« あつ姫じゃ~っ!! ~大河ドラマ『篤姫』より④ 漢字を覚えよう!の巻 | Main | 風と雲とギャグと 『風雲児たち』を語ってみたい 雲竜奔馬編③ »

March 31, 2008

おれたちに国はない コーエン兄弟 『ノーカントリー』

20080331192657カントリーノー
この道を ずっと 行けば
あの世へと 続いてく 気がする
カントリーノー

アントン・シガーは必殺仕事人である。人呼んで「酸素ボンベのシガー」。ただ彼は仕事でというより、気分で人をばらすことの方が圧倒的に多い。
そのアントンの大事(でもないか?)な仕事料が、組織の抗争のドサクサに紛れて奪われた。盗んだのはたまたまそこを通りかかったルウェリン・モス。いまでこそしがない一低所得労働者だが、かつてはベトナムで「地獄のモス次郎くん」(監督S・キューブリック)と恐れられた男だ。
行く先々で盛大な迷惑をふりまきながら、南部街道を追いつ追われつする二人の男。そしたさらにそのあとを、一人の老保安官がヨタヨタとおいかけていく・・・・

コーエン兄弟の作品は世評高い『バートン・フィンク』と『ファーゴ』を見たことがあります。質の面はともかくとして、両作品とも箱の中の虫を小突き回しているような意地悪さが感じられ、あまり好きにはなれませんでした(と言いながら、『バートン・フィンク』は面白く観ましたcoldsweats01)。
で、今回のこの『ノーカントリー』、いま述べたような「意地悪さ」は希薄になっていましたが、一緒にコーエン兄弟の持ち味(だと思う)であるすっとぼけたユーモアセンスまで薄味になってました。

わかるようで、微妙にわからない作品。作品の七割がたは一風変わったサスペンス・アクションとして見ることもできますが、残り三割のところで急に定型を逸脱し、観客をはぐらかします。この辺が「文芸性に富んでいる」「芸術性が高い」と評される所以なんでしょうな。
思わせぶりなセリフや構図もてんこ盛り。果たして自分もどこまでわかっているか怪しいものです。とりあえずそれでもがんばって一生懸命考えてみました。というわけでこっから先はかなり主観が入ります・・・・

まず多くの人の疑問が集中するのは、「なぜシガーが凶行を繰り返すのか」というところでしょう。まるで飯を食うように、屁をひるように人を殺めるシガー。そのくせ彼はいっつも悲しげというか困ったような表情を浮かべております
そんなシガーや最近の恐ろしい事件について考えますと、「ある種のひとびとには、生来『ひとを殺ろさなきゃ』というスイッチが深層心理の中に備わっていて、一度そのスイッチが入ってしまうと、もう自分ではどうしようもないのでは」なんてことを思ってしまいます。ちょうどプログラムの命ずるがままに動く機械のように。
これは非常におっかない考えです。まず、そうであるなら彼らには人を殺す理由なんてないことになる。二つ目にその種の人間がこの世にどれほどいるかわからない。三つ目に「自分にはそんなスイッチなんてない」と証明するのは極めて難しいことだと思われるからです。
そしてアメリカは多くのネイティブやメキシコ人の屍の上に築かれ、その後も内外で大量の血を流し続けてた国です。あるいはシガーはそんなアメリカの裏面を象徴したキャラクターなのかもしれません。

不可解と言えばもう一人の主人公・モスにもよくわからないところがあります。どうもこの男、自ら進んでピンチを招き寄せているというか、自分をその中においやっているようなフシがあります。彼もシガーと同じくずっと仏頂面ですが、ただ一度だけ晴れやかな笑顔を見せる場面がありました。それがわたしにはまるで「ああ、楽しいゲームだったな」と言っているように思えてなりませんでした。

最後に秘宝さんからの受け売りネタをひとつ。
いまを遡ること数年前、コーエン兄弟は『To The White Sea』という作品を企画しておりました。大戦中日本に不時着した米軍のパイロットが、道中出会うジャッピーどもを片っ端からぶっ殺しながら、オホーツク海まで逃避行を続ける、という内容(ちなみに主演にはブラピが予定されていました)。
が、この企画は諸事情で流れました(・・・・)。それでも「出会った奴らは皆殺し、みたいな話やりてえよなー」と兄弟が悶々としていたころ、ちょうど目に留まったのがこの映画の原作『血と暴力の国』だったんだとか。

