« 適当掲示板56&カラオケバトンだべさ | Main | コント山本くんと武田くん⑯ 東海激動編  ~大河ドラマ『風林火山』より »

November 20, 2007

不死身の国のアリス ラッセル・マルケイ 『バイオハザードⅢ』

20071120173213西暦200X年、人類は、T-ウィルスの炎に包まれた。だが人類はまだ、滅んではいなかった・・・・

“ 世 紀 初 救 世 主 伝 説 ”

アリス 「お前はすでに死んでいる・・・」
ゾンビ 「ふんがー」

そんなわけで人気シリーズ最新作『バイオハザードⅢ』でございます。人間を死に至らしめた後ゾンビ化させるT-ウィルス。1作目では施設内で、2作目では1都市だけで食い止められていたその恐るべきウィルスが、第三作では地球全体にブワーッと広がってしまいます。文字通り無政府状態になった世界は砂漠と化し、いたるところで賞味期限切れの人肉がうろついている有様。そんな夢も希望もない世界で、孤高の女戦士・アリスの戦いが再び始まります。

今回みなさまの意見をざーっとのぞいてみたところ、「そんなに悪くはないけど、それほど良くもない」という意見が多かったです。「前作を越えた二作目」ってのはわりとありますけど、「前二作を越えた三作目」ってのはほとんどないですからね。でもまあ、豪快な他作品からのパクリっぷりに目をつぶれば、今回もまあまあの水準を保っていると思います。
予告しか観てない『スクリーム3』で、とあるオタクくんが「三作目はシリーズの原点に立ち返り、全ての謎が明かされる」とか言っておりました。「謎が明かされる」かどうかはさておき、「原点に立ち返る」という点ではなかなかこの法則に忠実に出来ていました。そんなわけで、こちらをご覧になる際にはせめて一作目だけでも前もって予習されておくことを強く推奨いたします。

この『バイオハ』シリーズの魅力は、なんと言ってもヒロインである「アリス」にあると思います(誰だ! いま「谷村新司?」と言ったヤツは!)。劇中ではちょくちょくヌードシーンもあるものの、ミラ・ジョボヴィッチの極めて凹凸のすくない体型のせいか、お色気はほとんど感じられません。薄めのメイクとあいまって、まるで少女のようでもあり、少年のようでもあります。そうした中性的な魅力に加え、怪物相手に一歩もたじろがない鬼のような強さを持ち、普段はクールでありながら、ふとした瞬間に優しさや涙を垣間見せる・・・ これに萌えずに何に萌えましょう。
アリス以前の戦闘ヒロインというと、『ターミネーター』のサラ・コナーや『エイリアン』のリプリーなどが思い浮かびます。でもサラは半分守られ役であったし、リプリーはアリスと比べるとほとんど男と変らないような(笑)。もっとも我らがアリスちんも、最新作ではもっさりしたコートと生活やつれのせいか、かなり「男の顔」に近づいてきてしまいました・・・・ それでも「タフな中にも優しさを失わない」キャラクターは健在です。

それにしても「アリス、砂漠に死す」とはこれまたズルうまいコピーを思いついたもんですねえ。そりゃあ確かに×××たけどさ。一応今回が完結編ということらしいですが、お世辞にも「全てすっきり大解決!」とは言えないような終わり方。それでもバッドエンドともとれる一作目、思い切り「続編へ続く!」だった二作目に比べれば、ひとまず安心できるオチでありました。これでやっと5年ぶりに枕を高くして寝れるというものです。

それでは最後にちょっとだけクライマックスをダイジェストでご紹介しちゃいますね♪

20071120173132「これはマットの分っ!!」「あべしっ」「これはカルロスの分っ!!」「ひでぶっ」「これはユリア(誰?)の分っ!!」「たわばっ」「そしてこれは! オレ自身の! 怒りの分だァ~っ!! ふぅぉあたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたた」

続きは劇場で! あたあっ!!

|

« 適当掲示板56&カラオケバトンだべさ | Main | コント山本くんと武田くん⑯ 東海激動編  ~大河ドラマ『風林火山』より »

