« 適当掲示板91&五周年記念:04年から08年に観た映画を振り返る | Main | 決定! 2009バカデミー賞! 幕下編 »

December 28, 2009

第六回SGA屋漫画文化賞

さあ、今年もこの時期がやってきました。第六回SGA屋漫画文化賞です。
2009年中にわたしが読んだ中で、特に面白かった漫画をジャンル別に勝手に表彰します。もちろん賞品・賞金は一切ございません。てゆーか、くれ

それでは張り切ってまいりましょう。

090123_171708少年漫画部門:荒川弘 『鋼の錬金術師』

いよいよ最終決戦の章を迎えた通称「ハガレン」。「2009年末か2010年初頭あたりに完結」と聞きましたが、予想通り今年中には終りませんでした(笑)
難敵を一人、また一人と退けていくエドと仲間たちですが、まだまだ戦いは終りそうにありません。ざっとみて、あと三巻くらい?
現在放映中のアニメ第二期もなかなかいい感じです。またしても原作より先に終っちゃいそうな予感・・・

20080224205847青年漫画部門:奥浩哉 『GANTZ』 

あはは・・・・ またこれですか! 青年漫画部門、三年連続の制覇です。
このまま連載終了まで居座ってたりしてね・・・(ありうる)
主人公玄野帰還の熱も冷めやらぬまま、一気にカタストロフィーへと向かう物語。2000年から続いているこの大河SFも、いよいよ終局が見えてまいりました。
再来年には二宮和也・松山ケンイチが演じる映画版も控えております。果たしてどうなりますことやら。


091228_124000少女漫画部門:高見まこ 『一十郎とお蘭さま』『仲蔵狂乱』

いやア、今年は本当に少女漫画を読んでなかったんですねー(いつもそんなに読んでないけど)
というわけで、「少女漫画テイスト溢れる」この二作品を。時代劇専門誌『乱』にて掲載されてました・されてます。
前者は「てめえ男のくせに、いちいちときめいてんじゃね~っ」とつっこみたくなったこともしばしばでしたが、不器用な欅一十郎の純情に泣かされましたでございます。後者は中村仲蔵の波乱の生涯を描いた作品。現在単行本一巻が発売中です。


20070815182237ギャグ漫画部門 大和田秀樹  『ガンダム創生』(『機動戦士ガンダムさん』から)

時は1979年。アニメーションの歴史を変えようと、一本の作品に情熱を傾ける男たちがいた・・・
のちに伝説となる『機動戦士ガンダム』の製作現場を、大和田氏お得意のハイテンションなノリで再現した作品。
今年ロカルノ映画祭で特別賞を授与された富野監督が、打ち切りを告げられて雨の町をさまようシーンは、涙なくしては読めない(なのになぜこの部門)


090810_122854翻訳部門 ジェフ・ローブ ティム・セール 『バットマン:ロング・ハロウィーン』

毎年毎年「今年もこれだけでしたよ・・・」と嘆き節だったアメコミ部門ですが、今年はなぜか例年になく再販・出版が相次ぎました。その中から一本選ぶとするなら、この作品を。
ゴッサムシティを舞台に繰り広げられる仁義なき戦い、もしくはフィルムノワール。映画『ダークナイト』に多大な影響を与えた作品でもあります。
世評高い『フロム・ヘル』はまだ未読。柳下さんごめんなさい。


091009_132119アニメ部門 今川泰宏 『真マジンガー 衝撃!Z編』

堂々完結?した『ガンダム00』にしようかとも思ったのですが、やはり我が郷土A海市を粉々にしてくれたこの作品を。
見覚えのある様々な景色がアニメになって出てくるというのは、滅多にできない経験でありました。
思いっきり続編につなぐような形で終ってしまいましたが、『グレート編』は実現するんでしょうか。


090317_174157大賞:小林まこと 『青春少年マガジン』

この漫画は昨年もとりあげましたが、その時点ではまだ単行本になってなかったんですね。そんでまとまってからちゃんと読み直してみたら、いかに素晴らしい作品であるか、あらためて気がつきました。
青春のすべて(ただし恋愛以外)が、この漫画につめこまれています。
これ、映画にしたいなあ。だれか機材とスタッフとお金を提供してくれないかなあ。


お次は映画ベストの方いってみます。

|

« 適当掲示板91&五周年記念:04年から08年に観た映画を振り返る | Main | 決定! 2009バカデミー賞! 幕下編 »

