« 世界の歪みを狙い撃ち 水島精二 『機動戦士ガンダム00』2クール目まで | Main | 客員フューチャー フレドリック・ブラウン 『未来世界から来た男』 »

April 30, 2008

義理を立てれば道理がひっこむ トニー・ギルロイ 『フィクサー』

20080430175936あれは横田順彌氏が何かで書いていた文学用語辞典であったか。「フィクション」についてこう解説してありました。「虚構のこと。ウソばかりついているとクシャミが出る。フィークション!」
あっ、こっちは『フィクサー』だったか・・・ まあ似たようなもんでしょう。本日はティルダ・ウィンストン(最近ようやく名前覚えた)がアカデミー助演女優賞に輝いたこの作品を紹介します(追記:正確にはウィンストンじゃなくてスウィントンでした。覚えてねえじゃん・・・)。

大手法律事務所の弁護士であるアーサーは悩んでいた。長年大企業の顧問を勤めていた彼だったが、その企業は深刻な薬害問題で訴えられていた。良心をごまかして顧客を弁護することに耐えられなくなってしまった彼は、突如として上司とお得意さまに叛旗を翻し、巨悪に対し敢然と戦いを挑む。

こう書くとこのアーサーが主人公だと思うでしょ? ところが違うんですな 主人公はアーサーの同僚のマイケル・クレイトンという男(どこかで聞いたような・・・)。彼はアーサーの味方をするどころか、「とりあえず上の言うこと聞いとこうや。な?な?」なんて言ってたりします。困った野郎です。

ソダーバーグ関連作品(今回は製作)ってなんでかいつも食指がわかんのですけど、今回は『ボーン・アイデンテティー』三部作のトニー・ギルロイ(監督・脚本)が「なにやら企んでる」という話を聞いて見てまいりました。確かにありましたね。ちょっとした「仕掛け」が。ただ「驚愕のあまりアゴがはずれる!」というほどのものではありません。「ああ、そうだったのか!」とポンとひざを打つ程度です。

そうした構造上の罠より、むしろ興味深かったのは、善悪のハザマで揺れる人間の微妙な心理・・・ってヤツでしょうか(ニヤリ)。
この作品でもっとも重要な人物・・・マイケル、アーサー、そして企業の重役であるカレンは、それぞれ誰かに対し「負い目」を持っています。アーサーは自分のお得意様のせいで迷惑をこうむった農家の人々に。カレンは何かと自分を引き立ててくれた会社の上司に。んで、マイケルは上司と会社の被害者と友達の全部に負い目があります。おまけに要らん借金まで抱え込んだりしていて。
社会正義を考えればどの道をとるべきか答えは明らか。でもそうしたら世話になった人が窮地に追い込まれてしまう。まさに「義理を立てれば道理が引っ込む」状態(BY『瀬戸の花嫁』)。果たしてマイケルさんはそれでも「道理」を選ぶのか・・・・ 
普通ならタフな感じになりそうな三人が、線の細いデリケートな人物として描かれていたことも印象的でした。人は弱いからこそ良心をごまかし、罪を犯します。自分は弱いことをいいわけにして、他者を犠牲にするような人間にはなりたくないものですが。

そんな人間くさくて揺らぎまくりのマイケルさんが、女性関係は派手な一方、アフリカはダルフールまで赴いていって現地の窮状をリポートするジョージ・クルーニーの姿と重な・・・・らないなあ、微妙に。中の人の方が数段立派ですね。一時期さんざん「バットマンなんかやるんじゃなかった」とぶーたれていたので、あんまりこの人好きじゃないんですけど。

企業のあり方・・・というものについても少々考えさせられました。会社というものは走行中の車とよく似ています。できるだけ利益をあげようとして速度を速めたり、積荷を増やしたりすればするほど、ブレーキも利きにくくなっていきます。まき散らかす排ガスの量も増えるでしょう(そういやこの話も交通事故から始まってたっけな)。どんな車にもそういったマイナス面はある程度つき物ですが、でかい車(大企業)はその危険性が半端じゃありません。それだけにドライバーには一層の責任が求められます。また運転手だけでなく、乗客たちにも「危ないな」と思ったら注意を促してやる義務があります。たとえハンドルを握っているのが朝○龍であったとしても、細木○子であったとしてもです!(ま、言うのはカンタンだよなー)

