« サムのがばいばあちゃん サム・ライミ 『スペル』 | Main | 天まで上がる ピート・ドクター 『カールじいさんの空飛ぶ家』 »

December 18, 2009

アポカリプトまであと三年 ローランド・エメリッヒ 『2012』

091205_125007おすが 「こんばんは! おすがです! 見ないなんてバカ!」
チーゴ 「こんばんは! チーゴです! 何その服! 全然似合ってない!」
おすが 「いやー、このコンビ久しぶりね。『紀元前一万年』以来? わしらエメリッヒ番かい!」
チーゴ 「そういうことですね。いやー、しかし今回も大傑作だったなあ」
おすが 「あんた一体何を見てたのよ! 大体今回発想からしておかしいのよ。なんでいまどきマヤ文明の予言なわけ?」
チーゴ 「それは黙示録とかノストラダムスはもうやってしまったからです。それにね、マヤを侮ってはいけませんよ。あの演技力は神がかり的です。恐ろしい子!」
おすが 「どこの子よ! 要するにちょっと上っ面を変えただけで、やってることはいつもと同じじゃない!」
チーゴ 「この時期は大衆がこういうのを求めてるんですよ。冬休みは地球が滅亡しないと物足りなくないですか? もはや風物詩ですよ風物詩」
おすが 「ちょちょちょっと! 公○に聞かれたらまずいわよ!wobbly あとさ、主人公がまた子連れの独身男。なんで最近のハリウッドのこの手の映画って、いっつもバツイチ男か男やもめなわけ?」
チーゴ 「さあ・・・ きっと合衆国憲法で決まってるんですよ・・・ それよりやはりこの映画の命は映像ですよ! このクラッシュ映像のきめ細かさは史上最高峰です!」
おすが 「うんまあね・・・ その点だけは認めてやってもいいわよ。ただそこにいたるまでがダラダラ長いのよね。それにこの異変に科学者が気がついて政府に直談判しに行くって流れ、『デイ・アフター・トゥモロー』とまったく同じじゃない!」
チーゴ 「そうですね・・・ その点に関してはわたしも認めます。今回ストの影響で脚本も自分で書かれたそうですから」
おすが 「道理で まあ脚本に関しちゃ思ったほど悪くはなかったかしら。よくもないけど」
チーゴ 「まあ冒頭の部分に関しちゃ、エメリッヒに慣れてる方だったら、最初の30分は寝ててもいいかも。携帯のアラームをオンにしといて」
おすが 「ほかのお客さんに迷惑でしょうが! あと映像がすごいのはわかるんだけど、走っていく地割れが明らかに主人公の逃げ足に合わせてくれてるわよね。その時点でもう『こいつは何があっても生き残るな』って読めちゃうのよね。結末が」
チーゴ 「だからこそ安心して見られるんじゃないですか! やっぱりみんな夏休み・冬休み映画にはそういう『お約束的』なものを求めてるのですよ。夏の『×××××』の評判がイマイチだったのは、その辺で裏切られたからです
おすが 「こじつけもそこまでいくと立派だわよ」
チーゴ 「あとこの映画はですね、主演をあの演技派ジョン・キューザックが務めてるんですよ! いやあ、今回も迫真の演技だったなあ」
おすが 「ジョンの輝かしい経歴に、汚点が着いてしまったわね・・・ 数年後には黒歴史じゃないかしら」
チーゴ 「大丈夫です! ジョンは『コン・エアー』にだって出てますから! それにね、この映画はいままでと違っていて、エメリッヒがアメリカの敗北を初めてはっきりと描いているんです。画期的じゃないですか! 恐らくこの作品が彼のターニング・ポイントになるでしょう」
おすが 「あいつの折り返し地点なんてどうだっていいわよ!」
チーゴ 「とにかく『2012』、今世紀始まって以来の大傑作です! こんなものやあんなものまで飛んできちゃいますよ! 見ないなんてバカ!」
おすが 「前と同じで恐縮だけど、くれぐれも自己責任で見てね・・・

20070901084004

|

« サムのがばいばあちゃん サム・ライミ 『スペル』 | Main | 天まで上がる ピート・ドクター 『カールじいさんの空飛ぶ家』 »

