« 仮面らいだー キバってGO! | Main | 一人と一体の特命係 三池崇史 『ケータイ捜査官7』 »

June 27, 2008

銀のスラップスティック ・・・あひゃひゃ ウィル・スペック ジョシュ・ゴードン 『俺たちフィギュアスケーター』

20080627182756首都圏より約半年遅れての公開。都市部でのフィーバーぶりを見て、いつかこっちにも来てくれると信じていました。でも遅いよ・・・ 遅すぎるよ! もうDVD出てんじゃんよ! っていうか、DVDが出るのが早いのかなあ。『俺たちフィギュアスケーター』参ります。

チャズ(脂っこい)とジミー(オカマっぽい)は全米を代表するフィギュアスケーター(信じられん話だが)。チャズは鳳凰のごとき情熱的なスタイルで観客を魅了し、ジミーは孔雀のような優美な演技で観る者を虜にする。
そんな二人は当然不倶戴天のライバル同士。ある大会で表彰台の上でも盛大なバトルをやらかしてしまった彼らは、男子シングル部門からの永久追放を言い渡される。
それから三年半。「ペアでなら試合に出れる!」ことに気づいたジミーはパートナー探しを始める。ところがいかなる運命のいたずらか、彼が組む事になったのはかつての宿敵チャズ(もちろん男)だった・・・・
男×男。フィギュア史上かつてないコンビが、リンクに今奇跡を起こす。

いつもつまんないネタ混じりであらすじを紹介してる当店ですが、今回はマジです。
我々は湖面を優雅に泳ぐ白鳥を見て「美しい」と感じます。しかし人は知りません。水面の下で、白鳥が懸命に脚をばたつかせてもがいていることを。
フィギュアスケートにも同じことが言えます。銀板の上で華麗なる演技を見せ、スポットを一身に集めるアスリートたち。ですがその影で彼ら彼女らは汗と血をにじませて、日々過酷な修練を積み重ねているのです。すべては、夢に描いた一瞬の美技を現実のものとするためににににににに・・・・・・・・

なんかマジメに書けば書くほど、むなしさがこみ上げてくるな(笑) 上の数行のことは忘れてください。これはどこをどう切り取っても直球ど真ん中のバカ映画です。それ以外の何物でもありません。
大体野郎二人がキラキラの衣装を着て股間を押し付け合いながら、『アストロ球団』もまっ青の殺人技に挑もうって話ですから。氷片や銀光に混じって毛とか、脂とか、パンツとか飛び交ってますし。まじめなフィギュアファンが見たら激怒することまちがいありません。

そう言えばあるフィギュア好きの女性とこんな会話を交わしたことがありました。

「男子でいうとロシアのムニャムニャは美しいわよね~heart04 ほれぼれしちゃう! どこそこのだれそれも見るたびにため息が出るわheart04 本当にもう、『美の化身』って感じ?」
「あの・・・ 日本のオダくんとかはどうなんですか」
「ああ、彼はお笑い担当よね。自分のキャラがわかってていいんじゃない?」
「ちょwwwww それひどいですよ!」
「あのねえ、男子フィギュアってのは、男がピチピチのピカピカの服を着て、思いっきりバンザイして駆け回る競技なのよ? 『ああ! オレってなんてかっこいいんだ! みんな! オレだけを見てくれ!!』って。骨の髄までナルシストになりきらなけりゃ、やっていけないようなスポーツなのよ!! 日本人にそんなの似合うわけないでしょ!?」

ずいぶん極端なものの言い方をする人だ、とその時は思いましたが、この映画を見てはっきりわかりました。彼女の言い分が正しかった(笑)。そしてまさにわたしのためにあるようなスポーツだと思いましたshine

