« まんがの道は地獄道 2008年漫画家マンガいろいろ | Main | 俺たちゴーストバスターズ、ほか色々 ミシェル・ゴンドリー 『僕らのミライへ逆回転』 »

December 05, 2008

適当掲示板74&「菌類のふしぎーきのことカビと仲間たち」

081124_162148当ブログに関するご意見、ご感想ありましたら、こちらまでお寄せください。

さて、先週の月曜、上野は国立科学博物館へ特別展「菌類のふしぎーきのことカビと仲間たち」を見てまいりました。幸いその道に詳しいご友人が一緒してくださったので、イヤホンガイドなしでいろいろ詳しい解説を聞くことができました。この場を借りて御礼申し上げます。

会場についたのは12時半過ぎくらい。休日ということもあってか、なかなかの盛況ぶり。ただ外で待たされるということはありませんでした。「ロボット博」の時は一時間くらい待たされたので、ほっとしました。

展示はまず真核生物と原核生物の違い、生物分類における「五界説」の解説、そして菌類の中でも代表的な担子菌と小嚢菌の説明へと移っていきます。ちなみに細胞核があるものを真核生物、ないものを原核生物といいます。また多くのキノコのように表面上に胞子がつくものを担子菌、胞子がえんどう豆のようにさやにくるまれているものを子嚢菌というそうです。

わたしはついこないだまでキノコ・カビを植物の一種くらいに考えていたのですが、専門家に言わせると「絶対同じにしてはいかーん!!」と言いたくなるくらい、違う性質のものらしいです。あと「菌」と「細菌」もきっちりわけなきゃならないもののようで・・・ もうこの時点でわたしの脳の容量はパンパンでした。

さて、一通り分類の解説が終ると、所狭しと並んだキノコレプリカのコーナーへ。さらに「もやしもん」特設コーナーを挟み、「菌がどのように利用されているか」、匂いをかいだり触ったりの体験コーナー、キノコアートの展示などへと続いていきます。

081124_132823081124_132756081124_131431081124_135016
 

 

 

 

一番左と左から二つ目がレプリカのキノコ群、右から二つ目が細菌話題の「粘菌」、一番右が昆虫とキノコのコラボレート「冬虫夏草」です。

続けて行きます。

081124_142210081124_142926081124_143509081124_144251
 

 

 

 


一番左は様々な形の胞子の模型、その隣は今回の目玉のひとつである「光るキノコ」、さらにその隣は・・・忘れた(コラ)、一番右は「人の手に見えるキノコ」。画像ではあまりそう見えないかもしれませんが、本物はなかなか不気味です。

そしてこの展示でいたるところに配置されてるのが、コミック『もやしもん』に登場する菌のキャラクターたち。

081124_124843081124_130545081124_135611081124_135754
 

 

 

 


081124_140132081124_142517081124_145002081124_144704_ed
 
 
 

 

 


いやー、『もやしもん』が絡んでいるとは聞いていましたが、ここまで展示がかもされているとは思いませんでした。でもそのおかげで大変にぎやかで、子供たちも楽しめる展示となってました。ちなみに客層は二十代くらいの男女が多く、おそらくこの『もやしもん』効果で興味を持たれた方たちなのではなかろうかと。会場には石川先生直筆の落書きがあちこちにあって、それを一生懸命見つけているひとたちもいました。
あと会場で不審者を発見(下段右端)。とりあえず「怪しい」と警察にたれこんでおきました。

ご友人曰く「メチャクチャ小さいものをどうやって目に見える形で見せるかが大変」 なるほど。でもその点でもけっこういい線いってたと思います。「菌類のふしぎ」展は来年1月12日まで開催予定。科学博物館は通常展もとても面白いので、ぜひ一度足をはこんでみることをおすすめします。

|

« まんがの道は地獄道 2008年漫画家マンガいろいろ | Main | 俺たちゴーストバスターズ、ほか色々 ミシェル・ゴンドリー 『僕らのミライへ逆回転』 »

