« 明日の映画の星新一 ショートショートフィルムフェスティバル アジア2010 A&J プログラムG 『Mr.バブルガム』ほか | Main | 適当掲示板97&体を夏にシテ過激にさあ行こう夏を制する者だけが恋を制するもう覚悟をきめちゃって »

June 26, 2010

おれは鉄製 ジョン・ファヴロー 『アイアンマン2』 ムダ知識編

100626_183746♪ドカッ ドカッといこうぜ おれは鉄製だい

それでは『アイアンマン2』。英語の読めないアメコミファンの立場から、原作と比較した使えないムダ知識披露させていただきます。完全ネタバレなのでご注意ください。一応まじめに語ってみた「解読編」はコチラ

☆アーマーの変遷
劇場版では1・・・ブリキロボ 2・・・原型・未塗装 3・・・塗装済み 4・・・3のマイナーチェンジ 5・・・携帯型 6・・・新エネルギー対応型のパワーアップ という流れでしたが、原作では1・・・ドラム缶に手足 2・・・金色のドラム缶 3~5・・・現在の原型 6・・・よりごつくなったパワーアップバージョン となっております
特に違うのはマーク2。マーク3開発時にまっ金金に塗られたアーマーが画像にだけ一瞬表れましたが、あれは原作版マーク2へのオマージュなのかも
あと映画版のマーク5。こういうのは原作にも出てきたのか? すいません、わかりません。ただ1990に作られたアニメのOPに、その原型らしきものを見ることができます
http://www.youtube.com/watch?v=4EgdKjZNu1k&NR=1
この動画の20秒あたり。寄せ木細工のようで味がありますね。
あと原作のマーク6も赤・銀の配色で胸のマークは三角なのですが、読者に不評だったため速攻で元の形に近いマーク7へと変えられてしまいました


☆ウィップラッシュ/ジャスティン・ハマー

すいません・・・ この人たちよくわかりません。わたしが知らないくらいだからたいした悪役じゃないと思います(ゴラア!)。ウィキペディアには一応彼らの項目があるので、お知りになりたい方はそちらへどうぞ。
その辺読んでみますと、ハマーはともかくウィップラッシュの方はややイメージが異なるような。
ファヴロー監督はウィップラッシュについて「『シン・シティ』のマーヴと『レスラー』のラムを足して割ったようなキャラにしたかった」と語ってますが、わたしにはどっちかといえば『ダークナイト』のジョーカーをたぶんに意識したようなキャラに思えました

☆ウォーマシン

すいません・・・ この人のこともよく知りません(おーい)。ただ原作では映画のようにマーク2を改修したものではなく、一から新規に作り起こしたものだったと思いました。
中の人のジム・ローデスは映画ではエリート風のお坊ちゃま、という印象ですが、原作では東南アジアでゲリラとバリバリ戦っていた歴戦の勇士です。

☆ブラック・ウィドウ

スカーレット・ヨハンソンが演じるスーパーヒロイン。スカーレットなのにブラックかよ! というツッコミはひとまずおいといて。
近代史にくわしい人であれば、本名「ナターシャ・ロマノフ」を聞いてピンとくるはず。そう、実は彼女はロシア最後の皇帝ニコライ二世の娘アナスタシアそのひと。いったい幾つなんだ!?
たしかソ連からのスパイとしてアメリカに送り込まれるも、デアデビルと戦ううちに正義に目覚めてアヴェンジャーズに加盟したんじゃなかったかな。幼少時ウルヴァリンに助けられた過去もあり。

☆ニック・フューリー

秘密諜報組織「シールド」の長。映画では黒人ですが、オリジナルは普通に白人。ただし別世界を舞台にした「アルティメット」シリーズでは黒人でした(ややこしい)
単体の作品を持たないものの、マーヴル・ユニバースを結び合わせるキャラである彼は、当然スパイダーマンやX-MENとも知り合いです。ただ基本的にお国の側の人間なため、NGOであるヒーローたちとは対立することもしばしば。
たしか15年くらい前パニッシャーに射殺されてたと思ったんですが、最近『アストニッシング X-MEN』(2004)というのを読んでみたら普通に生きてました。まあよくあることです。

☆スタークが新元素開発のために、「ちょっとこれを下に入れてくれ」とおもむろに引っ張り出す物体。それは伝説の戦士キャプテン・アメリカが常に愛用していた盾。・・・なぜそこにそんなもんがあるんだ!?
ちなみにキャプテン・アメリカとは第二次大戦時政府が特殊な血清により作り上げたスーパー・ソルジャー。大戦末期に北極付近で撃墜され、たぶん『アイアンマン2』の時点では極地で氷漬けになってるはず。
そんな彼の映画はノスタルジー職人ジョー・ジョンストンの手により、2011年7月に公開予定。たぶん第二次大戦時の話になるような気がします。