しかしナルシズムには限界があります。自分で自分を愛するのも悪くはないですが、人はやはり他の誰かに愛されることを望むもの。そう、勝利の栄冠は独り占めするよりも、愛する仲間と分け合ったほうがずっとスバラシイ。家族の情愛を知らなかったチャズとジミーはそのことがわかりませんでした。しかしフィギュアスケートを通じて彼らは真の家族を得、人を愛することの喜びを、夢を見ることの尊さを知ります(だからマジメに書くなとゆーのに)。

20080627182813と、ゆーわけでケリガンさんとハーディングさんも過去のことは忘れて、コンビを組んでまたスポーツ界に復帰されてはどうか? この際スケートでもプロレスでもどっちでもかまいません。きっと世界中が感動すると思います。
誰ですか! そこで「それ、誰だっけ?」とか言ってる人は!


|

« 仮面らいだー キバってGO! | Main | 一人と一体の特命係 三池崇史 『ケータイ捜査官7』 »

Comments

>チャズ(脂っこい)とジミー(オカマっぽい)・・・
爆笑happy02です。特にチャズ(脂っこい)のとこ。

そうですよね~~,フィギュアって,ナルシストでないとサマにならないスポーツなんでしょうね。
「見て,見て!」オーラが全開のひとでないと,恥ずかしくてやってられませんね。
この作品,たしかに真面目なフィギュアファンなら激怒するかもですね。
有名な選手もカメオ出演してたそうですが
私はサーシャ・コーエンしかわかりませんでした。

Posted by: なな | June 28, 2008 at 10:54 PM

あははー♪
また笑わせてもらった☆
最後のイラストがこの映画の全てを象徴してるなぁ〜(してないって)smile
>『ああ! オレってなんてかっこいいんだ! みんな! オレだけを見てくれ!!』って。骨の髄までナルシストになりきらなけりゃ、やっていけないようなスポーツなのよ!! 

あは、確かに。そんな感じ☆

もう王子役のジョンへダーが元々好きなので今回もハマってて良かったです。
DVDも勿論買っちゃいましたよ☆おバカ大好き〜 confident

Posted by: mig | June 29, 2008 at 11:49 AM

こんにちは。
私、バレエはよく見るんですけど、スケートはあまり興味がなかったんですよ。でも同じだわ。ロシアでもフランスでもアメリカでも男性のモニャムニャ白タイツに萌えてる私ですから。爆
それにですね、影で血を吐くような努力をしてる人たちこそ、表に出ると「見て見て君」になるものです。わはは
私、ローラースケートならできるんだけど;ダメ?笑

Posted by: シャーロット | June 29, 2008 at 03:24 PM

>ななさま

お返しありがとうございますhappy01

テカテカしてましたねー、チャズは。指先から出すあの炎も、もしかしたら自分の脂肪を燃やしてたのかもcoldsweats01

>フィギュアって,ナルシストでないとサマにならないスポーツなんでしょうね。

オダくんですら「もう、ぼくって頑張り屋さんだからheart04」なんてことを抜かしてましたからね
ただ、女子の場合はあんまりそういう気がしないのは、なんででしょ?

カメオ出演、わたしはケリガンさんだけわかりました。名前呼ばれてたから(笑)
日本からは伊奈恭子 さんと佐藤有香さんが出てたそうですが・・・ 知らないなあcoldsweats01

Posted by: SGA屋伍一 | June 29, 2008 at 07:36 PM

>migさま

お返しありがとうございますhappy01

>最後のイラスト

最近下ネタ多くてすいませんcoldsweats01
それでも見捨てずコメントくださり感謝です~

まーナルシストもここまでくるといっそアッパレというか、ひとつのゲイ、いや芸に昇華されてますよね
それがなんであってもとことん突き詰めれば感動を呼ぶ、とゆーことでしょうか

