« 相方 二匹だけの特命係 13th season | Main | オッス! 変人仮面! 谷口悟朗 『コードギアス 反逆のルルーシュR2』 OO(ダブルオー)編 »

June 06, 2008

よみがえる動物王国 アンドリュー・アダムソン 『ナルニア国物語第二章 カスピアン王子の角笛』

20080606202308かつて「動物がしゃべる!」ということで爆発的な人気を呼んだナルニ山動物公園。だが経営陣がそろって謎の失踪を遂げたため、業績は悪化。近年はほぼ開園休業状態となっていた。大きなお城の遊園地で知られる某企業は、ナルニ山の土地に目をつけ、そこへ第二支部を経てようと画策する。しかし動物大好きな前社長の息子・カスピ海ヨグルトは、首脳陣と対立。グループを脱退してナルニ山に危機を知らせる。
密かに伝えられていた緊急回線を用い、かつてのブレーンであった四兄弟に呼びかけるカスピ海。すると瞬く間に(笑)、ナルニ山に戻ってくる平太・ヒネ太・ガン子・オデ子の四兄弟。だがまずアイデアで客を呼戻そうとするカスピ海と、株式操作で某企業を乗っ取ろうと主張する平太は激しく対立する。
果たしてナルニ山の再興はなるのか? そして伝説のカリスマ大園長・畑ムツ○ロウ氏はいまいずこに・・・・


二年前大々的に上映されヒットとなった『ナルニア国第一章 ライオンと魔女』。この映画、わたしはとっても楽しめたんですけど、映画ファンのみなさんの間では不評が多く(笑)、なんとなく素人と玄人との溝を感じざるをえない一本でした。
特に多かった意見は「主役の4兄弟が可愛げがない」「LOTRに比べて物足りない」というもの。前者はおいといて、後者の意見はちょっと酷じゃないかなーって。だって『LOTR』は監督が狂っちゃってるんだもん(笑) すべての監督にあんな風に「イカレなさい」というのは無理な話で。あの人だったら仮に映画がこけてニュージーランドの国家予算が傾いたとしても、「そんなの知ったこっちゃないから」とか言いそうな気がします
それにね・・・・あたし思うの。「あの映画に比べると○○だ」っていう見方はどうかなって。人間だって一人一人個性があるわけだし、映画だってきっとそれぞれにそれなりにいいとこがあるはず。ほら、歌にもあるじゃない?
♪ナンバー1になれなくてもいい そのまま特別なオンリー1 って
あたしは映画をそんな風に見ていきたいの

で、今回の第二章、どうだったかというと、観ている間は「うーん、一作目に比べるとちょっとなあ」 ・・・・ってテメエも思いっきりくらべてんじゃねえか!!!
前言撤回。人間は基本的に差別をする生き物です。

んーとなにを言いたいんだかよくわかんなくなってきちゃいましたけど、まあこれは単純に好みの問題でして。前作は旅八割:合戦二割くらいの内容だったと思うんですけど、今回はこれが完全に逆転してて旅二割:合戦八割くらいだったかなと。んで、わたしはどっちかっつーと旅中心の前作のカラーが気に入ってたんですね。
シャア声のキツネや遠藤憲一のオオカミほど入れ込めるキャラもいなかったし。ま、これは字幕版で見たのがよくなかった。やっぱ『ナルニア』は吹き替えで見るべきだったなー

しかしトータルでみますとなかなかいいところもたくさんありました(んっとーにお前はどっちなんだよ・・・)。まず前作よりテーマ的に深くなっております。『ライオンと魔女』では善玉動物対悪玉動物という構図でしたが、今回は動物対人間の戦い。ほんで悪者は人間のほう(笑)。っておいおい、俺ら悪者かよ!
まー自分たちの勢力を拡大するために自然を駆逐する人間どもは、動物さんたちにしてみれば悪者でしかないわけで。でもその人間側の王となるべき者が、動物側の味方をする、というところが面白く、かつ救いでもあります。
自然を壊すのも人間であるなら、その過ちを正せるのもまた人間でしかない。すでに50年代にそのことを見ぬいていたC・S・ルイスの慧眼にはほとほと感服させられます。

あとほかに良かった点といたしましては、前作でドベな役割だったエドマンドの成長ぶりとか。やっぱ一度どん底を経験しているヤツは強いっすね。その分ピーターは・・・ ごほんごほん
花の精の描写とか、巨大な投石器とかも良かったです。投石器はこれまでも幾つかの作品に出てきましたけど、その中でも最も迫力あるブツでございました。いやー、あれは一家に一台、ぜひほしい。

