« 適当掲示板81&モン吉先生写真館 | Main | がんばらないゴエモン 紀里谷和明 『GOEMON』 »

May 08, 2009

SEX AND THE 死体 コーエン兄弟 『バーン・アフター・リーディング』

090506_140049090506_140107ジョン・マルコビッチは悩んでいた。左遷された腹いせで長年勤めていたCIAをやめてしまったものの、これからどうやって生活したらいいのか。とりあえず彼は回顧録を出版することを思いつく。
ジョージ・クルーニーも悩んでいた。熱烈浮気中のティルダ・スウィントンから結婚の話をもちかけられたからだ。まいったな。キミとはあくまで浮気であって本気じゃないんだ。ぼくには出会い系で待たせている女の子たちもいるし、オーシャンズの仕事も忙しいし、なにより金づるのワイフと別れるわけにはいかないし・・・なんてことは、口が避けても言えないし。
フランシス・マクドーマンド(あまり聞かない名だ)も悩んでいた。そろそろ出会い系で一発勝負をかけたいのに、自分の容貌は衰えを隠せない。だから全身整形で生まれ変わりたいのに、肝心の金がない。ああもう! どっかに大金落ちてないかしら! きい!
ブラッド・ピットはまったく悩んでいなかった。てゆーかさあ、大抵の悩みはノリと元気でなんとかなるもんじゃない? そう、元気があればなんでもできる! ワン・ツー・スリー・フォー・サン! ニイ! イチ! ダー!

お話は複雑な経緯でマルコの回顧録を手にしたブラピ&整形願望が、それを「とんでもねえ国家機密だ!」と勘違いしたことから、予想だにしない方向へあれよあれよと転がっていきます。

監督は昨年の『ノー・カントリー』が記憶に新しいコーエン兄弟。わたくし彼らの作品は他に『ファーゴ』と『バートン・フィンク』を見たことがありましたが、今回の作品が一番バカっぽかったです。
きっと『ノー・カントリー』で疲れ果てた兄弟が
弟 「兄ちゃんさー こんどは気分転換にぐっと軽いおバカな映画でも撮ってみない?」
兄 「いいな、それ。賛成」
そんな感じで作っちゃったんだろうと。

さすがはコーエン兄弟というべきか、各キャラの立ちっぷりはなかなか見事なものです。彼らが全力で空回る序盤は、痛々しくもおかしい。
以下はだんだんネタバレしてくんでご注意ください。

なかでもわたしが気に入ったのはおバカ全開のブラピ。こないだの『ベンジャミン・バトン』での寂しげなイメージが木っ端ミジンコになるくらい、バカ丸出しです。それに「あのまま置いといたら盗まれちゃうよ!」「殴るなんてひどいよ! オヤジにもぶたれたことないのに!」といったボクちゃん口調の字幕が、似合うこと似合うこと。きっとこいつ、母親に溺愛されて育ったんだろうなー

でもねー、なんかこいつかわいいんですよ。自分、ブラピのファンでもなんでもないんだけど、ヤツの頭をクリクリなでまわしたい衝動にかられました。・・・・おかしいわ、わたし。いままで男の人にこんな気持ち抱いたこと、一回だってないのに。この不思議な気持ちはなに? もしかしてK・O・I? L・O・V・E?

だのにそのブラピがねーcrying ここでぐっと下がるわたしのテンション。down
コーエン兄弟は前からSっぽいなと思ってたけど、今回改めて確信しました。ふたりはSです。彼が二度愛してるかどうかはわかりませんが、正真正銘のドSです。

それ以後もお話は続くものの、終盤に近づくにつれ、登場人物の痛々しさはますばかり。そして煙にまくようにして唐突に幕。完全に置いてけぼりをくらった気がしました。
わたしもおバカな話は嫌いじゃないんですけどね。コーエン兄弟のバカには人間に対する愛情が感じられないのですよ。それでも『ノーカントリー』や『バートン・フィンク』には好みを気にさせないくらいの勢い・面白さがありました。が、こちらはどうかと言うと・・・・(笑)

いろいろ悪口書いてすいませんcoldsweats01 各俳優に思い入れのある方だったら、いつもとは違う彼らの姿が見られるのでそれだけで楽しめるかもしれません。先のブラピはもちろん、マルコビッチもクルーニーも壊れまくってます。

090506_140123090506_140140それにしても、出会い系の事情とか、アメリカも日本と大差ないんですねえ。今度わたしもピュ○・アイとかに登録しようかしら。カモン出会い!

|

« 適当掲示板81&モン吉先生写真館 | Main | がんばらないゴエモン 紀里谷和明 『GOEMON』 »

Comments

SGAさん的にはイマイチだったようですねsweat02
唐突な幕も含めてけっこう楽しかったんですけど、
世間の評価もあまりよろしくないみたい。
やっぱブラピの扱いが、あまりにあんまりだからでしょうか。
でもまぁ彼にはこの騒動の責任の一端はあるわけだけど
最後のあの人はさすがに気の毒でしたです。

Posted by: kenko | May 08, 2009 at 09:55 PM

SGAさんこんにちは♪
相変わらずタイトルと出だしが素敵です~。
特に「ワン、ツー、スリー、フォー、さん、にー、いち、ダー!」が気に入ってしまいました!