ジョン・へダーはこの映画で初めて知りました。唐突に日本語喋り出してビックリしたけど、彼、日本に住んでたことあるんですね~ 『バス男』とか見てみたいなあ

Posted by: SGA屋伍一 | June 29, 2008 at 07:44 PM

>シャーロットさま

お返しサンクスですhappy01

ええと、シャーロット奥様は・・・「白タイツフェチ」ということでよろしいのでしょうか(爆)
今度わたしも着用してみようかしら。そんで画像UPしてもいいでしょうか(←死ね)

>影で血を吐くような努力をしてる人たちこそ、表に出ると「見て見て君」になるものです

深いお言葉です。そうですよね。がんばった分、役得がなくちゃね
これはボクシングについてですけど、「スポットライトの下で戦うことには、麻薬を吸うような快感がある」なんて言葉も聞いたことあります

>私、ローラースケートならできるんだけど

おや、意外にアクティブな一面がおありで
いいんじゃないでしょうか。わたしなんかスキーもスケートもヘタッピですからcrying

Posted by: SGA屋伍一 | June 29, 2008 at 07:51 PM

こんばんは♪

SGAさんがマジメにあらすじを書いても、まるでネタだらけのように
なってしまうという(笑)

ウィル・フェレルとジョン・ヘダーの組み合わせって最強shine
思いついた人が偉いなと思いました(笑)
「俺たちニュースキャスター」も相当アホで笑いました〜
「俺たちダンクシューター」も早く観たいな〜heart

ウィル・フェレルの出てるわりとマジメな映画では、
「主人公は僕だった」が良かったです。

Posted by: kenko | July 02, 2008 at 12:41 AM

>kenkoさま

お返しありがとうございまする
この破壊力抜群のストーリーには、ワタクシのちっぽけなギャグセンスなど到底かないませんwobbly

ウィル・フェレルは『主人公は僕だった』の予告で見てるんですけど、その時はごく普通のオッサン、という印象でした
それが『フィギュアスケーター』→『ダンクシューター』予告と観ているうちに、今では「変態さんNO.1」という感じです(笑)

次はなんでしょうね~ フードファイター? ジェダイマスター? 

Posted by: SGA屋伍一 | July 02, 2008 at 07:35 AM

毎度どうもです。
TB&コメントありがとうございました。

おおおおお、ご覧になりましたねぇぇぇ。fuji
これは伍一すわんがどんなイラストを描くのだろう、と想像したくなるタイプの映画ですもの。
レビュー見ることができて嬉しいですー

>しかし人は知りません。水面の下で、白鳥が懸命に脚をばたつかせてもがいていることを。

この一文を見るにつけ、私はやっぱり意外と真面目なスポ根ムービーだよなぁぁぁと実感しましたです。
ちょっとホロリときてしまったくらいだもの。weep
とにかく、スポ根みたいな熱いの大好きです。wave
この作品は、おバカ映画ですよぉぉぉぉと思わせておきながら、意外とグッとくるところが憎いです。
たくさんのブロガーさんが褒めてますもんね。

Posted by: となひょう | July 02, 2008 at 09:40 PM

こんにちはー。
SGA屋伍一さんが男子同士ペアのスケートをやるとしたら、どちらの役がよいですか?
あるいは、どちらと組みたいですか?
衣装はどんなのを着ます??
どんな技に力を注ぎたいですかー?

と質問してみるの巻ー。art

今日観た映画は邦画の『休暇』、『歩いても 歩いても』で、しんみりとした気分なので、ウィル・フェレルのことなんて思い出したくないんすよ。(笑)
来週は、『ホット・ファズ』を観るかもなので、そうしたらコメディな気分になるかもだけど、来週までコメを持ち越すのもどうかなと思ったので。とりあえず。
こんな私でスミマセーン。coldsweats01