Comments

おSGA,地震大丈夫か?
ったく、こんなネタ書くから(違
あっ、すまん。
だから正直、クライシス(?)物は疲れた感がありますねえ。「アルマゲドン」は割と気に入ったが
「日本沈没」と「猿の惑星」は絶対見たくない映画になってしもうた。

それよりも「カールじいさんの空飛ぶ家」見た?
絵本読んだけど、これいいわ。ぼろぼろ泣いた。
と言う訳でレビュー書けよ(笑)。
追伸
風雲児たち長屋、あと少しでキリ番間近。

Posted by: まさとし3055 | December 19, 2009 at 01:19 AM

>まさとし3055さま

毎度心配どうもありがとうございますcoldsweats01

いやー、このネタは前から書こう書こうと思ってたんすよ。そしたら図らずもタイムリーなネタになってしまいました

わたしも「もう災害ものはいいよな」と思いつつも、この時期になるとついつい行ってしまいます。まあ何かしら新味がひとつでもあればいいんだよね
最近の方の『猿の惑星』は、わたしもその年のワースト1でしたよ(笑)

『カールじいさん』はもう見たんだわ。近々レビュー予定。いやー、よかった。まさとしさんも余裕あったら劇場で見てみて

長屋も最近顔出してないな・・・ いかんいかん

Posted by: SGA屋伍一 | December 19, 2009 at 09:37 PM

突然で申しわけありません。
現在2009年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。
投票は1/14(木)締切です。ふるってご参加いただくようよろしくお願いいたします。
日本インターネット映画大賞のURLはhttp://www.movieawards.jp/です。
なお、twitterも開設しましたので、フォローいただければ最新情報等配信する予定です(http://twitter.com/movieawards_jp)。

Posted by: 日本インターネット映画大賞 | December 21, 2009 at 09:17 AM

>日本インターネット映画大賞さま

毎年毎年こんな過疎ブログにまで来ていただいて、まことにありがとうございます。にも関わらず、毎度結局不参加で申し訳ありませんwobbly

あ・・・ 今年は割りと締め切り遅めかな? がんばって参加したいと思いますが、どうぞあまり期待せずお待ちください・・・

Posted by: SGA屋伍一 | December 21, 2009 at 08:50 PM

こんばんは。
いよいよ年末ですね~如何お過ごしでしょうか?

以前告白した記憶がありますが、私、デイ・アフター~もインデペンデンス・デイも好きなんです。何度も何度も観て、大津波のシーンに涙し、大統領の演説のシーンに涙しております。
ですから今回の2012のお話も、まぁ~こんなもんでしょ的な面持ちで優しく受け止め、大地震の映像に涙しました。ああ~なんて便利なんでしょう?単純ってことは。
あんな地割れで車が走っていること自体不自然でも、涙しながら、どの瞬間で自分は地の底に落ちたら楽だろうか、、、とか考えながら恐ろしさで震えたりしておりました、、、
きっとDVDを買って、何度も涙しながらスゴイ映像を観るでしょう・・・

ところで、そろそろ年末のベストを選ぶ季節ですね~SGA屋伍一さんの1位は何だろうなぁ~confident

Posted by: 由香 | December 21, 2009 at 10:51 PM

インターネット映画大賞、、、オレのとこに参加依頼が来ないんだけど。。。ブハハハハ。み~ん。。。てめえのブログ、読み返してみろよ!! ってことなのでしょうか。。。

>最初の30分は寝ててもいいかも。

こども連れてキャンプにいくとこだよね。あれはたしかにアイドリングタイムだったね。そういえばこないだ『キンゴジ』見直したら、ちゃんと映ってたよ、熱海城。ちゃんと壊れてたよ、熱海城。


Posted by: 裏山&インターネット映画大将 | December 21, 2009 at 11:48 PM

SGAさんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

夏休みの時期もそうですが、冬休み時期の年末とかもやっぱりなんにも考えずに楽しめる娯楽作品が邦画・洋画問わず多いような気もしますよね。この2012もそういう類の作品ですし内容も単純に観れば『世界オワタ』なので、11月なんていう寒暖も中途半端な時期なんかに公開なんかせず、それこそ12月ギリギリの週なんかに公開すれば、今年の終わりを世界オワタな作品で締め括るなんていうイカス(死語)鑑賞方法も出来たんじゃないかと思います。

