« ジェームス・ディ-ンとは関係ありません 神山健治 『東のエデン』 | Main | ニューヨークの王様 神山健治 『劇場版 東のエデンⅠ  The King of Eden』 »

June 07, 2010

ゲイは身を滅ぼす? グレン・フィカーラ ジョン・レクア 『フィリップ、君を愛してる!』

20080701182735あいしてるーってさーいきーん いわーなく なったのーはー

首都圏より二ヶ月ばかり遅れて上映(そしてもう終了)。『フィリップ、君を愛してる!』ご紹介いたします。

ゲイであることをひたかくしにしてきたスティーブンは、交通事故にあったことをきっかけに、自分に思い切り正直に生きることを決意する。だが恋人(もちろん男)と豪遊するうちに金が足りなくなったスティーブンは、詐欺の道に足を踏み入れる。最初はそれなりにうまくいっていたが、やがて発覚。ところが服役中のスティーブンに思いもかけない幸運が訪れる。所内でモロ好みの男性、フィリップとめぐりあったのだ。

冒頭に実にいかしたスーパーが入ります。「本当にあった話」。間をおいて「本当なんだってば」。
事実は小説よりも奇なりと申しますが、これがいかに突飛で馬鹿馬鹿しいお話であることをよく表している二文だと思いました。
ときどき興奮するとオネエ言葉が出てしまうので、一部の方からはゲイかと思われているかもしれませんけど、わたしは普通に女子が好きです。ゆえに「男同士の恋物語」にはやや腰がひけてしまうのですが、それでもなおこの映画には「見たい」と思わせるだけのものがありました。それは「脱獄」。

後半スティーブンは実に四度もの脱獄にチャレンジするのですが、脱獄ってそう簡単にできるもんじゃありませんよね。一体どんな方法でそいつに四度も成功したのか? いつか自分が何らかの理由で収監されたときに役立つかもしれない・・・ そんな風に思って鑑賞に踏み切りました。もちろんその辺も大いに楽しみましたが、見てみて一番印象に残ったのはスティーブン・ラッセルという人間の個性。本当にこの男、面白すぎです。

冒頭こそごく平凡な人生を歩んでいたはずなのに、とあることをきっかけにどんどん常人の人生から逸脱していくスティーブン。ハイテンションで、自由奔放で、次に何をやらかすのか予想もつきません。
あと脱獄や詐欺の才能には恵まれているのに、「保身」の才能がまるでなかったりします。その才能がちょっとでもあれば、逃げた端からまた捕まらなくても済んだだろうに。
まあ彼にはたとえ捕まる危険を冒してでも、どうしても恋人に伝えねばならないことがあったのですね。エキセントリックで嘘まみれな生き様の裏で、実はただ本当の「愛」がほしかった・・・ そんなごく人並みの願望を抱いているところが、また面白くもあり、物悲しくもあり。
「ゲイは金がかかる」とつぶやくスティーブン。わたしゃ門外漢ですけど、それはちょっと違うんじゃないかと思いました。実際彼が愛したフィリップは「お金なんかそんなにいらない」みたいなことを言ってましたし。
恐らく生活苦のために養子に出されたスティーブンは、「お金がなければ愛は失われてしまう」という思い込みでもあったんではないでしょうか。あと、人というのは自分にある種の才能があることに気づくと、そいつをいかしてしまいたくなるものです。たとえそれが詐欺の才能であっても。

以下、結末に若干触れています。未見の方はお気をつけください。

heart04
cloud
heart04
cloud
heart04
cloud

「自由に生きる!」ことを決意したスティーブンでしたが、皮肉なことにその生き方を追い求めた結果、彼が行き着くのは決まって刑務所。最後にはもっとも不自由極まりない生き方を強いられることになります。にも関わらず、ラストにおける彼の顔はとても晴れやかです。自由とは、状況の問題ではなく、精神の問題なのかもしれません。

100516_171234それにしても、確かに詐欺は悪いことですけど、誰も傷つけていない人間(叫び屋は別として)を、懲役167年ってい不公平じゃないですかねえ。彼は満足してるかもしれませんが、なんらかの恩赦でまたスティーブン・ラッセルが日の下に出られることを、わたしは願ってやみません。たぶんそしたら周りの人間は、またいろいろ迷惑をこうむることになるでしょうけど・・・

|

« ジェームス・ディ-ンとは関係ありません 神山健治 『東のエデン』 | Main | ニューヨークの王様 神山健治 『劇場版 東のエデンⅠ  The King of Eden』 »

