« いま再びの最凶対決 ザ・ブラザーズ・ストラウス 『AVP2 エイリアンズVSプレデター』 | Main | ベイト・ティクバ・カフェ エラン・コリリン 『迷子の警察音楽隊』 »

January 16, 2008

ゼロノス焦点 仮面ライダー電王を語る⑤

20080116183926なにげに600件目の記事ですが、それとはあんまり関係なく。最終回直前緊急UPということで『電王』について語ります。

今から恥ずかしい話をします。実は最近『電王』を観ながら毎週のように涙と鼻水を垂れ流しております。年を食って涙もろくなった、ということもあるかと思いますが、今までどんなドラマを観ていてもこれほど乱れることはなかったのに・・・・ どうしちゃったんだろう、自分。それ系のカウンセリングでも受けたほうがいいのかしら?
わずか二ヶ月前まではそんな状態になるなんて思いもよりませんでした。きっかけとなったのは、第44話。

この回で、このまま戦いを続ければモモタロスたち電王イマジンズが消えてしまであろうことが明かされます。しかし人類の未来を守るためには戦いをやめるわけにはいかない。悩んだ良太郎が下した決断は「モモタロスたちとは一緒に戦わない」というものでした。自分たちを消してしまうような戦いに、彼らを参加させるなんて残酷すぎるし、虫が良すぎる。それが良太郎なりのケジメだったのでしょう。
しかしイマジンの力を借りないと戦闘力が大幅にダウンしてしまう電王は、敵怪人からズタボロにされてしまいます。それで命からがら戻ってきた良太郎に対するイマジンたちの反応が、いかにも彼ららしいというか、泣かせるんですね。
「オレたちゃとっくに覚悟決めてんだ! てめえ一人で勝てると思ったのか!」と怒り狂うモモタロス。
「わいの命はとっくに良太郎にあずけとる」とまったく動じないキンタロス。
(キンに「お前もやめるつもりはないんだろ?」とうながされて)「ぼくはキンちゃんみたいな浪花節は似合わないから♪」とおどけてごまかすウラタロス。
「ぼくのこと、いらなくなっちゃったのかな・・・」と落ち込むリュウタロス。ま、強いていうならそれを侑人にこぼすところが彼らしくないかもしれませんが。
そして恐らくはデネブのことを思いつつ、「逆だろ。逆だから・・・ どうしていいかわからなくて、困ってるんだ」とつぶやく侑人がまた泣かせます。

本当にこの回以降の小林さんの筆は、わたしの涙腺のツボを「ここだろ? ここだろ?」といちいち突きまくってくれます。「こういうとき、こういうセリフが来たら弱いなあ」と思ってると、まさにそういうセリフをビシバシと叩きつけてくれるんです。ここ数回などは、ちょっといいセリフが来ただけで、条件発射的に鼻水が「ブシュッ」と吹き出るようになってしまいました。憎い。ここまでわたしを泣かせる靖子さんが憎い(でも愛してる)。

すいません。いまだから言います。実は劇場版と連動してたあたりで、「もしかしたらコレ、ダメかもしんない」とちょっとだけ思いました(笑)。すいません! 本当にすいません!! 謝りついでに書いておくと、すでにタイムパラドックスの原理についてはチンプンカンプンです! でもそんなことはどうでもいいです!!

こないだまでのドタバタぶりはどこへやら、最終回が近づくにつれますます悲劇性を増してきた電王。前回の記事でも「悲しいお別れは避けられそうにない」と書きましたが、いまごろになって主題歌「Climax Jump」のある歌詞で、「おや?」というところがあるのに気づきました。実は平成ライダーの主題歌・挿入歌って、先の展開の予告がさりげなく織り込まれていたりするんですが・・・・

迷いそうな時必ず 思いの強さが導く
君が望む未来 すでに in your hand

もしかしてこれは・・・・ 期待していいということですか!? 靖子さん!!

20080116184208えー、今回の記事は羞恥プレイもいいとこでしたが(^^;)、恥ずかし締めにマイ・フェイバリット・アニメ『ヒート・ガイ・ジェイ』の名ゼリフを引用して終りたいと思います。

「・・・・男は悲しみに泣くのではない。男は・・・・ 優しさに泣くのだ」


|

« いま再びの最凶対決 ザ・ブラザーズ・ストラウス 『AVP2 エイリアンズVSプレデター』 | Main | ベイト・ティクバ・カフェ エラン・コリリン 『迷子の警察音楽隊』 »

Comments

600回記念おめでとうございます☆

>タイムパラドックスの原理についてはチンプンカンプン

同じくです・・・
他にもよく分かんないところてんこもりです・・・
しかし同じく、もはやそんなことはどうでもいいです(笑)
だって次の日曜日でお別れなんだもん・・・うえーん

Posted by: kenko | January 16, 2008 10:20 PM

>kenkoさま

お祝いのお言葉ありがとうございます。いつもお世話になっております
m(_ _)m

>タイムパラドックス

ええと、つまり特異点が記憶していればその時間は破壊されても修復される、ということだと思うんですが・・・・
でもお姉さんの赤ちゃんは一体どういう意味が? ???

>次の日曜日でお別れなんだもん・・・うえーん

リュウタロスの見せ場にもう一回あると思ったんですがねえ
号泣する準備を整えておきましょう(ToT)

Posted by: SGA屋伍一 | January 17, 2008 08:14 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ゼロノス焦点 仮面ライダー電王を語る⑤:

« いま再びの最凶対決 ザ・ブラザーズ・ストラウス 『AVP2 エイリアンズVSプレデター』 | Main | ベイト・ティクバ・カフェ エラン・コリリン 『迷子の警察音楽隊』 »