でもディザスター系は終わりなんて言ってるエメリッヒですけど、マヤ文明以外にも滅亡ネタは世界中にたくさんありそうな気もしますから、3度の飯より破壊が大好きな監督がピン!と来た滅亡アイデアがあればまた飛び付く可能性大ですねw

Posted by: メビウス | December 22, 2009 at 12:19 AM

学期末とクリスマスイベントのため
自分ちの更新その他はほっからかし状態ですが
あんまりおもしろい記事なんでちょこっと遊びにきました~

最初の30分・・・私の場合は
観に行った日がちょうど「ワンピース」とやらの封切り日で
ソレ目当ての客がチケット売り場に長蛇の列で
この映画,上映時間に25分も遅れての鑑賞となりました。
チケット売り場のお姉さんが
「あの~,よろしいんですか?この映画,もう25分も過ぎてますけど」と
申し訳なさそうに言うのに,わたしはきっぱりと
「ええ,大丈夫です!この作品の場合は」
と胸を張って答えましたよ~

たしかに,冒頭部分なんか見逃しても,どってことはなかったです。
凄い映像だけ楽しんで帰りました~
DVDで再見することはないでしょう~

Posted by: なな | December 23, 2009 at 11:29 AM

>由香さま

こんばんはです。お返しありがとうございまする
昨日は東京に出て映画鑑賞→飲み会→ネカフェ難民ととても濃い一日でした。その反動で今日はずっと寝てました(笑)

実はわたしエメリッヒ大好きなんですよ。ツッコミどころが満載なのは承知なんですが、なんせ映画館に足しげく通うようになってのが彼の『インデペンデンス・デイ』でしたから。今は亡きオリオン座で見たっけ。懐かしいなあ、あそこでよく見た神奈川県民ニュース・・・
上の記事からはそんな歪んだ愛情を感じ取っていただけたら幸いです・・・・

あと「2012」は主人公の家族は限りなく安全でしたが、代わりにその他のキャラたちには容赦なかったですね・・・

年末ベスト、頭の中ではだいたい決まってます。思いっきり脱力してください(笑) 由香さんのも楽しみにしてますよー

Posted by: SGA屋伍一 | December 23, 2009 at 09:03 PM

>裏山&インターネット映画大賞さま

おばんざんす
インターネット(略)さん、我らが裏山さんをスルーしてしまうとは・・・グッジョブ!じゃなくて片手落ちですよ!

まあ世間的には「腕がぐんぐん伸びる!(略)」はガムブログ→アームブログ、時々お洒落な紀行ブログとして認知されているのでしょう

ところでなぜにいきなりキンゴジ(笑)。エメリッヒ→ゴジラという流れでしょうか。「ゴジラとキンちゃんが来た時はそりゃあもう大騒ぎで」と村の古老が話しておりましたよ。熱海城の再建もいろいろ大変だったみたいです。み~ん

Posted by: SGA屋伍一 | December 23, 2009 at 09:23 PM

>メビウスさま

こんばんはっす。お返しありがとうございますhappy01
「冬はやっぱり世界滅亡」 この言葉、流行らせたいですねー
昨年のいまごろは『地球が静止する日』と『D-WARS』あたりがやってたのかな。どっちもそりゃあひどい評判で(笑)
でもわたしは両方ともけっこう楽しめてしまったんですよね

ちなみに来月・再来月あたりは拡大系でも割と個性の強い作品が続きそうですよ

>今年の終わりを世界オワタな作品で締め括るなんていうイカス(死語)鑑賞方法も出来たんじゃないかと

ああ! 「終りよければすべて良し」ってヤツですね!(違)

ディザスターのネタもいい加減尽きてきたと思うけど、エメリッヒには引き続きがんばってほしいですね。あえてこのジャンルで(笑)
そういや『インデペンデンス・デイ2』の話はどうなったんだろ。流れた?

Posted by: SGA屋伍一 | December 23, 2009 at 09:31 PM

>ななさま

年末進行でめちゃめちゃ忙しいところ、おいでいただき本当にありがとうございます!