20080331192716コーエン兄弟・・・・ つくづくおそろしかヤツラです。
みなさんもどうぞ、警戒を怠りませんよう。

ところで
←コレ
珍しく上手に書けたと思うんですが、どうでしょう。

|

« あつ姫じゃ~っ!! ~大河ドラマ『篤姫』より④ 漢字を覚えよう!の巻 | Main | 風と雲とギャグと 『風雲児たち』を語ってみたい 雲竜奔馬編③ »

Comments

こちらにも、、、
あはは、気の抜けたハビエルの絵、
かわいーbleah
こんな怖いハビエルバルデムは初めて観ましたけど
ハマってましたよね〜。
キノコ頭ちゃんも☆
コーエン兄弟の作品は好きなのとダメなのとではっきり分かれるけど、これは好きなタイプでした〜。
『パリジュテーム』での、ブシェミ主演の短編も良かったですよ♪

Posted by: mig | April 01, 2008 at 12:38 AM

>migさま

こちらにもコメントありがとうございまする~

鬼気迫るハビエルさんのイメージを壊してすいませんcoldsweats01
でも素顔は優しそうな感じの人ですよね

コーエン兄弟、他にもいろいろあるんですね。『パリ・ジュテーム』なんてお洒落な企画まで・・・
三作品だけで論じるのは、やはり無理があったかな?
『赤ちゃん泥棒』というのも、も少しソフトなお話のようですね

Posted by: SGA屋伍一 | April 01, 2008 at 07:25 AM

SGA屋伍一様

地獄のモス次郎くんhappy02ぎゃはは!!ウケるわー
前に言ったことあるかもしれませんが、ジブリ作品の中では実は
「耳をすませば」がいちばん好きです。
ちなみにコーエン作品では、「未来は今」が好き。
コメディ路線なのでSGAさんにもおすすめかも。

モス次郎くんってただひたすらに逃げる役なのかと思ったら
シガーに負けないデキル人だったところが面白かったです。
魔がさして、というよりは、運命を受け入れるかのように
金を盗んだように見えました。
たのしんでいるようにも見えましたよね。

このバルデムさん、しゃまらんを彷彿とさせるわぁー

Posted by: kenko | April 02, 2008 at 12:37 AM

>kenkoさま

おはよっす。お返しサンキューです

>モス次郎くん

これ思いついたときね、さすがに自分の才能が怖くなった(笑)

>「耳をすませば」がいちばん好きです。

渋い! でもわたし通してみたこと一回もないcoldsweats01
わたしは『コナン』『ホームズ』『ルパン』かな。あ、どれもジブリ以前か
『未来は今』も記憶にとどめておきます

モスさん、『アメリカン・ギャングスター』の時はあんなにヤナやつだったのに、今回は「これぞハードボイルド」というかっこよさで。「役者やの~」と感じ入りました
特にピコピコ鳴ってる発信機をおもむろに机において、じーっと待ってる場面とかね

>しゃまらんを彷彿とさせるわぁー

ははcoldsweats01 よく覚えてますね
黒目がちなところが似てるかな?

Posted by: SGA屋伍一 | April 02, 2008 at 07:51 AM

こんにちは!
この映画、私にはよく分かりませんでした~(キッパリ・笑)
『バートン・フィンク』も『ファーゴ』も未見ですが・・・どちらも『箱の中の虫を小突き回しているような意地悪さが感じられ』るんですね?
そういうのって苦手かも(汗)・・・ですぅ~
何だか小難しい詩みたいなんだもの・・・

で、SGA屋伍一さんの感想を読んでいたら、シガーはアメリカの裏面を象徴したキャラクターで、モスは自ら進んでピンチを招き寄せている・・・という構図にスゴ~ク納得させられました~
何だかサド・マゾっぽい構図のような気もしたりして(汗)
とにかく肩透かしをバシバシ食らった映画でした。
いまだにモスの最後はどうだったんだろう・・・なんて気になったりしています。

Posted by: 由香 | April 03, 2008 at 10:04 AM

ハビエルさんの絵最高です!!
そっくり!!+いい味だしています~(^^)

コチラの作品って色々解釈も評価も分かれていますよね~!
私はシガーを悪意も善意もない不条理さを、モスは傲慢で無邪気なアメリカ気質そのものと感じてしまいました。
モスは、やや厄介な物を抱き込んだけど、根がポジティブなために心のどこかで確かに手強いかもしれないけど自分はコレを乗り越えて幸せになれる!!と思っていたのでしょうね~。自分がどんでもない「厄災を引きこんでいることにすら気がつかずに、、。

