« 決定! 2007バカデミー賞! 幕内編 | Main | チビマル子ジャン(デカもあり) マルジャン・サトラピ 『ぺルセポリス』 »

January 04, 2008

適当掲示板58&三周年記念 あのくだらない記事をもう一度

三が日も過ぎましたので、ぼちぼち再開いたします。ご意見ご感想そのほかございましたら、こちらにどうぞ書き込んでやってください。

さて、先月の20日を持ちまして、当店もとうとう三周年を迎えました。さんしゅうねんですよサンシュウネン。中学高校であればもう「卒業おめでとう」とか言われちゃう時期です。内容もアクセスもパッとしないのに、ようもこんだけ続いたもんだわ(笑)

んで、今回はそれを記念して「SGA屋物語紹介所」におけるマイメモリーをフラッシュバックしてみたいと思います。そうです。どうでもいい自分語りです。そんなの読んで誰が楽しいのかって?

Hpm45_2_thumb

このオレ様に、


決まってんだろう、がーっ!!


・・・・でははじめます。

20070917193707その名は信用でけへん・・・『Mr.インクレディブル』について① とりあえず感想 

記念すべき第一回のレビューは、マイ・フェイバリット・ディレクターの一人であるブラッド・バードが、ピクサーにて起死回生の一発をぶっとばしたこの作品でした。

アニメ、ヒーロー、アメコミ、おバカ・・・・・
今にして思えば最初にこの作品をとりあげたことが、図らずも当店の方向性を決めてしまったのかもしれません。


20080104175219がんばれ源氏 北崎拓 『ますらお ~秘本義経記』

『クピドの悪魔』などで知られる北崎拓氏が新解釈で描いた源平絵巻のレビュー。
書いてからだいぶ経つのにいまだにちょくちょくアクセスの来る不思議な記事です。
きっと愛好者はいっぱいいるんでしょうけど、記事に書く人があんまりいないんじゃないでしょうか。
とりあえず三年ぶりに画像追加しておきました(笑)。


なんでもどうぞ(掲示板代わり) これが今も続いてる「適当掲示板」コーナーの一回目。行数たった三行で画像もなし。手抜きもいいとこです。
ただこの時は『風雲児たち』のみなもと太郎先生の個展にお邪魔した直後だったので、その時お会いした皆様の書き込みが幾つかあります。いやー、懐かしいなあ。

いつかは「書き込みゼロ」という時が来るのでは、と覚悟しておりますが、幸いまだそういうことはございません(お客様一名のみ、ということは何回かありました(^^;))。っていうか、この記事がそうなったら大笑いですね。


いまごろ大河ドラマ『新選組!』を振り返ってみよう!&いまだに大河ドラマ『新選組!』を振り返ってるよ!のコーナー

2004年に放映された大河ドラマ『新選組!』について、ネタを交えつつねちっこく紹介した記事。まあ、はじめたときは一応このシリーズが当店の看板のようなものだったんですわ。
ホメ上手な高野正宗さんとkakakaiさんのおだてに乗せられて、全話レビューが終った後も隊士それぞれの列伝など書いておりました。
んで、この時の名残で、今も大河ドラマのつまんないネタ記事なんか書いているわけです。


Hpm44_thumb闘猫伝説 HARD PUNCHER モン吉 

史上初。猫が主演のフォト・ボクシング・ストーリー。
思えば本当にくだらない記事をあれやこれやと書いてきたものですが、その中でも1,2を争うくだらなさ(笑)
終盤には人VS猫の異種格闘戦もあります。


20060624144027紫のヅラのひと カート・ウィマー 『ウルトラ・ヴァイオレット』

んで、このころからこういうヘボイラストがつくようになってきました。もとはといえばナスカ展の記事を書いた折、写真撮影が禁止だったので苦し紛れに「口からヘビが出ている人」のイラストを書いたのがきっかけでした。それが意外にも好評だったので、気をよくして、そのうち全ての記事につけるようになってしまいました。『パン太くん』シリーズもその延長です。
この『ウルトラ・ヴァイオレット』は、初期に描いたものの中で、一応評判のよかった一枚。何度も申しますけどわたしに社交辞令は通用しません。全て本気の発言と受け止めますのでそのつもりで。