そしてなによりわたしがツボだったのは、このお話が駅のホームで始まり、ホームで終わるというところ。そう、駅は始まりであり、終わりであり、旅立ちであり、別れの場所であるんですね。多くの冒険を経た少年は、幻想の世界に別れを告げ、また新たなるステージに立つ・・・・ 30半ばの身としては『銀河鉄道999』など思い出してしまうわけですが。

20080606202438そんなわけで前作と見事な「対」になっており、見事なまでの完成ぶりでありました。
できればこのまま終わった方が美しいんじゃないかなー、と思うのですが、三作目の製作もすでに決まっているようです。
『ハリポ』はなんとか最後までいけそうですが、『ヘルニア』じゃねえ、『ナルニア』はどっこまでどっこまでいっけるかな?
そして『ライラ』は・・・・


|

« 相方 二匹だけの特命係 13th season | Main | オッス! 変人仮面! 谷口悟朗 『コードギアス 反逆のルルーシュR2』 OO(ダブルオー)編 »

Comments

こんにちは!
先程、コメントのお返事をさせて頂きましたが、あまりにも動揺したため(そうでもないですが・笑)、一つ質問に答え損ねました。

子どもの反応ですが、、、、
ロード・オブ・ザ・リング>ハリー・ポッター>ナルニアって感じです。
最近のファンタジーで1番不評はエラゴン。
わりと好評だったのはスパイダーウィックです

で、私もナルニアはイマイチ好きな部類の映画ではありませんでしたが(理由:子どもが可愛くない!という専門的な視点での評価による)、今回はなかなか楽しめました。
そもそも根本的にナルニアの世界観が心にしっくりはこないですし、どうして子どもが戦う羽目に、、、と、大きな胸を(見栄です)痛めてしまいますが、、、新たに出てきたキャラに魅力があって、映画に華やかさがありました(注:カスピアン王子です)。

次回作でも王子はじめネズミさんが出演するそうですね~
今度は綺麗な女性も出て、ますます心浮き立つ物語になるといいな♪と思います。

Posted by: 由香 | June 08, 2008 03:36 PM

>由香さま

おばんです。動揺させてすいません
あの界隈でグラサンをかけた怪しい男がいたらたぶんわたしです(笑) もし見かけたら生あたたか~い目でひとつ見守ってやってください

>ロード・オブ・ザ・リング>ハリー・ポッター>ナルニアって感じです。

あちゃ~
やっぱり「動物がしゃべる」というのが、もう十歳以上のお子さんには「子供っぽい」と感じられるんでしょうかね。わたしは第一作でモノホンにしか見えない動物が流暢な人間語を話しているのを見て、「斬新だ!」と思ったクチなんですが

しかし第二作は多少大人向けの要素も加わったせいか、前より楽しめた方が多かったようですね。ただイケメンだったら前作にもジェームズ・マカヴォイが出てたはずなんですが・・・・ 三枚目メイクほどこされてたんで「イケメン」とは認識されなかったかな? 

「子供たちが戦う」といえば、ナルニアに帰還するやいなや弓矢で容赦なく敵を射殺すスーザンを見て、「怖ええ娘っ子だ」と思いました・・・

Posted by: SGA屋伍一 | June 08, 2008 10:37 PM

SGAさんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

こういう大作ほど吹き替えは拒否してるんですけど、まさか前作のあのオオカミをエンケンが担当していたとは驚きです。映画の予告編などでも度々エンケンの重低音ボイスは耳にするので、すっかり好きになっちゃったんですよね~w
そう思うと吹き替えもたまにはいいかな?って感じにもなりますけど、最近非声優な人が映画関係でも勢力を伸ばしてるので、やはり少し警戒する所があります・・・(汗

でもナルニアは全部で7章あるから、もし全章映画で作るつもりなら相当掛かるでしょうね~(^^;)前作の1章から今回の2章が出来るまで2年近く掛かってるので、単純計算だと完結まで10年以上掛かる事に・・・(滝汗

Posted by: メビウス | June 10, 2008 02:23 AM

>メビウスさま

お勉強で忙しいところ、お返しありがとうございます
自分はCGアニメは大体吹き替えで観るようにしてるんですが、『ナルニア』にも同じことが言えたかなーと
エンケン氏の重低音予告は『マトリックス』が印象深いですね
「なぜ気がつかない」「だからこそ戦える だからこそ・・・死ねるのだ」

く~っ!!