主役のように見えて、実は真の主役の保安官ベルが何かを想い考える素材だったっという感じなのでしょうね~

Posted by: コブタです | April 03, 2008 at 05:37 PM

こんにちは。
TB&コメントありがとうございました。
この作品は、後半近くからラストにかけて掴みどころがなくなってきた印象でした。
思わせぶりなセリフや、突然のクラッシュ。rvcardash
最後の保安官のセリフなんか、ボーっとしていてきちんと字幕を追いかけていませんでしたもん。catface catface catface catface catface
最後に、突然突き放されてしまったような印象もあり。
できれば再度ジックリ見てみたいという感想も湧いて出て。
ハイ・クオリティな作品だと敬意を評しながらも、どう捉えるべきか迷ってしまう部分も強かったです。wobbly
こんな作品も久し振りでした。完敗っす。chick chick chick chick chick

Posted by: となひょう | April 03, 2008 at 07:54 PM

>由香さま

お返しありがとうございます
オスカー受賞作だろうがなんだろうが、「わからんもんはわからん」と言い切れる由香さんのキップのよさに惚れます(笑)
自分もかなりわからなかったほうですが、そういう時はこうやって自分の脳内だけで決着をつけます。ほんで他の人から「全然ちゃうよ」といわれたりしますcoldsweats01

サド・マゾっぽい構図・・・なるほど。この二つは相容れないようでかなり近い部類の人種なのかもしれませんね
痛い描写も色々ありましたが、自分で黙々と手当てしてるところなんか、確かに痛みを楽しんでるようにも見えました

>肩透かし

「おまえらの思うようにはしないよ~ん」という兄弟の高笑いが聞こえたような気がしました(笑)
『ファーゴ』『バートン・フィンク』はもう少しわかりやすい話でしたね

Posted by: SGA屋伍一 | April 04, 2008 at 08:22 AM

>コブタさま

お返しありがとうございます
イラストもほめてくださってありがとうございました。コブタさんにほめてもらうとなんか自信がつきます(←社交辞令のわからぬ男)

どこからどこまで非人間的なシガーとくらべると、モスはかなり人間くさい野郎でしたね。愚かしさゆえにアリ地獄にはまっていく・・・というところは『ファーゴ』のバカ旦那と一緒ですが、あちらが皮肉たっぷりに描かれていたのに比べると、モスやんにはそれなりに監督の愛情が感じられました

ところで真の主役ってやっぱりベルさんなんですかね? そこがまたこの映画のよくわからんところであります(笑)

Posted by: SGA屋伍一 | April 04, 2008 at 08:29 AM

>となひょうさま

おかえしありがとうございます

普通に盛り上がれるのは中盤過ぎくらいまでですかね。無人の街で対決する二人の姿には理屈を忘れて手に汗握りました

たぶん一回見ただけですべてを理解するのはまず無理でしょうね。原作も読んだ方がいいのかなー
ぼーっとしてる時に重要なセリフがあったりする点でも手ごわい映画でした(笑)

そういえば去年『バベル』の時にも、こんな風にみなさんの意見いろいろ聞いて勉強になったっけ。こういうのもまた楽しいですよね

Posted by: SGA屋伍一 | April 04, 2008 at 08:34 AM

そういえばタクシー運転手殺した米兵も、電波が聞こえたそうですね。「殺せ」って。
同じ事を言う殺人犯が沢山いるということは、これもある種のスイッチなのかもしれません。
不条理なのですが、その向こうに何かが見えそうで、観客を悩ませるコーエン兄弟のスタイルが際立った作品でした。

Posted by: ノラネコ | April 04, 2008 at 11:15 PM

おはようございます。
これ、何を言っていいのか分からない、という気持ちはすごくよく分かります~。
私は、久々に、めっちゃくっちゃ面白い映画でした。

自分のルールだけで突き進んでいくシガーの姿が、途中からすごく憎たらしかったのですが、あのクラッシュで何故か安堵感を感じました。
銃を持たずに生きて来た、アメリカの片田舎の保安官の善良さというものが打ち砕かれる世界なんて、本当に悲しいことですね。
それでも何とか生きていかなければいけないし、流れる血は止めなければいけない。
前半、前のめりになって面白がってしまう私たちも私たちだなあ、と、つくづく思いました。
・・・アメリカって特に、こういう異常な事件や、暗いニュースが多い、なんて聞きますが、日本でも殺人事件の低年齢化など増えてきましたし、人事ではないですね。>自分たちの生きる場所でない