Comments

こんにちは!
お邪魔しますです。
まず、『た』を66個も打つなんて・・・お疲れ様です(数えたんかい?!・爆)
で・・・やっぱりこのシリーズの魅力はアリス=ミラですよね~
彼女の凹凸の少ないスタイルに、世界中の同系統の女性がどんなに勇気を与えられたことでしょう!!!(力説)
とにかく中性的な美しさは世界一の彼女。
妊娠で30kgも太ってしまったのが心配で心配で夜も眠れません。

ところでサラ・コナーは憧れの女性でしたわ。2での彼女はカッコ良かったなぁ~
リプリーも好きだけどぉ~2での彼女はカッコ良かったもの。
あれれ?みんな2がいいみたい。ちなみにミラも2が一番カッコよかったわん。

Posted by: 由香 | November 21, 2007 at 09:50 AM

こんにちわ。

なぜ『バイハザ』ではなく『バイオハ』なのか教えてください(笑)。
たしか『パンラビ』か『パンズラ』かでも疑問を投げかけた過去が
あったと思いますが・・・。


布袋と吉川のコンプレックスが『ビーマイベイビー』の中で何度
「ビーマイベイビー」と連呼しているか?でクラスメイトと激論を
交わしたことがありましたが・・・・今回は「た」の数が気になって
仕方ありません。・・・・でも数えるのもしんどいです。


ミラ姫の美しさは誰もが認めている事なのかもしれませんが、
今回はあまりにも肌のテリが不自然に見えました。
どうやらエフェクトをかけていたらしく、必要以上にトゥルン♪と
していて変です。シワ隠し?シミ隠し?


お願いです、私もエフェクトをください。

Posted by: 睦月 | November 21, 2007 at 10:40 AM

こちらにもお邪魔しちゃおうかな
何か、そんなに評判がいい訳ではないようですね。
私は、ゲームを全然知らないもので。
サクッと短くまとまっていたので、それなりに楽しめましたー
ホラータッチの作品は、やっぱり短くないとです。
カラスは恐ろしかったです。
ゾンビ化してなくても怖いのに、あんな気持ち悪い目玉でどーしましょうと背筋が凍りました。

Posted by: となひょう | November 21, 2007 at 06:47 PM

SGA屋伍一さんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

世界がT-ウィルスに包まれた・・・・・・(笑)そうそう。北斗の拳に例えると世界観がかなり当てはまるんですよね~w前作はラクーンシティの中だけだったのに本作から一気に世界へと飛躍しすぎているので、そこが違和感と言うかイマイチついて行けなかった部分でもありましたね。だいたい数ヶ月くらいで世界中の化石燃料がほぼカラカラになるもんでしょうか?なんて疑問も沸いてきたんですけど、そういう細かい部分はミラのキレのあるアクションで覆い隠されてる感じがしないでもなしです(汗

でも続編が出るとしたらなんか怖いですね・・・。ラストでクローンアリスがずら~っと置いてありましたし、『アンブレラ許せねぇ!』な気持ちのアリスですから、多分もう1人のアリスと共同作業で頑張って全員起こすでしょう。そうなったらもう『ラオウ軍』ならぬ『アリス軍』です。

Posted by: メビウス | November 21, 2007 at 09:38 PM

>由香さま

>(数えたんかい?!・爆)

わたしは適当に打っただけだったのにまさか数えてくださるなんて・・・・
感謝感激アメアラレでございます。こんなことなら500字くらい打っておくべきだった・・・

>彼女の凹凸の少ないスタイルに、世界中の同系統の女性がどんなに勇気を与えられたことでしょう!!!(力説)

そうそう。女性はボインじゃないです。キックです(それもなんかまちがってるぞ!) 女戦士映画ではあと昨年の『イーオン・フラックス』(BYシャーリーズ・セロン)なんかもありましたけど、こちらも「中性」というよりかはっきり「女性」であったと思います