個人的に気になったのはマイケルの息子の部屋にガンダムウィングゼロ(こんなの)とガンダムデスサイズHカスタム(こんなの)が飾ってあったことでしょうか。これは「誰の心にも、天使と悪魔が住んでいる」というメッセージなのかもしれません。っていうか絶対考えすぎ

20080430180124ただこれらが出てきた『ガンダムW』には「強者などいない! 俺たちみんな弱者なんだ!」なんつーセリフがあったり、『ボーン・スプレマシー』でも非常に似たような展開があったりしたので、「ギルロイって、もしかしてガンオタ?」という疑いを捨てきれないSGAでした。

|

« 世界の歪みを狙い撃ち 水島精二 『機動戦士ガンダム00』2クール目まで | Main | 客員フューチャー フレドリック・ブラウン 『未来世界から来た男』 »

Comments

こんにちは!
上手く誤魔化したつもりですが、「好みのイケメン不在の映画に入り込めない」という特性をSGA屋伍一さんに見抜かれた・・・と焦っている由香です。
これは。。。宣伝やタイトルに騙されちゃったかなぁ~という映画でもありました。
SGA屋伍一さんは、
『善悪のハザマで揺れる人間の微妙な心理』
『義理を立てれば道理が引っ込む』
『ガンオタ』
に目をつけられて・・・流石だなぁ~と思います。
私は主要な登場人物3人に対して、「あんたら何やってんの?」状態で引き気味で観たので、、、彼らの苦悩を分かってあがられなかった・・・未熟者ですぅ~

PS.家の子ども部屋にもガンプラあります。
息子が一時凝っちゃって・・・お小遣いでセッセとプラモデルを買って作っていました~

Posted by: | May 01, 2008 11:05 AM

ついでに。
>マイケルの息子の部屋
えー「ウイングゼロカスタム」ありましたか??
私は「エヴァ2号機」にばかり目がいってました。自信がないので、そこしか見ていなかったから見つけられなかったのかもしれませんが。不覚!

社会派作品は必ず「ガンダム関係」とダブらせてみるクセのある私です。やはり通じるものがありそうですし。『ガンオタ』とまでは行かなくても少なからず・・かもしれませんね。

また、「大いなる陰謀」では、正に「W」を重ねてみていた私でした(^^)

Posted by: たいむ | May 01, 2008 06:37 PM

こんばんは!
>個人的に気になったのは……
そういう小道具って本当にそういう意味があって、監督が意図的にやったとわたしは強く思います!(観てないくせに)
わたしも観た映画でそういうちょっとしたところに目がいって見つけられたときは、楽しみが増えるというか、「監督の演出、すごいじゃ~ん」と確信の上で褒めたりしちゃいます。
>「誰の心にも、天使と悪魔が住んでいる」
だなんて、ガンプラが作品の感動を明らかに大きくしてるじゃないですか~~!
……SGAさまの中で

Posted by: アンバー | May 01, 2008 09:27 PM

SGA屋伍一さん☆

こんばんは♪
またまた最初の一言「おうまさん」に笑わせてもらっちゃった。
ほんと、ジョージは何をあのお馬さんにみとれてたのか、、、、。
そういえばバットマン ジョージアニキもやってましたね〜(わたしはバットマン好きなんだけどジョージやったことをすっかり忘れてマシタ

この映画は、、、うーん。
海外でめちゃ誉められてるけどそんなかなぁー?って思っていましましたxxxx

Posted by: mig | May 01, 2008 11:10 PM

>昨日の11時ごろコメントをくださった方

あなたが誰だかあててみせましょう・・・・
ズバリ由香さまですね? こちとら何でもお見通しでーい!!
(っていうか文中に名前書いてある)

・・・・お返しありがとうございました

人気ブロガーに「流石だなぁ~」と言われると舞い上がってしまいますが、「ガンオタ」に関してはほとんど言いがかりみたいなものです

彼らの苦悩に関してはですね、現在NHKで日曜夜にやっている『サラリーマンNEO』という番組を根気良く見ていけばわかるかもです。勤め人の悲哀がとってもよく表現されてます(お笑い番組ですが)