でも役者の方でやってる役はけっこうハチャメチャなものが多いいんですよね(例:『ライオン丸G』のジュニアさん)

そんなわけで「吹き替えもけっこう侮れない」派のわたしですが、メビウスさんがおっしゃるように、話題づくりで芸能人を起用するのはどうかと思います。『シンプソンズ・ザ・ムービー』なんか非難轟々でしたしね・・・

とりあえず三作目は本国では来年公開予定だそうですが、なんか遅れそうな気がします
もう過ぎた時代のエピは切り捨てちゃって、全五部作とするやり方もアリかと

Posted by: SGA屋伍一 | June 10, 2008 08:01 AM

こんにちは。
>「あの映画に比べると○○だ」っていう見方はどうかなって。
基本的には私もそのくクチなのですが、映画の感想をいっぱい書いていると、そのほうがわかりやすい説明かな?ってあえて引き合いに出すこともありますね。
けれど、私も含めて、観ていない映画で比較されて困ることもあるでしょうし、引き合いとは難しいものですね。
もっとも、私などが作品自体を批評する事自体がおこがましいことで、好き嫌いでしか語れないのが本当のところですけど(^^;

ナルニアは、最初からディズニーって偏見の目で見ているので、上っ面の感覚だけでの感想で、1作目より派手じゃんって感じでしょうか(笑)
お姫様ごっこよりも、チャンバラが好きですし(爆)

Posted by: たいむ | June 10, 2008 05:58 PM

>たいむさま

素早いおかえしありがとうございます

>「あの映画に比べると○○だ」

ちょっと言葉足らずで反省してますけど、「あれがここを強調してたのに比べ、これはここをがんばっている」「あれはこういうアレンジだったけど、これはこういうアプローチをしている」というのはいいと思うんです
ただ「あの映画に比べるとつまらん」「あれに比べると中身が薄い」というのは酷なんじゃないかなって。そんなこと言いながら、わたしもついついそう思ってしまうことがあるんですけど

たいむさんのレビューは軽快で簡明で率直なところが面白いと思います。実際人気あるしなー 自信もってがんばってください

>お姫様ごっこよりも、チャンバラが好きですし(爆)

なんかわたしより男らしいなあ(笑) いや、さすがにお姫様ごっことかはしないですけど

Posted by: SGA屋伍一 | June 10, 2008 09:47 PM

こんにちは。
むー、ワタクシはかすぴあーん王子には全然目が行かず。むしろ悪役のミラースの方がすげーイカシテルぢゃんかーと思うのでありました。爆
いや、真面目におじさん好きな私(爆)
でもでも、世間では悪役よりもヒーローなカスピアンなんすよねぇ。あ、彼は主役なの??

私は字幕版が見たかったのでした。動物キャラは別にどっちでもよいのですが、どうしてもあのイカシテル面々の口から出る言葉が日本語っていうのが「アリエナーイ」。。。あんな日本人いないもん!って捻くれるのでした;

Posted by: シャーロット | June 11, 2008 05:51 PM

>シャーロットさま

お返しありがとうございまする

>むしろ悪役のミラースの方がすげーイカシテルぢゃんかーと思うのでありました

そいつはたぶん少数派なご意見ですな(笑) ざーっと見回してみたところミラースの「ミ」の字も出てないレビューが多かったですよ。あ、ウチもだ
がんばって応援してあげてください~

>間では悪役よりもヒーローなカスピアンなんすよねぇ。あ、彼は主役なの??

主役・・・ですよね? 四兄弟と合わせて、「新旧主人公の豪華共演!」みたいな

>どうしてもあのイカシテル面々の口から出る言葉が日本語っていうのが「アリエナーイ」。。。

自分は「金曜ロードショー」ほかで外人が日本語を喋るのには慣れてるので別に抵抗はないんですが、そういえば前に友人が劇場での吹き替え版について「映画館に来たのにテレビで映画観てるみたいでいやだ」と言ってました。ナルホド
でもコメディやCGアニメは吹き替えの方が楽しいと思うのでした

Posted by: SGA屋伍一 | June 11, 2008 10:41 PM

こんばんは
先日は,いろいろとご心配をおかけしましたが
おかげさまでやっと,普通に劇場鑑賞できるまで回復いたしました。
今後もよろしく・・・。
さて,この作品,私はキリスト教的脳内変換をしながら鑑賞したので
皆さんと感じるツボは違いますが,純粋にファンタジー映画としてみても
第1章よりはこちらの方がよくできてるかな~(単に好みの問題かも)と思いました。
ちなみに,世間で大絶賛のLOTRは,わたしはなぜか何度観ても感動のしどころがわかりません・・・
一番好きなファンタジーは,ハリポタかなぁ・・・