Posted by: とらねこ | May 09, 2009 at 05:28 PM

>kenkoさま

こちらにもありがとうございますー

お笑いの感覚って人それぞれですからね~ ブログ見て回ると、「面白かった」って人もけっこういますよ

ただちょっと自分には波長が合いませんでした。うけたところもあったけど
ってか、これお笑い映画でいいんですよね? あれ?

ブラピの使い方は非常に斬新でしたね。『エグゼクティブ・デシジョン』のスティーブン・セガールほどではないにせよ
でもブラピ目当てで見に来た人は、あれにはやっぱしガッカリするでしょうねー

Posted by: SGA屋伍一 | May 09, 2009 at 08:18 PM

>とらねこさま

こんばんは! ♪つくつくほーし

お褒めの言葉ありがとうございます。実は前に『死体・オブ・エンジェル』というのもやったことありました・・・ 『ブラックダリア』の記事でした・・・

そんでドラマ『性と都市』は一秒も見てません(笑) もちろん映画も

ダー!に反応されましたか。さすがとらねこさん

ちなみに猪木さんのお兄さん、なぜかウチの市の市長選に出馬されたことがあります。が、残念ながら落選されました
元気だけではどうにもならないこともあるようです

Posted by: SGA屋伍一 | May 09, 2009 at 08:23 PM

伍一さん☆

このブラピにlove心を抱いちゃったのねheart04
そんな伍一さんには是非『セブンティーンアゲイン』をみてもらって
ザックエフロンにハマって頂きたいです(笑)

今回は初期のコーエン兄弟作品テイストでした〜、
ブラピはおいしいところでいなくなっちゃうからいいんですよ〜!bleah


美味しい!もっと食べたい!って思ってそこで我慢しちゃうような。
あれ?違うか(笑)

Posted by: mig | May 11, 2009 at 12:17 AM

>migさま

おはようございます! 素早いお返しまことにありがとうございます~

>ブラピに恋心

キモくてすいませんcoldsweats01  まあmigさんもいい加減わたしのオネエ言葉に慣れてくれたかもしれませんが(笑)

ザック・エフロン出演作は未だに一本も見てないですねー 『セブンティーンアゲイン』か。17歳には戻りたくないけど、24歳くらいには戻りたいかもcoldsweats01

>美味しい!もっと食べたい!って思ってそこで我慢しちゃうような。

わかるわかる
以前よく焼肉食べ放題で、勢いに任せてくいまくってたら、店を出るころにはおなかが破裂しそうになってしまって
「うー おれは馬鹿だ・・・ なぜわざわざお金払ってこんな苦しい思いをしてるんだ・・・」
なんて思ったものでしたから。最近はさすがにある程度までいくとセーブが効くようになりましたgood

そういうことですよね? あれ?

Posted by: SGA屋伍一 | May 11, 2009 at 08:13 AM

こんばんは~♪
私も可愛いチャドちゃんが、あ~んな事になってビックリ&テンションdownでした~
それにしてもブラピ恐るべし!!!あのチャドは演技ではなく隠していた地なのかってくらいハマっていましたね~
40才過ぎであの愛らしさを出せるなんて、、、ただものじゃーありませんhappy01

で、、、映画はねぇ~私もイマイチでした。
『コーエン兄弟のバカには人間に対する愛情が感じられないのですよ』
きっとここだと思います!!のれなかったのは。
バカやってるんじゃーなくて、バカにした感じ?妙に居心地が悪かったですぅ~

さぁ~GOEMONへレッツゴーdash

Posted by: 由香 | May 11, 2009 at 10:11 PM

>由香さま

おはようございますー お返しありがとうございまする

キャラの人気はやっぱりブラピが一番のようで
本当にあのキャラで一本映画作ってほしいです(笑)

コーエン兄弟って魅力的なキャラを作るのはうまいんですよね。そういうのって少なからず人間への愛情というか、関心がないとできないと思うんですけど、どうしてこう作品は悪魔的になってしまうのか・・・
人間って不思議ですよね(笑)

ちょうどホラー映画で「なんとか生き延びてほしい!」と思うようなとっても好感のもてるキャラが、なんの前ぶれもなくバサッと死んでしまう、あんな感覚とよく似てます。『ミスト』なんかはそのオンパレードでしたねー

Posted by: SGA屋伍一 | May 12, 2009 at 07:42 AM

はじめまして!YUKAさんの『キャシャーン』から跳んできた、CASSHERNを応援するものの一人であります。
そしたらこちらで書かれている記事の数々、ユニークやわ、挟み込まれているカットがやたらおもろいわ…いっぺんにファンになってしまいました。
ご挨拶代わりにたまたま同じ作品を拝見してましたこの映画と『スラムドッグ〜』を押しかけトラバさせて頂きました。
よろしければご一読ください……歪んだ見方とクドイ文面が持ち味ですけど。