息子さんもガンダム好きですか。そいつは将来有望だ!
意外とイケメンミュージシャンにもガンオタって多いんですよ。実はわたしも・・・・ (いや、嘘はよくないな)

Posted by: SGA屋伍一 | May 02, 2008 08:03 AM

>たいむさま

こちらにもありがとうございます
確かに配置的にはエヴァ弐号機の方が目立ってましたけど、しっかりありましよウィングとデスサイズ
そうえいばエヴァも天使と悪魔の中間的存在でありますね

「スプレマシー」終盤を見ていたとき、「なんか『W』にこんな話あったよなー(確か十話すぎあたり)」と思っていたのですが、今回のガンプラ出現でますます疑惑を深めてしまったのでした

『大いなる陰謀』も似てるのですか。きっとトム・クルーズもガンオタなんですよ!(妄想キター)

Posted by: SGA屋伍一 | May 02, 2008 08:28 AM

>アンバーさま

おはよっす
まさかアンバーさんが「ガンプラ」にひっかかってくれるとは思いませんでした・・・
半身機械のサイボーグだけに、モビルスーツに親近感を感じられるのでしょうか?

まあ今回の解釈はそれこそ「わたしの中」だけの妄想ですけんど、本当に小道具から何から徹底してこだわって意味を込める監督さんもおられるそうですね
今度そういう例についてぜひ語って(教えて)いただけたら嬉しく思います わたしはなかなか細部にまで目が行き届かない方なので・・・(ガンプラには気づいたけど)

Posted by: SGA屋伍一 | May 02, 2008 08:35 AM

>migさま

おはようございます。お返しありがとうございます

>ジョージは何をあのお馬さんにみとれてたのか、、、、。

きっと運命的な何かを感じたのでしょう
「キミとはウマがあいそうだ」
なんつって♪


・・・・・・どうも失礼しました・・・・・

話変わりますけど、ジョージさんが『バットマン』やってたのは4作目の『&ロビン』でしたよね。あの作品はバットマンよりシュワルツェネッガーとユマ・サーマンの方が目立っていたので、忘れても無理ないかもです。彼の代表作にこれがあがることもまずないですしね

Posted by: SGA屋伍一 | May 02, 2008 08:40 AM

また名前を書かなかった?!私ってなんてマヌケ
今回は3度も書いておきました。
『イケメンミュージシャンにもガンオタって多いんですよ。実はわたしも・・・・』-ふふふ・・・分かっておりますって。私は何でもお見通しだいっ(名前は書き忘れるけど・汗)
サングラスで隠しても、、、隠しきれないオーラを感じ取っております
では、楽しいGWを!!

Posted by: 由香・由香・由香 | May 02, 2008 10:08 AM

>由香・由香・由香さま

・・・乱視かな・・・ 字がダブって見える・・・・ それともこれが噂に聞く「分身の術」というヤツか!?

・・・というボケは置いといて

GWは大忙しですよ。ライブにレコーディングにファンサービスに・・・

すいません。大嘘です。GWだけに「ガンダムW」でも見て終わりでしょう
由香様はご家族と楽しい黄金週間をお過ごしください♪

Posted by: SGA屋伍一 | May 02, 2008 08:00 PM

こんにちは。
TB&コメントありがとうございます。
あらら、ジョージ兄貴はお嫌いですか。
冒頭のイラスト、素晴らしいですね。
ジョージ兄貴の彫りの深~い顔は、絵心が湧いてくる感じなのではありませんかね

>これは「誰の心にも、天使と悪魔が住んでいる」というメッセージなのかもしれません。

ははぁ~、こんな解釈もありだと思いますわー。
ガンダムは知ってるけど、

>ガンダムウィングゼロとガンダムデスサイズHカスタム

は知らないの、エヘヘヘへ。  
クレイトンが何故お馬さんに見とれたのか、止まってしまう方が多いようですが。
このお馬さんの場面と併せて、クレイトンの息子の部屋にも何かしらのメッセージを込めてたのかもしれないですねん。
決して、わかり易い作品ではないと思うけど。
私は、とても楽しめました。

Posted by: となひょう | May 03, 2008 11:39 PM

おスガさん、こんばんは~。
GWはいかがお過ごしですか~??
スワロは仕事でぇ~す!!