Comments

こんばんはshine

そうそう、冒頭のスーパーいかしてますよね。
あのスーパーでもうこの映画好きだったかも。

ジム・キャリーとユアン・マクレガーがカップルってだけで
おもしろすぎるんだけど、脱獄のアイデアには脱帽。
これが映画的に脚色されたものじゃないなんて。

青空の下、笑いながら走り抜けるラストシーンには
拍手したくなっちゃいました。

Posted by: kenko | June 09, 2010 at 12:32 AM

>kenkoさん

おはようございます。毎度ありがとうございまするhappy01
冒頭のあのスーパー、まさに「つかみはOK!」というヤツでしたね
そして冒頭とラストがあの雲でつながるという・・・ セクハラかしら・・・

日本でも「絶対脱獄不可能」といわれた三つの刑務所から脱獄した方がいるんですけど(こないだ板尾さんが演じた人?)、その人の方法に比べると、スティーブンのやり方はかなりおバカというか、笑えます

これ、考えようによっちゃかなり悲惨な結末といえなくもないですけど、わたしもあの笑顔でだいぶ救われました・・・

Posted by: SGA屋伍一 | June 09, 2010 at 07:12 AM

はーい、ごいっちゃん。(笑)
TBコメありがとうー

この映画大好き。
実話ってところがまた凄いと思う☆
ジムも、珍しく可愛いユアンもハマってたし。

もう最近時間なくって〜sweat01

いよいよ明日でblog5周年、ゼロ年代映画、やろうと思ってたのに何にも考えてなかったweep
もし出来たら 読まないでおいた下の記事にあそびに行くね☆

Posted by: mig | June 14, 2010 at 09:44 PM

>migっちゃんさん

おはようござります。お返しありがとうhappy01
「実話をもとにした話」も本当にいろいろ見てきたけど、ここまで型破りな映画はちょっと思いつかないね・・・

ユアン・マクレガーは『トレイン・スポッティング』のころの情けない感じを思い出しました。そういえば、もともとはこういうナヨナヨっとした役が多かった気がする

一足先に五周年おめでとう。ゼロ年代ベストが完成するように祈ってます(笑) 18日もよろしく

Posted by: SGA屋伍一 | June 15, 2010 at 07:07 AM

お久しぶりです。
最近放置気味の拙ブログを心配してくださって
先日はご訪問ありがとうございました。
嬉しかったですよ~~

で,久々に作品が被ったのでお邪魔しました。
もちろんこれは私の好きなジャンルの作品なんですが
SGAさんは「脱獄」に惹かれて鑑賞とは・・・わははは。

しかしいろんな意味で面白く
万人が楽しめる作品ですよね。
これが実話っていうのが一番すごいですわ。

ゲイは金がかかる・・・って
私も違うな~って思いました。
ゲイでなくても相手によっちゃ金かかるし
つましいゲイもいますよねぇ・・・・。

Posted by: なな | November 17, 2010 at 08:47 PM

>ななさん

こんばんは~ 最近お疲れでしょうか。どうぞマイペースで・・・と言いつつも、なじみのブログの更新が乏しいのはさびしいものです。あ、でもホント無理されずに(どっちなんだ・・・)

いや、わたしはゲイ映画を映画館で見たのはこれが初めてかもしれない。でもゲイ映画というよりは、「一人の奇人の奇想天外な半生」として見ておりましたよ

ちょっと濃厚な描写もありましたがcoldsweats01、10人に9人はこのお話を知ったらおったまげると思います。上のコメントにも書きましたが、日本にも「昭和の脱獄王」と呼ばれた人がいたんですけどね。吉村昭さんがそれを題材に『破獄』という本を書いてます

ななさんのとりあげてたゲイ映画のレビューを見る限りでは、大抵のゲイカップルはつつましかった気がします。やはりお金でつながってるような愛は本当の愛ではないのよ!heart04 スティーブンはさすがにもうそれに気づいたでしょうか

Posted by: SGA屋伍一 | November 18, 2010 at 11:04 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/48568415

Listed below are links to weblogs that reference ゲイは身を滅ぼす? グレン・フィカーラ ジョン・レクア 『フィリップ、君を愛してる!』:

» フィリップ、きみを愛してる [C note]
「これは本当の話。本当だってば!」 と言われてもやっぱり「本当?」と聞き返したく [Read More]

Tracked on June 09, 2010 at 12:33 AM

» フィリップ、きみを愛してる! [LOVE Cinemas 調布]
リュック・ベッソン率いるヨーロッパ・コープ製作映画で、製作総指揮は当然ベッソン本人。刑務所で運命の出会いをしたゲイの2人を描いたハートフルなラブコメディだ。主演は『Disney's クリスマス・キャロル』のジム・キャリーと「スター・ウォーズ」シリーズのユアン・マクレガーという2大俳優が務める。監督はこれがデビュー作となるグレン・フィカーラとジョン・レクア。... [Read More]