☆エンドクレジットのあと、意味ありげに砂漠に落ちていたごついハンマー。あのハンマーは、やはりアヴェンジャーズの一員である雷神ソーの持ち物。その高慢さゆえに、父オーディンの手で神々の世界から放逐されたソー。彼は足の不自由な青年に姿を変えられて平凡な生活を送っているが、自慢のハンマーを一振りするとたちまち元の威厳ある姿に変身する。
そんなソーさんの映画は2011年5月に公開予定。監督は古典アレンジの名手ケネス・ブラナー。
これまで一応現実にありそげな路線で(そうか?)やってきたアヴァンジャーズ・プロジェクトですが、この作品ではいきなり神様世界に突入してしまいます。

080822_115409とまあ自慢げにダラダラと語ってきましたが、公式見たらだいたい同じようなこと書いてあったよ・・・

『アイアンマン2』は現在全国の劇場で絶賛公開中。『告白』に押され気味なので、みなさんもっと応援してやってください!

|

« 明日の映画の星新一 ショートショートフィルムフェスティバル アジア2010 A&J プログラムG 『Mr.バブルガム』ほか | Main | 適当掲示板97&体を夏にシテ過激にさあ行こう夏を制する者だけが恋を制するもう覚悟をきめちゃって »

Comments

おー。
アベンジャーズについて、知ることができた!
ありがとーべりまっち。

Posted by: ボー | June 29, 2010 at 07:49 AM

SGAさんならではの知識いっぱいですね。

>キャプテン・アメリカが常に愛用していた盾

ほー!そうだったんだ。
そんなスゴイものをあんな風に使っちゃうなんて
さすがトニースタークですね。

エンドクレジット後のハンマーがなんなのか全然分からなくて
頭の中に?いっぱい。
キャプテンアメリカはまだしも雷神ソーって・・・
そういうアメコミヒーローがいること自体知らなかったしsweat02
まあアイアンマンも映画観るまで知らなかったけどcoldsweats01
来年は立て続けにアメコミものが公開されるようで楽しみです。

Posted by: kenko | June 29, 2010 at 02:18 PM

>ボーさん

こんなんでお役に立てたのなら嬉しいです
ちなみに1998(だったか?)公開されたレイフ・ファインズ主演の『アヴェンジャーズ』という映画は、こちらのアヴェンジャーズとはなんのかかわりもございません~

Posted by: SGA屋伍一 | June 29, 2010 at 07:54 PM

>kenkoさん

こちらにもどうもhappy01
あの盾の使い方は相当もったいないというか、バチアタリというか(笑)
国宝級の茶器でインスタントラーメン食ってるようなものです・・・
ちなみに先日亡くなられたデニス・ホッパーの代表作『イージー・ライダー』。あれでデニスさんの相棒が名乗っていた名がたしか「キャプテン・アメリカ」。間違いなくこのヒーローから取った名前でしょう

ソーは「トール」という名の方が通りがいいかも。『ニーベルンゲンの指輪』に出てくる神ですね。んで、彼の弟が『マスク』に出てくるロキです

トニー・スタークも最初『インクレディブル・ハルク』のラストに出てきたときは、みんな「誰これ?」と思ったでしょうねー その時に比べればだいぶ知名度があがったと思います

Posted by: SGA屋伍一 | June 29, 2010 at 08:08 PM

>アヴェンジャーズの一員である雷神ソーの持ち物
おや、、、神ですか?
っていうことは、、、どういうことになるんでしょう?(笑)

アベンジャーズについては何も知りませんが、とにかく楽しい映画がどんどん観られることを希望しています♪

Posted by: 由香 | July 07, 2010 at 11:52 PM

>由香さん

こちらにもありがとうございます~

>どうなるんでしょう?

うーん。日本風に例えるなら、スサノオの命が現代に転生して、「ぼく、傲慢だったな」と反省するような、そんな話になるかと
あるいはいま流行の漫画『聖☆お兄さん』の北欧版のような話になるかと思います

『アベンジャーズ』プロジェクト、当初の予定からもう二年遅れてるので、これ以上の延期がないといいんですが・・・

Posted by: SGA屋伍一 | July 08, 2010 at 07:38 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/48727000

Listed below are links to weblogs that reference おれは鉄製 ジョン・ファヴロー 『アイアンマン2』 ムダ知識編:

» アイアンマン2 [LOVE Cinemas 調布]
マーベルコミックの映画化で大ヒットした『アイアンマン』の第2弾。主人公トニー・スタークはもちろんこの人、ロバート・ダウニー・Jr。今回は自らをアイアンマンであると公表したスタークに新たな敵が襲い掛かる。敵役に『レスラー』のミッキー・ローク、謎の組織「シールド」のエージェントにスカーレット・ヨハンソンが出演。監督も前作に続きジョン・ファヴローが務める。... [Read More]