願わくば今後ともよろしくお願いいたしますです。m(_"_)m

Posted by: よろ川長TOM | May 18, 2009 at 11:27 AM

>よろ川長TOMさま

ようこそおいでませ

はからずも「おかしい人」呼ばわりすることになってしまい、大変申し訳ありません。は、はんせー・・・sweat02

実はよろ川さまのお名前はずいぶん前から存じ上げております。古くは猫姫さんのところから。ほかにもあそこやあそこなどで

んで、時折お宅のぞかせていただいたりもしてましたcoldsweats01
繊細でキュートな絵を描かれる方だなーと。わたしのなんぞは所詮落書きの域を出ないもんですが、よろ川さまの絵はほんまもんだと思います

そんなわけで、こちらこそよろしくお願いいたします。のちほどうかがわせていただきます!

Posted by: SGA屋伍一 | May 18, 2009 at 08:52 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/44943129

Listed below are links to weblogs that reference SEX AND THE 死体 コーエン兄弟 『バーン・アフター・リーディング』:

» バーン・アフター・リーディング / BURN AFTER READING [我想一個人映画美的女人blog]
去年『ノーカントリー』でアカデミー賞作品賞を受賞したコーエン兄弟の最新作は、 ブラピとジョージ兄貴など5大キャスト共演{/kirakira/}というのが最大のみどころ{/eq_1/} 全国で4月公開。試写で観てきました☆ もともとコーエン兄弟監督作って、万人ウケするような映画作る感じじゃないけど 今回もまたかなーり、 コーエン兄弟作品らしさ溢れた、シニカルクライムコメディ コメディのブラピ、イイね{/atten/} そういえば思い返してみても、これまでブラピが出たコメディって思いつ... [Read More]

Tracked on May 11, 2009 at 12:13 AM

» バーン・アフター・リーディング [★YUKAの気ままな有閑日記★]
豪華キャストのクライム・コメディ見逃せないわ〜【story】CIAの機密情報が書き込まれた1枚のCD-ROMを、勤務先のフィットネスセンターで拾ったチャド(ブラッド・ピット)とリンダ(フランシス・マクドーマンド)。そのころ、元CIA諜報員のオズボーン(ジョン・マルコヴィッチ)は、機密情報の紛失にうろたえていた。一方、オズボーンの妻ケイティ(ティルダ・スウィントン)は、財務省連邦保安官ハリー(ジョージ・クルーニー)と不倫中で―     監督 : ジョエル、イーサン・コーエン兄弟 『ノーカントリー』【c... [Read More]

Tracked on May 11, 2009 at 10:02 PM

» 二重まぶた [二重まぶた]
理想の二重まぶたにするためには! 自力で二重まぶたにする方法や二重まぶたのためのマッサージやトレーニングを紹介 [Read More]

Tracked on May 12, 2009 at 09:53 PM

» 『バーン・アフター・リーディング』天動説型人間たちの不幸な交錯。 [よろ川長TOMのオススメ座CINEMA]
オールド映画ファンなら「ああ、あの人の!」とピーンと来てしまう懐かしささえ感じてしまうタッチのこの映画。それを微塵も感じさせない予告編にすっかり欺されました。 [Read More]

Tracked on May 18, 2009 at 11:19 AM

» 【映画】バーン・アフター・リーディング…今年の観賞記録は今年のうちに(3) [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
{/kaeru_fine/}年の瀬です{/ase/}…今年も割と押し迫ってきました{/ase/}{/ase/} そんな中、タイトルの「今年の観賞記録は今年のうちに」の達成は(12月になってからは他の事が忙しくて映画を観ていないにもかかわらず{/face_ase2/}{/ase/})ほぼ確実に無理だと認識してきたピロEKです{/face_ase2/} 先週の事になるのですが… “煩悩報告”のアーカイブで記事にしたデジタルカメラ{/camera/}… 年末セールで値段が安かったので衝動買いしてしまい... [Read More]

Tracked on February 07, 2010 at 10:30 PM

» バーン・アフター・リーディング [★★むらの映画鑑賞メモ★★]
作品情報 タイトル:バーン・アフター・リーディング 制作:2008年・アメリカ 監督:イーサン・コーエン、ジョエル・コーエン 出演:ブラッド・ピット、ジョージ・クルーニー、ジョン・マルコヴィッチ、フランシス・マクドーマンド、ティルダ・スウィントン あらすじ:CIAの機密情報が書き込まれた1枚のCD-ROMを、勤務先のフィットネスセンターで拾ったチャド(ブラッド・ピット)とリンダ(フランシス・マクドーマンド)。そのころ、元CIA諜報員のオズボーン(ジョン・マルコヴィッチ)は、機密情報の紛失にうろたえて... [Read More]

Tracked on July 30, 2010 at 01:44 AM

« 適当掲示板81&モン吉先生写真館 | Main | がんばらないゴエモン 紀里谷和明 『GOEMON』 »