Comments

こんばんわ。
世間様は色々と騒がしいようで
矯正による頭痛に悩まされる私には辛いですが
幸い悪い事ばかりで無いので・・・・。
>カビ
バイキンマンの雑魚の「カビ」な方々を
思い出してしまいました(笑)。
これって秦太さんとかと行った時ですよね?
最近は電車ばかり乗ってるのでいい加減
普通の旅がしたい(って、何気にしてるか・・・)ですな。
さよなら運転とかに邪魔されずに・・・・・。
新幹線0系では「行くんだろ」と言われたのは内心
大いに腹たった。ブログ読めよと言いたい。
こちらも世間様の事で・・・・ちょっと長くなりますが。
「ホンダF1撤退」
ちっとも驚かなかった。
むしろ「トヨタ絶句」に笑った。
日本グランプリ開催を「金」で勝ち取ったくせに・・・・
富士の醜態掲載した雑誌に対し
広告停止と言う卑怯な口封じしたのはご存知か?
「麻生首相の失言ぶり」
アキバ系の旗手たるこの人もたいした事なさそうだ。
俺が「公約」守るため苦しんでる事に比べたら実に
つまらない事で株落としてますね・・・・・。
このところ「ファイバード」の主役の方の影響か
この台詞が心に残ります。
「お天道様は全てお見通しだぜ!」
ではでは。

Posted by: まさとし3055 | December 05, 2008 10:54 PM

>まさとしさま

おはよっすー 
「矯正による頭痛」ですか・・・ 繁忙期なのに大変ですね。どうぞお大事に

>カビ

そういえばいましたね。「かびるんるん」とかいうキャラが。『もやしもん』の元ネタってその辺だったりして

>普通の旅

といったら、わたしには電車の旅ですね。バイク&車は疲れるし。飛行機は高いし(笑) で、やっぱり最近してませんねえ。たまに首都へ行くくらい

>「ホンダF1撤退」

最近の事情はなんも知らないのですが、学生時代セナ・ベルガーがホンダ・マクラーレンでワンツートップを取ったことを懐かしく思い出しますた

>「麻生首相の失言ぶり」

『ムダヅモ無き改革』ではあんなにかっこいいのになあ(笑)
現実はマンガのようにはいかんですね・・・

>「お天道様は全てお見通しだぜ!」

たしかテレビの時代劇で覚えたんですよね

寒いですけど風邪の方もお気をつけて。ではでは

Posted by: SGA屋伍一 | December 06, 2008 07:47 AM

お疲れ様です!
解説者とご一緒ならば、さぞ楽しめたことでしょう。
それにしても植物と菌類の違いは、中学くらいでならいませんでしたっけ?(いや、私は高校で生物を選択したからか?)いくらなんでもそれは大雑把ですよ~(^^)

ロボット博では「アシモショー」まで見てきた私。国立科博はあなどれないスポットですね♪

Posted by: たいむ | December 06, 2008 03:33 PM

>たいむさま

素早いお返しありがとうございます

たしか中学の授業で、「キノコは植物の一種」と聞いたような気がしたんですよ。先生のバカ!(単に勘違いの可能性も)
ただ、こういう風に思い込んでいるひと、けっこう多いようですよ

国立科博は首都で一番好きなスポットです。恐竜もあるし、Zガンダムのコクピットもあるし
アシモショーは「気持ち悪ィ~」と言いながら、大興奮で見ました(笑)

Posted by: SGA屋伍一 | December 06, 2008 09:54 PM

というわけで、昨日また一人で行ってきましたよ。
スミズミなめつくすように見学したら、今回も常設展みる時間ありゃしねぇ!
午前中から入館しないと無理ですね、やっぱし。

小難しい感想は抜きにして、つくづく思うのは『もやしもん』効果の大きさです。
キノコはまだしも、カビや酵母、地衣類や植物病原菌でこれほど大規模な科学展示が企画されたのはおそらく空前のことでしょう。
しかもお客さんのノリがいい。
異常事態ですよ、コウジカビの顕微鏡プレパラートに行列ができるなんて!