>「バットマンなんかやるんじゃなかった」とぶーたれていた
そーなの!?
ダイジョーブよ、ジョージ!!
あたしは見てないから!!

おスガさん・・・ジョージが微妙に似ていて・・・微妙に似ていない・・・
なんだか日本人顔じゃないですか??
うーん、何が違うんだろう?
鼻下~口元は似ているのに・・・目か?
目がチョイ釣りあがりすぎなんだろうか??
これがニコラス・ケイジの似顔絵だったら気にしないんだけど
ジョージだから気になるわ。

ところでおスガさん、近いうちにお茶でもメシでもカクテルでも
オフを実現させたいですね。
(といいつつ、いつもスワロの都合が悪くてゴメンなさい)

Posted by: swallow tail | May 04, 2008 01:44 AM

SGA屋伍一さん、こんにちは。
楽しいGWをお過ごしでしょか?

>ティルダ・ウィンストン(最近ようやく名前覚えた)

っていうのは、マジでしょうか?ボケでしょうかー?
とちょっと悩みましたよー。
わざとぼけているところだったら、空気読めずにごめんなさいなんですが、
スウィントンなので一応よろしくクレイトンー。

おおお、息子の部屋にガンダムがあったとは気付かなかったです。
ガンダムも世界的な人気を集めているんですねぇ。
で、ガンダム好きな息子の読んでいた本「王国と征服」の挿絵に三頭の馬があったらしいですー。
こういう思い切り現実的な社会派テイストの映画がファンタジー世界にリンクしちゃうなんて嬉しくなりますよねー。
ナルニアのティルダ、バットマンのクルーニー。

Posted by: かえる | May 04, 2008 10:04 AM

>となひょうさま

お返しありがとうございます。もてる男はすべて敵です(アイタタ)

ジョージさんはなかなか書くのがむずかしゅうございますね・・・ ギョロッとした目と、その下のたるみ具合なんかがチャームポイントだと思うのですけど

ガンダムに関する解釈はまゆにツバつけてお読みください。ガンダムはねー いまはそれこそ数えきれないほど種類があるんですよ・・・
両手で数え切れたころが懐かしい・・・
クレイトンの息子とはなんだか趣味があいそうです(笑)

馬といえば思い出すのはカウボーイ。クレイトンもそれを思い出して、古きよきアメリカの精神をよみがえらせたのかな

Posted by: SGA屋伍一 | May 04, 2008 07:11 PM

>swallow tailさま

お返しサンクスです。連休、ダラダラとすごしております(笑)

ジョージファンなら彼のバットマン姿もぜひ見ておかなくちゃ
そうそう、ヤツは『リターン・オブ・キラー・トマト』なんつー超B級映画にも出ていたそうですよ

ジョージが似てないのは単にわたしがヘタッピだからです。やっぱり思い入れの深い人がみると、違いは一目瞭然ですなー

>近いうちにお茶でもメシでもカクテルでも
オフを実現させたいですね。

ぜひぜひ。スワロさんもお忙しそうな方なんで(GWもお仕事なんて・・・)、なるたけそちらの予定にあわせますよ。ちょうどいい時があったらおっしゃってください
つか、メビウスさんってこっちに来る用事とかないですかねえ。彼にはわたしもぜひ一度お会いしたいわん

Posted by: SGA屋伍一 | May 04, 2008 07:26 PM

>かえるさま

おかえしありがとうございます。連休はさもない用事ばっかりでして
かえるさんは劇場ハシゴにかけずりまわっておられるのでしょうか

で、>マジでしょうか?ボケでしょうかー?

まごうかたなきマジボケです・・・・(アイタタタ) ご指摘してくださってありがとうございます。あとで訂正入れときます 

わたしはギルロイさん脚本の『ボーン』三部作がとっても好きなんですけど、彼はナイーブな人物像がお好きなようですね。お馬さんのシーンにもそんなナイーブさがよく表れていたと思います

Posted by: SGA屋伍一 | May 04, 2008 07:35 PM

こんばんは。
個人的にはソダーバーグってあんまり好きじゃないんですよ。
なんか「俺、頭いいでしょ?おしゃれでしょ?」っていつも意識してる様な気がしてしまって(笑
トニー・ギルロイの方が飾り気がなくて好きかもしれないです。
ドラマチックな物語性と人間の内面描写のバランスが良いですね。
脚本家としてだけじゃなく、演出家としても要注目です。

