もちろん未見&思い入れ無し)。イラク戦争だの,偽札の原板が何たらかんたらいうストーリーや作戦の,細かいことは完全には理解できなかった... [Read More]

Tracked on September 23, 2010 at 08:24 PM

» 映画「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」 [itchy1976の日記]
特攻野郎Aチーム THE MOVIE(映画.com) 「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」オフィシャルサイト 特攻野郎Aチーム THE MOVIE@ぴあ映画生活 特攻野郎Aチーム THE MOVIE - goo 映画 ○作品情報(映画.com) 原題:The A-Team 監督:ジョー・カーナハン 製作:ジュールズ・ダリー、アレックス・ヤング、イアイン・スミス、スティーブン・J・キャネル、スパイク・セルディン、トニー・スコット 製作総指揮:リドリー・スコット、マーク・シルベストリ、ロス・ファン... [Read More]

Tracked on September 24, 2010 at 08:11 PM

» 『特攻野郎AチームTHEMOVIE』(2010)/アメリカ [NiceOne!!]
原題:THEA-TEAM監督:ジョー・カーナハン出演:リーアム・ニーソン、ブラッドリー・クーパー、クイントン“ランペイジ”ジャクソン、シャルト・コプリー、ジェシカ・ビール、パトリッ... [Read More]

Tracked on September 25, 2010 at 10:12 AM

» 映画:特攻野郎Aチーム THE MOVIE [よしなしごと]
 昔懐かしアメリカのテレビドラマが劇場に戻ってきた特攻野郎Aチーム THE MOVIEを観てきました。。 [Read More]

Tracked on October 03, 2010 at 11:39 AM

» 特攻野郎Aチーム THE MOVIE (The A-Team) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ジョー・カーナハン 主演 リーアム・ニーソン 2010年 アメリカ映画 118分 アクション 採点★★★★ “アメリカン・ヒーロー”や“特捜刑事マイアミ・バイス”などの海外TVドラマはこのんで観ていたものの、そのあか抜けない感じからか、正直苦手だった“特…... [Read More]

Tracked on January 08, 2011 at 03:30 PM

» 特攻野郎Aチーム THE MOVIE [映画、言いたい放題!]
子供の頃、テレビシリーズの再放送を 特に妹はこの番組が大好きでした。 それが何故今頃映画に? でもちょっと楽しみ。(^^) 1年前、スミス大佐が率いる、 フェイス、B.A.やH・M・マードックからなる 元特殊部隊員で編成された精鋭たちの集団、Aチームは、 ある陰謀に... [Read More]

Tracked on January 20, 2011 at 01:18 PM

» 映画レビュー 「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」 [No Movie, No Life (映画・DVDレビュー)]
特攻野郎Aチーム THE MOVIE  原題:The A-Team 【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】 1980年代に日本でもTVシリーズが放映されていたが、ストーリーと俳優陣も一新し、オリジナル版として...... [Read More]

Tracked on March 26, 2011 at 04:16 PM

» デカいこと、ヤローぜ「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」 [Addict allcinema おすすめ映画レビュー]
[Read More]

Tracked on September 27, 2011 at 11:21 PM

« 共産圏ひとりぼっち アゴタ・クリストフ 『ふたりの証拠』 | Main | ラスベガスでブッ潰れる トッド・フィリップス 『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』 »