« 今度のウィルは戦いません ガブリエレ・ムッチーノ 『7つの贈り物』 | Main | 南の虹のドロシー バズ・ラーマン 『オーストラリア』 »

March 13, 2009

愛という字のもとに ~大河ドラマ『天地人』より③ 「その時、歴史がもがいた」の巻 

兼続 「樋口兼続です」
景勝 「上杉景勝じゃ!」
兼続 「いやー、大殿様も無事亡くなられましたなあ」
謙信 「わたしはすでに死んでいる・・・・」
兼続 「ひえっ!!
景勝 「あー、はいはい。あとのことはまかせて成仏してください」

ひゅ~ どろどろ~

兼続 「あー、びっくりした。それにしても殿、意外と度胸あるんですねえ」
景勝 「『ドンと来い、超常現象』っつってな。それはともかくあのオッサンが世継ぎをキチンと決めとかなかったから、俺らがいろいろ困ることになるんだよなあ」
兼続 「殿・・・ いま誓約書か何か書かしとけばよかったんじゃないですか?」
景勝 「
兼続 「ふ~ では本日のゲストをご紹介いたします。現在殿と真っ向から対立中の、上杉景虎さまでございます!パチパチパチ
景勝 「カネツグ~ てめえいい加減長澤まさみとか呼んでこいよ!」
兼続 「も~ 殿ったら相変わらずムッツリスケベなんだから
景虎 「お二方・・・・ 話しても良いかな?」
兼続 「ああ! 失礼しました! どうぞ思う存分語っちゃってください!」
景虎 「それじゃ言わせてもらおう・・・・ わたしは美しい!」
景勝 「・・・・・・・
兼続 「・・・・・・・
景虎 「さらに武力・知力にも優れていて、オマケに可哀想な境遇と来ている! このドラマでわたしほど主人公にふさわしい男はいない! 景勝殿、潔く当主の座、あけわたしてもらおう!」
兼続 「うわ~ いきなりあんなこと言っちゃってくれてますよ!」
景勝 「こいつ、一昨年の大殿と同じタイプだよな~」
兼続 「ぶっちゃけ、名前継いでますからね。そんなことより殿、何か言い返してやってくださいよ!」
景勝 「えーと、景虎くんな。悪いけど歴史じゃオレが継ぐことになってるから。終了
兼続 「・・・・・またミもフタもねー」
景虎 「ふふふ。史実など恐れるに足らん! 後の上杉景勝は、実はわたしが成りすましていたことにしてしまえばよいのだ!」
景勝 「アホか! そんなメチャな展開、N○Kが許すわけねーだろ! 原作者の火坂雅史先生だってお怒りになるわ!」
景虎 「N○Kなどファンたちの助命嘆願書を集めて丸め込めばよいわ! 『このドラマは史実に基づいたフィクションです』というテロップを添えてな! 火坂某だって心配することはない! 彼とて駆け出しのころはムチャな話ばかり書いておったしの!」
兼続 「『関○原死霊大戦』とか『竜馬○活』とか?」
景勝 「しっ! 誰にでも触れられたくない過去はあるものだ・・・・ 誰かさんにとってのガオレンジャーとかな!」
景虎 「なにを! わたしは戦隊ものに出ていたことを恥じてはいないぞ!」
景勝 「いやいや。出てたことが、っつーより演技がね~(笑) あのころに比べれば、お主もずいぶん成長したものよ
兼続 「平安時代から生きてる狼男で、ビリヤードが得意とかいうわけわかんねー設定でしたね」
景虎 「ぐぬぬ言わせておけば・・・・ セクスィー部長兼下ネタ番長の分際で!」
景勝 「そりゃ沢村の方だ!
景虎 「お主にだって恥ずかしい過去ならいろいろあろうが! (資料見ながら)『ゴジラ FINAL WARS 』X星人役・・・・ これはなかなか恥ずかしいのでは?」
兼続 「『アキハバラ@DEEP』のシャア専用ザク役もすごいですよ」
景勝 「か~ね~つ~ぐ~ オメエどっちの味方だ!」
兼続 「おっと失礼。ていうか二人とも武将ならこんなみみっちいやり方じゃなくて、堂々と戦で決着つけてくださいよ!」
景虎 「望むところよ! それじゃ後日戦場であいまみえようぞ! やる気マンマンだぜェ~!!」
兼続 「殿も何か一言!」
景勝 「・・・・全部お前に任せる。じゃっ
兼続 「とォーのォーッッッ!!