20060918115009ある劣等生の主張 山田詠美 『ぼくは勉強ができない』

いまやすっかりベテランの風格のある、山田詠美氏の青春小説。
なぜこんな当店に似つかわしくないものを扱ったのかというと、このころよくコメントをくださった「ほーりぃ」さんがすすめてくださったから。それなりに面白く読んだのですが、読み込みが足りなくてちょっと怒られたりしました(笑)
ほーりぃさん、いまはどうしてらっしゃるのかしら。お元気ならばそれでいいのだけれど。


20061021182254お水の姫君 ナイト・M・シャマラン 『レディ・イン・ザ・ウォーター』

取り上げてる作品の方も文章の方もパッとしないこの記事、なぜ思い出深いのかというと、C note管理人のkenkoさんが初めてコメントをくれた記事だから。
それまでわりと映画記事に関しては「来たい人だけ来ればいいさ~」と「孤高のブロガー」を気取っていたワタクシですが、お褒めの言葉に気をよくして(またかよ)これ以降は積極的に他所様にコメント・TBを送るようになりました。
といっても、要はkenkoさんや睦月さんの人脈を利用して他所様の畑を荒らしているだけ(笑)。本当にこの男に節操はないのか(ない)。


さて、聞くところによりますと「個人サイト4年寿命説」というものがあるそうです。その線でいきますと、このお店なんかいよいよ末期が近づいていることになるわけですが(笑)。まあアイデアやギャグならとっくの昔に枯渇してますけどねー。
でもこうなったらできるところまでやってみたいと思います。「男なら、倒れる時は前のめり」の精神で。同時に当初の「なるべく謙虚に、なまぬるく」のモットーを忘れずに。

そんなわけで、数少ないお得意様の皆々様、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

20060530071354
SGA屋伍一でした。

←(頭を下げてるつもりらしい)


|

« 決定! 2007バカデミー賞! 幕内編 | Main | チビマル子ジャン(デカもあり) マルジャン・サトラピ 『ぺルセポリス』 »

Comments

SGAさん、遅ればせましたが新年あけおめでございます。
今年もよろしくね♪

「しゃまらん」のイラスト、今見てもやっぱりおもしろすぎる〜〜
傑作!!
しゃまらんをキッカケとしてSGAさんとの今に至る交流が始まったなんて
なんだか感慨深くてしみじみしてしまいました・・・
ありがとう、しゃまらん。

「闘猫伝説」も大大大好きなシリーズです〜
しゃまらんにコメ入れる前から、こっそりしつこく見てましたもん。

個人サイト4年寿命説?そんなの関係ねぇ!ですよ。
1年後に終わっちゃったりしたら泣いて暴れますよ。(←だから何)

Posted by: kenko | January 05, 2008 at 11:35 AM

新年明けましておめでとうございます。
モン吉にとっては受難・・・・じゃなかった(四次元ポケット
もったあいつのほうか・・・)天敵のえとの年ですね。
>高野正宗さん
この前覗いたらいつの間にか子持ちに・・・・・
時の流れというのは早いわ
>書き込みゼロ
書き込みゼロが怖くてブログが書けるかよ(えー
所詮は日記ですぞ。
>個人サイト4年寿命説
そんなのあったっけ?
ウチはとっくに4年過ぎ取るんですけど、
とっかえひっかえ収まるべきとこにいます。
んで、ようやく劇場版Z(とりあえず2作目まで)見ました。
いやぁホント、モビルスーツが動く動く。
流石に当初言っていた映像の継ぎ足しによる違和感は
吹っ飛んでしまいました。とはいえ、キャラクターによっては
尺の都合で台詞足らずによるただのイタイ奴に
成り下がったのはチト悲しかった。ジェリドなんか可哀想だぜ。
1作目なんかガクトの歌を最後だけにして、伸ばしてほしかった。
細かい描写でもどーでもいい奴入れてる割に、数分前まで一緒に飛んでいたスードリーが忽然と敵が使っていたりとか・・・・ねえ。
>あのくだらない記事
んならパン太君は?
ではでは。

