« 野生、在れ ジャック・ロンドン 『荒野の呼び声』 | Main | 11人の平成ライダー 『仮面ライダーディケイド』を語る③ »

September 15, 2009

21世紀中年 堤幸彦 『20世紀少年 最終章 ぼくらの旗』

090915_120131♪ぐ~たらんら~ す~だらんら~

世界中で殺人ウィルスがばらまかれ、膨大な数の人命が失われてから数年後。「ともだち」の支配はさらに力を増し、彼は実質世界の支配者となっていた。
災厄を生き残ったカンナは「ともだち」と雌雄を決すべく、武装集団を率いて決死の覚悟を固める。そんな彼女の前に、再び姿を現したオッチョは言った。「ケンジは生きているかもしれない・・・・」
そしていびつに作り変えられた東京に、グータラ節が高らかに鳴り響く・・・・

昨年の晩夏から始まった『20世紀少年』映画版もいつのまにやら最終章。時の経つのは早いものです・・・
今回は結末からなにから完バレしてますので、未見の方はどうぞ避難を。ついでに書いておくと第一章のレビューはコチラ。第二章のレビューはコチラ。原作の解説はコチラでありんす。

うろ覚えですけど、『スクリーム』のオタク君が言うには第3作のセオリーは、「シリーズの原点に立ち返り、全ての謎が明らかにされる」というものじゃなかったかな。その点で言えばこの最終章、まんずまんずの出来ではなかったでしょうか。
「原点に立ち返る」という点では第一作の主人公であるケンジがカムバックしますし、「血のおおみそか」をもたらした巨大ロボット(笑)も再び姿を現します。そんで「全ての謎が明らかにされる」という点では、最大の謎である「ともだちの正体」を含めて、ほとんど全ての真相が明かされたような気がします。というか、細かい謎はよる年波のせいか、もう忘れました(笑)
今回解説場面において、「ドクター山根」なる人名が出てきましたが、とっさに誰だか思い出せませんでしたし・・・ 年はとりたくないものですね・・・

不満もそれなりにあります。一番の不満は「最後の希望」と言われてたカンナが、クライマックスにおいてどんな活躍をするかと期待してたら、ただ会場でケンジを待ってるだけだったこと。できたらケンジと一緒に「ともだち」を倒すのに一役買ってほしかったなあ。まあ彼女の役割は戦うことではなく、「できるだけ多くの人をウィルスから守ること」だったのかもしれませんが。

しかしまあ先にも述べたように、巨大ロボットの再登場にはかなり楽しんでしまいましたし。やっぱわたしにとって『20世紀少年』は東宝の怪獣・怪人映画の系譜につらなるものなので。正直言うと背景が暗闇だった一作目の時の方が迫力があったような気もしますけど、オマケにUFOも飛んでるので足して合格というとこでしょうか。

そんな風に「ま。いいんじゃないの」的な評価だった最終章ですが、見終わってから数日後も、やけに強く記憶に残る場面がありました。それはエンドロール後のケンジの回想?場面。それも特に最後の最後あたりのところです。

中学校の窓の外から、一人身を投げようとする仮面の少年。その彼の耳に、突然T-REXの『20世紀少年』が響きます。彼が屋上に行くと、そこには寝そべっているかつてのケンジがいました。「ねえ、ともだちになってくれる?」 そう一方的に問いかけ、少年はそこをあとにします。しかし彼の前にもう一人のケンジが現れ、こう言いました。「お前、それでいいのか? もう一度行って、そのお面を外せ・・・」

十代の少年少女が一番気になることと言ったら、それは同年代の友達からどう見られているか、ということ。馬鹿にされたくない、嫌われたくない・・・ その一心で自分を殺し、いつも仮面をつけているように感じられる子もいることでしょう。でもそうして出来た「ともだち」というのは、本当の友達と言えるのでしょうか。
たとえ数は少なくても、仮面をつけなくてもいい・・・遠慮なく話せて、いつも素のままでいられる・・・ そんな友達こそが、真の友達だと、わたしは思います。また、そういう友達と出会えることは何にも勝る宝であります。