考えてみたらサラとリプリー(2のみ)はジェームズ・キャメロンつながりでもありましたね。そんなに差はありませんけど個人的にはやっぱり「1」のアリスが一番魅力的だったかな

Posted by: SGA屋伍一 | November 21, 2007 at 11:24 PM

>睦月さま

>なぜ『バイハザ』ではなく『バイオハ』なのか教えてください(笑)。

深い意味はまったくございません。『バイオハ』だと語尾が「おっはー」なので元気良くていいな、と思っただけです。『パンズラ』の方はパンツをズラし(略)

>回は「た」の数が気になって
仕方ありません。・・・・でも数えるのもしんどいです。

わたしも自分で数えようかと思いましたが、目がチカチカしてきたのでやめました。北斗百烈拳なので、百回くらい言ってるものだとお考えください

>エフェクト

「頼むぞ! サウンドウェーブ!」それはエジェクト

わたしは裸眼でも生活できますが、ギリギリレベルなんで女性の顔の細かいシミやシワはほとんどわかりません。自動的にエフェクトがかかってしまう感じでしょうか。これって損なのか? 得なのか?

とりあえずわたしの前ではノーメイクだって大丈夫だぜ! お嬢!


Posted by: SGA屋伍一 | November 21, 2007 at 11:32 PM

>となひょうさま

こちらにもコメントありがとうございます
となひょうさんは肯定派のようですね。わたしもです。上に書いたように「前二作をしのぐ!」ほどではなかったですが、そんなに下がってもいないですよね

>サクッと短くまとまっていたので、それなりに楽しめましたー

どの作品にも見合った「長さ」ってもんがありますけど、『バイオ3』
のスタッフはその点ちゃんと理解していたようです

カラスさんは気持ち悪かったですね。あんなにうじゃうじゃいるものをどうやってやっつけるのかと思いましたが、うまいこと退治してましたね。ちょいと強引ではありましたが

ゾンビというとこれまでは「逃げなきゃならない」対象でしたが、それを「倒して進んでいくもの」と見ているところが、このシリーズの特色だと考えております

Posted by: SGA屋伍一 | November 22, 2007 at 01:00 AM

>メビウスさま

こちらにもコメントありがとうございます。

>北斗の拳に例えると世界観がかなり当てはまるんですよね~w

恐らく『北斗』もこの『バイオ3』も、恐らく元ネタが『マッドマックス2』だからでしょう
荒野をトゲトゲのトレーラーが爆走してるシーンなんか、そのまんまですもんね。ただ『北斗』は向こうでも大人気だったそうなんで、一応そちらも経由してきているかもしれません

>本作から一気に世界へと飛躍しすぎている

続編はさらにスケールをでかく! これ基本ですからね。スケールが膨らみすぎてしっちゃかめっちゃかになってしまう例も多々ありますが(笑)
今回も失敗とまで言わないまでも、結局アラスカ関連は謎のまま終っちゃいましたしね

で、さらに続けるのであれば、もう次は宇宙に行くしかないと思います(笑)
舞台は3からウン百年経った時代。広大な宇宙ステーションでバイオハザードが発生。「このままでは全銀河にT-ウィルスがひろがってしまいます!」「彼女こそが我々に残された最後の希望だ・・・ アリス起動!」

あれ? これなんかいけそうだよ?

Posted by: SGA屋伍一 | November 22, 2007 at 04:50 PM

(*´∀`)こんにちは

実は本作はまだ観てないので、恐る恐る読み進めたんですが、ネタバレもなく、まずはホッとしました。レンタルされてから、TB貼りに来させていただきますね(*´∀`)

さてさて。
私もとうとうヒビキネタで更新して、伍一さんの1から5までを紹介させて頂きました。よかったら見に来てくださいね。
\(*´▽`*)/

Posted by: HARRY | November 23, 2007 at 04:28 PM

>HARRYさま

HARRYさまも『バイオ』ファンでしたか。ミラさんのボーイッシュな魅力の性か、このシリーズ、女性ファンも多いようですね

そちらの記事でリンクしていただいてありがとうございます。こちらの記事でどれほど参考になるかわかりませんが・・・

ちなみに昔こんなのも書いてました。気が向いたらごらんください
http://sga851.cocolog-izu.com/sga/2005/10/post_08c0.html
http://sga851.cocolog-izu.com/sga/2005/11/post_3659.html


Posted by: SGA屋伍一 | November 23, 2007 at 09:08 PM

>とあるオタクくんが
 みずしな孝之「3に名作なし」
 それを言うな!!

