« サイドでブロック ジョン・リー・ハンコック 『しあわせの隠れ場所』 | Main | 今日から半パイア ポール・ワイツ 『ダレン・シャン』 »

April 13, 2010

地球への遠い旅 『ギャラクティカ』

100413_184925これまた当ブログにしては珍しい~海外ドラマ記事。現在地上波にて第二シーズンが放映中の傑作SF『ギャラクティカ』ご紹介いたします。

時は遠未来。人類は宇宙広くに勢力範囲を広げていたが、自らが作り出した人工生命体「サイロン」の急襲を受け、あっという間に壊滅状態に。わずかに生き残った者たちはアダマ艦長と宇宙戦艦ギャラクティカを旗頭に、伝説となっている人類発祥の地・地球を探す長い旅に出る。

1978年、空前のスターウォーズ・ブームを受けて作られた一本のSFドラマがありました。日本では『宇宙空母ギャラクチカ』の名前で知られているそれです。ところが便乗モノの宿命ゆえか、このドラマ、あまりいい評判を聞いたことがありませんcoldsweats01 しかしまあそれなりにファンはいたようで、全21話が放映された後も劇場版や続編が作られました。

そして2003年。この「ギャラクティカ」を復活させようとするプロジェクトが立ち上がります。ただし今度は続編ではなく、設定を一から作り直した「リ・イマジニング版」で。パイロット版は大きな好評をもって迎えられ、やがて正式に放映されたテレビシリーズは「アメドラ史上最高傑作」とまでうたわれるようになります。
いやー、ブームにのっかって作られた作品の、そのまたリメイク版がここまで受けるとは、世の中わかんないもんですね。

さて、この新しい『ギャラクティカ』の特徴ですが、まず状況がものすごくシビア。必死の逃亡を続ける人類はサイロンの執拗な追撃を受けるわけですが、「全員が助かるには、○○人を犠牲にしなければなりません!」「じゃ、切捨て」「もちっと悩まんかい!」みたいなエピソードが頻発します。
ですがこのサバイバルな状況だからこそ、つかの間にふれあい、愛し合う人々たちの姿がとても感動的なのですね。

あと敵となる「サイロン」の設定も面白い。彼らは大きくわけてロボット型と人間型がいて、人間型はそれこそ本物の人間とまるで区別がつきません。何食わぬ顔をしてギャラクティカの内部にも忍び込んでいるのですが、そいつが誰で何人いるのかなかなか判明しません。これって海洋冒険小説のお約束的な展開ですよね。

そして魅力的なキャラクターたち。うじゃうじゃいるのでとりあえず本当に主だった8名をご紹介いたします。

☆ウィリアム・アダマ  ギャラクティカの艦長。還暦は過ぎたか、というくらいのおっさん。クルーのみんなから慕われる温厚な人物だが、時々切れたり物陰で泣いてたりすることも

☆ソール・タイ ギャラクティカの副艦長。それなりに能力もあり、艦長への忠誠は人一倍だが、性格にやや問題があるため、クルーたちの評判はよくない。っていうかかなり悪い

☆ローラ・ロズリン 政治家。これまたいい年のおばさん。乳がんで余命わずかなのだが、上の連中がそろってお亡くなりになってしまったため、大統領に任命されることに。

☆ガイアス・バルター 著名な科学者。実はそれと知らずにサイロンの手助けをしてしまい、人類壊滅の引き金をひいてしまった大罪人なのだが、今のとこまだみんなにはばれていない。罪の意識か始終サイロンの美女の妄想?と話していたりと、かなりあぶない人物

☆リー・アダマ(アポロ)  パイロットたちのリーダーで、アダマ艦長の息子。好人物で部下たちからの信頼も篤い。ただパパとはよくケンカする

☆カーラ・スレイス(スターバック) パイロット。暴れん坊でビッチ系だが、操縦の腕はピカイチ。昔アポロの弟と恋仲だった

☆シャロン・バレリー(ブーマー) パイロット。メカニックで部下のチロル(通称チーフ)と道ならぬ恋に落ちてしまい悩む

☆カール・アガソン(ヒロ) パイロット。自ら貧乏くじをひいて壊滅状態の惑星カプリカに残る。そこで意外な人物と会うことに。

この新生『ギャラクティカ』、既に本国では最終第4シーズンの放映が終了し、近々日本でもそのDVDが発売される予定。

100413_184955人気があるからといってダラダラ続けず、いいところでスパッと終わりした姿勢は見上げたものです。
ただそれでも、まだあと50話以上あるんだよね・・・・ わたし、最後までついていけるかしら? ここにそう願う。


|

« サイドでブロック ジョン・リー・ハンコック 『しあわせの隠れ場所』 | Main | 今日から半パイア ポール・ワイツ 『ダレン・シャン』 »

Comments

ギャラクティカ、まだ観てませーんsweat02
スタトレ好きだからきっと楽しめると思うんだけど・・・
最近『ドクターハウス』の第3シーズンが出たので
それを制覇したら着手しよーかなーーー
なんでアメドラって全部こんなに長いんでしょうか。

Posted by: kenko | April 15, 2010 at 07:54 PM

>kenkoさん

おはよっすhappy01
そういえばkenkoさんには何度かすすめましたっけ。でもkenkoさんもいろいろおっかけてる作品があるから大変ですよねcoldsweats01
この「人気があるうちはずっと続ける」というの、少年ジャンプの漫画みたいっすよね(笑) 人気がなくなるとすぐに打ち切るあたりもそっくり
『ギャラクティカ』も第四シーズンで終ったはずなのに、現在アメリカでは前日談が放映されてるそうです・・・

Posted by: SGA屋伍一 | April 16, 2010 at 07:45 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/48078543

Listed below are links to weblogs that reference 地球への遠い旅 『ギャラクティカ』:

« サイドでブロック ジョン・リー・ハンコック 『しあわせの隠れ場所』 | Main | 今日から半パイア ポール・ワイツ 『ダレン・シャン』 »