« おいでませ魔神温泉 永井豪・今川泰宏 『真マジンガー 衝撃!Z編』 | Main | 失われた機械 ブラッド・シルバーリング 『マーシャル博士の恐竜ランド』 »

October 12, 2009

適当掲示板88&Wエジプト展報告&横浜探訪

毎度どうもっす。SGA屋伍一っす。ご意見そのほかありましたらこちらへどうぞ

さて、もう一ヶ月ほど前のことになりますが(笑)、横浜で開催されていた「海のエジプト展」ならびに上野で開催されていた「トリノ・エジプト展」見て参りました。その報告をば ・・・・両方、既に終了してますけどね・・・・

まずは「海のエジプト展」から

091012_1627512007010519091420080312163527091012_162632

 sun

 sun

 sun

 sun


真ん中二つは前に買った食玩。まあこんなものがあったということで。右端は会場限定ガチャガチャ。「オシリス・カノポス壷スノードーム」だそうです。

隆盛を誇りながらも、度重なる災害で水中へ消えたエジプトの都カノープス、ヘラクレイオン、アレキサンドリア。その海底から発掘した遺物が展示してありました。
一番インパクトがあったのは、巨大なハピ像、ファラオ像、王妃像。やっぱり~ 自分は~ でかいものが好きなので~ なんせ5メートルですから! 5メートル!

こんだけのものを、海底からうんこらせとひっぱりあげたダイバーさんたちの苦労にも感服いたしました。

他には木馬大のスフィンクスとか、首の取れた彫刻とかがけっこう多かったような気がします。


ついでに近隣のあちこちを観光してまいりました。

090912_150854090912_151820090912_161527090912_183930 
 mist

 mist

 mist

 mist


中でも感動したのが、横浜開港博で来日しておられた「ラ・マシン」の巨大グモさん。間近で見るには入場料を払って柵の向こうに行かねばならないのですけど、すぐそばにほどよい高さの歩道橋があるため、会場外からも普通に見られるという(笑)

実際かなり近くまで歩いてきてくれて、そのサービスには感激いたしました。ありがとう!開港博! そしてタダ見でごめんなさい!

さらにせっかく横浜に来たのだからということで、そこから馬車道や中華街にも足を伸ばしてみました。
馬車道というのは古い洋風建築が立ち並んでいるのかと思いきや、意外と普通の商店街でしたね・・・ まあそういう建物もチラホラとはありましたが。

そこいくと中華街はいかにも中華街でした。原色派手派手キラキラで、雑貨屋さんには怪しげで微妙な賞品がいっぱい。歩いていてなかなか退屈しないところでした


続きまして「トリノ・エジプト展」参ります。

091012_1631312007010519011020070105185533091012_162948
 leo

 leo

 leo

 leo

真ん中二つは例によってよその食玩。右端は会場限定山岸涼子ポストカード。

海のエジプト展』に比べれば、ちょいと小ぢんまりしてるんではないかな、と予想していたのですが、どうしてどうして。こちらも負けず劣らず見ごたえがありました。

展示品自体が貴重でヘンテコなものが多い、ということもありますが、鏡を使って一度に二つの角度から見られるようにしたり、照明をできるだけ抑え目にしたり、視覚効果にいろいろ工夫がしてあります。

個人的には以前読んだ『エジプト人』という小説でなじんだ名前やキーワードがそこかしこに見られたのが嬉しかったです。アメンへテプ、ホレムヘブ、テル・エル・アマルナ・・・・ それにツタンカーメンも。

あと印象に残ったものは「猫のミイラ」と、「子供のミイラ」。猫のはともかく、子供の方は胸に詰まるものがありました。こんなに幼くして子供を失ってしまったら、それこそ親はあの世にでも希望を託すしかないだろうな・・・と


090922_124332090922_133035 そのあと、例によって科学博物館の常設展を見て帰りました。

これで掲示板85であげていたイベントは大体消化できたかなー 幕張メッセに来ていた36メートルのマメンチサウルスが見られなかったことだけが、心残りです。

現在開催中のものとしては、やはり上野の「古代カルタゴとローマ展」、六本木でやってる「ハプスブルグ展」などが面白そうです。ただこれから忙しくなる時期。見に行けるかな~

|

« おいでませ魔神温泉 永井豪・今川泰宏 『真マジンガー 衝撃!Z編』 | Main | 失われた機械 ブラッド・シルバーリング 『マーシャル博士の恐竜ランド』 »

Comments

きみぃ!! ダメじゃないか!! ラ・マシンをタダ見しちゃ!! 