 どうも、睦月さまのところではビビらせてしまいました。

>これまたズルうまいコピー
 ですね^^;実は大勢なんて!

>一応今回が完結編
 いかにも続きそうですw
 2をTVで見たらラストの方に少しだけアイザックスが出ていて
ちとびくりました。
 

>オレ自身の! 怒りの分だァ~っ!!
アリス「カルロスのことかーっ!!」

 【スーパーエターナル・アリスに覚醒】
 
アリス「お前はあやまっても許してやらないぞ!!」 

アリス「お前の敗因は、、、わたしを怒らせたことよ!!」


アイザックス「こ、これで終わりと思うなよ!
アリスがお前ひとりと、、、思うな!!まだ大勢のアリスが
うわらば!」


>そうした中性的な魅力に加え
>ふとした瞬間に優しさや涙を垣間見せる
 うん、1でマットや亡き妹に見せた顔なんかが特に、です。
でも1で最低男に止めを刺した後の顔が一番いいと
思いますw

Posted by: 犬塚志乃 | November 24, 2007 at 07:19 PM

>犬塚志乃さま

今年はたくさんの「第三作」が公開されましたが、その中で「シリーズ最高傑作!」と言える物があったかと言えば・・・・
どれもそこそこの出来ではありましたけどね。とりあえず『ボーン・アルティメイタム』に期待

そういえばいかにも「つづく」だった『エイリアン4』の続きはどうなったんだろうなあ

アリスの笑顔に関していえば、「2」のスナイパーを「にこっ」と笑って瞬殺するシーンに参ってしまった方もたくさんおられるようです


Posted by: SGA屋伍一 | November 26, 2007 at 09:09 AM

こんにちはSGAさま。
SGAさんちのあたりをまた通り過ぎて広島に帰ってきました~

アリスちん、1作目と2作目の時はもうちょっと女の子らしいビジュアルだったような。
ナイスバディな女性もステキですが、少年のような体系のスラリとした女性にも憧れてしまいます。どっちもないものねだりですが。
「フィフス・エレメント」の時の、白いテープでなんとなく隠しただけみたいな衣装もよくお似合いでした。

ラストはやっぱりあんまりスッキリできなかったので、アリスがいっぱいでギャグにしかならなくても続篇をやってもらいたいです。

Posted by: kenko | December 01, 2007 at 05:09 PM

>kenkoさま

返事が遅れてすいません。ご旅行お疲れ様でした

>1作目と2作目の時はもうちょっと女の子らしいビジュアルだったような

強引に「中性的」と書いてしまいましたけど、「1」ではモロに「女の子」的な赤いドレス着てましたからね(^^;)
赤いドレスといえば今回実験のため?大量に用意されてましたね。別にそこまでこだわることもなかろうと思いましたが、アイザック博士の趣味だったんでしょうか

>フィフス・エレメント

なつかしい・・・ 結局この時の路線がずっと続いてるわけですが、「もっと芸術的なのがやりたいの!」とか言い出さず、未だに元気良くアクションこなしてるミラさんは偉いなあ

>路線をアリスがいっぱいでギャグにしかならなくても続篇をやってもらいたいです。

もはやゲーム版とは全然関係ない世界に突入してしまいそうです・・・ ま、わたしゃ全然構わないけど(笑)
あとそうなるとアリス軍団に対抗しうる強敵を用意しなくてはなりませんね
候補としては「怪獣」「エイリアン」「ターミネーター」あたりでしょうか

