« パラダイム銀河 J・J・エイブラムズ 『スタートレック』 | Main | 少女とフレンド ヴァディム・パールマン 『ダイアナの選択』 »

June 12, 2009

20世紀の『X-MEN』を振り返る③ 80年代編

090612_194304すでにアメリカでは『X-MENゼロ・ウルヴァリン』が公開されているというのに・・・・
なぜ日本では九月にならないと観られないんだーっ!!

その鬱憤を晴らす、というわけでもありませんが、「20世紀の『X-MEN』を振り返る』第三回をお送りします。
一回目はコチラ。二回目はコチラ

「ダークフェニックス・サーガ」のヒットにより、売り上げトップに躍り出た『X-MEN』。さらに続けてマスコット的新メンバー、キティ・プライド(あらゆるものをすり抜けることができる)が活躍する「デイズ・オブ・ザ・フュ-チャー・パスト」も好評を得ます。
これはミュータントが徹底的に弾圧されている未来社会で、キティが時間軸を元に戻すべく奮闘するエピソード。

こうして地位を確立した『X-MEN』は、次第にスピンオフ的作品を連発していきます。
まず1982年から始まった『ニュー・ミュータンツ』。
宇宙で消息を絶ったX-MEN。エグゼビア教授は彼らが死んだものと思い、X-MENの遺志をつぐべく新たな若きミュータントたちを集めます。これがニュー・ミュータンツの始まりでした。
結局X-MENは全員無事だったのですが、教授はせっかく招集したことだし、ニュー・ミュータンツをX-MENの候補生として訓練することに決めたのでした。メンバーには人間火の玉キャノン・ボールや、太陽光線をエネルギービームに変えるサンスポット、狼少女のウルフスベインなどがいました。
この『ニュー・ミュータンツ』、お話担当のクリス・クレアモントと絵担当のビル・シンケビッチの趣味が暴走し、かなり思弁的というか、難解なエピソードが頻発したという話です。

このあと、X-MENには重大なイベントが続けておきます。
まずジーンそっくりの女性と出くわしたサイクロプスは、「普通の家庭のぬくもりがほしいの」ということで長年在籍していたX-MENを離脱。ストームにリーダーの座を渡します。
さらにエグゼビア教授は半身不随を直すため、銀河帝国「シャイア」へと旅立ちます。X-MENやニュー・ミュータンツの指揮を託されたのは、なんと善玉に鞍替えしたマグニートー。
それでもマグニートーを受け入れたX-MENですが、世間はそうもいかず、彼らが悪者に転向したものと誤解します。この誤解を真に受けて作られたのが『X-FACTOR』(1986年創刊)。
X-MENがマグニートーに洗脳されたと思い込んだ初代メンバーは、エグゼビアの志を受け継ぐため、再び結集します。死んだと思われていたジーンも復活。・・・というか、あれは自分をジーンだと思い込んでいたエネルギー生命体だった・・・・ということでケリがつけられてしまいました。そして妻子を捨てて元カノのもとにやってくるサイク。ひどい男です。
かように誤解から発足当時、XファクターはX-MENと何度か一戦交えたりしていました。

そして1988年、X-MENがまたしても全滅。そしてすぐ復活(・・・・)。ケガで戦線を離れていたナイトクローラーとキティは、復活のことを知らなかったため、あらたにミュータントのチームを結成します。それが「エクスカリバー」。
このエクスカリバーは本拠地がイギリスであるため、他のXチームとの交流が少ないのが特徴。お話もコメディ色の強い独自の路線を進むことになります。
メンバーは先の二人のほかに魔術師マーリンから選ばれた愛国ヒーロー、キャプテン・ブリテンや、異次元の未来からやってきたフェニックス二世など。

ざっとまとめてみますと
X-MEN:本家
ニュー・ミュータンツ:二軍
Xファクター:OB
エクスカリバー:イギリス妖怪お笑いチーム

こんなポジションかと。ぜんぶ勘違いがきっかけで結成されたというのが笑えます。
ちなみにこの間に単独行動の多いウルヴァリンのため、『ウルヴァリン』(まんま)というシリーズも創刊されました。

で、大体この時期にポツポツと加入し始めたのが第三期メンバー。他人の能力をコピーできるローグ、テレパシストで異次元人のサイロック、光を操るダズラー、身のこなしの素早いロングショット、手に触れたものを爆発物に変えるガンビット、花火を発生させるジュビリーなど。
ニュー・ミュータンツ、エクスカリバーも順当に新メンバーを増やしていきます。
人は増えたものの、激戦につぐ激戦に、いつしかX-MENはちりぢりバラバラに。その再集結の道中で他のチームとも合流した結果、いつしかメンバーは入り乱れて大変な大所帯になってしまいました。

090612_194600折りよく宇宙から帰ってきたエグゼビアは、政府の顧問官と相談してミュータント・チームの大々的なクラス替えを行うことにします。
以後のストーリーは、また次回(・・・がんばろう)

画像はエクスカリバーのリーダーを務めていたナイトクローラー。ほとんどデ○ルマンですね。


|

« パラダイム銀河 J・J・エイブラムズ 『スタートレック』 | Main | 少女とフレンド ヴァディム・パールマン 『ダイアナの選択』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 20世紀の『X-MEN』を振り返る③ 80年代編:

« パラダイム銀河 J・J・エイブラムズ 『スタートレック』 | Main | 少女とフレンド ヴァディム・パールマン 『ダイアナの選択』 »