« 1、2の三バカトリオ 小林まこと 『青春少年マガジン 1978~1983』 | Main | やられても×2 なんともないない♪ 三池崇史 『ヤッターマン』 »

March 21, 2009

適当掲示板79&素晴らしき変形玩具の世界

みなさん、こんばんは。当ブログに関するご意見そのほかありましたら、ここに書き込んでやってください。
さて、今日はすばらしい「変形おもちゃ」の世界について少々語ろうかと・・・ってそこのあなた、ひかないでください!

付き合いのながーい読者さんは知っておられると思うけど、わたしの趣味のひとつに玩具コレクトがあります。特に一つの形から他の形に変形するタイプのトイに心惹かれます。
よくできた変形玩具はひとつのマジックであり、芸術作品といえます。手に取ると、本当にこんな仕掛けをどうしておもいつくのだろうと、作り手の創意工夫、努力と研鑽がひしひしと伝わってまいります。
日本が世界に誇る文化のひとつと言っても過言ではない。ないのに・・・・ どうして一人で玩具売り場をうろついていると、みんなから白い目でみられなくてはならんのだ!

えーそれでは主にライダー系を中心として、いくつかご紹介いたしましょう。

090321_191449090321_192008まずはアニメ・映画『トランスフォーマー』に登場するコンボイ。トレーラーから人型に変形するタイプで、世界で莫大な数が売られました。
日本の変形玩具のすごさを世界に知らしめた、功労者であります。
見ていただいておわかりの通り、画像のものには握り手がついていません。探してみたのですが、どこへやったのかわからず。
管理がずさんだとこういうことになります。よいこのみんなは気をつけてね!
『トランスフォーマー』は夏に実写映画版第二弾が公開予定。一応楽しみです。


090321_192247090321_192335つづきまして『ウルトラマンガイア』に登場した戦闘機「シグファイターEX」
画像のように六角形の筒状のものが、戦闘機形態へと変形します。
このシリーズはほかにも幾つかありまして、やはり六角形のものが戦車、ヘリ、潜水艦に変形するものでした。
で、わたし他にも幾つかもってたんですが、あちこち探してみても見つからず。
管理がずさんだと(略)

よよよよよよcrying


お次は『仮面ライダー響鬼』に登場したライダーの小道具、「ディスクアニマル」

090321_192456090321_192612090321_192748090321_192857
shine

shine

shine

shine

shine


090321_193024090321_193104090321_193202090321_193244
shine

shine

shine

shine


ディスク状のものが、鷹、狼といった動物の形態へと変形します。
ちなみに「ディスクアニマル」はその年の「グッドデザイン賞」に輝いたトイであります。


今度はちょっとこれまでとは毛色が違いますが、『仮面ライダーカブト』のCORシリーズ。

090321_193507090321_193529090321_193834090321_193900
thunder

thunder

thunder

thunder


ボタンを押すと外部装甲が弾けとび、
中から全く異なったシルエットが登場するシリーズ。
装甲の飛び方が黒ヒゲ危機一髪くらいに豪快で、ついついクセになります。
余談ですがカブトの水嶋ヒロ君は今度映画『ドロップ』に出るそうです。ガタック役の佐藤祐樹くんも『少年メリケンサック』に出てました


最後は、ここ二年ばかし玩具を自粛してたわたしを、再び呼戻してくれた憎いヤツラ。『仮面ライダーディケイド』の「FFRシリーズ」
かなりスラリとした人型から、動物型、武器にライダーが変形するシリーズです。
090321_194042090321_194425090321_195106090321_195736
impact

impact

impact

impact


画像はクウガと龍騎。クウガはクワガタ型に、龍騎はドラゴン形態に変化します。
このシリーズは見た目的にもギミック的にも、かなり高水準。
ま、クウガはひっくり返してみると、ちょっとカッコ悪いんですけどね。龍騎も実はすごいポーズをしています・・・


090321_194520それでは最後にもう一度言わせてもらいます。

「変形玩具は、世界に誇る日本の文化であるッッッ!!」

とらんす、ふぉ~~~~む!!(ガキャゴキャ)

|

« 1、2の三バカトリオ 小林まこと 『青春少年マガジン 1978~1983』 | Main | やられても×2 なんともないない♪ 三池崇史 『ヤッターマン』 »

Comments

こんばんわ。
>コンボイ
手を出したいがどのキャラにしようか
とか言ううちに買ってませんな。
フォートレスマキシマスとか
ゴッドジンライとか、スターセイバーなんか
気にいってます(ってみんな司令官やってる方)
>シグファイターEX
劇中では自作AI搭載(だから変身する時は
撃墜~「脱出!」というのがありません)の
主人公専用機。シグファイターは
青い隊長機と赤い一般機が
あってチームごとのエンブレムもあります。
この作品はティガ&ダイナから出てる人とか
スーツアクター(特撮で着ぐるみきて演技する人)
もチーム隊員で出てたりと結構気に入ってます。
>カブト
裸に出来る美少女フィギュアを「キャストオフ」と
言うようになったのはこの作品の影響だ(笑)。
久しぶりに「クロノスの大逆襲」見ちまってなんか
いいです。ロム兄さん「貴様達に名乗る名前はない!」と
か何か新鮮だ。
では。