この場面はタイムスリップではなく、ヴァーチャル体験でしかありません。だからケンジがなにをやったところで悲劇を防げるわけではなく、彼が過去の過ちを再認識するだけのことなのですが。
それでもこのラストに、とても心安らぐものを感じました。

090915_120202世間の評価は決して高くないようですが(笑)、興行的には大成功のようですし、制作陣もほっと一息というとこでしょうか。
いろいろネタを探すのも大変でしょうけど、邦画界に次なる花火を期待いたします。

|

« 野生、在れ ジャック・ロンドン 『荒野の呼び声』 | Main | 11人の平成ライダー 『仮面ライダーディケイド』を語る③ »

Comments

こんばんは!
そう言えば、最後の希望と言っていたわりには、
カンナは活躍しませんでしたねぇ〜(笑)
まあ、最終章ってことで詰め込みすぎたので
しかたないかもしれませんが・・・・。
私も友達はなってくれ!って言われてなるものではないと
いう気がします。

Posted by: ルナ | September 16, 2009 at 12:38 AM

>ルナさま

ご来訪ありがとうございますhappy01

カンナは第二部で元気のいい暴れっぷりを見せてくれたので、今回はどんな活躍を見せてくれるのかな~と思っていたんですが、全体的におとなしかったですね・・・

わたしゃ読んでないんですけど、最近人気の少女漫画『君に届け』(瀬戸内寂聴先生も愛読されてるそうな・・・)ではこんなセリフがあるそうです

「ねえ知ってる? 友達って気づいたらもうなってんのー」

こうなれれば一番いいんですけどねcoldsweats01

Posted by: SGA屋伍一 | September 16, 2009 at 07:48 PM

おはようございますsun
昨晩コメントさせていただこうと思ってここにお邪魔したんですけど
なんか力尽きてしまいました。すみませんsweat02

そういえばカンナってあんまり活躍しませんでしたねcoldsweats01
カンナ役の女優さんもオーディションで選ばれて鳴り物入りだったのに。
ケンヂおじちゃんに再会して子供のように泣くところでは
ちょっとうるっとしちゃいましたが。

>自分を殺し、いつも仮面をつけているように感じられる子

そっか、あのお面ってそういう意味だったのかもですね。
ATフィールドみたいなもの?ちがうか(笑)
ヴァーチャル体験でしかないだけに切なかったです。

Posted by: kenko | September 17, 2009 at 09:16 AM

>kenkoさま

おはようございますhappy01
お返しなんていつでもいいのですよー。こうして来て下さるだけでありがたい限り。つか、わたしのレスも一日遅れだし・・・

カンナちゃん役の子、なかなか目がキリリとしてていい感じだったんですけどねー
これがデビュー作かと思ったらこの前に『笑う大天使』という映画にも出てたみたいで。実はその原作、けっこう好きなんですよね。・・・少女漫画なんだけど
まあ『20世紀少年』はケンジとカンナが別れてから再会するまでのお話、と考えられなくもないかも

あとで思いついたんですが、ヴァーチャル体験のシーンは監督の十代の少年少女にむけてのメッセージなのかも。この映画、そのくらいの皆さんもけっこう見ているようだし

Posted by: SGA屋伍一 | September 18, 2009 at 07:15 AM

こんばんは。

私も今日見てきました。
賛否両論有った原作とは違った終わり方をするのは、賛否両論ありそうですね。^^;
しかし、思い切った改変をしたもんだなー、と感心しました。

そして、最後の登場人物の彼。
彼の目力、半端ないですね。
主演の唐沢さんに負けてないですよ、あれは。

ヴァーチャル体験は『ともだち』の免罪符であると同時に、ケンジが一生背負っていく十字架なのかもしれませんね。

Posted by: 大吉 | September 19, 2009 at 02:25 AM

こんにちは~♪
今日から連休ですね~SGA屋さんは如何お過ごしですか?
ところで、オフ会は開きました?

