« 走れ不正直者 リドリー・スコット 『ワールド・オブ・ライズ』 | Main | かなり、ゲバラのせい スティーブン・ソダーバーグ 『チェ 28歳の革命』 »

January 27, 2009

仮面らいだーディケイド 衝撃の第1話プレビュー

そのいち

20080112175243200608011741522006110818154420070310134650
 
 
 

 

 


どこだ、ここは・・・・
このヘンテコな連中はなんだ・・・? どうしてどつきあってるんだ?
おーい、みんな! ケンカはよくない!
ご近所も迷惑してるぞ!
ライダー同士の戦いはやめるんだ!

090127_131943そのとき突然目が覚めた

「はっ!? なんだ、夢だったのか。よかったよかった」

仮面ライダーディケイド

     完


そのに

20080128210048「ちょっと待ってください! この夢は未来を暗示したものなんです。はやくなんとかしないと世界が大変なことに!」
「あなたは誰ですか?」
「ぼくはキバ。あなたの一個上の先輩です」
「ああ! 知ってますよ! たしか京本政樹さんでしたよね? GAROさんのケンカ友達の」
「それって去年おクラ入りにしたネタだよね・・・」


090127_131751「あなたはこれから九つの世界を旅しなければいけません」

「えーめんどくさいなあ。ギャラは幾らもらえるんですか?」

「ごちゃごちゃ抜かしてると血ィぶっこ抜くぞ、ワレ」

「・・・・すいません。行ってきます」


そのさん

090127_131832「そういうわけで『クウガの世界』へやって参りました! こちらクウガさんです」

「どうもクウガです! 九年前と名字は違うけど、一応クウガです。よろしく!」

「ああ、知ってますよ。結婚したんですよね?」

「いや、そういう事情とはまた違うんだけど・・・」


090127_131908「で、君はなにしにこちらに来たわけ?」

「・・・・あ。そういえば何しに来たんだっけ」

「おいおい、大丈夫か? キミ」

全てを墓石、全てをつなぐ。次回未定
 


|

« 走れ不正直者 リドリー・スコット 『ワールド・オブ・ライズ』 | Main | かなり、ゲバラのせい スティーブン・ソダーバーグ 『チェ 28歳の革命』 »

Comments

こちらにもっ。

1話目からかなりの衝撃展開の連続で、見ながら『なんじゃそりゃあ!』ばっかり言ってた気がしますね~wカブトでクロックアップも使えればヒビキの音撃棒も召還可能。ファイズではバイクもオートバジンになったりとある意味やりたい放題。バックルが90度反転して両サイドからガシャコン♪とセットする変身プロセスも結構カッコイイので、久々にツボにハマるライダーかもしれません。

でも9人のライダーに変身できるという事は、単純に考えれば9つのフォームを持ってるという事にもなるのかも?他のライダーにどんどん変身できるようになって、話が進むごとにライダー祭状態になると思うと期待に胸膨らみますね。
31日には『仮面ライダーG』という新しいライダーも出てくるみたいですし、当日は20世紀少年第2章よりそっちに触手が動いています(笑

Posted by: メビウス | January 28, 2009 08:45 PM

>メビウスさま

こちらにもありがとうございます♪

『ディケイド』、メビウスさんも大興奮でしたか。十年間見続けてきたものとしては「ああ、あんなキャラやこんなキャラまで!」とおおはしゃぎでございました

わたしが特にキタのはディケイドよりも、約九年ぶりにテレビで観たクウガ。そういえばあのころはまだ二十代半ばだったよな~(遠い目)

しょっぱなから9つも形態をもってるなんて、ぜいたくなヤツですよね。まあディケイドが一番見た目ヘンテコなので、他のだれかに変身したくなる気もわかりますが

>『仮面ライダーG』

スマップのゴローちゃんが主役を演じるというアレですね。てっきりコントなのかと思っていたら、意外にマジメに作ってあるようで・・・

とりあえず次回は地獄兄弟の活躍がたのしみです♪

Posted by: SGA屋伍一 | January 28, 2009 09:30 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 仮面らいだーディケイド 衝撃の第1話プレビュー:

« 走れ不正直者 リドリー・スコット 『ワールド・オブ・ライズ』 | Main | かなり、ゲバラのせい スティーブン・ソダーバーグ 『チェ 28歳の革命』 »