Tracked on June 13, 2010 at 11:32 PM

» フィリップ、きみを愛してる! / I Love You Phillip Morris [我想一個人映画美的女人blog]
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click IQ169の天才詐欺師、ジム・キャリーと、 そんな彼に愛された心優しい男、ユアン・マクレガーがラブラブゲイカップル{/m_0139/} これサンダンス映画祭やカンヌ映画祭でお披露目されて話題に。 いつくるかとずーっと楽しみにしてました{/m_0158/} やっと来月日本上陸! ジムとユアンがカップルだなんて、それだけ... [Read More]

Tracked on June 14, 2010 at 09:45 PM

» 映画「フィリップ、きみを愛してる!」ジム・キャリーがほぼ出ずっぱり、やはり笑っちゃう [soramove]
「フィリップ、きみを愛してる!」★★★☆ ジム・キャリー、ユアン・マクレガー出演 グレン・フィカーラ、ジョン・レクア監督、97分 、2010年3月13日公開、2009,フランス,アスミック・エース (原題:I LOVE YOU PHILLIP MORRIS )                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 名古屋地区では公開は6/26(土)から始まったばかり、 今池という場所で分かりにくいが... [Read More]

Tracked on July 01, 2010 at 10:17 PM

» フィリップ、きみを愛してる! [★★むらの映画鑑賞メモ★★]
作品情報 タイトル:フィリップ、きみを愛してる! 制作:2009年・フランス 監督:グレン・フィカーラ、ジョン・レクア 出演:ジム・キャリー、ユアン・マクレガー、レスリー・マン、ロドリゴ・サントロほか あらすじ:愛する家族より自分らしく生きることを選んだ警官のスティーヴン(ジム・キャリー)。しかし、ボーイフレンドと派手な生活をするために詐欺師となり、あえなく刑務所行きに。そこで今度はフィリップ(ユアン・マクレガー)に一目ぼれし、自分は弁護士だとうそをつく。釈放後、晴れて幸せを手に入れた二人だったが、... [Read More]

Tracked on August 03, 2010 at 08:19 PM

» フィリップ、きみを愛してる! [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
フィリップ、きみを愛してる!09:フランス◆原題:I LOVE YOU PHILLIP MORRIS◆監督・脚本: ジョン・レクアグレン・フィカーラ「がんばれ!ベアーズ ニュー・シーズン」「バッドサンタ」 (共に脚本)◆出演: ジム・キャリー、ユアン・マクレガー 、ロドリゴ・サント....... [Read More]

Tracked on November 01, 2010 at 10:21 AM

» フィリップ、きみを愛してる! [虎猫の気まぐれシネマ日記]
ええ〜,これって実話[E:sign02] とまず仰天。たったひとこと「愛してる」と恋人に伝えたい,ただそれだけのために,性懲りもなく詐欺と脱獄を繰り返すIQ169の天才詐欺師スティーヴン。嘘みたいな彼のエピソードがみんな実話とは!実在のスティーブン・ラッセルは,実際に懲役167年を科せられて,今もテ... [Read More]

Tracked on November 17, 2010 at 08:48 PM

» フィリップ、きみを愛してる! [食はすべての源なり。]
フィリップ、きみを愛してる! ★★★★☆(★4つ) コメディ俳優といったらジム・キャリー。そして、ユアンマクレガーがまさかのゲイ役! IQ169 の天才詐欺師スティーヴンは、収容された刑務所で心やさしいフィリップに一目ぼれ。彼を幸せにするために詐欺を繰り返すが、再び投獄されてしまう。でも、たった一言「愛してる」と伝えたい一心で、スティーヴンは何度となく脱獄するが、自分も騙されていたと知ったフィリップは彼に会おうとしない。失意に暮れるスティーヴンは、人生を賭けた大勝負に出る…。 これ、本当に... [Read More]

Tracked on May 14, 2011 at 10:21 PM

» 『フィリップ、きみを愛してる!』'09・仏・米 [虎団Jr. 虎ックバック専用機]
アラフォーなのにユアン可愛すぎやん[E:happy02] もっと読む[E:dow [Read More]

Tracked on June 10, 2011 at 09:18 AM

« ジェームス・ディ-ンとは関係ありません 神山健治 『東のエデン』 | Main | ニューヨークの王様 神山健治 『劇場版 東のエデンⅠ  The King of Eden』 »