Posted by: とらねこ | April 05, 2008 at 10:05 AM

>ノラネコさま

お返しありがとうございます
凶行に及ぶ前、「悪魔の声がした」という例は時々聞きますね
言い逃れなのか、マジで聞こえたのか・・・
自分にはそんなスイッチなどないと信じたいものです

死とは往々にして不条理なものですが、作中で起こる多くの死に、そんな不条理さを感じました

Posted by: SGA屋伍一 | April 05, 2008 at 07:04 PM

>とらねこさま

お返しありがとうございます
コメントを読んでいて『X-MEN』(原作)にあった「この世界はまともじゃない でもこれがおれたちの世界なんだ だから戦うのさ」というセリフを思い出しました

いろいろわからないところのある映画でしたね
現実の凶悪事件にも理解しがたいところは数多くあり、
そういう意味では現実を鋭く切り取った作品、と言えるかもしれません

人が理由無く人を殺す、ということは太古の昔から繰り返されてることであり、現代に限った問題ではないのでは・・・ と思う反面、やはり最近は当たり前だったルールが通用しないことが多くなってるかな・・・とも思います。親が子を愛すること、とかね

暴力を不快に感じることもあれば快感を覚えることもある。そんな人間の矛盾をこの作品から感じました。とりあえず快感を覚えるのは、フィクションの中だけにとどめておきたいものですcoldsweats01

Posted by: SGA屋伍一 | April 05, 2008 at 07:46 PM

こにちは。
遅くなってすみませぬ;
うーん、どうも現実離れしすぎた雰囲気しか受け取れず。
好み路線だったのですけどね。
・・・なので、エンタメとして楽しんでしまったかなあ。
ホントはもっとメッセージ性みたいなものをずしりと受け取れたのかもしれないけど、ちょっと焦点がぼけましたです;
「のーかんとりー2不死鳥な男」なんてーのがあったらおもろいかも。笑

Posted by: シャーロット | April 06, 2008 at 10:00 AM

>シャーロットさま

ヴァーチャル入院中にお返しありがとうございます~
現実離れ・・・というか、寓話めいた雰囲気は確かにありましたね
あんだけ好き放題暴れてんのに、警察は一体何やってんだーとわたしも思いましたcoldsweats01
まあそういう寓話めいた形式でもって現実を風刺する、そういうスタイルだったんではないでしょーか
あくまでえんためとして楽しむ、という見方も確かにアリだと思います

>「のーかんとりー2不死鳥な男」

どんなに立派な芸術作品も、「2」と付くともうエンタメですな(笑)
『ロッキー』と『ロッキー2』のようなもんかなー

Posted by: SGA屋伍一 | April 06, 2008 at 09:28 PM

こんばんわ。
さっき、快感MAPという番組でアニメ声優さんの顔出しスペシャルを
やってました。そのスペシャルがあまりにも好きで、録画したやつを
何度も見返しておったところです。葛城ミサトの声優さんのお顔を
初めて拝見したのです。あまりにも美人だったのでドキドキしました。

・・・ということで、関係のない話ですみません。

シガーさん、似てません(怒)。
でも似てます(照)。

どっちか分かりませんが、お上手に描けていることには違いない
です。相変わらず本当に素晴らしい絵心ですね。

コーエン兄弟ってとっても口数が少ないんだそうですね。
なのに、心の中で「手当たりしだいに人をぶっころしてー」
って本当に思っていたんだとしたら・・・・かなり恐怖ですわ(涙)。

Posted by: 睦月 | April 06, 2008 at 10:43 PM

>睦月さま

お返しありがとうございます

ミサトさんの声の人は三石琴乃さんでしたっけ。その前はセーラームーンで、現在はのび太ママ ・・・・時の流れは悲しいな
たしかエヴァ劇場版のパンフにお顔が出てましたが、もうあんまり思い出せません

>心の中で「手当たりしだいに人をぶっころしてー」
って本当に思っていたんだとしたら・・・・かなり恐怖ですわ(涙)。

ですね。でも保安官に「こんなのどっかおかしい」とも言わせてますし・・・ どっちなんでしょう。どっちかがぶっ殺し担当で、どっちかが諌め役担当なんでしょうか

兄 「人間みんな死んじまえばいいよなー」
弟 「兄ちゃん、そんなこと言うたらあきまへんがな」

こんな感じ?
ていうか

>シガーさん、似てません(怒)。
でも似てます(照)。

あなたも一体どっちなんですか?
もう! はっきりしない人って嫌い!
でも愛してるっす!