Posted by: まさとし | January 05, 2008 at 12:07 PM

あけましておめでとうございます。
えっ?寿命4年?またまた。あはは、3年もあっという間だったんですからこれからもあっちゅう間ですよ(それもまずいか)。
…今年も宜しくお願い致します。
ちなみに私のブログの方は今夏7月31日で丸4年になります。しかし何で月末に始めてるんでしょうね。あと1日待てばいいのに。日記の方も3月31日開始だし…
私のブログを始めて少ししてSGA851様がこの「紹介所」(って言うと「口入屋」みたい!)をお始めになり、更には「はてな」に日記を開始、そして今度は私の方が真似をして、日記は「はてな」に。(だって毎日書くにはseesaaは使いにくいんだよ~ん)
…書いていて、一体この3年4年、自分は何をしてきたのだろうと深く反省してしまいました。
SGA851様はいいなあ、ブログが充実してて…
うちのは「垂れ流し」だから、今ではとうとう、どうやって復帰すればいいかわからんちんですよ。ネタがまとまるまで待っているうちに書けずじまい、の繰り返しで。
この「紹介所」では、モン吉(嬢、でしたよね…確か…)どのシリーズとか、実は適当掲示板とか。
全般に「適当さ」をアピールしつつ、実は緻密で、居心地がいいところがこの「紹介所」の魅力。
「ある日のSGA851」もだな(笑)。ド○フ○ワンを我が友としていた相方は最近「金○」に走ってますが、やっぱり「発泡酒で十分」と思わせる味を実現した○ラフト○ンの功績が一番大きいです。他の発泡酒はどうも、全体に薄いっちゅーか…「ピルスナータイプ」って言えばそうなんでしょうけど、ホンモノのビールである「キリン○ゴー○ド」でさえ物足りない味に。やっぱホンモノならラガーだな。うん。
…何か違う話に…
まあ、たまにはホンモノでも飲んでよりディープな夜に…
というわけで、今年もがむばて下さい

>まさとし様
ええ…そりゃね…子供作って産むまででも9ヶ月はかかってますから、早いもんです。

Posted by: 高野正宗 | January 05, 2008 at 02:58 PM

>kenkoさま

こっちの方にもコメントありがとうございます。
思えば『レディ・イン・ザ・ウォーター』、見終わったあとはなんとも「微妙・・・」と感じたものでしが、そちらとお近づきになれたということでは大変ありがたい映画でありました

ありがとう、シャマラン! ありがとう、『レディ・イン・ザ・ウォーター』!(笑)

ほんでkenkoさまを経由して睦月さんとこに遊びに行くようになり、そっからさらに多くの方のところに赴くようになり・・・
考えてみりゃあ、本当にでっかい恩があるなあ。kenkoさまには・・・

あらためてこの場を借りて御礼申し上げますm(_ _)m

>1年後に終わっちゃったりしたら泣いて暴れますよ。(←だから何)

きゃあ! 怖い! 
・・・・叱咤激励のお言葉もありがとうございます。その言葉を糧に、これからモン吉先生と共にもがんばりたいと思います!