Comments

はぁ~っ
いくら不要模型譲って売ってもらったとはいえ
結局3年も何も出来ないし、精神的にしんどいから
泣く泣く手放すぇす事にしたら
メールで事情説明してにもかかわらず
譲った奴から何で掲示板で名指しで愚痴られないといかんの?
おSGA、こういう事あるから鉄道はややこしいんだよ。
と嘆いても仕方ないので・・・・・・。
>ハガレン
ダークな愉快さ、不条理なユーモアさが相変わらずすごい。
最新刊はまたしてもアレックスとイズミセンセの旦那が
筋肉的友情場面・・・・・・ははは。
>『一十郎とお蘭さま』
こっちはしっかり読んでいた(笑)。
『乱』毎月買ってるからね。
救われない回なんかでのフォロー役なマンガは
井伊がうろうろしてる「風雲児たち」ではなく(すまん)
「伊平さんちの女房」だったりする(笑)。

Posted by: | December 30, 2009 at 12:01 AM

>昨日の深夜にコメントをくださった方

名前も名乗らず、突然現れたあなたは誰?(このネタもいい加減使い古しだな・・・・)
かなりの確率でまさとしさんだと思うのですがどうでしょう。オレに解けない謎はない!

またまたせちがらいことがあったようで・・・ 胸中お察しします

ハガレン最近のテンションはすごいですよね! 一個前のマスタング大佐を思うみなの気持ち、そしてエンヴィーの最後には泣けたっす
イズミさんの旦那は錬金術使えないのになんであんあに強いんだ?(笑)

『一十郎』は毎回お約束のようにあった「あ~~~ッ お乱(蘭)さまspa」がクセになってつい(笑) どっちかってえといまやってる『仲蔵狂乱』の方が面白いけどね
そうそう、伊平さんのライバルいい味出してきたね

Posted by: SGA屋伍一 | December 30, 2009 at 04:59 PM

>昨日の深夜にコメントをくださった方
あっ、ココログって名前無しでもレスできるのかょ~。
SGAやん悪い、それ俺よ・・・・・悪かった。
でもよくぞ見破ってくださいました(笑)。
>マスタング大佐
どこか憎たらしい性格してる割には何故か俺は
奴が気に入ってるらしい・・・・・。

Posted by: まさとし3055 | December 30, 2009 at 10:20 PM

こんばんは!

そう、年末ギリギリにコミック本が出たんですよね!『仲蔵狂乱』。買わなきゃ~♪
おもしろいとは、期待がふくらみます。

Posted by: アンバー・タカコフスキー | December 30, 2009 at 11:41 PM

>まさとし3055さま

やはりあなたでしたか(笑)
そりゃあもう、長い付き合いですから
わたしも最近よく名前入れ忘れるので、人のことは言えないのです

>マスタング大佐

彼は根は素直ですからね
22巻でも結局はみんなの説得を聞き入れたし

Posted by: SGA屋伍一 | December 31, 2009 at 12:44 PM

>アンバー・タカコフスキーさま

こんちはっす。実はこないだ第一回から切り抜いて、持っていこうかとも思ったんですがね(笑) 単行本になったみたいなのでまあいいかな、と

こういう知られざる天才の話って、なんか興味がわくのですよ
読んだらぜひ感想聞かせてください♪

Posted by: SGA屋伍一 | December 31, 2009 at 12:52 PM

SGAさーん!新年あけましておめでとうございます!!
昨年もお世話になりました。今年もよろしくですheart
ようやくマンガベストを上げたので持ってきました。

ハガレンもそろそろ佳境なんですね。
完結したら読んでないところから全部買って、
イチから読みなおそうと思ってます。(最近のだめでそれをやった)
「GANTZ」もイッキに読みたいなあー
「フロムヘル」も興味あります。ジョニデ主演映画の原作?

映画の方は明日か明後日UPできれば・・・
またお邪魔しますね♪

Posted by: kenko | January 03, 2010 at 12:52 AM

>kenkoさま

こんばんは。本年もよろしくお願いいたしまする
漫画ベスト、お待ちしてましたよん

ハガレンはいまテンション高いですよー 作者の計算どおりにストーリーが流れていってる感じですね
わたしも完結したらまた読みなおそ

『GANTZ』は一昨年くらいに5冊分たっぷりつまった総集編が3号出たんです。あれでだいぶ助けられました(笑) 映画化で盛り上がる頃にまた出るんではないでしょうか

『フロム・ヘル』はその通りジョニデ映画の原作です。原作ファンからは映画の方、けっこう不評なんですよね。わたしゃ観てないんですが

それでは映画ベストの方もお待ちしてます!

Posted by: SGA屋伍一 | January 03, 2010 at 06:59 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/47140134

Listed below are links to weblogs that reference 第六回SGA屋漫画文化賞:

» 2009年に出会ったマンガ☆ベストテン [C note]
(↑ラムちゃん寅バージョン。一応) 新年あけおめでございます[E:fuji] 昨 [Read More]

Tracked on January 03, 2010 at 12:53 AM

« 適当掲示板91&五周年記念:04年から08年に観た映画を振り返る | Main | 決定! 2009バカデミー賞! 幕下編 »