Posted by: SGA屋伍一 | April 07, 2008 at 08:57 AM

>・・・・時の流れは悲しいな
 キミは時の涙を見るweepって何がどう悲しいんですかwobbly
成長を素直に喜びましょうwink
 のび太のパパも、メロウリンク、火鳥さん、から
ガウリィになって最近のガンダムで太陽炉のガンダムに
乗り込みました。
 あ、のび太のママもガンダムの艦長でしたねmailto


 

>もうあんまり思い出せません
 では、張っておきます。
http://yuruyurulife.blog48.fc2.com/blog-entry-1804.html
ずいぶん、色んな人が出たみたいですdoor
土田さん、と品川さん前もこういう番組を手がけた気が
しますpc
 
 
 いやぁ、こういうステキなマニアの人が出てきてくれて
嬉しいですよapple
 がんばってlovely 
 
 土田さん、コードギアスの特番にも出ていましたねspa
http://vision.ameba.jp/watch.do?movie=140973

 ベテランに混じって小清水亜美さんが緊張していますが、
代表作がナージャなんですかcoldsweats02
 コードギアスのカレンや「狼と香辛料」のホロとか
舞乙-HiMEのニナとか、エウレカセブンのアネモネとか
とかたくさんあるのに!!
 一般受けを狙っても、カレンはやって欲しかったかも
しれませんsad
 ぜ、ぜいたく伊藤でしょうか?

 新世代として竹内順子さん(ナルト)とか出てきましたよね~
政治家の秘書だったのは驚きましたmemocoldsweats02
 外見とナルトの役のギャップはありますよね~bleah


 ってアニメの話になると長いですねcoldsweats01telephone
長くなってしまいました24hours

Posted by: 犬塚志乃 | April 13, 2008 at 05:34 PM

>犬塚志乃さま

そういえばのび太パパは松本保典さんでしたっけ。わたしには『テッカマンブレード』のノアルの人です
新ガンダムではラスト3話くらいで急速にヘタレ化されてたのがなんとも気の毒でした

声優さんも(特に女子)はうつりかわりが早いのでなかなかついていけません。無論その中でもずっと残ってく人もいますけど
最近印象的だったのはやはり新ガンダムのネーナを演じてた釘宮理恵さん。『ハガレン』での少年声が印象的だったので、ああ、普通に女の子の声もできるんだ、と

Posted by: SGA屋伍一 | April 13, 2008 at 11:42 PM

 マジメに感想を書いていなかったので。
 
 釘宮さん、は少年声はハガレン以外はあまりないと思いますので
SGA様はそう思うんですか?  

 なんといいますか人は理解できないことを見ると
自分の常識に当てはめてなんとか理解しようとするもの
なんですね、と自分も含めてみなさんそうでしょう。

 
 あと死にかけた男に水をあげようとした、なんて良いこと
をしたからといって良い結果がなかった。
 大金の入ったカバンを手に入れたから、といって
モス夫婦は全然幸せにならなかったなかった。

 という我々の知る善には善の結果の逆ですよね。

 大金の入ったカバンの争奪戦、って
もしかして、あまり重要なことじゃなかったのでしょうか?


>自ら進んでピンチを招き寄せているというか
 「志村うしろ!」な感じで、はやく逃げればいいのに!!
とモスにはハラハラどきんちょheart02coldsweats02
していました。

 シガーにしろモスにしろ試練や痛みに耐えているように見える
のは彼の国の聖人君子みたいに十字架を背負いいばらの冠を
かぶっている姿を想像します。
 シガーがフロで傷口を洗うシーンは何かオデッセイみたいですかね?