このあいだ、『死都日本』という小説を読んだんです。
九州の火山が大噴火したらどうなるかを克明にシミュレートした超超怖いクライシスノベルですが、この本、小説として面白いだけではなく、火山活動描写が研究者絶賛のハイレベルなんだそうです。
この小説への火山先生たちの入れ込みようは相当なもので、専門誌で特集組んだり、写真満載の詳細な解説HPを作ったり、各分野の研究者が集まってシンポジウム開いたりと大盛り上がり。
「裏の畑でダイアモンドの鉱床が見つかったとしたら、このくらい突発的にうれしいのでは」と、地学的比喩で作者に感謝している先生もいらっしゃる。

どの分野の専門家も、研究対象を世間様に正しく認知してほしいと願っているはずですが、なかなか上手くいかないもの。
『死都日本』や『もやしもん』(と並列するにはかなり異質だけど)のような優れた宣伝文書の登場は、その分野の専門家にとってまさに天恵だったのでしょう。

Posted by: 秦太 | December 08, 2008 12:27 AM

>秦太様

こんばんは

おお、早くもリピーティングですか。科博の特別展は『ミイラ展』『恐竜展』の時はこじんまりした印象でしたが、今回はやけにボリュームたっぷりに感じました
扱うものが小さいから、資料もその分たくさん収められたってことかな?

前々から菌に注目されてた秦太さまとしては、こんなに彼ら?にスポットライトがあてられるのを見て、さぞかし感慨深いものがあるかと思われます。
一見つまらなそうなものでも、教え方とかわいいキャラ次第で、幾らでも面白く教えられるということでしょうか。『風雲児たち』もそうですもんね。あれの場合は「かわいい」というか「変な」って感じですが

『死都日本』、実は今日書店で見てきました
てっきりハードカバーかと思ったら、これノベルスだったんですね
ノベルスというと「俗っぽい読み物」というイメージの人も多いかと思いますが、そういう本でも外見で切り捨てずに、ちゃんと中身で評価されてる。火山先生たちはさすがだなあ


Posted by: SGA屋伍一 | December 08, 2008 09:27 PM

 オラのかめはめ波をうけてみろ!!

Posted by: 犬塚志乃 | December 10, 2008 11:18 PM

>犬塚志乃さま

いやです
痛そうだから

Posted by: SGA屋伍一 | December 11, 2008 07:17 AM

 やるな
今のオレは70%の力しか出していないが、いいだろう
真の力を見せてやる!!
 はぁぁぁぁぁっ!!どうだ!!50%!!

 下がるのかよ!!?

Posted by: 犬塚志乃 | December 12, 2008 10:52 PM

>犬塚志乃さま

プライスダウンは大歓迎です

Posted by: SGA屋伍一 | December 13, 2008 07:36 AM

 みんなオラに、ほんの少しでいい。
現金をわけてくれ!!

 元気じゃないの?

Posted by: 犬塚志乃 | December 17, 2008 10:39 PM

>犬塚志乃さま

歳末助け合い?

Posted by: SGA屋伍一 | December 18, 2008 07:27 AM

 オレは貴様に背は向けぬぞ!!
だからお前を見ながら逃げてやる!!

 せこっ!!

Posted by: 犬塚志乃 | December 24, 2008 09:38 PM

>犬塚志乃さま

前を見て歩かないと、
転びますよ

Posted by: SGA屋伍一 | December 25, 2008 03:18 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 適当掲示板74&「菌類のふしぎーきのことカビと仲間たち」:

» 間違った楽しみ方?《菌類のふしぎ-きのことカビと仲間たち》① [たいむのひとりごと]
去る11月8日。現在上野の国立科学博物館で開催中の特別展『菌類のふしぎ-きのことカビと仲間たち』に行ってきた。講談社「イブニング」で連載中の菌漫画(農大漫画?)『もやしもん』のキャラクター達が助っ人と... [Read More]

Tracked on December 06, 2008 03:34 PM

« まんがの道は地獄道 2008年漫画家マンガいろいろ | Main | 俺たちゴーストバスターズ、ほか色々 ミシェル・ゴンドリー 『僕らのミライへ逆回転』 »