Posted by: SGA屋伍一 | January 05, 2008 at 07:21 PM

>まさとし様

昨年もたくさんコメントありがとうございました。本年もよろしくお願いいたします。本当に月日が経つのは早いものです。あの個展の際、お会いしたのが昨日のことのよう・・・・ というのはさすがに大げさか
あのときはまだまさとし様は東京に住んでおられたんでしたっけ。うーん、なんにも変ってないのは自分だけだなあ(^^;)

>書き込みゼロが怖くてブログが書けるかよ(えー

おっしゃる通りでやんす

♪男には色々あんだ どこまでも孤独だから
まだまだ越えてゆかなくちゃいけない 壁がたくさん待ってる
(BYコブクロ)

>>個人サイト4年寿命説

出所はここかな
http://type99.net/2003/04/4.html

まあまさとしさんみたいに一つのことを熱意を持ってやり通している方々には、あてはまらないものかと思います
そこいくとウチなんか本当にフラフラしてんなあ、というのがこの記事書いててよくわかりました(笑)

>劇場版Z(とりあえず2作目まで)

ごめん。もうあんまり覚えてない(^^;)
でも全体的に駆け足だった中で、第二部だけはわりかしじっくり人間関係を描いていたような記憶があります。ジェリドは別として(笑)。あとサラ・ザビアロフが三条夫人だったような
あんまし評判パッとしませんでしたが、これがなけりゃもしかして『新エヴァ』の企画も立ち上がらなかったかも。そう考えるとナイス踏み台と言えるかも(笑)

>んならパン太君は?

・・・・1番かな。(でも他にも『恐竜三億年』とかポエムコーナーとかいろいろあるな・・・・)


Posted by: SGA屋伍一 | January 05, 2008 at 07:35 PM

>高野正宗さま

毎度ありがとうございます。例によってメールに気づくのが遅れてすいません(--;)

>私のブログの方は今夏7月31日で丸4年になります

そうでしたね。先輩! それまで長屋の居候だったのに、「店を持とうかなあ」と思ったのはぶっちゃけ高野さんの影響です。その時分から、本当に色々お世話になっておりますm(_ _)m

>この「紹介所」(って言うと「口入屋」みたい!)

そう言われてみるとこの名前、いかにも怪しいなあ(笑)
なんかすごい適当に決めちまったような記憶があります
最近元祖の方にあんまりうかがってなくてすいません。ハテナの方はほぼ毎日うかがわせてもらってますよ~

>SGA851様はいいなあ、ブログが充実してて…

またん! もう! 奥さまったらおだて上手なんだから! イヤン!(・・・んっとーにバカだのう・・・)
はっきり言って知識量や鑑定眼では到底そちらにかないませんよ。高野さんはマジメな方だからいざ突っこんだ批評を書くとなると、色々真剣に考えちゃうんでしょうね。そこへいくとウチなんか本当にいい加減ですから
でも>居心地がいいところがこの「紹介所」の魅力。
と言っていただけるのは本当に嬉しい。これからもそういう感じでやっていけたらなあ、と思います

>ド○フ○ワンを我が友としていた相方は最近「金○」に走ってます

あら浮気者(笑) 妻には心底誠実な方なんでしょうけど
そういやあの「結婚できない王子」も結婚しやがったな! あいつこそ裏切り者です。チクショウ! 飲んでやる!

まあ寒い時はわたしも「鬼殺し」とか飲んでます(笑) くどいようですが本年もどうぞよろしく(^^)/


Posted by: SGA屋伍一 | January 05, 2008 at 07:49 PM

>このオレ様に、
決まってんだろう、がーっ!!
 
 ゴーマニズム宣言ですか?
このシャマラン、徳弘先生、特に
ジャングルの王者たーちゃんに
出てきそうな雰囲気ですよねw

Posted by: 犬塚志乃 | January 16, 2008 at 09:38 PM

>犬塚志乃さま

ゴーマニズムはもっとも忌避すべき姿勢だったのに・・・
はんせい、はんせいです(とはいえまたやりそうな気がする)

徳丸先生のことはよく知らないのですが、絶えず挑戦し続けているというか、相変わらずエネルギッシュなところには本当に感心します

Posted by: SGA屋伍一 | January 17, 2008 at 08:07 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/17576331

Listed below are links to weblogs that reference 適当掲示板58&三周年記念 あのくだらない記事をもう一度:

« 決定! 2007バカデミー賞! 幕内編 | Main | チビマル子ジャン(デカもあり) マルジャン・サトラピ 『ぺルセポリス』 »