Posted by: かえる | July 02, 2008 at 09:47 PM

>となひょうさま

お返しありがとうございます
期待してくださったのにこんな手抜き&下ネタイラストでお恥ずかしい・・・

>はやっぱり意外と真面目なスポ根ムービーだよなぁぁぁと実感しましたです。

ですか・・・ だのにわたしは「直球ど真ん中のバカ映画」だなんて・・・

おおおオレは魂が汚れている!
もっととなひょうさんのように人の努力を素直にほめられるような、純真なココロを持ちたいと思いましたshine

スポ魂ムービーの名作にも色々ありますけど、一番これとテイストが似てるな、と感じたのはやっぱり『少林サッカー』ですかね。あと最初ゲラゲラ、最後感動というのでは『クール・ランニング』を思い出しました。そういえばあれもウィンター・スポーツの話でしたよね

Posted by: SGA屋伍一 | July 03, 2008 at 08:03 AM

>かえるさま

お返しありがとうございます
まずは質問にお答えしましょう。やるならたぶん女形ですね。人間一人持ち上げられる腕力はないので。組むならジョン・へダーの方がよいのですが。ウィルさんはなんかこう、ヌルヌルしてる気がするので
衣装はシャーロットさんが「白タイツに萌える」とおっしゃっておられるので、全身白タイツで。ほんでTIMの「命!」「炎!」とかやったら、もう会場は感動の渦だと思います

>しんみりとした気分なので、ウィル・フェレルのことなんて思い出したくないんすよ。(笑)

ムードぶちこわしてすいませんcoldsweats01 おわびにウィルさんの次回作の予告でもどうぞ。しんみりすること間違いなしです!

http://oredan.gyao.jp/enter/

・・・・ウソです。くれぐれもコメディモードに入ってからごらんください・・・

『ホット・ファズ』は自分も上京して観る予定です。最初はもっとシリアスな話かと思ってたんですが、コレ明らかになんか「ヘン」ですよねえ(笑)

Posted by: SGA屋伍一 | July 03, 2008 at 08:11 AM

こんばんわ!

ウハハハ!!
最後のイラスト、マジで最高です!
『股間でリフト』のシーンを思い出してしまって、思わず鼻水出そうに
なりました(爆笑)。

私、ウィル・フェレルって『プロデューサーズ』で初めて観た役者さん
だったんですが・・・・彼は本当に変態を演じさせたら最高ですね。
ファンサービスっぷりは最低らしいですが、コメディアン俳優としては
最高だと思います。

頑張れ、ウィル♪

Posted by: 睦月 | July 04, 2008 at 11:49 PM

>睦月さま

お忙しいところお返しありがとうございます。いまごろはもう空港に向かわれているところでしょうか

>最後のイラスト、マジで最高です!

あなたにささげますheart04
全身の体重がのっかった男性のアレって、果たしてどんな感触が・・・ いや、このくらいにしときますか

自分は恥ずかしながらこの作品でウィルさんの名前を覚えました。「ファンサービスの悪いスター」に挙げられたという記事を読んで、「『スター』なの!? 彼が!?」と思ってしまいましたcoldsweats01 んー、でも本当にいま最も注目されてるコメディアンの一人なんですねー
ファンにそっけないのはコマッタちゃんですが、性格に問題ある人のほうがギャグの才能があるような気がするので、これからもツッパリくんで通して欲しいと思いました(笑)

Posted by: SGA屋伍一 | July 05, 2008 at 07:55 AM

フィギア大好きですが、これも私大好きでした!

私は男性フィギアはあんな暑苦しいのは嫌ですが、ロシア系の選手に多いような優美で女性的な演技をする選手より、男性らしくダイナミックに演じてくれるタイプのほうが好きなんですよね~。

それはおいといて、この作品は最高に笑いました!
あの二人がイケメンということがまかり通っているところからもう爆笑でした!でも、頑張っている彼らをみているうちに格好良くみえてくるところも凄いですよね~

たしかに今公開って遅いとは思いますが、逆に夏に涼しく笑えるという意味ではピッタリの映画って思ったのは私だけでしょうか?