>冒頭部分なんか見逃しても,どってことはなかったです

あはははcoldsweats01 図らずもわたしの説が正しいことが証明されてしまいました
まあこの冒頭部分がたるい、というのはエメリッヒに限らず、ほとんどのディザスタームービーにも言えることですね
わたしもあえて「またDVDで最初から是非見て!」とは言いませんw

前にも書いたかもしれませんが、わたしんとこは劇場から遠いので、時々渋滞に巻き込まれて冒頭に間に合わないことがあります
今年は『ディファイアンス』と『チョコレートファイター』がそうでしたが、まあ予備知識があったせいでそれほど支障はありませんでした

ななさんも時々アクシデントに見舞われますね、『アイアンマン』の時もこれからってとこで途中退場でしたし・・・

Posted by: SGA屋伍一 | December 23, 2009 at 10:39 PM

おすがさん、ただいま!

まぁ!2012が大傑作ですって〜!?それ本気?(笑)

そっか、面白い
アポカリプトまであと3年なんだ?!
アポカリプトは面白かったけどなー。

メリークリスマス!xmas

Posted by: mig | December 24, 2009 at 10:52 PM

>migさま

おかえりなさい~ 

>それ本気?(笑)

わたしはいつだって本気です!(笑)
まあ大傑作というのは言いすぎかもしれませんが、普通に楽しかったですよ。だってバカなんだもんw

そう、三年後にはきっとこうなるんですよ・・・ 二年後も四年後も十年後も(ていうか毎年?)

それじゃ旅行記拝見させていただきますでやんすー

Posted by: SGA屋伍一 | December 26, 2009 at 12:25 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/47054994

Listed below are links to weblogs that reference アポカリプトまであと三年 ローランド・エメリッヒ 『2012』:

» 2012 [★YUKAの気ままな有閑日記★]
ローランド・エメリッヒ監督の『インデペンデンス・デイ』『デイ・アフター・トゥモロー』が好きですだから似た傾向であろうコチラにもちょっと期待していました〜【story】イエローストーン国立公園に子どもたちとキャンプに訪れたジャクソン(ジョン・キューザック)は、謎の男から“地球の滅亡”が間近に迫っていること、更に、その事実を世間に隠している各国政府は、密かに巨大船を製造し、限られた人間だけを脱出させる準備に着手していると知らされる。ほどなくしてロサンゼルスで史上最大規模の大地震が発生し、それは世界中へと... [Read More]

Tracked on December 21, 2009 at 10:39 PM

» 2012 [虎猫の気まぐれシネマ日記]
パブリック・エネミーズ目当てに劇場へ行き,空いた時間にもう一本観たのがこれ。時間の関係で吹き替え版を。エメリッヒ監督のディザスター・ムービー集大成なら,できれば劇場の大スクリーンで観るに限るから。まあ,いつものことでこの監督には映像以外はそんなに求めていないので,DVDで再見することはないと思って。... [Read More]

Tracked on December 23, 2009 at 11:30 AM

» 2012/ 2012 [我想一個人映画美的女人blog]
{/m_0220/}楽しめた方、エメリッヒファンの方は読まないで下さい{/m_0220/} ローランド・エメリッヒ監督といえばパニックもののCG大作を得意とする{/m_0151/} わたし、同じくエメリッヒの「デイ・アフタートゥモロー」駄目だったし、前作「紀元前1万年」もダメ、 関係ナイけど似たようなサディスターものとしては ミミ・レダーの「ディープ・インパクト」ダメだったから期待もしてなかったけど 今回もちょっとヤな予感したのよね、、、 随分前から宣伝してる、エメリッヒの新作の割に 渋谷ではわ... [Read More]

Tracked on December 24, 2009 at 10:52 PM

» 【映画】2012…正直ショボイストーリーとナイスな大迫力映像 [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
三連休も最後の日になっちゃいました… あ、三連休って書きましたけど、私は昨日お仕事でしたけど まずは、そんな仕事も含めた三連休中の近況報告から 2010年9月18日(土曜日)…この日は朝から嫁さんと特に目的は...... [Read More]

Tracked on November 29, 2010 at 01:56 PM

« サムのがばいばあちゃん サム・ライミ 『スペル』 | Main | 天まで上がる ピート・ドクター 『カールじいさんの空飛ぶ家』 »