で、、、SGA屋さんは温かなお気持ちで第3章を鑑賞されたようですね~
私はチョイととげとげした気持ちで観ちゃいました(汗)
第1章は面白かったんだけどなぁ~どんどんどんどん違和感を感じてきちゃって、、、う~んcoldsweats01

私もカンナにはもっと活躍して欲しかったな。彼女って超能力みたいなものもあるように思えたんだけど、、、思わせぶりなだけであまり関係なかったような(汗)

Posted by: 由香 | September 19, 2009 at 07:18 AM

>大吉さま

こんばんはhappy01 ご来訪ありがとうございます
わたしのまわりでは、割と「原作より納得がいった」という人が多いです。まー、狭い範囲ですけどcoldsweats01

最後の彼、愛くるしかったお子様時代に比べると、最近は「普通の少年になっちゃったなあ」という気がしてたんですが、今回はなかなか大した存在感でした。『サマーウォーズ』でもがんばってたし、これからの活躍に期待できそうですね

堤監督は原作の、ケンジが横から出てきてもおいしいところをさらっていくような展開がイヤだったそうです。彼にも何らかの責任を感じてほしかったようで

Posted by: SGA屋伍一 | September 19, 2009 at 08:53 PM

>由香さま

こんばんはhappy01 お返しありがとうございます

オフ会は流れました(笑) 今月はmigさんもいろいろお忙しいみたいで

代わりというわけでもないですが、明々後日は上野の『トリノ・エジプト展』を見に行ってきます。そっちは流れないといいなー

まー、わたしは自慢じゃないですけど、たいがいの映画は面白く見られる自信があるので(笑) たまに「失敗した?」と思ったときは、全力で自分をごまかしますcoldsweats01
でもこの作品はそこまで努力せずとも、まあまあ楽しみました。そうですね。この映画は漫画・アニメに慣れてる人のほうが楽しめるかも

カンナはきっと『新・20世紀少年』にて大活躍するんじゃないかなあ。そんなものがあれば、の話ですが

Posted by: SGA屋伍一 | September 19, 2009 at 08:59 PM

SGAさんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

登場人物も多ければ伏線や謎も多い20世紀少年なので、セオリー通り謎解きをしていっても、どこか急ぎ足な感じが否めなかったのが正直なところなんですよねぇ~・・coldsweats01キリコとケロヨンのアメリカでの出会いも随分端折っちゃってましたから『んんっ?』と思っちゃった部分もあるものの、そういう違和感あるところはまたテレビの『もうひとつ~』で新規カット盛り込んで放映とかしてくれるんでしょうね~?予想としましては来年の元旦映画辺りに出てきそうな予感・・w

でも世界征服とか巨大ロボットなど、絵空事のような内容も多かったですが、ともだちがああなってしまった理由などは現実的に有り得そうなことでもあるので映画の中だけと軽んじてはいけない気もしますね。自分が観てた時友達連れの子供が結構たくさんいましたので、あの結末を観た後みんなとどういう語り合いをしたのか気になるところです。

Posted by: メビウス | September 19, 2009 at 11:34 PM

>メビウスさま

こんばんは。お返しありがとうございますですhappy01

あー、そうですね。たまたまアメリカに渡ったケロヨンが、たまたまキリコさんの出会うってのは、考えてみりゃすごい偶然ですよね(笑)
まあこういう「すごい偶然」というのは、エンターテイメント系の映画には極めてよくあることではございますが

そういえばわたしはTVでやってた「もうひとつの」バージョンは全然見てませんでした~coldsweats01 そっちまで熱心にチェックされた皆さんには、謹んで敬意を表します

ある方なんかは「どうしてあそこまで子供のころのトラウマをひきずるのかわからない」とおっしゃってましたが、確かにいささか誇張されてるとはいえ、やっぱり幼い日のトラウマってのはえんえんと心の中に残り続けるもんですよね

あのラストシーンには『寄生獣』に出てきた「その胸の穴を埋められるのは、その穴を開けたひとだけ」なんて言葉を思い出しました。そうやって友情というものは鍛えられていくのかもしれません

Posted by: SGA屋伍一 | September 20, 2009 at 09:37 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/46220631

Listed below are links to weblogs that reference 21世紀中年 堤幸彦 『20世紀少年 最終章 ぼくらの旗』:

» 20世紀少年 ぼくらの旗 [ルナのシネマ缶]
20世紀少年もいよいよ最終章! 原作とは違うラストってことで、 いったい「ともだち」の正体は どうオチをつけてくれるのか?と 思っていましたが・・・・ なるほどねぇ〜!そうきましたか! まあ、原作のラストはちょっと グダグダだったので、これはこれで 解りやすかったかもしれませんね〜。 ともだち歴3年”の2017年、世界は世界大統領として君臨する“ともだち”に 支配され、殺人ウイルスがまん延した東京は高い壁で分断されていた。 そんな中、カンナ(平愛梨)は反政府組織として武装蜂... [Read More]

Tracked on September 16, 2009 at 12:38 AM

» 20世紀少年<最終章>ぼくらの旗 [C note]
ともだち最終章。 <あらすじ> 西暦2017年にあたる<ともだち暦3年>。神とな [Read More]

Tracked on September 17, 2009 at 09:54 PM

» 20世紀少年〈最終章〉ぼくらの旗 [yanajunのイラスト・まんが道]
『20世紀少年〈最終章〉ぼくらの旗』は、浦沢直樹さんの長編漫画「20世紀少年」と完結編である「21世紀少年」の2作を、邦画史上初の3部作で実写映画化したうちの最終章です。先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想... [Read More]

Tracked on September 18, 2009 at 12:23 AM

» 20世紀少年〈最終章〉ぼくらの旗 [★YUKAの気ままな有閑日記★]
いよいよ『20世紀少年』も最終章―“ともだち”の正体は誰なのか、、、楽しみ〜【story】“ともだち歴3年”の2017年、世界は世界大統領として君臨する“ともだち”に支配され、殺人ウイルスが蔓延する東京は壁で分断され、都民の行動は完全に制限されていた。そして、“ともだち”は「8月20日正午、人類は宇宙人に滅ぼされる。私を信じる者だけが救われる。」と説いた。そんな中、カンナ(平愛梨)は反政府組織として武装蜂起する一方、“血の大みそか”以降、行方がわからなくなっていたケンヂ(唐沢寿明)が突然現われる― ... [Read More]

Tracked on September 19, 2009 at 07:09 AM

» 20世紀少年 最終章/ぼくらの旗(評価:○) [シネマをぶった斬りっ!!]
【監督】堤幸彦 【出演】唐沢寿明/豊川悦司/常盤貴子/香川照之/平愛梨/藤木直人/石塚英彦/宮迫博之/佐々木蔵之介/山寺宏一/高橋幸宏/佐野史郎... [Read More]

Tracked on September 19, 2009 at 11:33 PM

» 20世紀少年 最終章 ぼくらの旗(2回目) [必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!]
[20世紀少年] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:8.5/10点満点 2009年85本目(79作品)です。 【あらすじ】 ともだち暦3年(西暦2017年)。 世界大統領として世界中を支配されている“ともだち”は、「8月20日正午、人類は宇宙人に滅ぼさ..... [Read More]

Tracked on October 08, 2009 at 03:21 PM

» 20世紀少年 最終章 ぼくらの旗 [映画、言いたい放題!]
原作漫画は未見です。 でもこの映画のシリーズは全部観ました。 “ともだち歴3年”の2019年、 世界大統領として世界は“ともだち”に支配されていた。 殺人ウイルスがまん延する東京は壁で分断され、 都民の行動は完全に制限されていた。 そんな中、ヨシツネ率いる反政府... [Read More]

Tracked on April 16, 2010 at 12:23 AM

» 『20世紀少年<最終章>ぼくらの旗』’0... [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじともだち復活から2年後の、ともだち暦3年こと西暦2017年、東京を囲む壁の向こう側にギターを抱えた男が現れ・・・。感想ヨーロッパ最大の漫画賞と言われるアングレー... [Read More]

Tracked on October 13, 2010 at 07:53 AM

« 野生、在れ ジャック・ロンドン 『荒野の呼び声』 | Main | 11人の平成ライダー 『仮面ライダーディケイド』を語る③ »