 こう書くと何かそれらしいですねw

Posted by: 犬塚志乃 | January 03, 2009 at 10:02 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/40707827

Listed below are links to weblogs that reference おれたちに国はない コーエン兄弟 『ノーカントリー』:

» ノーカントリー/ NO COUNTRY FOR OLDMEN [我想一個人映画美的女人blog]
前評判は高かったけどホントに穫っちゃいました、コーエン兄弟の最新作! 皆様ご承知の通り先日のアカデミー賞で作品賞、監督賞含む4部門で受賞のこの作品、 3月15日から日本でも公開予定{/star/} ちょっとだけ先に観て来ました〜。 これまでの彼らの作品は全部観てるのだけど、個人的には「全部好き!」とはちょっと言いがたく 『バートンフィンク』『ビッグリボウスキ』などは好きだけど『オーブラザー』『バーバー』などは好きじゃないし、、、、、 万人ウケはしないというか、いつも観る人を選ぶ映画を作るな... [Read More]

Tracked on April 01, 2008 at 12:39 AM

» ノー・カントリー [eclipse的な独り言 ]
 割引も使わないで映画を観たのは何年ぶりでしょうか。アカデミー賞に敬意を表して、 [Read More]

Tracked on April 02, 2008 at 07:08 PM

» ノーカントリー [★YUKAの気ままな有閑日記★]
第80回アカデミー賞で、≪作品賞≫≪監督賞≫≪脚色賞≫そして≪助演男優賞≫を受賞した本作の公開を待ちわびた。特に助演男優賞のハビエル・バルデムの演技をとっても楽しみにしていた―【story】狩りをしていたモス(ジョシュ・ブローリン)は、死体の山に囲まれた大量のヘロインと200万ドルの大金を発見する。危険なにおいを感じ取りながらも金を持ち去った彼は、謎の殺し屋シガー(ハビエル・バルデム)に追われることになる。事態を察知した保安官ベル(トミー・リー・ジョーンズ)は、2人の行方を追い始めるが―     監... [Read More]

Tracked on April 03, 2008 at 09:49 AM

» 恐怖おかっぱ男【ノーカントリー】 [犬も歩けばBohにあたる!]
今年のオスカー総ナメした「ノーカントリー」を見てきました。 先に見た友人から「む [Read More]

Tracked on April 03, 2008 at 05:03 PM

» ノーカントリー [映画通の部屋]
「ノーカントリー」 NO COUNTRY FOR OLD MEN/製作:2007 [Read More]

Tracked on April 03, 2008 at 07:41 PM

» ノーカントリー・・・・・評価額1800円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
ハビエル・バルデムの変な髪形だけではない、超一級のクライムサスペンス。 監督デビュー作の「ブラッド・シンプル」以来コーエン兄弟が拘っ... [Read More]

Tracked on April 04, 2008 at 11:05 PM

» 43●ノーカントリー [レザボアCATs]
アカデミー賞の作品賞&監督賞を取った作品というのは、やっぱり要注目になるのだけれど、その発表が終わってすぐの公開、という、まるで結果を分かっていたかのような印象。批評家の評価もこぞって高かったというこの作品。私もすっごく楽しみにしていた。... [Read More]

Tracked on April 05, 2008 at 09:37 AM

» ノーカントリー [シャーロットの涙]
追われるから、逃げるのだ。 [Read More]

Tracked on April 06, 2008 at 10:02 AM

» コーエン兄弟の「ノーカントリー」を観た! [とんとん・にっき]
渋谷の渋東シネタワーで、コーエン兄弟の「ノーカントリー」を観ました。といっても、コーエン兄弟とは誰のこと?まあ、知らないことはたくさんあるので、別に驚きませんが。実は知人のブログで、彼がこの映画を観たということを知って、渋東シネタワーであれば駅から繋... [Read More]

Tracked on April 17, 2008 at 09:58 AM

» 【劇場映画】 ノーカントリー [ナマケモノの穴]
≪ストーリー≫ メキシコ国境に近い砂漠でハンティング中に、偶然、死体の山に出くわしたルウェリン・モスは、大量のヘロインと現金200万ドルが残されているのを見つける。危険を承知で大金を奪ったモスに、すぐさま追っ手がかかる。必死の逃亡を図るモスを確実に追い詰めて行くのは非情の殺し屋アントン・シガー。そしてもう一人、厄介な事件に巻き込まれたモスを救うべく老保安官エド・トム・ベルが追跡を始めるのだった。(goo映画より) コーエン兄弟らしい、血と暴力の世界を描きながらも、不思議な静寂さを持つ作品。 ... [Read More]

Tracked on April 25, 2008 at 08:14 PM

« あつ姫じゃ~っ!! ~大河ドラマ『篤姫』より④ 漢字を覚えよう!の巻 | Main | 風と雲とギャグと 『風雲児たち』を語ってみたい 雲竜奔馬編③ »