Tracked on June 26, 2010 at 10:10 PM

» アイアンマン2 [ルナのシネマ缶]
昨今の苦悩するヒーローが 多発する中、派手好き!女好き!な ナルちゃんヒーロー アイアンマンは、 こちらもお気楽に見れて 楽しめます。 今回は、「レスラー」で復活した ミッキー・ロークの悪役も なかなかでした。 自分がアイアンマンだと正体を公表した科学者兼経営者の トニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)は、 米軍からパワードスーツの提供を求められるが拒否する。 その頃モスクワでは、トニーに恨みを持つ ウィップラッシュ(ミッキー・ローク)が自家製のパワードスーツを ... [Read More]

Tracked on June 27, 2010 at 12:06 AM

» 「アイアンマン2」 [或る日の出来事]
アイアンマンとの初戦のミッキー・ロークが、プロレスラーに見える。 [Read More]

Tracked on June 29, 2010 at 07:50 AM

» アイアンマン2 [C note]
待ってた!みんな大好きトニー・スターク[E:heart] <あらすじ> アイアン [Read More]

Tracked on June 29, 2010 at 02:19 PM

» アイアンマン2 (ジャパンプレミア)/ IRON MAN 2 [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 全米で現在大ヒット公開中、キャストは前作同様どころか、更にパワーアップ{/m_0153/} 豪華なメンツ共演の続編、いよいよ日本上陸{/ee_3/} 2年前の前作が楽しめたし、トニー・スタークを演じるロバートさん大好きなので 楽しみにしてました{/heart_orange/} ジャパンプレミアなのにキャストは一人もこない続編{/warai/} それでも映像での日本に向けてのロ... [Read More]

Tracked on July 02, 2010 at 11:23 AM

» アイアンマン2 [★YUKAの気ままな有閑日記★]
『ゾディアック』の時は、な〜んとも思わなかったけれど、『アイアンマン』そして『シャーロック・ホームズ』でシッカリとハマってしまったロバート・ダウニー・Jrに会いた〜い【story】自らが“アイアンマン”であることを明かしたトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)だが、トニーの勝手なヒーロー行為は問題視され、国からパワードスーツの受け渡しを命じられる。そのニュースを憎悪に満ちた目で見つめる男“ウィップラッシュ”(ミッキー・ローク)は、一撃で金属を真っ二つにする武器を観につけ、トニーの前に現れる― ... [Read More]

Tracked on July 07, 2010 at 11:50 PM

» 映画:アイアンマン2 [よしなしごと]
 キヤノンの一眼レフカメラ、eos 5D mark IIが撮影で使用された映画、アイアンマン2を観てきました。 [Read More]

Tracked on July 26, 2010 at 07:20 PM

» アイアンマン2 (Iron Man 2) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ジョン・ファヴロー 主演 ロバート・ダウニー・Jr 2010年 アメリカ映画 124分 アクション 採点★★★ アメコミ自体はそんなに読んだことはないですが、アメコミ映画は結構好きで観ている私。まぁ、観た映画がたまたまコミック原作だっただけなんですが。に…... [Read More]

Tracked on October 23, 2010 at 01:26 PM

» アイアンマン2 [★★むらの映画鑑賞メモ★★]
作品情報 タイトル:アイアンマン2 制作:2010年・アメリカ 監督:ジョン・ファヴロー 出演:ロバート・ダウニー・Jr、グウィネス・パルトロー、ドン・チードル、スカーレット・ヨハンソン、サム・ロックウェル、ミッキー・ローク、サミュエル・L・ジャクソン あらすじ:パワード・スーツ受け渡しの国家命令を拒否した科学者兼経営者のトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)。ある日、トニーの前にウィップラッシュ(ミッキー・ローク)なるアイアンマンと互角のパワーを持つ敵が現れたことから、トニーは再びパワード・... [Read More]

Tracked on October 27, 2010 at 01:11 AM

» ヒーローになった男、トニー・スターク。次なる試練。「アイアンマン2」 [Addict allcinema おすすめ映画レビュー]
【関連記事】 「アイアンマン」映画レビュー アイアンマン壁紙 アイアンマン2壁紙 [Read More]

Tracked on November 19, 2011 at 01:18 PM

« 明日の映画の星新一 ショートショートフィルムフェスティバル アジア2010 A&J プログラムG 『Mr.バブルガム』ほか | Main | 適当掲示板97&体を夏にシテ過激にさあ行こう夏を制する者だけが恋を制するもう覚悟をきめちゃって »