まあ、ボクもいつも熱海海上花火大会は、タダ見してるけど。。。

一昨日、また宝塚いってね、手塚記念館もまた行ったんだけど、こないだあんまり時間なくて。で、展示品見てて気づいたんだけど、89年の横浜博(それなりに成功した方)のキャラって、手塚っちがデザインしてんだよね。OPENの頃には先生、お亡くなりになってたけど。。。

Posted by: 裏山Y150。。。 | October 13, 2009 at 12:10 AM

>裏山Y150さま

こんばんみ~ん。まだつながってる?

開港博にはもうしわけない気持ちでいっぱいです・・・ でも入場料二千ナンボは、やっぱりちょっと高いなあ。五百円だったらきっと払ったよ!

横浜泊! じゃなくて博! あったあった。高校のころ遠足?で行きましたよー たしか略して『YES』とか称してなかったっけ?
同時期に『花博』というのもあったもんで、どっちになにがあったのかさっぱりわからなくなってますけど

Posted by: SGA屋伍一 | October 13, 2009 at 07:55 PM

最近、車のコミュニティーにも出没してるまさとしです。
「みんカラ」というサイトでしっかりホンダリアンになってます。
>五百円だったらきっと払ったよ!
なんちゅうタイミングで・・・・・・・・金銭ネタが被った。
24,25日に鈴鹿サーキットでホンダの
お祭り「エンジョイホンダ」が
あるんだけど、参加用チケットはディーラーで売っていて
サーキットは通常1500円(参加は出来るけど抽選は不可)
のところ500円で入れる上に抽選会に
参加できたり遊園地入園料無料という特典。
がしか~し、新車購入した
売上げに貢献した私には声はかからず
チケット売り切れ・・・・・・・。
しかもヤフオクにチケット出ている件は
スゲェ割り切れねぇ・・・・。
チクッと抗議はしたいねぇ・・・・・・。
新参者は無視かね・・・・・と
それからここはSGAやんの愛車
と同じ形の人も参加しているかもしれません。
探してみてください。
活火山さんと連絡取ってるんだけど
時間合えば行くついでに
お会いしてこようかな。
語る会不参加組だから・・・・・。
>『花博』
失敬な(笑)、大阪の鶴見緑地であったんだってば!
エキスポランドの潰れた原因となった乗り物は
花博が最初でした。俺も乗ったよ。
このところ平日以外はクルマで移動が殆どと成りました。
鉄道も使うところを選ぶように成りました。
これが正しいパークアンドライドだ(笑)。
では。

Posted by: まさとし3055 | October 15, 2009 at 11:23 PM

>まさとし3055さま

おいでませhappy01
すっかりインサイトにはまっておられるようですね

自分のラパン(姉からのお下がりcoldsweats01)は、こないだ三回目の車検に出しました。もう九万五千キロほど走ってるのですが、せめてもう一回はがんばってほしいところ
タイミングベルトを変えなくてよかったので(チェーンなので)、一応七万くらいでおさまってホッとしてます
まさとしさんのインサイトも末永く走り続けられますよう

イベントに参加できなかったのは残念でしたね。あんまし入場制限のあるイベントには参加したことないんですけど、入手困難なチケットがすぐにヤフオクにあがるってのは理不尽このうえありませんな・・・
ちょっと前には、ライダー系のフィギュアSICでもよくそんなことがったけど

>大阪の鶴見緑地であったんだってば!

ありゃそうだったんだっけ(笑) ごめんなさい。実は開催場所もよく覚えてなくてcoldsweats01
イメージソングがチャゲアスの『DO YA DO』だったのは覚えてる。当時ファンだったから(笑)

わたしも移動はほとんどバイクか車だけど、明日は東京まで東海道線&小田急線で行ってきます。首都高はおっかないからwobbly

Posted by: SGA屋伍一 | October 16, 2009 at 08:58 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/46467087

Listed below are links to weblogs that reference 適当掲示板88&Wエジプト展報告&横浜探訪:

« おいでませ魔神温泉 永井豪・今川泰宏 『真マジンガー 衝撃!Z編』 | Main | 失われた機械 ブラッド・シルバーリング 『マーシャル博士の恐竜ランド』 »