Posted by: ノラネコ | May 04, 2008 11:38 PM

>ノラネコさま

お返しありがとうございます
ソダーバーグに関しては、わたくし『オーシャンズ11』をうとうとしながら見てたくらいなので、語る資格がありません(笑)
でも『オーシャンズ』シリーズの予告編を見た限りでは、確かに「おしゃれ好き」という印象を受けますね

ギルロイの書く主人公や、作品のカラーはわたしも好みなんで、引き続き追いかけていきたいですね。調べてみましたら『ディアボロス 悪魔の扉』もこの人だったんですねー 意外なような納得しちゃうような

Posted by: SGA屋伍一 | May 05, 2008 07:43 AM

こんばんわ。

馬のイラスト、ナイスですねえ。
「何みてんだよ」って言うのがかなりツボりました。
でもキミたちがいたおかげでマイケルは助かったんだよ。
ありがとね、馬。

トップのイラストは・・・・
ワタリテツヤ・・・いやいや、タカクラケン「自分、不器用っすから」
イヤイヤ・・・まさか!!裕次郎!?

いやいや・・・ジョージ兄貴ですね。
とても上手でございます。
ジョージ兄貴って実はちょっと日活系?ニューフェイス系?

Posted by: 睦月 | May 06, 2008 12:39 AM

>睦月さま

お返しとお褒めの言葉ありがとうございます
馬イラスト、後からもっとバカっぽく書けばよかったと後悔しました
(マキバオーみたく)

人間の絵の方は、自分的には松方弘樹に似てしまったような・・・
いや、アクマで自分的には、ですが

ジョージ兄貴はケンさんと違って色々器用なんじゃないでしょうか。特に色事にかけては
それにしても睦月さんもお若いのに、日活ニューフェイスとか良くご存知ですねえ

Posted by: SGA屋伍一 | May 06, 2008 09:52 PM

ガンダムの言葉をみて、、いい加減にオオブタさんからホワイトデーに何故かもらったガンプラ「RUDOLF'S GOUFIGNITED」いい加減に仕上げないと、、と焦ってしまったコブタです。

コチラ、その負い目の描き方とか、巨悪に挑む人物ではなく、それを隣で眺めているだけの人物視点であることとかは面白いのですが、なんか入り込めませんでした。
メインとなる三者の演技はいい感じなのですが、なんか脚本に引っかかりを覚えてしまったんですよね~

Posted by: コブタです | May 08, 2008 06:51 PM

>コブタさま

こちらにもありがとうございます

>「RUDOLF'S GOUFIGNITED」

オオブタさんも粋な趣味してますなー
「イグナイテッド」ということは新世代のグフさんですね。「ザクとは違うのだよ、ザクとは!」

>脚本

わたしも『ボーン』三部作のトニー・ギルロイということで、もっとスピーディーな展開を予想していましたが、思いのほかゆるーい流れでしたね
しかしこの直前に見た映画が『仮面ライダー電王&キバ』というとてもチャカチャカした作品だったので、それはそれで悪くありませんでした
ほら、辛いもののあとに甘いものを食べたくなるような、そんな感じ?

Posted by: SGA屋伍一 | May 09, 2008 07:58 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 義理を立てれば道理がひっこむ トニー・ギルロイ 『フィクサー』:

» フィクサー [★YUKAの気ままな有閑日記★]
第80回アカデミー賞作品賞他7部門ノミネート、助演女優賞受賞作品―【story】大手法律事務所のフィクサーとして活躍するマイケル(ジョージ・クルーニー)。在職15年にして共同経営者への昇進もない彼が焦りと不安を感じる中、大企業の集団訴訟にかかわっていた同僚の弁護士アーサー(トム・ウィルキンソン)が精神に異常をきたす事態が発生。マイケルはその後始末をするため、アーサーの下へ向かうが―     監督 : トニー・ギルロイ【comment】オーソドックスな映画だったなぁ〜面白くないこともないけれど、取り立... [Read More]