Posted by: まさとし3055 | March 22, 2009 at 10:10 PM

>まさとしさま

おはようございます。きっと反応してくださると思ってました(笑)

ジンライやスターセイバーなんかも一応「コンボイ族」に含まれると考えていいんですよね? 「ビーストウォーズ」の「コンボイ」に比べればずっとご本家に近そうだし
個人的には勇者シリーズの主役メカも全部ガンダムでいいと思ってるわたしでした。だってホラ、顔の形が・・・

>青い隊長機と赤い一般機

シグファイターSSとSGだったかな? これらも持ってたんですけどね・・・ 特にSSは気に入ってました。どっかから出てこないかなあ
『ガイア』は防衛軍の中にもいろんなチームがあって面白かったですね。んで、主人公はどこのチームにも属してないという(笑)

>裸に出来る美少女フィギュアを「キャストオフ」と
言うようになった

カブトにそんな罪があったとはwobbly
「キャストオフ」というのはもともと「型を抜く」という意味なんだが・・・

ではまた

Posted by: SGA屋伍一 | March 23, 2009 at 07:52 AM

こんばんは
補足です。
>コンボイ族
ジンライについては概ね近いようです。外国での商品名は同じ「オプティマスプライム(コンボイの洋名)」で、コンボイの新造ボディーの扱いですし。因みにマキシマスはマスター星に移民して進化したヘッドマスター(本体が頭に、乗り物が胴体に変形)ですし、スターセイバーもブレインマスター(ブレインと言う小型ロボットが体内に格納。補助的な存在)ですので別の種族です。
>ガンダム
そりゃ、書いてる人が某大ガワラ御大ですから(笑)。蛇足になるついでにタイムボカンシリーズのメカも同氏です。
>主人公
我夢のメットには00と書いてあります。彼はSIGで、戦術アナライザー(怪獣や現象を分析して適切な対処方を指示する)と言う位置付けでした。
本来、EXはチーフ(某宇垣氏)専用機なのをなし崩しで専用にしたと言う
経緯があります。
では。

Posted by: まさとし3055 | March 23, 2009 at 11:13 PM

伍一さん!
こんばんは〜happy01
おもちゃに詳しくはないけどあえてここに書かせてもらいます♪

すごい持ってるのね〜!
わたし年子の弟もいるんだけど超合金ロボとか当時流行ってていろいろウチにあったの懐かしくなっちゃった!
わたしは当時りかちゃん遊びに夢中で
未だにその名残なのか
バービー集めてますもん(もう卒業したけど)
前にひかれちゃうかな?と思いつつコレクションのせましたよ、同じ心境なのかな?^^

でもオトナになっても子供心を持ち続ける、、、、
大事なことですgood

ウォッチメンみたら早く感想書いて下さいね!!

Posted by: mig | March 23, 2009 at 11:41 PM

>まさとしさま

こちらにもありがとうございます

>外国での商品名は同じ「オプティマスプライム(コンボイの洋名)」

映画でもそう呼ばれてました。「明るい夜明け」くらいの意味かな?
コンボイ族の説明を読んでると、なんだかリアルな生物学のようで面白いような、ややこしいような(笑)

勇者メカはこっそり「マイトガンダム」「ポリスガンダム」「ゴールドガンダム」と呼んでました。同時期に『Gガンダム』がやってたせいでもあります
実はヤッターワンよりはメカブトン・クワガッタンの方が好きだったりして

『ガイア』は怪獣が現れると主人公がデータを分析して弱点を割り出していく描写が面白かったですよね。専用機が自動操縦にできるため、ウルトラマンになってる間も中にいるように見せられるというのも、いいアイデアでした

Posted by: SGA屋伍一 | March 24, 2009 at 07:52 AM

>migさま

おはようございます。あはは、この記事読まれちゃいましたかcoldsweats01

ドンびきしないで優しくフォローしてくださるmigさんの心遣いに感激ですcrying

バービーはまだ市民権を得ているほうじゃないでしょうか。こないだ生誕何十周年記念パーティーとかあったみたいですね
たしかmigさんは虫採りや木登りが大好きな活発な女の子だったと、教えていただいたことがあったけど、りかちゃん遊びも大好きだったんですね。うーん、和むcatface

正直自分もこの趣味には気恥ずかしさを感じないでもないのですがcoldsweats01、本当によくできたオモチャは「この形から一体どうやってこんな形になるんだろう?」とワクワクさせてくれるんですよ

>でもオトナになっても子供心を持ち続ける、、、、
大事なことです

ありがとうございます! でも『ウォッチメン』で、醜い大人の世界もちょっとのぞいてこようと思ってます(笑)

Posted by: SGA屋伍一 | March 24, 2009 at 08:05 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/44421215

Listed below are links to weblogs that reference 適当掲示板79&素晴らしき変形玩具の世界:

« 1、2の三バカトリオ 小林まこと 『青春少年マガジン 1978~1983』 | Main | やられても×2 なんともないない♪ 三池崇史 『ヤッターマン』 »