Posted by: SGA屋伍一 | December 03, 2007 at 11:13 AM

>「2」のスナイパーを「にこっ」と笑って瞬殺するシーンに参ってしまった方もたくさんおられるようです
 1億人が萌えた、ですね。

>ふぅぉあたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたた」
 
 アイザックス「やるじゃないか!ふふふ今までのオレは30%しか
実力を出していなかったんだ!うおおおお!!これが100%
モードだ!!」

ふぅぉあたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたた」


アイザックス「たわばっ!!」

Posted by: 犬塚志乃 | December 08, 2007 at 10:08 PM

>犬塚志乃さま

>1億人が萌えた

♪お化粧なんかはしなくても あなたはわたしにもう夢中
頚骨コキッとひねったら 男の子なんてイチコロよ♪

ちなみにいま「あたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたた」でググるとここが35件目くらいに出てきます

Posted by: SGA屋伍一 | December 11, 2007 at 12:04 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70832/17130777

Listed below are links to weblogs that reference 不死身の国のアリス ラッセル・マルケイ 『バイオハザードⅢ』:

» バイオハザード? [★YUKAの気ままな有閑日記★]
ゲームは知りませ〜ん。映画のシリーズ1作目は怖くて1回観ただけで〜す。2作目はミラがカッコ良くて大好きなのでDVDを持っていま〜す。今回の鑑賞目的は・・・大好きなミラを堪能することで〜す。つまり・・・ミーハー目線で〜す【story】前作の惨劇から8年。ウイルスの感染は全世界に広がり地上が砂漠と化す中、ラクーンシティの生存者たちは、アラスカを目指してネバタ州の砂漠を横断していた。そこで全ての元凶であるアンブレラ社の巨大な陰謀を阻止するため闘い続けるアリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)は、離れ離れになってい... [Read More]

Tracked on November 21, 2007 at 09:38 AM

» バイオハザードⅢ [映画通の部屋]
「バイオハザードⅢ」RESIDENT EVIL: EXTINCTION/製作:2 [Read More]

Tracked on November 21, 2007 at 06:43 PM

» バイオハザード?(評価:△) [シネマをぶった斬りっ!!]
【監督】ラッセル・マルケイ 【出演】ミラ・ジョヴォヴィッチ/オデッド・フェール/アリ・ラーター/イアン・グレン/マイク・エップス/アシャンティ 【公開日】2007/11.3 【製作】アメリカ 【ストーリー】 ラク... [Read More]

Tracked on November 21, 2007 at 09:15 PM

» バイオハザードIII見てきました。とても怖かった、そのわけは・・・。 [よしなしごと]
 ゲームから誕生した映画バイオハザードIIIを観てきました。超怖かった。そのわけは・・・。 [Read More]

Tracked on November 23, 2007 at 03:38 PM

» バイオハザード3 [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  最強・最多!!綾波アリス   [Read More]

Tracked on November 25, 2007 at 05:08 PM

» バイオハザード3 <ネタバレあり> [HAPPYMANIA]
あっと言う間の109分、短いとも思えるが あんなに恐ろしい怖い映画は109分で十分です......(((^^;やはり Tウイルスは世界中に広がってましたか。。。ま、だから3がある訳ですが(笑)ワタクシ的には2よりも面白かったな。。。面白いとは言っても めちゃめちゃ...... [Read More]

Tracked on November 29, 2007 at 01:23 AM

» バイオハザードⅢ [C note]
世の中の映画の流れにさっぱりついていけてない中、ようやっと観てきたミラ姐さん。 [Read More]

Tracked on December 01, 2007 at 05:10 PM

» ★「バイオハザード III」 [ひらりん的映画ブログ]
今週の平日休みは二本立てで。 その2本目。 ひらりん、ホラーものは率先してみるほうじゃないけど・・・ このシリーズは、一応「1」も「2」も見てるからね。 [Read More]

Tracked on December 04, 2007 at 04:30 AM

« 適当掲示板56&カラオケバトンだべさ | Main | コント山本くんと武田くん⑯ 東海激動編  ~大河ドラマ『風林火山』より »