090313_183755

|

« 今度のウィルは戦いません ガブリエレ・ムッチーノ 『7つの贈り物』 | Main | 南の虹のドロシー バズ・ラーマン 『オーストラリア』 »

Comments

こんばんわ。
3月の京都で「語る会」ない状況とかで
失意な状況で、これが一番楽しみになってます。
>ガオシルバー
わはは・・・・・・・・
「ガオレンジャー」は無関心で知らんかった。さすがSGAやん。
当時は「アギト」に関心あったし、戦隊物は「タイムレンジャー」
以降「デカレンジャー」まで空白だったからな。
「天地人」配役は個人的にいい感じですね。
上田衆に一条さん(安部某ね) 出てる事に未だに
気が付きません。「でぶや」の
片割れの印象が強いせいか(笑)。
家族で見てますが肝心な時の
景勝の喜怒哀楽の少なさに母が
イライラしてるようです(笑)。
大河の前に「鉄腕DASH!」見てるのですが
この前、城島が米沢来た際に「天地人」OP流れながら
「チャンネルはそのまま・・・」と
いったのには思わず突っ込んでしまいました(笑)。
では。

Posted by: まさとし3055 | March 14, 2009 07:00 AM

>まさとしさま

毎度どうもありがとうございます
『語る会』は関東でもしばらくないですねえ・・・ さびしいかぎり

ガオレンジャーはですねえ、オモチャ(合体ロボ)がよくできてまして。ぶっちゃけオモチャのために見てました(笑) その後も毎年山のようにロボが出てきますが、この時の完成度を越えてるものはほとんどないんじゃないかと
ライダーのついでに戦隊の映画見るようになったのも、『ガオ』から
ですね

>上田衆に一条さん(安部某ね) 出てる事に未だに
気が付きません

わたしも気づいてませんでした。そうだったのか!

>景勝の喜怒哀楽の少なさに母が
イライラしてるようです(笑)。

お母様は態度のはっきりした男が好みのようですね(笑)

『鉄腕DASH』もよく続いてますよね。噂でしか知らないのですが、ジャニーズの合間に農作業に励んでおられるそうで、好ましいことであります

Posted by: SGA屋伍一 | March 14, 2009 09:43 AM

>出てたことが、っつーより演技がね~(笑)
あーコレ、色んな特撮出身の人に言えるな♪
でも彼のためにガオのDVD買った人だから文句は言えない♪
>過去恥部
北村氏だと「ロデオドライブ」とかな~
コレ、ザンキ松田さんが主演するはずが主役を取られてしまい、
松田さんは下っ端で恥ずかしい役でした。
北村氏の名台詞。
気を失ってる女性をヤッちゃってチャックを上げながら
「てきぱきてきぱき~♪」
では。

Posted by: 高野正宗 | March 16, 2009 11:26 PM

>高野正宗さま

おはようございます
いやー、この記事、高野さんに怒られると思いながらビクビクして書いてました

>あーコレ、色んな特撮出身の人に言えるな♪

そうですね。前にも書いたけど、朝ドラと一緒で、最初は演技の固かった新人さんの成長を、一年もしくは半年かけて暖かく見守るという
そういえば妻夫木くんも『IWGP』ではなかなかの大根ぶりでした(笑)

>気を失ってる女性をヤッちゃってチャックを上げながら
「てきぱきてきぱき~♪」

北村さん、サイテー!

ちなみに自分が最初に彼を意識したのは、『タイガー&ドラゴン』のチンピラ役。こういうちょっとコミカルな役の方がイキイキしてると思うんですがね

Posted by: SGA屋伍一 | March 17, 2009 07:38 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 愛という字のもとに ~大河ドラマ『天地人』より③ 「その時、歴史がもがいた」の巻 :

« 今度のウィルは戦いません ガブリエレ・ムッチーノ 『7つの贈り物』 | Main | 南の虹のドロシー バズ・ラーマン 『オーストラリア』 »