« 目は口ほどにものを言える ジュリアン・シュナーベル 『潜水服は蝶の夢を見る』 | Main | 女王の奇妙な愛情 シェカール・カプール 『エリザベス ゴールデン・エイジ』 »

February 29, 2008

救世主より愛をこめて 『ULTRASEVEN X』

20080229195849う~ん。なんか今回のこの記事はあんまりみんなに読んでもらえない気がするなあ(笑) でもいいや、書いちゃえ。
『ウルトラセブン』生誕40周年を記念して作られた深夜特撮。ちなみにもう本放映は2ヶ月前に終わってます まずは第一話あらすじから。

水の中を漂う夢を見ていた青年・ジンは、見知らぬアパートの一室で目を覚ます(こんな文章最近も書いたな)。彼は自分が何者なのか、一切の記憶を失っていた。外に浮かぶ巨大な箱型のモニター。「お前の同僚だ」と親しげに近寄ってくる白いコートの男・K。突如として襲ってくる異星人らしき謎の集団。そしてジンは謎の女・エレアから、「人類を救って」と赤い縁のグラスを渡される。それを目に当てた瞬間、ジンは巨大な赤い巨人へと変身した・・・・

どうです、このストーリー。あまりにも矢継ぎ早で「ちょっと待って」と言わずにはいられません。謎また謎、不条理に次ぐ不条理のまま話は進んでいきます。そして最後にはお約束の怪獣バトル。まるで誰かの夢をそのまま映像化したような内容です。
しかしまあ、それはそれでつげ義春の『ねじ式』のような面白さがないこともない。また、第二話以降はもうちょっと「わかる」お話になっています。
ジンはどうやら異星人から社会を守るための、秘密組織のエージェントだったようで。そんで仲間たちとともに地球にやってくる様々なエイリアンたちを調査し、時には撃退します。そして人力で手に負えない時には我々が「ウルトラセブン」の名で知る巨人へと変身するわけです。

こういったプロットからわかるように、オリジナルの『ウルトラセブン』とはあんまり関連がなさそうな作品。じゃあなんで『セブン』の名が冠されているのか・・・・ 
実はもともと『セブン』は、子供番組だった特撮ものを、もうちょっと一般層にひきあげよう、という狙いがあって作られていたそうで。ですから当初の『セブン』が理想としていた作品を作りたいな、ということでこういうタイトルとし、「セブン」も登場させているのかなーと考えていました。が、この考えは微妙にはずれでした(笑)。最後まで見るとわかります。

脚本的にはたまにハズレっぽいエピソードもあるものの、毎回なかなか興味深いテーマが扱われていました。特に多かったのは「本当の平和・幸福とはなんだろう」というもの。『SEVEN X』は戦争が根絶された、ほぼ完全に平和といえる社会が舞台となっています。しかしその世界は奇妙に薄暗く、活気に乏しい。空中モニターから流れる無機質な声に、そういった「ユートピアの薄ら寒さ」がよく表現されていました。

ただどうにも見ていて感じられたのは「予算少ないのかなあ」ということ(笑)。いったいどの辺が40周年記念作品なんだろうと思えるほどに、随所に円谷プロの逼迫ぶりが感じられました。
まずセブンの戦闘シーンがすごく短い。そのうちミニチュアが間に合わなくなったのか、ライダーのように等身大で決着をつけてしまったり、戦わずに平和的に終わってしまった回もありました(まあこの回はこの回でよかったんですが)。
こういうの見ていて思うのは、今の特撮に必要なのは、「低予算なのに低予算と感じさせない」そういう才能じゃないかということ。はっきり言ってしまうと『GARO』における雨宮慶太のような、ああいう才能のことです。ただ円谷さんのお家芸である「ミニチュア」「巨大バトル」は、特にそれが難しい分野かもしれません。

20080229200044『GARO』以降作られ続けるようになった「深夜特撮」。そして円谷プロの今後。果たしてどうなってしまうのか注意深く見守っていきたいと思います。
あと最新ヴァージョンのセブンさんは顔のデザインがやや鋭角的に処理されているのですが、イラスト・画像は両方とも旧ヴァージョンのもの。すいません

|

« 目は口ほどにものを言える ジュリアン・シュナーベル 『潜水服は蝶の夢を見る』 | Main | 女王の奇妙な愛情 シェカール・カプール 『エリザベス ゴールデン・エイジ』 »

Comments

まいどです。
>セブン
カザモリセブンが割りと気に入っていたのでこれ聞いた時は「?」
でした。中身は知りませんが評判が芳しくないようですね。
最近のアニメ&特撮に多い傾向ですが
何かきれいに風呂敷畳めても、やれ続編とか始めても
設定や内容がダメダメほど悔しいものはありません。
むしろ「てめえら、なんでそっとしてあげられんのか?」と
言ってしまいそうです。
>円谷プロ
買収劇が多い昨今、せめて特撮屋の矜持を
見せてもらいたいものです。
追伸
最新記事から私のブログの一般投稿を再開します。
キャラクターカテゴリーの記事でお気にめしたものがあれば
レスよろしく。
ではでは。

Posted by: まさとし | February 29, 2008 09:59 PM

>まさとしさま

ども
>カザモリセブン
もあんまりいい評判は聞きませんが・・・(^^;)

ま、『セブン』は熱心なファンが多いだけに求められるハードルも高いのでしょう
『SEVEN X』も終わりまで見ると、それなりに本家に愛情を注いでいたことがわかるんですけど、やはり惜しむらくは予算の少なさでしょうか・・・

>円谷プロ

とりあえず作品は続けて作られてるようですね。もうじき公開の『超ウルトラ八兄弟』には期待してます

おいおいそちらにもお邪魔させていただきますね。またよろしく~

Posted by: SGA屋伍一 | March 01, 2008 07:11 PM

>まずセブンの戦闘シーンがすごく短い
 刹那「ソレスタルビーイングは全ての紛争に介入する。
オレは神…のはずだ。でも最近ちがうんじゃないかと思ってる」

マリナ「いいえ、あなたは自分の信じる道を進んでください

シーリン「(あぁ、もぅ姫様可愛い)」

Posted by: 犬塚志乃 | March 10, 2008 10:20 PM

>犬塚志乃さま

やっこさんは神じゃなくてガンダムなんだそうです
そしてお姫様の姓はワタナベ、かもしれません(意外とトシいってる)

Posted by: SGA屋伍一 | March 12, 2008 01:32 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 救世主より愛をこめて 『ULTRASEVEN X』:

« 目は口ほどにものを言える ジュリアン・シュナーベル 『潜水服は蝶の夢を見る』 | Main | 女王の奇妙な愛情 シェカール・カプール 『エリザベス ゴールデン・エイジ』 »