Tracked on May 01, 2008 10:50 AM

» 「フィクサー」みた。 [たいむのひとりごと]
エンタメというよりは、実際にありそうなリアルさを感じる大人な社会派作品。サスペンス仕様でもあるから、見せ方も一工夫され、(時系列が少し混乱するが)ラストが効果的になっていた。すべての登場人物の中に蠢く... [Read More]

Tracked on May 01, 2008 06:38 PM

» フィクサー/MICHAEL CLAYTON [我想一個人映画美的女人blog]
この春から続々公開されていきます、アカデミー賞作品賞ノミネート作品{/kaminari/} この原題は、よくある主人公の名前をつけた『マイケル・クレイトン』 ほんとにタイトルが名前の映画って多いよな〜。 邦題の"フィクサー"(fixer)とは、背後で影響力を行使する強力な人物。 陰で仲介に立って交渉をまとめる示談屋。とある。 この映画では“もみ消し屋”と呼ばれている。 すぐに書かないと忘れちゃうたちなのに、試写で観てから既に何日か経って細かい感想忘れそう。 それほど、インパクトあるわけではな... [Read More]

Tracked on May 01, 2008 11:07 PM

» フィクサー [映画通の部屋]
「フィクサー」 MICHAEL CLAYTON/製作:2007年、アメリカ 12 [Read More]

Tracked on May 03, 2008 11:29 PM

» フィクサー [スワロが映画を見た]
原題:MICHEAL CLAYNTON 製作年度:2007年 製作国:アメリカ 上映時間:120分 監督:トニー・ギルロイ 原作:―― 脚本:トニー・ギルロイ 出演... [Read More]

Tracked on May 04, 2008 01:30 AM

» 『フィクサー』 [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY]
消えゆく正義を取り戻せ。 NYの大手弁護士事務所に勤めるマイケル・クレイトンは不始末のもみ消し屋“フィクサー”だった。ジョージがマイケル? 毎度お馴染みという感じのアメリカの社会派ものなのだけど、このソダーバーグ×クルーニーシリーズ?は好きなんだよね。それは、エンタメ・サスペンスのために社会派な題材を誂えたというのではなくて、現代社会に横たわる問題を描こうという誠実な姿勢がまず感じられるからかな。絵空事ではない現実的な事件が描かれているから、傍観できずに見入ってしまうのだよね。それもそのはず... [Read More]

Tracked on May 04, 2008 09:44 AM

» フィクサー:もみ消し屋! [銅版画制作の日々]
  ソダーバーグ×クルーニー×ギルロイ ジョージ・クルーニーといえば、スティーブン・ソダーバーグですね。今回も二人はタッグを組みました。監督はトニー・ギルロイ、「ボーン・アイデンティーシリーズ」の脚本家さんだそうです。  4月28日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。 そういえば、「さらばベルリン」は今ひとつでしたね。今回の作品はいかがでしょうか?かなり複雑な人物絡みで、最初はわけが分からず。もう少し映画を観る前に、予習が必要でした 冒頭のシーンはこんな... [Read More]

Tracked on May 04, 2008 10:02 PM

» フィクサー を観ました。 [My Favorite Things]
だ〜い好きなジョージ・クルーニー様の作品ですからね…いち早く観たかったのですが…ということで、行ってまいりました…。そしてまたまた原題VS邦題対決? [Read More]

Tracked on May 05, 2008 01:17 PM

» フィクサー [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  組織社会に燦然たるヒューマニズム   [Read More]

Tracked on May 07, 2008 12:20 AM

» フィクサー [eclipse的な独り言]
 拙ブログ、1000記事突破記念、「音楽ベスト10」募集中!あなたが考える音楽史 [Read More]

Tracked on May 18, 2008 02:40 PM

» フィクサー 【MICHAEL CLAYTON】 [映画大好きだった^^まとめ]
1 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2008/04/01(火) 22:55:13 ID:fi/FmT2v監督・脚本:トニー・ギルロイ出演:ジョージ・クルーニー、ティルダ・スウィントン、トム・ウィルキンソン、シドニー・ポラ ... [Read More]

Tracked on January 30, 2014 06:26 PM

« 世界の歪みを狙い撃ち 水島精二 『機動戦士ガンダム00』2クール目まで | Main | 客員フューチャー フレドリック・ブラウン 『未来世界から来た男』 »