Posted by: コブタです | July 14, 2008 at 11:17 AM

>コブタさま

こんばんはっすー
自分は実は「フィギア」というと、アニメキャラの人形を思い浮かべるクチです。コブタさんもガンプラとか詳しそうなのでてっきりこちら側の人間だと思ってました。すいませんcoldsweats01

フィギア好きなら記事タイトルの元ネタである『銀のロマンティック ・・・わはは』という漫画是非読んでみてください。川原泉作、白泉社漫画文庫『甲子園の空に笑え!』所収です。

>頑張っている彼らをみているうちに格好良くみえてくるところも凄いですよね~

いや、自分はとてもそうは見えませんでしたcoldsweats01 応援したくはなりましたが

こちらの方はミニシアター系はやらない作品の方が多いので、こうして遅れてきてくれるだけでもありがたかったりします。コブタさんちは例の109とかあっていいなあ

Posted by: SGA屋伍一 | July 14, 2008 at 09:10 PM

あのさあ、しつもん。
このイラストって全部伍一くん書いてるの?
最後なんて放送禁止じゃ~ん。

この映画って笑えない時に観たら絶対笑えそう。 DVD買おうかな!?

Posted by: rose_chocolat | June 03, 2010 at 10:40 PM

>rose_chocolateさん

>このイラストって全部伍一くん書いてるの?

あったりきよ~ いつ「公衆良俗に反するうんたらかんたら」とココログさんからお叱りがこないかビクビクしています
でも意外と女性陣から反応が良かったのは驚きでした(笑) 全く最近の若い娘さんときたら・・・

調べてみたらDVDノーマル仕様で1200円くらいでした。これならわたしにも手が出せる

Posted by: SGA屋伍一 | June 03, 2010 at 10:54 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/41665388

Listed below are links to weblogs that reference 銀のスラップスティック ・・・あひゃひゃ ウィル・スペック ジョシュ・ゴードン 『俺たちフィギュアスケーター』:

» 俺たちフィギュアスケーター [虎猫の気まぐれシネマ日記]
DVD[E:cd]で鑑賞。いや~~,笑った,笑った。こんなにも,腹を抱えて笑った映画って,ここ最近では珍しい。自分の他には猫[E:cat]しかいない夜更け[E:night]の部屋に,響き渡る自分の笑い声というのも,なんだか虚しいもので,これは劇場で観て,他のお客さんと一緒に爆笑タイムを共有したかった... [Read More]

Tracked on June 28, 2008 at 10:40 PM

» 俺たちフィギュアスケーター/ Blades of Glory [我想一個人映画美的女人blog]
全米で今年春公開、2週連続No1{/atten/} 興行成績は『オーシャンズ13』抜いて 1億1800万ドルを記憶したおバカコメディ日本上陸{/ee_1/} 楽しみにしてたけどこの二人だから日本では公開ナシだろうな〜{/namida/} と思ってたら急遽公開決定{/ee_3/} GAGAさん、公開決定ありがとう{/heart_orange/} 来月の公開を前に、試写で観てきました♪ ちなみにこの邦題は、同じくウィル・フェレル主演の『俺たちニュースキャスター(邦題)』からのパクリ。 期待を裏切... [Read More]

Tracked on June 29, 2008 at 11:46 AM

» 俺たちフィギュアスケーター [映画通の部屋]
「俺たちフィギュアスケーター」 BLADES OF GLORY/製作:2007年 [Read More]

Tracked on July 02, 2008 at 09:33 PM

» 『俺たちフィギュアスケーター』 (2007) / ... [NiceOne!!]
原題:BLADESOFGLORY監督:ウィル・スペック、ジョシュ・ゴードン出演:ウィル・フェレル、ジョン・ヘダー、ウィル・アーネット、エイミー・ポーラー、クレイグ・T・ネルソン、ジェン... [Read More]

Tracked on June 03, 2010 at 10:38 PM

« 仮面らいだー キバってGO! | Main | 一人と一体の特命係 三池崇史 『ケータイ捜査官7』 »