Posted by: なな | June 17, 2008 09:03 PM

>ななさま

復調されてなによりです。引き続きお体お大事に&これからもよろしく

ワタシ的に3シリーズの好きな順序は

ナルニア>LOTR>ハリポ

です(全部好きなんですけどね)。理由は『ナルニア』が一番ファンが少なそうだから(笑)という判官びいきてきなもの。まあそれを抜きにしても『第一章』は色々ツボなところがありました。
『第二章』は『ライラ』の反動か(笑)、けっこう評判いいので、わたしがあんまり応援せずともよいかな・・・と少々冷めた目で見てます

トップから二つ下くらいにウチのアスランさんが出ております。よかったチラ見だけでもどうぞ

Posted by: SGA屋伍一 | June 18, 2008 09:02 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference よみがえる動物王国 アンドリュー・アダムソン 『ナルニア国物語第二章 カスピアン王子の角笛』:

» ナルニア国物語 第2章:カスピアン王子の角笛 [Akira's VOICE]
パンチ力は弱くても, ファンタジーはじわっと効いてくる。   [Read More]

Tracked on June 07, 2008 06:59 PM

» ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛 [★YUKAの気ままな有閑日記★]
     『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』は、劇場で鑑賞したけれど、、、イマイチ好きになれず(汗)、その後もWOWOWで2度ほど観ても、、、やはり好きになれず(汗)、、、でも、第2章には期待をしていましたよ〜だってカスピアン王子が素敵なんだもの〜家族で吹替え版で鑑賞してきました〜【story】  〜C・S・ルイスの児童文学を映画化した『ナルニア国物語』シリーズの第2章〜白い魔女に勝利してから1年。現実に戻ったペベンシー4兄妹は、角笛の音に導かれ再びナルニア国へと舞い戻ってきた。しかし、この... [Read More]

Tracked on June 08, 2008 02:48 PM

» ナルニア国物語 第2章:カスピアン王子の角笛(評価:◎) [シネマをぶった斬りっ!!]
【監督】アンドリュー・アダムソン 【出演】ベン・バーンズ/ウィリアム・モーズリー/アナ・ポップルウェル/スキャンダー・ケインズ/ジョージ... [Read More]

Tracked on June 10, 2008 02:04 AM

» アスランに会いたい [Ondul Blog ver.β]
『ナルニア国物語 第2章 カスピアン王子の角笛』原作&映画 雑感メモ やっとあえたー! ※以下、ネタバレ感想 まずは原作版から。ほぼ単なる心情メモです。 リーピチープ大好きなキャラです。アナグマさん(松露とり)も好きだけど。勇敢なねずみの...... [Read More]

Tracked on June 10, 2008 12:45 PM

» 「ナルニア国物語(第2章)カスピアン王子の角笛」みた。 [たいむのひとりごと]
もちろん字幕版で鑑賞。アスラン、アスラン・・・と、「アスラン」の名が字幕に出るだけでニンマリしてしまうのだけど、それは別人の事だったりする(笑)先日TVで放送された「第1章:ライオンと魔女」を見るのを... [Read More]

Tracked on June 10, 2008 05:59 PM

» ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛 [シャーロットの涙]
ファンタジーなのになぁ・・・ [Read More]

Tracked on June 11, 2008 05:52 PM

» ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛 [虎猫の気まぐれシネマ日記]
あらすじ: 白い魔女に勝利してから1年。現実に戻ったペベンシー4兄妹は、角笛の音に導かれ再びナルニア国へと舞い戻ってきた。しかし、この国の時間ではすでに1300年が経過しており、平和で美しい魔法の国は暴君ミラースに支配されていた。荒れはてたナルニア国を目にした4兄妹は、この国の王位継承者であるカスピ... [Read More]

Tracked on June 17, 2008 08:56 PM

» ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛 観てきました [よしなしごと]
 久々の更新になりますが、今回はファンタジー映画の大本命、ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛を観てきました。 [Read More]

Tracked on June 22, 2008 12:49 AM

« 相方 二匹だけの特命係 13th season | Main | オッス! 変人仮面! 谷口悟朗 『コードギアス 反逆のルルーシュR2』 OO(ダブルオー)編 »